d0037233_10264687.jpg


谷津矢車さんの最新作「安土唐獅子画狂伝・狩野永徳」を読む。
徳間書店発行、1,600円+税。

谷津矢車さんはペンネームで、1986年生まれ。
八つ矢車の家紋から谷津矢車とつけられた。
天下無一物の戯作者(小説家)と自称されている。
2012年、25歳の時に「蒲生の記」で第18回歴史群像大賞優秀賞を受賞。
翌年、狩野永徳シリーズの第1巻にあたる
「洛中洛外画狂伝・狩野永徳」により、文壇デビュー。
その後歴史小説を書かれている。

安土桃山時代の代表的な絵師、狩野永徳が主人公。
狩野派の祖は狩野元信、二代目が狩野松栄、
そして松栄の跡を継ぐのが永徳である。
物語では、狩野源四郎として登場する。
後に剃髪して永徳を名乗る。
お抱え絵師グループの狩野派の若惣領として
源四郎は織田信長との対決に臨む。
絵師として誰にも負けない自信と自負を持っている源四郎に、
注文を付ける信長。
信長は優れた感性を有し、他人の意見に耳を傾けない。
屏風絵でも障壁画でも、独自の判断をする。

物語のクライマックスは、信長が安土城を築き、
天守と本丸の障壁画を源四郎に描かせるものの、
題材については、自分で思案しろという。
源四郎にとっては、まさに命がけの制作となる。
苦労の末、やっと完成させたのが障壁画の「唐獅子」。
本丸謁見の間、上段の間を飾る障壁画である。
二頭の唐獅子が並び歩く様が描かれている。
険しい岩場を歩き、前を歩く獅子が後ろの獅子を窺いながら、
画面のこちらにいる者を睨みつけている。
唐獅子につきものの牡丹は描かれていない。
信長は気に入り、この絵に奥行きを与えているのは妻女であろう、
と永徳に語る。
実は、永徳は妻の簾に先立たれていた。

本能寺の変の後、「唐獅子」を含む数多の障壁画は
安土城の炎上と共に焼失、残念ながら現存しない。
物語では、のちに永徳が「唐獅子屏風図」を描き上げ、
秀吉に献上する。
この唐獅子屏風図は現在、宮内庁三の丸尚蔵館に納められている。
宮内庁所蔵ということだろうか、国宝に指定されていない。
当然国宝級の屏風図である。

この小説は信長に立ち向かう永徳が見事に描かれている。
狩野永徳は47歳という若さで亡くなっている。
今でいう過労死だ。

さて、狩野永徳と言えば、何といっても、山本兼一さんの「花鳥の夢」、
永徳の生涯を描いた優れた作品である。
葉室麟さんも、「乾山晩愁」の短編集の中に、
「永徳翔天」を書かれている。
また葉室さんは、上記の作品に登場する海北友松についての
作品「黒龍賦」を書かれている。
長谷川信春(等伯)も上記の作品に登場するが、
安部龍太郎さんが長編小説「等伯」を書かれている。








by toshi-watanabe | 2018-04-20 10:27 | Comments(0)

嬉しい情報が二つ



女性記者に対するセクハラで次官辞任に追い込まれたり、
出会い系サイトで援助交際をしていたのがばれて知事を辞任とか、
このところ何とも情けない情報ばかり目につくが、
わたしにとってうれしい情報が二つ。

一つは、両親の出身地であり、わたしにとっても戦時中約2年間の
疎開生活を送った伊豆半島が、ユネスコの「世界ジオパーク」に
認められたこと。
しばらく出掛けていないが、まだ叔母や従兄妹たちが元気でいるので、
お墓参りかたがた訪れたい。

もう一つは、わたしの住んでいる横浜市青葉区が
男性の全国市町村別平均寿命でトップに。
厚生労働省が今月17日に「平成27年度市町村別生命表」を発表。
その中に、最上位と最下位の50市町村ランキングの表がある。
男性は83.3歳の横浜市青葉区がトップにランクされている。
因みに青葉区の女性は88.5歳で9位にある。

一部資料の古いものもあるのだが、少しばかりわが街についてご紹介。
横浜市の北部にあり、川崎市や東京都町田市と接している。
農家もまだ5千戸余りあり、稲の作付面積では横浜市内で、最も多い。
武蔵野の雑木林の名残もあり、坂道の多い街である。

横浜市青葉区の人口は現在30万人強、平均年齢は40歳弱。
公園の数は230か所、街路樹の本数も多く、1万5千5百本余り。
いずれも横市内で最も多い。
人口10万人当たりの一般診療所数は83.9。
生活保護所帯は1.2%。
私立中学進学率は30%。
定期健康診断受診率は49.2%。
2人以上の世帯当たり年所得平均は1,042万円。
これらの数字も横浜市内で一番だという。

少々自慢話になってしまいましたが。










by toshi-watanabe | 2018-04-19 10:14 | 一般 | Comments(4)



3月11日、水曜日朝、用事があり浅草へ出かける。
東京メトロ銀座線の終点から一つ手前の田原町駅で下車する。
地下鉄銀座線と言えば、東京で、日本で一番古い地下鉄、
昨年末90周年を迎えたばかりだ。
当時開通したのは、上野と浅草の間だった。
子供の頃、すでに渋谷浅草間を走っていたが、
渋谷駅が地上3階にあり、地下鉄なのになぜと思った記憶あり。

田原町駅付近も、以前とはすっかり様変わり。
終戦直後、まだ焼け跡の残る時代、上野駅から浅草まで歩いたものだ。
SKDのレビュー華やかしころの国際劇場は今ではホテルに。
用事を済ませて、ついでに合羽橋道具街を散策する。
台所用品、食器類、お店で必要とする雑貨類、
それにレストランが店先に展示する食べ物見本の専門店など、
興味深い店が軒を並べており、見て歩くだけでも楽しい。

ランチは田原町駅近くの魚料理店のE屋で済ませたのだが、
下町の浅草だというのに、店員さんの不愛想なのには
驚かされた。
それにマグロ丼のマグロは美味しかったが、ご飯はいまいちだった。
初めての店だが、評判はどうなのだろう。
今度の高校クラス会の会場にでもと思い、
念のため2階3階の個室を見せていただく。

さて腹ごしらえも済まし、午後は、特別公開中の
浅草寺伝法院「名勝庭園特別拝観と大絵馬寺宝展」を見学し、
国指定の回遊式庭園を散策する。
5月7日まで公開中だ。 拝観料は300円也。


d0037233_09454402.jpg

d0037233_09455395.jpg




d0037233_09461130.jpg


浅草のど真ん中に、こんな素敵な日本庭園があるのも嬉しい。
浅草の喧騒が全くウソのような静かさに包まれる。
新緑も目に染みる。



d0037233_09461965.jpg


d0037233_09462671.jpg


d0037233_09472650.jpg

浅草寺境内の五重塔とモダンな東京スカイツリーが望める。


d0037233_09473318.jpg


d0037233_09474089.jpg

入れたての熱い美味しい日本茶をいただく。

d0037233_09474819.jpg

d0037233_09475683.jpg


d0037233_09480320.jpg



d0037233_09485648.jpg

d0037233_09490350.jpg

d0037233_09491165.jpg

茶室がある。
d0037233_09491921.jpg


d0037233_09492771.jpg



浅草寺で参拝し帰途に就く。
平日とはいえ、浅草はどこも凄い人出だ。
仲見世通りなど歩けたものではない。
着物姿の若い女性がやたらと目に入る。
着物を貸し、着付けをするお店は大忙しのことだろう。
人力車も商売繁盛のようだ。
外国から来られている観光客もかなり目立つ浅草だった。







by toshi-watanabe | 2018-04-14 09:50 | 一般 | Comments(2)

d0037233_10352387.jpg


葉室麟さんの作品「雨と詩人と落花と」を読む。

徳間書店発行、1,600円+税。

2016年から2017年にかけて発表された作品だが、

3月末に単行本として出版されたばかりである。

昨年1223日に66歳で亡くなられて以降に

出版された何冊目かの著書となる。

本書及びカバーの挿画は、東京国立博物館所蔵の

酒井抱一作「夏秋草図屏風」の「秋草図」である。

また書名の題字は葉室麟さんのお嬢さんで

書家の葉室涼子さんが書かれている。

江戸時代後期も末の1809年、豊後日田で生まれた

儒学者で漢詩人の廣瀬旭荘(きょくそう)という人物に光を当てた

物語である。 (旭荘はぎょくそうとも)

旭荘の人物像とともに、病魔に襲われた妻の松子との

夫婦愛が見事に描かれている。

廣瀬淡窓という名前には聞き覚えがあるが、

廣瀬旭荘のことは初めて知る。

淡窓は優れた儒学者・漢詩人であり、江戸末期、

日田に「咸宜園(かんぎえん)」という私塾を開き、

評判を聞いて教えを乞うべく、全国から若者たちがやって来る。

(因みに咸宜園は10代の塾主に引き継がれ、明治30年まで続く。)

淡窓は子供に恵まれず、25歳年下の末弟、旭荘を養子に迎え、

咸宜園の後を託そうとする。

小説は、旭荘が25歳の折りに、17歳の松子を妻に迎える場面で始まる。

妻を残したまま旭荘は日田を離れ、大阪へ出る。

廣瀬本家は天領の日田金を扱う商家で、手広く商売をしている。

旭荘のすぐ上の兄、久兵衛は商才に長けていたため、本家を継いでいる。

久兵衛は金銭面で旭荘一家を支援する。

(因みに廣瀬久兵衛の子孫に当たるのが、現職。大分県知事の廣瀬勝貞氏。)

大阪では適塾を開いた緒方洪庵と知己を得て、生涯交友する。

洪庵は旭荘とは年齢が1歳違いと同年配、

二人は同じ年の1863年に亡くなっている。

徳川幕府に仕官できるのではと、旭荘一家は江戸に出る。

ところが話はうまく行かず、妻の松子が病魔に襲われて倒れる。

性格的には強直で激情にかられ、松子にも暴力をふるうこともあった

旭荘だが、塾を開いて塾生を集める一方、

床に伏したままの松子を真剣に看病する。

物語の終盤は、松子が病気から何とか回復してほしいと

願う旭荘の姿が描かれる。

寿命の尽きるのが近づいた松子は旭荘に

「旦那さま、詩を聞かせてくださいまし。」

どのような詩だと問えば、

「あの桃の花がいっぱいに咲いているあたりに君の家がある。

 夕暮れ時の門を敲いて訪ねてくるのは誰だろうという詩でございます。」

旭荘は答えて、「わかった。 松子のために吟じよう。」

菘圃葱畦(しゅうほそうけい)

路を取ること斜に

桃花(とうか)多き処(ところ)是れ君が家

晩来何者ぞ門を敲(たた)き至るは

雨と詩人と落花となり

旭荘の詩、七言絶句「春雨到筆庵」である。

旭荘が淡窓に伴われて、筑後の松子の実家を訪ねた折の景色だ。

清朝末期の儒者、愈曲園は旭荘を「東国詩人の冠」と絶賛している。

感動を新たにしてくれる葉室作品である。

お薦めの一作。








by toshi-watanabe | 2018-04-08 10:36 | 読書ノート | Comments(2)

年に一度の人間ドックへ


4月3日、家内と一緒に人間ドックへ出かける。
毎年一回、この時期に人間ドックを受けている。
朝8時から受け付けが始まるので、早朝6時前には家を出る。
朝の通勤ラッシュはまだ始まっておらず、
比較的空いた電車に乗って出かける事が出来る。
検診がすべて終わった後で、
医師との面談の際に教えていただいたのが、
聖路加病院予防医療センターでの人間ドックは今回20回目になる。
ずいぶん長いことお世話になっているわけだ。


一日と銘打ってはいるものの、
上部消化管内視鏡検査を含め、午前中に終了。
いまだに過度に緊張してしまうのか、
血圧測定値は普段よりかなり高めに出、
肺活量の検査がうまく行えない。
心電図の測定も、手こずらせてしまう。
その一方で、内視鏡検査は、だいぶ慣れてきたのか、
今までになく楽に済ませることができた。
検査の間、モニターにも目を向けられた。

聖路加病院と言えば、以前は時折、日野原重明さんを見かけた。
100歳近い頃ではなかったと思うが、講演を聴く機会もあった。
40分近い間、ステージの上に立ったまんま話をされ驚嘆したものだ。
聖路加国際病院名誉病院長だった日野原さんは、
昨年7月18日、105歳の長寿を全うされ旅立たれた。
もうじき1周忌である。
改めてご冥福を祈るばかりである。
合掌



食堂にてブランチをいただく。
広い窓の外は、墨田川が望まれ、河畔の葉桜が目に入る。
朝食抜きできているので、食欲も進む。
ホテルオオクラの料理で美味しくいただく。


午後一番で、検診結果を見ながら、医師との面談。
細かなことは色々とあるのだが、
心臓のエコー検査をすることになり、予約を入れる。
以前から心臓に雑音が認められ、
心電図に示された異常な動きと高血圧の関連も
あるのではと、医師の判断による。
この検査は何年か前に受けており、その際は異常なしだった。
ただし自宅の近くの病院で検査を受けたので、
その時の資料が聖路加にはなく、
今回は聖路加病院で受診することにする。


保健師からの栄養指導も受けて、予定を終了。
無罪放免される。



by toshi-watanabe | 2018-04-07 09:35 | 一般 | Comments(2)

d0037233_11044504.jpg

砂原浩太朗さんの作品「いのちがけ」を読み終える。

講談社出版、1,750円+税。

サブテーマとして「加賀百万石の礎」とある通り、

加賀藩祖、前田利家から二代利長にかけて、

加賀百万石の礎が築かれた時代の物語。

主人公は、前田利家の家臣、村井豊後守長頼。

常に利家に付き従い、幾度もその危難を救う。

桶狭間、長篠、賤ヶ岳と戦場を駆け抜け、

貫き通した忠義の生涯が見事に描かれている。

物語の終盤、醍醐の花見のあと秀吉が亡くなり、

すでに体力の衰えていた利家もその翌年、命を全うする。

秀吉の遺言により、五大老として秀頼の傅役

中心になって務めていた利家が亡くなると、

同じく五大老の徳川家康がにわかに権力を誇示し始める。

加賀藩の力を弱体化せんものと言いがかりをつける。

二代藩主の利長は家康の元へ特使を派遣するものの、

全く相手にされず、特に二度目には家康のお目通りもかなわず。

利家の死去と共に隠居していた長頼は、

利長の要望により、藩のために再び働くことを決意し、

家康のいる大阪の加賀藩大阪屋敷を守っていた。

利長からの強い要望があり、

村井長頼が利長の特使と共に家康の元へ向かうことに。

最初は、井伊直政と本多忠勝が長頼らとの面談に応じるが、

談判の途中、家康本人が姿を現す。

利家の妻まつ(未亡人)、芳春院を人質として、

江戸の徳川家に差し出すことで解決、

前田家は安泰となる。

この家康と長頼のやり取りする場面が何とも絶妙な筆致で描かれ、

歌舞伎の舞台、最高潮の場面を見ているかのようである。

感動的な場面である。

利家と長頼とのやり取りはもちろん、

利長が長頼を試す場面なども大変興味深く、

この作品、大いに楽しみながら読み終える。


歴史・時代小説の文芸評論家、縄田一男さんも絶賛されている。

「新人にして、一級品。

 歴史小説の新しい風が

 心地よく頬を打つ。

 各戸たる文体の勝利である。」


この作家の今後を期待したい。

お薦めの一作である。


(追記):

NHKの大河ドラマ「利家とまつ ~ 加賀百万石物語」では、

的場浩司さんが村井長頼の役を演じていた。









by toshi-watanabe | 2018-04-05 11:05 | 読書ノート | Comments(2)

春の一日、横須賀を歩く


同じ神奈川県に住んでいながら、今まで横須賀を訪れたことがなく、
今回、横須賀の現地ツァーに参加する。
3
29日、午前10時に京浜急行の横須賀中央駅前で集合。
少し早めに現地に到着したのだが、
すでに参加される皆さん来ておられる様子。
その中に、見慣れた顔の方がおられる。
人間違えしてはいけないと、添乗員さんのところへ。
参加者名簿を見せてもらうと、

間違いなく知り合いのKさんの名前がある。
前日、国立のPC勉強会であったばかりのKさんだ。
早速Kさんに声をかけると、Kさんもびっくりされた。
お互い事前に、このツァーに参加することを知らずにいたのだが。
因みにKさんは町田で一緒に写真撮影の活動をされている
4
人のお仲間で参加されている。

今回のツァーはバスには乗らず、乗船を別にすれば、
専ら歩いての移動、よい運動になりそう。
全部で30名ほどが参加されている。
先ずは駅前から三笠桟橋まで歩き、
小型船に乗り、無人島の猿島へ向かう。

d0037233_10524587.jpg


d0037233_10540381.jpg

d0037233_10541543.jpg

d0037233_10562712.jpg


およそ30分で島に到着。
10
人づつ3組にグループ分けされ、それぞれに現地ガイドさんが付く。

「猿島」と言っても、お猿さんは一匹もおらず。
13
世紀半ば、日蓮上人が布教のために鎌倉を目指し、
房総から三浦へ渡ろうとしていたところ、途中で嵐に遭う。
危機的な状況に陥っていたところ、白い猿が現れ、
この猿に導かれて無事、この島にたどり着いたという、伝説による。

d0037233_10550915.jpg





d0037233_10551866.jpg




d0037233_10552990.jpg




d0037233_10555768.jpg


d0037233_10554918.jpg


d0037233_11012665.jpg

島の先端の展望台近くで見かけるマムシグサ。
d0037233_10560445.jpg
かって海軍の要塞として使われた跡が残されている。
歴史遺産を歩きながら説明を受ける。
手つかずの自然も豊かに残されている。
鶯の鳴き声が我々を出迎えてくれる。
砂浜では砂鉄が採れる。
港の桟橋近くに大根の花、岩の上にはウミウ。



d0037233_11013975.jpg


d0037233_11015045.jpg

猿島から三笠公園に戻り、記念艦「みかさ」に入場。
かって日本海戦の旗艦として活躍した「三笠」が修復されて、
現在は記念艦として、一般公開されている。
名物の海軍カレーのランチを仮設食堂でいただく。
食後ビデオ説明を受け、それから艦内を見学する。
世界三大記念艦の一つだそうだ。
記念艦の前は公園となっている。

d0037233_11161287.jpg


d0037233_11162520.jpg



d0037233_11050809.jpg


d0037233_11052065.jpg



d0037233_11060266.jpg


d0037233_11064697.jpg



d0037233_11070893.jpg

三笠公園からは、「どぶ板通り」を通り抜けて、汐入桟橋へ。

元々どぶ川が流れていたところを塞ぎ、今では石畳の

通路となっており、通りの両側には多種多様な店が並ぶ。

d0037233_11083650.jpg



d0037233_11084705.jpg


再び小型船に乗り、45分ほどの軍港巡りクルージング。
米国海軍の広大な基地となっており、原子力空母「ロナルド・レーガン」
をはじめ、何隻ものイージス艦が所狭しと並んでいる。
一方では、海上自衛隊の艦船が列をなしている。

d0037233_11182652.jpg



d0037233_11185835.jpg



d0037233_11093232.jpg



d0037233_11102573.jpg



d0037233_11103812.jpg



d0037233_11104679.jpg



d0037233_11105939.jpg



d0037233_11120183.jpg


d0037233_11121134.jpg



d0037233_11122003.jpg



d0037233_11122984.jpg



d0037233_11124020.jpg



d0037233_11140287.jpg



d0037233_11141285.jpg



d0037233_11142048.jpg



d0037233_11142873.jpg

クルージングの間、女性案内人が聞き取りやすいマイクで
分かり易く解説をされ、大変ありがたかった。
チョット沖に出ると、風もかなり強く、帽子が飛ばされそう。
横須賀は、軍港そのままの姿を残している。

船を降りて、近接のヴェルニー公園へ。

満開の桜の元、横須賀造船所を今から150年前に

建造した際指導に当たったフラン人技師がヴェルニーである。

日本側の推進役を務めたのが、小栗上野介。

二人の胸像が並んでいる。

d0037233_11195418.jpg



d0037233_11200283.jpg



d0037233_11201071.jpg

小栗上野介と言えば、明治維新後、

群馬県の片田舎、倉渕に隠居生活をしていたのだが、

官軍にとらえられ、倉渕の烏川の河原で殺害された。

地元の寺に埋葬されている。

ヴェルニー記念館を見学し、

JR横須賀駅前にて解散となる。

結局19千歩ほど歩き、見聞を広めた1日だった。









by toshi-watanabe | 2018-04-02 11:21 | 旅行 | Comments(2)

満開の桜


東京では例年より早く桜が開花し、早目の満開となる。
3月27日(火)、S社の株主総会があり、午前中帝国ホテルへ出かける。
S社の業績は順調に推移し、今期は創業以来初の1兆円台の売り上げ実績を上げ、
営業利益も経常利益も最高金額を記録。
特に問題もなく、無事に総会終了。

昼食後、皇居の乾通りへ出かける。
3月24日から4月1日までの9日間、春季皇居乾通り一般公開となっている。
予想通り長蛇の列だが、スムースに進んでおり、
それほど時間もかからず入口の坂下門へ。


d0037233_09173325.jpg

以前秋の一般公開時、紅葉を見に来たときはすごい混みようで、
立ち止まることも出来ぬ状態だったが、今回は自由に動き回れる。
好きなようにカメラを向けられる。

d0037233_09203866.jpg
サンシュユ。

d0037233_09205454.jpg
トサミズキ。

d0037233_09210298.jpg
桜も、ソメイヨシノの他に、ヤマザクラ、ベニシダレ、ヤエベニシダレなどなど。
未だ蕾のまま、これから花開く種類のものもある。

d0037233_09211029.jpg

d0037233_09211710.jpg

d0037233_09244440.jpg


d0037233_09251299.jpg

d0037233_09252124.jpg

d0037233_09252920.jpg
d0037233_09253693.jpg

d0037233_09264671.jpg
d0037233_09265635.jpg
レンギョウの花も。

d0037233_09270352.jpg
満開の桜。

d0037233_09271179.jpg
d0037233_09271819.jpg

d0037233_09284274.jpg
東御苑には行かず、乾門を出る。
内堀に沿って散策し、半蔵門駅に向かう。


d0037233_09285044.jpg
d0037233_09285857.jpg
d0037233_09290732.jpg

d0037233_09292034.jpg
d0037233_09313753.jpg

d0037233_09314664.jpg


さて、翌28日(水)は、月例となっているPC勉強会が国立で行われる。
会場に出かける前と帰りに、駅前からまっすぐ伸びる広い大学通りの
桜並木を見物する。
駅前のロータリー。

d0037233_09315507.jpg

国立は文教地区である。

d0037233_09321230.jpg
d0037233_09322036.jpg

歩道は広く、見事な桜並木となっている。
ただソメイヨシノの寿命が来ていると聞いている。

d0037233_09370928.jpg
d0037233_09370136.jpg

桜の樹の下には花壇が設けられ、春の草花が色も鮮やかに目を楽しませてくれる。
地元のボランティアの方たちの普段の手入れの賜だろう。

d0037233_09371667.jpg
帰り際、国立駅のホーム(高架線にある)から桜並木を望む。
実に絢爛豪華である。

d0037233_09372501.jpg
d0037233_09373419.jpg
d0037233_09374215.jpg





by toshi-watanabe | 2018-04-01 09:42 | 季節 | Comments(4)