人気ブログランキング | 話題のタグを見る

葉室 麟著「暁天の星」を読み終える

葉室 麟著「暁天の星」を読み終える_d0037233_08533882.jpg


葉室麟さんの著書「暁天の星」を読み終える。
今月、PHP社から出たばかりの単行本である。
1,700円+税。


ご存知葉室さんは、1年半前の平成29年(2017)12月23日に
逝去されている。 享年66歳だった。
この著書の巻末に葉室麟さんの長女、葉室涼子さんが
「刊行に寄せて」と題して書かれている。
平成29年4月末、「暁天の星」の第1回締め切りの前日だというに、
葉室麟さんは一行も書けずにいた。
実は精密検査の結果が出て、入院が決まった日だった。
病の事を伏せたまま、この作品を書き続け、
第6巻まで書き終えたところで、筆を折り、
11月中旬、病状悪化のため緊急入院した。


随って、遺作となった「暁天の星」は未完のままである。
PHP社から発行されている月刊誌「文蔵」の平成29年7月号から
12月号まで連載され、今回単行本として出版された。


物語の主人公は陸奥宗光で、
著者は陸奥宗光の後半生を描こうとしていた。
天保15年(1844)、紀州藩士・伊達宗広の第六子として、
宗光は和歌山城下で生まれた。
生まれた時の名前は伊達小次郎。
安政5年(1858)、小次郎は15歳で江戸に出て、
医者の下僕などをしながら勉学に励んだ。
のちに師と仰ぐ坂本龍馬と初めて顔を合わせたのは、
龍馬が小次郎の和歌山の父親を訪ねて来た時だった。
文久3年(1863)の出来事である。


龍馬が設立した海援隊に小次郎は加わるが、
仲間内では「嘘つき小次郎」と呼ばれ評判は良くなかった。
龍馬にも言われて、小次郎は名前を変え、陸奥陽之介と名乗る。
本名の伊達は東北に縁があるからと、東北の陸奥としたそうで、
陸奥宗光は東北とは縁もゆかりも全くない。
明治の代になると、新政府に出仕する。
兵庫県知事まで務め、廃藩置県とともに神奈川県知事となる。
外務・大蔵関連の要職にも就く。


ところが西郷隆盛が下野して後、薩長藩閥政府を批判して要職を辞任
した宗光は、政府転覆計画に連座したとして、
国事犯として5年の禁獄に処せられた。


その後、当時の首相、伊藤博文から目をかけられ、博文の勧めもあり、
ウイーン大学シュタインのもとに行き、国家学説を学ぶ。
明治5年(1872)、先妻連子に先立たれた宗光は、
旗本の妾腹の娘で新橋柏屋で売れっ子の芸者、小鈴を妻に娶った。
美人で頭の良い亮子である。

陸奥宗光は、重要事項を決断するとき、龍馬だったらどう考え
どうするか頭に思い描く。
一つのエピソードが述べられているのでご紹介すると、

陸奥が机に向って、熱心い本を読んでいるのを見て、妻の亮子が
何の本ですかと尋ねると、「万国公法」だと答える。
難しそうな本ですね、とさらに尋ねると、
「なにしろ、学問嫌いの坂本さんが愛読した書物だから」と答える。
「万国公法」は米国の国際法学者ホイートマンが書いた国際法の
解説書で漢語訳されたもの。
当時としては国際法の存在を伝える唯一の書物だった。

 
明治21年(1888)5月、駐米特命全権公使に任命され、
妻の亮子、娘の清子(すがこ)(16歳)を伴って、
米国ワシントンに赴いた。


帰国後、明治25年(1892)8月、外務大臣に就任。


泥沼に落ち込んだ日清戦争に、
米国が仲介をとり、明治8年(1895)3月下旬、
清国の全権・李鴻章と下関で講和条約の話し合いに
陸奥宗光が臨むところで物語は終わっている。
最後の文章は、
「陸奥は講和条約に臨んだ。 新たな闘いの始まりだった。」


残念ながら、この後どういう筋書きになるのかは分からないまま。
未完のままで終わり、不満がやや残るものの、
妻亮子との情愛も含めて、陸奥宗光の生き様が見事に描かれ、
読者に感動を与える著作だ。
久しぶりに葉室文学を堪能した。

この単行本には、特別収録として短編小説「乙女がゆく」が載っている。
「小説現代」(講談社発行)の2010年10月号に掲載されたもの。
坂本龍馬3歳年上の姉・乙女が高知から京都寺田屋に龍馬を訪ねてくる話だ。

また文芸評論家の細谷正充さんが詳細な解説を寄せている。


お薦めの一冊である。







by toshi-watanabe | 2019-06-13 09:21 | 読書ノート | Comments(0)

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする


by toshi-watanabe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る