2018年 04月 07日 ( 1 )

年に一度の人間ドックへ


4月3日、家内と一緒に人間ドックへ出かける。
毎年一回、この時期に人間ドックを受けている。
朝8時から受け付けが始まるので、早朝6時前には家を出る。
朝の通勤ラッシュはまだ始まっておらず、
比較的空いた電車に乗って出かける事が出来る。
検診がすべて終わった後で、
医師との面談の際に教えていただいたのが、
聖路加病院予防医療センターでの人間ドックは今回20回目になる。
ずいぶん長いことお世話になっているわけだ。


一日と銘打ってはいるものの、
上部消化管内視鏡検査を含め、午前中に終了。
いまだに過度に緊張してしまうのか、
血圧測定値は普段よりかなり高めに出、
肺活量の検査がうまく行えない。
心電図の測定も、手こずらせてしまう。
その一方で、内視鏡検査は、だいぶ慣れてきたのか、
今までになく楽に済ませることができた。
検査の間、モニターにも目を向けられた。

聖路加病院と言えば、以前は時折、日野原重明さんを見かけた。
100歳近い頃ではなかったと思うが、講演を聴く機会もあった。
40分近い間、ステージの上に立ったまんま話をされ驚嘆したものだ。
聖路加国際病院名誉病院長だった日野原さんは、
昨年7月18日、105歳の長寿を全うされ旅立たれた。
もうじき1周忌である。
改めてご冥福を祈るばかりである。
合掌



食堂にてブランチをいただく。
広い窓の外は、墨田川が望まれ、河畔の葉桜が目に入る。
朝食抜きできているので、食欲も進む。
ホテルオオクラの料理で美味しくいただく。


午後一番で、検診結果を見ながら、医師との面談。
細かなことは色々とあるのだが、
心臓のエコー検査をすることになり、予約を入れる。
以前から心臓に雑音が認められ、
心電図に示された異常な動きと高血圧の関連も
あるのではと、医師の判断による。
この検査は何年か前に受けており、その際は異常なしだった。
ただし自宅の近くの病院で検査を受けたので、
その時の資料が聖路加にはなく、
今回は聖路加病院で受診することにする。


保健師からの栄養指導も受けて、予定を終了。
無罪放免される。



by toshi-watanabe | 2018-04-07 09:35 | 一般 | Comments(2)