津本陽さんを悼む


歴史・時代小説を得意とされた作家の津本陽さんが、
5月26日に亡くなられた。
享年89歳。
遺族の皆さんにお悔やみを申し上げ、
故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

合掌


津本さんは、昭和4年(1929)3月、和歌山市のお生まれ。
戦時中は勤労動員で、明石市の工場で働いていた折に
空襲に遭われ、大変悲惨な目に遭われた。
戦後はサラリーマン生活を13年ばかり。
文筆生活に入ったのは遅い方。
49歳の時に、故郷の和歌山に題材を得た「深重の海」で直木賞受賞。
本格的に作家生活に入られた。

今から30年ほど前の1989年、日本経済新聞の朝刊に
連載されたのが、織田信長の生涯を描いた「下天は夢か」。
朝のラッシュアワーの通勤電車の中で、読みふけったのを思い出す。
その後単行本として出版されてベストセラーとなった。
津本さんは信長をこう見ている。
「信長はヨーロッパより百年はやく政教分離を実現し、
 中世社会の陋習、偶像を破壊する一生であったが、
 彼の足跡には出生物語のにぎやかな気配はなく、
 明晰な認識者の孤独感ともいうような虚無のにおいが漂っている。」

その後、豊臣秀吉を描いた「夢のまた夢」、徳川家康を描いた「乾坤の夢」
の夢三部作を執筆された。
戦国武将、戦国大名あるいは剣豪、歴史上に登場する人物を
ほとんどすべて網羅して、小説を書かれている。
幕末、明治に活躍した人物にもスポットを当てている。
兎に角多作、すごい筆力だった。
1981年から2010年前後まで、200冊に及ぶかという、
数多の作品を書かれている。
最近は、新作が出ないなと思っていたところ、
過日の新聞で訃報を知る。


またまた歴史・時代小説の作家が黄泉の世界に旅立たれ、
さびしい限りである。







by toshi-watanabe | 2018-05-31 09:57 | 一般 | Comments(2)


諸田玲子さんの最新作「元禄お犬姫」を読み終える。
とても面白い読み物である。

d0037233_09464072.jpg

書名の通り江戸時代、徳川五代将軍綱吉の治世で、
貞享4年(1987)、綱吉により出された「生類憐れみの令」が
時代背景となっている。

元禄8年(1695)、江戸の西部、中野の地に
「お囲(おかこい)」(犬小屋)が設けらた。
次第に広げられ、ついには30万坪に及び、
10万匹以上ものお犬様の面倒を見ていたという。
因みに現在は、中央線の中野駅から高円寺駅にかけての
広大なエリアで、中野区役所など中野区の中心地である。

中野で犬小屋支配の助役を勤めているのが森橋弾正右衛門。
父親と兄は中野を離れるわけには行かず、
森橋家の娘、知世は、母親。佐知の療養のために、
祖父、森橋善右衛門と弟。善次郎と共に小石川の剣術稽古場を営む
堀内家の離れに移り住む。
知世は、どんな獰猛な犬でも手名付けてしまうことから、
「お犬姫」と呼ばれている。
家族や道場の人々との語らいとともに、
色々な、特に犬に纏わる事件が周囲で起こる。
「お犬姫」の活躍の場面が登場する。

元禄時代と言えば、「赤穂浪士の討ち入り」。
元禄14年(1701)旧暦3月、浅野内匠頭は江戸城松之大廊下にて、
吉良上野介吉央に斬りかかり、刃傷事件を起こす。
浅野内匠頭は即日切腹、播州赤穂藩浅野家は改易、城明け渡しとなる。
そして大石内蔵助をはじめとする四十七士が
元禄15年旧暦12月(1702年ではなく1703年の1月)
吉良邸に討ち入り、主君の恨みを晴らす。
元禄16年旧暦2月(1703)、
赤穂浅野家の浪士四十七人は切腹を果たす。

この小説も、赤穂浪士の事件とともに幕を閉じる。
物語の中には、赤穂浪士の不破数右衛門、堀部弥兵衛、
大高源吾なども登場。
当時芭蕉の門弟、宝井其角が江戸の俳諧の世界では隋一の俳人として
知られていたが、大高源吾は、其角とは俳諧での交流があった。

「お犬姫」のモデルがあったのかどうかは知らぬが、
こういう女性を主人公に登場させて、
元禄時代の世相と共に物語が進行、
大変興味深い内容となっている。








by toshi-watanabe | 2018-05-30 09:46 | 読書ノート | Comments(0)

内田康夫さんが亡くなる前の、今年初め、
論創社から「浅見光彦と七人の探偵たち」という
短編集が出版された。
七人の新人作家の短編ミステリー小説に、
内田康夫さんの短編「地下鉄の鏡」から構成されている。


d0037233_14275383.jpg


内田康夫さんの出生地であり、名探偵浅見光彦が住んでいるのが、
東京都北区西ヶ原である。
終戦直後の昭和21年から昭和40年までの20年間、
私も同じ北区の住民だった。
実家はすぐ妹の家族が現在も住んでいる。
北区は名前の通り、東京の北部に位置するが、
王子区と滝野川区が戦後合併してできた区である。
西ヶ原の辺りも、熟知している土地である。
内田康夫さんは、平成8年から北区アンバサダーに任命され、
その後平成14年に、北区は「北区内田康夫ミステリー文学賞」を設けて、
毎年新人作家の発掘に貢献してきた。
今年も第17回の応募が始まり、本年9月が締め切りとなっている。

「浅見光彦と七人の探偵たち」に載っている七人の作家は、
いずれも「北区内田康夫ミステリー文学賞」を受賞されている。
短編なので、少々読みごたえに欠くが、それぞれ力作だ。
特に興味深かったのは、
井上凛さんの書かれた作品「満ち足りた終焉」。
主人公の女性が人材派遣会社の紹介で働き始めるのが
「天空社」という個人企業で、終活のサポート業務。
女性経営者が一人いるだけだ。
白髪交じりの初老の婦人が相談に訪れる。
昔病院で働いていた時の仲間を探してほしいとの依頼から
物語が始まる。

「地下鉄の鏡」は内田康夫さんの作品では珍しい短編の一作だが、
浅見光彦が主人公で、なかなか面白い内容だ。
浅見光彦シリーズで時折出てくる、
「ダイイングメッセージ」がキーワードとして使われている。
浅見光彦が京王線の幡ヶ谷駅で下車し、笹塚方面へ向かって
甲州街道を歩いていたところ、
ビルの5階にある駐車場から若い女性が落下する。
例の如く弥次馬根性で、光彦は女性の傍へ。
救急車が駆け付けた時には、すでに息を引き取っていたが、
その直前、光彦は女性のダイイングメッセージを耳にする。
それが「。。。ちかてつのかがみでみた。。。。。」というもの。
直観的に殺害されたのではと疑う。
ところが3通の遺書が残されており、警察では自殺としてけりをつける。

余談になるが、この物語に登場する地下鉄の鏡は
北海道札幌市内を走る地下鉄の札幌駅ホームに設けられた鏡。
札幌の地下鉄が開業してから自殺者があとを絶たず、
色々と知恵を絞り、最後に考え出されたのが等身大の大きな鏡。
自殺を考えている人はホームの一番端に向かうのが通常で、
そこで自殺する前にあれこれ思案するそうだ。
等身大の鏡に己の姿が映し出されるのを見て、
自殺を思いとどまる効果があったようで、
その後自殺者が激減したという話。
札幌の地下鉄駅のホームに、今もこの鏡があるのだろうか。


内田康夫さんが亡くなられて、はや2か月が過ぎる。
北区アンバサダーは内田さんが亡くなられ、4人の方が担っている。
ドナルド・キーンさん、倍賞千恵子さん、水森かおりさん、そして弦哲也さん。

北区のことが最も多く登場するのが、「北の街物語」。
興味のある方は御読みください。










by toshi-watanabe | 2018-05-18 14:28 | 読書ノート | Comments(2)

あいにくの空模様だったが、
去る5月13日の日曜日、神奈川県立歴史博物館の特別見学会に
お招きをいただき参加する。


明治37年に横浜正金銀行本店として開館した建物が、
その後、昭和42年に神奈川県立博物館として再興されて、
昨年はちょうど50周年。
それに合わせて、一昨年の6月から空調設備などの改修工事が実施され、
暫く休館だったが、本年4月28日に再開館の運びに。
現在特別展も開催されている。
因みに平成7年からは、神奈川県立歴史博物館となる。

横浜正金銀行は、外国為替を専門とする銀行として、
明治13年(1880)に営業を開始した。
戦前は、邦人が海外に出かけて頼りとなるのが、
大使館、公使館、領事館を別にして、
商事(三菱商事)、郵船(日本郵船)、そして横浜正金銀行と言われ、
何かと世話になった日本人は多いようだ。
明治37年(1904)7月に、横浜正金銀行本店が建設された。
明治建築界の巨頭、妻木頼黄が設計し、外壁に石材を使用した煉瓦造り、
地上3階地下1階建ての建物は
コリント式の重厚な石造彫刻の柱頭飾りを持つ。
正面には巨大なドーム、径11メートル、高さ10メートル。
ネオ・バロック様式とされる威厳ある外観を呈している。
現在の県立歴史博物館の旧館部分であり、
国の重要文化財・史跡に指定されている。

d0037233_13404204.jpg
d0037233_13405231.jpg

大正12(1923)年の関東大震災では、1階から3階までの内装と
屋上のドームを焼失。
震災後に復旧工事が行われ、戦後まで銀行として使用されていた。
昭和21年(1946)、横浜正金銀行としての.
外国為替専門としての銀行業務を停止。
翌年の昭和22年(1947)、
通常の銀行業務を行う銀行としてスタートした。
東京銀行の誕生である。

昭和42年(1967)、建物のシンボルであるドームを復元して、
旧横浜正金銀行本店の建物は神奈川県立博物館となった。
同時に新館が建設され、旧館と合わせて現在の建物となっている。
東京銀行は、平成8年(1996)に三菱銀行と合併し、東京三菱銀行に。
更に平成18年(2006)、UFJ銀行と合併し、
三菱東京UFJ銀行となったが、
本年4月1日付で、東京の文字が銀行名から消える。

d0037233_13410248.jpg

横浜正金銀行と言えば、文豪の永井荷風が米国の支店と
フランスの支店に勤務し、帰国後「あめりか物語」と
「ふらんす物語」を書いている。

以前、この歴史博物館について、
見学記をブログに書き込んだことがあるのだが、

その記事が関係者の目に留まったようで、
今回の改修リニューアルが完了、同時に博物館開館50周年に合わせて、
昨日の特別見学会にお招きいただいた。

横浜市営地下鉄の関内駅で下車、
馬車道をまっすぐ行けばたどり着く。
この通りを散策するのも楽しい。

会議室で簡単なレクチャーを受けた後、
先ずは外に出て、正面から建物の説明を受ける。

普段入ることのできない、屋上に案内され、名所のドームの中も見学。
ドームの中はがらんどうだ。


d0037233_11390478.jpg

d0037233_11383874.jpg

d0037233_11385383.jpg

d0037233_11391642.jpg

d0037233_11393910.jpg
さらに地下にも案内されて、明治の面影を残す
金庫の扉やレンガの壁面を見学できた。
白色のレンガは、一見タイルのように見え、大変興味深い。
壁だけでなく天井も。

1時間45分ばかりの見学会も無事に終わる。

博物館を出たら、すでに土砂降りの雨。
残念ながら散策する気も起きず、そのまま帰途に就く。









by toshi-watanabe | 2018-05-15 11:40 | 一般 | Comments(0)

→(パート1の続き)

立浪草(たつなみそう)。

d0037233_14320767.jpg
花桃、照手姫(てるてひめ)、花も終わり。

d0037233_14321497.jpg
白花紫蘭(しらん)と紫蘭。

d0037233_14322314.jpg
d0037233_14323625.jpg
d0037233_14324611.jpg

d0037233_14325615.jpg

d0037233_14330503.jpg

都忘れ(みやこわすれ)。

d0037233_14383189.jpg

d0037233_14384463.jpg
鷺苔(さぎごけ)。

d0037233_14390033.jpg
深山苧環(みやまおだまき)と白花苧環。

d0037233_14391136.jpg
d0037233_14392132.jpg
d0037233_14393893.jpg
芝桜(しばざくら)。

d0037233_14415232.jpg
d0037233_14420195.jpg
d0037233_14422045.jpg
d0037233_14423705.jpg


白椿の残り花。

d0037233_14441203.jpg

シーラ・カンパニラータ。 釣鐘草(つりがねそう)ともいう。

d0037233_14442594.jpg

白花山吹草(しろばなやまぶきそう)。

d0037233_14444977.jpg
小手鞠(こでまり)。

d0037233_14451034.jpg
d0037233_14453258.jpg

白花踊子草(おどりこそう)。

d0037233_14501403.jpg

半鐘蔓(はんしょうづる)の花が開くのはこれから。

d0037233_14503014.jpg
野生の藤が見事に花を咲かせている。

d0037233_14504346.jpg
d0037233_14510067.jpg

愛らしい菫(すみれ)の花、タチツボスミレ。

d0037233_14542764.jpg
d0037233_14544331.jpg

蕾のまま、なかなか花を開かない山芍薬(やましゃくやく)。

d0037233_14550318.jpg

蝮草(まむしぐさ)。

d0037233_14552609.jpg
稚児百合(ちごゆり)。

d0037233_14582166.jpg
宝鐸草(ほうちゃくそう)。

d0037233_14581155.jpg
山帰来(さんきらい)、花の終わった後。

d0037233_14583349.jpg

マーガレット。

d0037233_14590361.jpg


寒葵(かんあおい)。 根元の地べたに柿のへたのように
茶色っぽい花を咲かせる。


d0037233_15060471.jpg
ナガミヒナゲシ。

d0037233_15053095.jpg

露草(つゆくさ)。

d0037233_15053931.jpg

空木(うつぎ)や樹木に咲く白い花。





d0037233_14585021.jpg




以上






by toshi-watanabe | 2018-05-14 14:43 | 草花 | Comments(0)



4月26日から5月6日までのおよそ10日間、群馬の山里で過ごす。
その間、4月28日から29日にかけては、
家内の実家で法事が営まれ、参列するために越後湯沢まで出かける。
群馬高山から月夜野へ越える峠道では、ヤマザクラがまだ満開。
平地に入ると、道の両側にはリンゴ畑が続く。

例年になく、群馬の山里では春の花々が一斉に咲き始めている。
ほぼ咲き終えているものの、未だ咲き続けている花がある一方で、
おやっと思うほど早く咲き始めている花も目につく。

山菜の時季でもある。
タラの芽、ウドの芽、木の芽にワラビ、
写真に写っていないが、フキにモミジガサなどなど。
モミジガサを地元では「トウキチロウ」と呼んでいる。
樹林地帯の木の下にこの季節生えてくるので、
木下藤吉郎から「トウキチロウ」と。


d0037233_11042849.jpg

タラの芽やウドの芽は天婦羅で、木の芽やモミジガサはお浸しで、
そしてワラビは灰汁を除去して煮物で、美味しくいただく。

クリスマスローズのシーズンはすでに終わっているのだが、
いまだに咲いている種類がある。


d0037233_11053967.jpg

黄花の先代萩(せんだいはぎ)は群生して満開。

d0037233_11055219.jpg

d0037233_11055988.jpg
d0037233_11060643.jpg

紫先代萩が1本あるのだが、未だ蕾のまま。

d0037233_11061467.jpg
躑躅(つつじ)も種類が多い。

d0037233_11100486.jpg
d0037233_11175053.jpg

碇草(いかりそう)、ピンクと白、いかにも清楚な雰囲気。

d0037233_11101494.jpg

d0037233_11102149.jpg

d0037233_11104343.jpg

d0037233_11105090.jpg

翁草(おきなぐさ)は早く咲き始め、もうタネを付けているのが大半。

d0037233_11125355.jpg
d0037233_11130225.jpg

花蘇芳(はなずおう)も、もう終わりに。

d0037233_11131015.jpg
可愛らしい鈴蘭(すずらん)が群生。

d0037233_11132166.jpg

d0037233_11133528.jpg

d0037233_11134442.jpg

深山金鳳花(深山金鳳花)も群生している。

d0037233_11183955.jpg
d0037233_11184698.jpg

d0037233_11185591.jpg

日本桜草(さくらそう)は花の盛りを過ぎている。

d0037233_11191052.jpg
d0037233_11191850.jpg

d0037233_11192866.jpg
d0037233_11193987.jpg

花筏(はないかだ)。

d0037233_11215163.jpg



八重桜、鬱金(うこん)だろうか。

d0037233_11220222.jpg
吊花(つりばな)。

d0037233_11221399.jpg
d0037233_11222240.jpg
満天星(どうだんつつじ)、

d0037233_11223154.jpg
花水木(はなみずき)がまだ咲いている。

d0037233_11224237.jpg
草花の切り花。

d0037233_11293556.jpg

d0037233_11294438.jpg

(パート2)へ続く。。。。。。。。。。。→





by toshi-watanabe | 2018-05-14 14:02 | 草花 | Comments(0)


内田康夫さんの著書「神苦楽島」を読む。
「追悼内田康夫」として最近、上下巻2冊、祥伝社文庫として出版された。
上下巻ともに、670円+税。
文芸春秋より単行本として出されたのは平成22年3月。
初版からすでに8年経っている。

d0037233_13385753.jpg

d0037233_13391033.jpg
d0037233_13392130.jpg

浅見家では、母親の雪江による「ケータイ禁止令」が
徹底していたのはご存知の通り。
理由は、「携帯電話は家族の繋がりを阻害する」というものだ。
雪江としては、携帯電話は家族一人一人を孤立させる結果を招く、
と考えていた。
車での移動が頻繁な次男坊、浅見光彦については、
雪江は特例として、自動車電話を認めていたが、
自動車電話はケータイではない。
さて、雑誌「旅と歴史」の新連載が始まることが決まり、
編集長の藤田からケータイを持つように指示が出た。
光彦はケータイを所有したいと母に伝えると、雪江はあっさりと
「そう、そうしなさい」頷いた。
光彦も拍子抜け。
ということで、浅見光彦探偵がケータイを所有する、
記念すべき最初の作品である。

小説の序文として、「古事記」からの引用が掲げられている。
ここに登場する、一つの島が現在の淡路島である。
作品名となっている「神苦楽島」とは作者が付けた島の名前で、淡路島のこと。
淡路島での殺人事件、そして淡路島縁の人物の殺人事件が起き、
光彦は事件に巻き込まれて行く。
終盤、危うい目に合う光彦は、ケータイのお陰で命拾いする。

この作品で特に興味深いのは、「太陽の道」という言葉、
今回「太陽の道」のことを初めて知る。
仏像撮影をはじめ古美術の撮影で知られる、
写真家の小川光三(こうぞう)さんが初めに提言したもので、
古くから言われているものではない。
北緯34度32分のライン上に、東は伊勢の斎宮跡から西方に
大和の三輪山、箸墓、室生寺、長谷寺、大神神社、当麻寺、
さらに二上山を越えて聖徳太子廟、大鳥神社、
そして淡路島の伊勢久留麻神社、石上神社と続く。
太陽の進む、一直線上に並んでいる。

「太陽の道」に目覚めた、ある人物が「陽修」の理念を発意。
熊野や伊勢山中での一千日に及ぶ荒行を経て、
神意を感得するところがあり、自らの神格を高め、陽修会を立ち上げた。
一種の宗教団体である。
作品では、この陽修会がキーワードとなっている。
建築業界、そして有力政治家が、陽修会に絡んできており、
殺人事件の裏には、政界、業界関係のトラブルがあるのではと
小説は進展するのだが、最後は極めてありふれた殺人事件と判明する。

どちらかと言えば、読者の期待を裏切るような結末になったのが残念。

小説の舞台となった淡路島、
残念ながらまだ一度も訪れていない。
由緒ある寺院や神社、大変興味深い所も多く、
機会があればぜひ訪れてみたい。













by toshi-watanabe | 2018-05-12 14:28 | 読書ノート | Comments(4)

大分日数が立ってしまったが、写真撮影会あり。
毎月国立で開いているパソコン勉強会の仲間、6名が参加して
去る4月24日、茨城県の「国営ひたちなか海浜公園」へ、
ネモフィラの花を撮影に出かける。

午前11時過ぎ、常磐線の勝田駅に到着。
地元に近いH女史が準備万端整え、迎えてくれる。
チケットと昼の弁当をすでに用意。
勝田駅からはローカル線の「ひたちなか海浜鉄道」に乗車、
のんびりと田園風景を眺めながら終点の「阿字ヶ浦駅」へ。
駅前からは公園行きのシャトルバスが待っている。

「1日フリー乗車券(シルバー)」が1,000円とは有り難い。
往復の運賃と入序料が含まれており、かなり割安だ。

d0037233_09130910.jpg


駅にある駅名の看板が面白い。
d0037233_09145205.jpg
d0037233_09162601.jpg
丁度昼に海浜公園に到着する。
ベンチに腰かけて昼の弁当をいただく。
いよいよ広大な公園内を歩く。
足の弱い方には乗物の便もある。



d0037233_09395878.jpg


d0037233_10141601.jpg



「みはらしの丘」は満開の時季を若干過ぎた感じだが、
淡いブルーのネモフィラの花が満ち溢れている。
北米西部が原産の一年草、「ベビーブルーアイズ」という愛称もぴったりだ。


d0037233_10132899.jpg


d0037233_10060466.jpg



d0037233_10151872.jpg


d0037233_10155134.jpg

d0037233_10161956.jpg



d0037233_10164837.jpg



d0037233_10165918.jpg


d0037233_10172366.jpg



d0037233_10180323.jpg


d0037233_10184753.jpg


d0037233_10193876.jpg

d0037233_10211587.jpg


d0037233_10223263.jpg


d0037233_10240970.jpg

d0037233_10242069.jpg


d0037233_10245515.jpg


ネモフィラの花の絨毯のごとき「みはらしの丘」をすっかり満喫する。
帰りの電車に乗った途端、雨が降り始める。
本当にラッキーな撮影会だった。


















by toshi-watanabe | 2018-05-10 10:10 | 旅行 | Comments(8)