<   2018年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

安部 龍太郎著「おんなの城」を読み終える

d0037233_10440931.jpg


安部龍太郎さんの著書「おんなの城」を読み終える。

最近、文春文庫で出たばかり、700円+税。



信長を始め、戦国時代の武将をテーマに数多くの小説を書かれ、

現在はライフワークの家康に取り組んでおられる安部さんが、

戦国時代に生き抜いた4人の女性をテーマに書かれた短編小説。



「霧の城」とは、奥美濃の山に囲まれた盆地にある岩村城。

朝夕霧に覆われることが多く、別名霧ヶ城と呼ばれる。

武田軍勢の攻撃が目前に迫った、この岩村城を守るのが珠子、

織田信長の叔母だが、年齢は2歳しか差がない。

最後には、信長と敵対することに。



「満月の城」とは能登半島の七尾城。

七尾城主畠山義綱の側室、佐代が登場する。

佐代には嫡男太郎丸がいるが、正室の子息、正嫡次郎丸がいる。

太郎丸は次郎丸の2歳年上。

城主の義綱が殺害され、佐代が城を守っている。

この小説の中に著者が登場させたのが長谷川信春、のちの等伯。

作り話なのだろうが、信治が佐代の肖像画を描く場面も。

著者は力作「等伯」を出され、「直木賞」を受賞された。

物語の終盤、佐代は義隆(太郎丸)に助けられて城から逃れ出る。

すでに日が暮れ、頭上を見上げると、

澄み切った空に大きな満月が浮かんでいた。



「湖上の城」とは井伊谷城、近くに浜名湖がある。

亡き父井伊直盛の六回忌の法要の場面で、小説は始まる。

喪主を務めるのは直盛の娘奈美(のちの次郎法師直虎)。

昨年、NHK大河ドラマで放映された「おんな城主直虎」の主人公だ。



「希望の城」とは立花山城である。

登場する女性は誾(ぎん)千代、亡き立花(戸次)道雪の後継者。

父親はキリシタン大名大友宗麟ではという説も。

道雪が非常の場合に備えて、立花山城に十億円相当の金銀銭を

蓄えておいてくれたのが、その後大いに役立つことに。

誾千代といえば、山本健一さんが書かれた「まりしてん 誾千代」

という素晴らしい作品がある,




安部龍太郎さんが長年にわたって取り組んでおられる、

戦国史観を女性の観点から見つめなおした作品集だろう。

気軽に読める楽しい著書である。









by toshi-watanabe | 2018-12-31 10:44 | 読書ノート | Comments(2)

内田 康夫著「夏泊殺人岬」を読み終える

d0037233_10384521.jpg


内田康夫著「夏泊殺人岬」を読み終える。
この作品は昭和58年に書かれた小説で、著者にとっては10作目となる。
きわめて初期の作品だが、最近徳間文庫の一冊として出された。
徳間文庫新装版、700円+税。


未だ信濃のコロンボも浅見光彦も登場しない。
プロローグの初頭で、いきなり「昭和43年12月10日に
何があったかーーと訊かれて、とっさに答えられる人は
ごく稀に違いない。」とある。
今から50年前と言えば、たぶんお気づきになるだろう。


作品名にある通り、事件が起きるのは青森県の夏泊岬である。
本州最北の青森県は、北に向かって斧の形をした下北半島と、
津軽半島が突き出ており、その間の湾のへこんだ部分に突き出て
いるのが夏泊半島で、その先端が夏泊岬だ。
岬の南側に台地が広がり、椿が自生し、江戸時代から名所として
全国的に知られている。
藪椿が約7千本自生しており、国の天然記念物の指定を受けている。
「ツバキ自生北限地」である。


この作品の主人公と言えるのが、江藤美香という若い女性。
神職の娘で、伊勢の皇習館大学に入学したばかり。
(伊勢の皇學館大學がモデルだろう)
興味半分で、全く経験のない雅楽部に入り、楽器としては笙を選ぶ。
夏の合宿で、雅楽部の佐々木部長が夏泊岬にある椿神社の
神職の跡取りという縁で、雅楽部員一同、夏泊へ出かける。
そこで事件が発生し、江藤美香が事件に巻き込まれるというか、
事件の真相を探る羽目になってしまう。


謎解きが大変面白い。
美香は推理を働かせ、危険を顧みず行動力を発揮する。
やがて事件の核心に迫ってゆく。
エピローグでは、殺人犯と目される人物が日本を発って
カンボジアへ向かう。
カンボジアの奥地で難民救済のボランティア活動のために。


夏泊岬で起きた事件の真相を突き止めた江藤美香だが、
すべてを己の胸の内にとどめ、物語は終わりを迎える。
実は、昭和43年に起き、そして時効となり未解決のままの
「三億円事件」の3億円を、夏泊岬事件の犯人は
たまたま手に入れたという想定である。
この「三億円事件」は当時かなりの物証、目撃情報などが
あったにもかかわらず、解決に至らなかった。
その後、数多くの作家などがそれぞれ推理を組み立てて、
小説を書かれている。


ところで、この作品が書かれた頃は、夏泊岬へ行くのに、
東北本線の「小湊駅」で下車していたのだが、
東北新幹線の開業とともに、本線からは外れ、
現在の「小湊駅」は「青い森鉄道」の寂れた駅である。






by toshi-watanabe | 2018-12-26 10:39 | 読書ノート | Comments(0)

保阪 正康著「昭和の怪物 七つの謎」(追記)


「昭和の怪物 七つの謎」について読書ノートを過日書き込んだが、
これは、読書ノートの追記である。


「第5章」は「渡辺和子は死ぬまで誰を赦さなかったのか」。
私の生まれた前年の昭和11年2月26日、「二・二六事件」が起こり、
当時陸軍教育総監・渡辺錠太郎は自宅で青年将校の凶弾に倒れた。
その現場にいて、一部始終を目撃したのが錠太郎の娘・和子だった。
9歳の少女の体験にしては、余りにも重い。


渡辺和子は戦時下にカトリックに入信し、修道院生活に入った。
戦後はシスターとして、あるいは教育者として人生を歩んできた。
のちに、学校法人ノートルダム清心学園理事長となった渡辺和子は、
平成28年12月30日、すい臓がんのためにこの学園内の修道院にて
満89歳で亡くなり、父親のもとに旅立った。


著者の保阪正康さんは、渡辺和子の生き方の中に
昭和という時代との闘いといった側面があると考えてきた。
すでに平成25年にはすい臓がんを宣告されていたが、
表面上はそのような兆候も見せずに、保阪との対談に応じ、
あらゆる質問に答えてくれたそうだ。
やわらかい日本語が口をついて出る半面、
自らの人生を左右することになった「二・二六事件」について、
胸の内につかえている感情を幾つも正直に語ってくれた。


「私たちの心の中に争いの種はあります。
それは人間の性といってもいいでしょう。
それを受け止めねなければならないのは、いつの時代も同じなのです。
苦しさを抱え込んで生きるという意味にもなります。
しかし、復讐の感情に身をゆだねれば、心の中の争いという
苦しみはいつまでも連鎖を続けるだけだと思います。
ではどうすればよいのか、何をすればいいか、ということになりますが、
私は自分の小さな世界の中だけもいいですから、できるだけ人を赦して
笑顔に過ごしているのです。
家族や友人への優しさ、そしてその延長としての優しさなどが
大切ということになります」


とはいうものの、保阪のさらに突っ込んだ質問に応じて、
「二・二六事件は、私にとって赦しの対象からは外れています」と断言。
渡辺和子の「二・二六事件」に対する見方は、
「私がもし怒りを持つとするならば、父を殺した人たちではなく、
後ろにいて逃げ隠れた人たちです」と保阪さんは理解する。
「二・二六事件」は青年将校が決起した事件ではなく、
荒木元陸相や真崎大将など皇道派の将軍が青年将校を煽った結果、
起きたのだろうと言われている。


渡辺和子は、
「私が本当に嫌だと思うのは、真崎大将が、事件直後、青年将校に対し
『君たちの精神はよく判っている』と理解を示しながら、
昭和天皇が断固鎮圧をお命じになると、態度を一変させたことです。
軍人なのになぜ逃げ隠れなさったのか。
そういう思いは今も持っています」
真崎は軍法会議では無罪となっている。


このインタビュー、実に4時間にも及んだ。
和子は4人兄弟の末っ子、父親が旭川師団長で53歳の時に生まれ、
父からは可愛がられていたようだ。
父の50回忌の年に、作家の澤地久枝などの勧めにより、
渡辺和子は、初めて処刑された青年将校が眠る東京麻布の賢崇寺にお参りした。
お参りの場で、二人の青年将校の弟さんたちが滂沱の涙を流して立っていた。
その後、父の墓地を教えると、彼らは毎年、父の眠る多磨霊園へお参りを
欠かさないと聞いている。


大変興味深い内容となっている。
ご紹介まで。






by toshi-watanabe | 2018-12-24 11:16 | 読書ノート | Comments(0)

久しぶりに日本橋へ


好天に恵まれた今月21日、整形外科でのリハビリの後、
久しぶりに日本橋へ出かける。
右足小指の骨折もだいぶ回復しつつある
歩くのも一種のリハビリ?
日本橋と言っても、三越本店のあたり。
ちょうど昼時になったので、三越新館9階にある
グリル満天星」で洋食のランチをいただく。
麻布十番に本店のある店、雰囲気がいいし、料理はおいしい。

ちょうど「2018年報道写真展」が開催中で、見学する。

d0037233_09101016.jpg

d0037233_09101919.jpg


災害やいろいろな事件が今年も多かったが、
冬のオリンピックもあり、スポーツ選手の写真が多いように思う。

 「上野動物園のパンダ・シャンシャン(6/11)」
  シャンシャンも、いよいよ独り立ち。

d0037233_09243019.jpg

 「尾畠春夫さん(山口県周防大島町・8/15)」
  すっかり時の人となったスーパーボランティア。


d0037233_09244440.jpg

 「1年後の退位を控えた天皇皇后両陛下(神奈川県葉山町・2/11)」
  今日12月23日は85歳の誕生日。
  この日の天皇誕生日祝日も今年が最後となる

d0037233_09245598.jpg


三越本店の1階メインフロアはすっかり模様替え、
白一色の斬新なデザインで、すっかり明るくなった。
建築家の隈研吾さんがデザインされた。

d0037233_09372325.jpg


さて一番の目的である、眼鏡店「パリミキ本店」へ。
眼鏡のつるのヒンジの部分が不具合で、
ぶらぶらし始めていたので、調整していただくためである。
ヒンジの所の小さなねじがもう駄目になっており、
交換していただく。
ついでにレンズを磨いていただく。
この店には40年はお世話になっており、
何度眼鏡を新しくしただろう。


(写真は転載させていただいた)




by toshi-watanabe | 2018-12-23 09:29 | 季節 | Comments(0)

保阪 正康著「昭和の怪物 七つの謎」を読む

d0037233_09282282.jpg


保坂正康さんの著書「昭和の怪物 七つの謎」を読む。
最近、こうした類の本はあまり読まないのだが、
書店で手にし、興味をそそられ読んでみた。
講談社現代新書、880円+税。


東條英機、石原莞爾、犬養毅、渡辺和子、瀬島隆三、
そして吉田茂が登場する。


東條英機(陸軍士官学校17期)と石原莞爾(陸軍士官学校21期)との
対立の事情がいろいろと書かれ、東條は極東国際軍事裁判(東京裁判)にて
戦争犯罪人として裁かれるのだが、石原は証人として尋問を受けた。
尋問の折に、石原は堂々と己の意見を述べた。
大変興味深いので、そのまま紹介したい。


「東京裁判を見るに、日本の戦犯は東條をはじめとして、いずれも
権力主義者で、権力に媚び、時の勢力の大きい方について、甘い夢を見て
いた者ばかりで、莫大な経費をかけて世界のお歴々が集まって国際裁判に
対するだけの値打ちのある者は一人もいない。 
みんな犬のような者ばかりではないか。
アメリカは戦争に勝って、今は世界の大国である。
世界の大国が、犬をつかまえて裁判したとあっては、後世の物笑いになる。
アメリカの恥だ。 裁判をやめて帰ってはどうか」


この東京裁判については、吉田茂の章でも取り上げられている。
ポツダム宣言の第10項に戦争責任者を裁くという一項があるが、
当時の東久邇内閣は内密裏に戦争責任者裁判を日本側で独自に
行おうという案が検討されていた。
吉田茂はGHQ最高司令官のマッカーサーと親密な間柄にあり、
この件を打診したのだが、結局拒絶された。
もしも日本側でこの裁判が行われていたら、
その後の日本はどうなっていたか、大いに興味のある所だ。


「世界最終戦論」なども含め、この著書の前半はほぼ、
石原莞爾にかかわる話である。


昭和7年5月15日に起きたのがいわゆる五・一五事件。
それから60年を節目に、親族などが集まり、
60年目の追悼会が催された。
著者の保阪氏は「五・一五事件」について講演をして欲しいと、
依頼を受けて会場の霞が関、憲政記念館で話をされた。
保阪さんは、この事件の概要を具体的に語った。
昭和という時代がファシズム化していくときの幕開けのような
事件であり、この事件そのものは海軍の青年士官や農本主義者
たちの時代への不満が爆発したものであるにせよ、
犬養毅首相は昭和のテロの時代の犠牲者であるとの
視点で話し続けた。


会場の一番前の席で保阪さんの話に耳を傾けていた
犬養道子氏が次いで壇上に。


「今、保阪さんは祖父のことを称揚気味に語っていただきました。
それは遺族としてはありがたいのですが、しかし犬養毅という
政治家も多くの矛盾を背負った政治家だったのです。
そこのところを語らなければ、毅像というのは
正確には理解できません。
祖父に同情していただく気持ちはわかりますが、歴史上の
政治家としての評価は別です。
こういう席だといって何も遠慮しなくていいのです。
感情は感情、評価はまた別と考えて臆することなく語ってください」


保阪さんの方を見つめながら諭すように話しかけ、そして
事件の当日、首相官邸にいた11歳の少女が祖父の死をどのように
見たかを記憶を繙きながら語り始めた。
その過酷な体験に耳を傾けながら、どういう事であれ、
感情と評価はきちんと分けて考えなさい、
との言に教えられることが多々あると、
保阪さんは気づき、道子氏の話に深くうなずいていた。


興味深いところ、原文のまま紹介させていただいた。
すでに遠くになりにけりの昭和時代の流れを
改めて認識し学ぶ機会となった。






by toshi-watanabe | 2018-12-19 09:28 | 読書ノート | Comments(0)

安部 龍太郎著「家康(第二巻・不惑篇)」を読み終える

d0037233_13422636.jpg

安部龍太郎さんの最新作「家康」(第二巻:不惑篇)」を読み終える。
分厚いハードカバーで、読み終えるのにもだいぶ手間取る。
幻冬舎出版、1,800円+税。
安部龍太郎さんが戦国集大成として取り組んでおられる大河小説。
第1巻の「自立篇」が出版されたのが一昨年の12月、
この第2巻は、ほぼ2年ぶりとなる。
新たな戦国史観を背景に徳川家康の真の姿を描こうと、
全5巻完結を予定されている。

d0037233_13423318.jpg
「不惑篇」は三方ヶ原の戦いに大敗し、家康自身も槍で突かれた
右の太腿の付け根の傷が未だ痛む、元亀4年(1573)
(この年は天正と年号が変わる)の正月を浜松城で迎える
場面から始まる。
その後武田勢との小競り合いが続くものの、激しい戦には進展せず。
この年に武田信玄が病で亡くなる。
天正3年(1575)、信玄の後を継いだ武田勝頼が家康の領地へ
攻め込み世に名高い「長篠の戦」となる。
信長の支援を受けて家康軍は武田勢を追いやる。
さらに天正6年(1578)、勝頼は二万の大軍を率いて
再び遠江に出陣、大井川を渡るものの膠着状態。


信長の命により、家康は正妻の瀬名(築山御前)を殺害し、
長男の信康を自害に追い込む。
当時二人は家康とは離れて岡崎城に住んでいた。
天正7年(1579)の事である。
持病の癪に苦しんでいた瀬名は、瀬名のもとに出入りしていた
武田の間者から医師を紹介され、病が治り、その医師を
すっかり信用したのだが、実は勝頼直属の忍びだった。
信康の正室・五徳姫が瀬名と信康の罪状を父親の信長に訴えたのが発端。
家康にとっては極めて辛い決断をせざるを得なかった
とはいえ、一緒に湯舟に浸かり、二人だけで心置きなく話をするなど、
信長が家康に強い信頼をおいていた姿が描かれている。


その一方で、家康は信長の信念や思考を尊敬するものの、
根本的な考え方で意を異にするのを実感している、
そんな姿が物語の随所に垣間見られる。


懸案であった難攻不落の高天神城を兵糧攻めの末、
天正9年(1581)、家康勢は落城させ、武田勢を追って甲斐の国へ。
甲斐武田の家臣・穴山梅雪も家康の軍門に下り、
信長勢が一挙に攻め入るが、武田勢は戦わずして、すでに自滅の道に。
翌天正10年(1582)、浅間山が噴火し、武田の終焉を伝えるかの如く。
武田家が滅び、信長は上諏訪の臨済宗古刹・法華寺に入る。
そして家臣を前に、国割と論功行賞が法華寺の本堂で発表される。


すっかり大将軍になった気分の信長は
富士山を眺めながら帰途に就く場面で「不惑篇」は終わる。
この二か月半ほどのちに「本能寺の変」が起こる。






by toshi-watanabe | 2018-12-06 13:44 | 読書ノート | Comments(0)

今週は「障害者週間」


12月3日から1週間は「障害者週間」である。
国や地方公共団体が民間団体などと連携して、
障害のある人の自立及び社会参加の支援などのための
様々な取り組みを全国各地で実施する。
我々も障害者の方々に目を向け障害者の立場に立って、
あらためて障害者問題を考える時だと思う。

以前書きこんだことがあると思うが、
家内のすぐ上の兄が生まれた時から小児まひによる
障害を背負い、ずっと車いす生活を強いられた。
本人の強い意志により、新潟県長岡の施設に入り、
障害をそこで過ごしたが、
盆や正月など何かの折には、必ず実家から迎えに行き、
越後湯沢の実家で、のんびりと過ごしていた。
家族の皆さんのあたたかい支援に守られ、
昨年5月、74歳の生涯を全うした。


追悼の文集を出そうということで、現在取り組んでいる。
26名の皆さんから原稿を頂き、本人の書き残したものもあり、
写真アルバムのページも含めると、110ページほどの
小冊子になる見込みだ。
編集は私がお手伝いして、パソコンでほぼ準備が完成。
デジタル印刷の業者に印刷を依頼することに。

平成7年、「第14回肢体不自由児・者の美術展」にて
「厚生大臣賞」を受賞した作品
不自由な左手がなんとか筆を握ることが出来、
書道を習い精進した。
やっとの思いで書き上げた作品である。

d0037233_11062446.jpg

現在制作中の追悼文集のタイトルは「春を待つ心」。







by toshi-watanabe | 2018-12-05 11:09 | 季節 | Comments(2)

愈々、平成最後の師走を迎える



いよいよ平成最後の師走入り。
今年は東京横浜方面、木枯らし1号吹くことなく本格的冬に。

右足の小指骨折から18日が経ち、痛みもほとんどなくなったものの、
未だ少し腫れがあり、ギプスはそのまま。
来週火曜日に又レントゲン検査があり、それでギプスがとれるかもと
淡い期待をしつつ、昨日も整形外科で超音波治療を受けた。
以前やはり足の甲の骨折をした時も清家外科で治療を受けたが、
超音波治療はなかった。
ごく簡単な器具なので、場合によっては器具を借りて、
自宅で超音波治療をする人もおられるようだ。


地元の地区センター正面玄関前にある「ヒマラヤ桜」、
今年も満開だというので、昨日の麻は通院帰り足を引きずりながら、
地区センターまで足を延ばした。
冷たい風の吹く中、見事満開の桜だ。

d0037233_09360900.jpg


d0037233_09361788.jpg

d0037233_09362527.jpg

d0037233_09363349.jpg

d0037233_09372593.jpg

d0037233_09373243.jpg

d0037233_09374015.jpg

d0037233_09374795.jpg

近隣にお住まいの園芸家の髙橋佳晴さんが、20年以上にわたって
ネパール・ヒマラヤの山村で植林作業を指導し、
現地のヒマラヤ桜の種子を分けてもらい、持ち帰った。
帰国後この種子からヒマラヤ桜の苗木を育てた。

地元の藤が丘地区センターが開館15周年を迎えた平成15年に、
髙橋さんは、記念にヒマラヤ桜の苗木を寄贈植えたものが、
その後、毎年11月末から12月初めにかけてピンクの花を咲かせている。




by toshi-watanabe | 2018-12-02 09:48 | 季節 | Comments(2)

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする


by toshi-watanabe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る