映画「日日是好日」を観る


昨18日、映画を観に109シネマズ二子玉川へ出掛ける。
南町田の方が近いのだが、現在ショッピングセンターが再開発中だ。
二子玉川に早めにつき、先ずは腹ごしらえと、「梅の花」へ。
二子玉川高島屋の6階にあるが、ここは以前、
加賀料理の名店「大志満」だった店が改装されて、「梅の花」に。
美味しい豆腐・湯葉料理のランチをいただく。


d0037233_11082607.jpg

時々出かける青葉台の店とはまた違った、
落ち着いた雰囲気の店内である。


さて劇場へ向かう。
映画は「日日是好日」である。


 映画公式サイト →  http://www.nichinichimovie.jp/

d0037233_11061105.jpg



d0037233_11071351.jpg



d0037233_11112520.jpg





森下典子さんの自伝エッセー『日日是好日-「お茶」が
教えてくれた15のしあわせ』が原作。
先月亡くなられた樹木希林さんと最近テレビに映画に出演の多い
黒木華さんがメインキャストで、評判の映画、


12時半開演だが、観客席はほぼ満員だ。
黒木華演じる大学生の典子が従姉の美智子と一緒に茶道を習いに
茶道教室を訪れる場面から映画は始まる。
茶道教室の武田先生を演じるのが樹木希林さん。
部屋には「日日是好日」の額が掲げられているが、
典子にはその意味が理解できない。


武田先生の指導の下、典子は美智子と共に茶道を学んで行く。
ずぶの素人の二人に「形」から始めて、「心」を入れることを、
穏やかに諭して、武田先生は指導する。
慣れてくると、頭で考えるのではなく、自然と手が動くという。
そんな茶道を通じて典子は心の成長を重ねながら、
彼女の人生の出来事が描かれる。
武田先生と典子とのやり取りが絶妙である。


茶道に象徴される人生と自然の機微を丹念に映像化されている。
映画の物語自体は単調といえば単調かも知れないが、
茶道の先生を演じる樹木希林さんの演技は見事である。






Commented by Jun at 2018-10-25 10:27 x
この映画、とても観たいと思っています(アメリカでDVDになるかどうか・・・・)
羨ましいです♡


ところでご無沙汰しております。
度々開けて写真など拝見しているのですが、ついコメントを書きそびれていてすみません。
この頃はFacebookやMixiのイイネも表示になっているので、今度からそれらも利用させていただきますね^-^
Commented by toshi-watanabe at 2018-10-25 10:48
Junさん、
コメントをいただき有難うございます。
今日は暖かな秋晴れで、気分も爽快です。
「日日是好日」はなかなかいい映画でしたよ。
ご覧になれる機会があるといいですね。
ミクシィもまだ続けています。
これからもよろしくお願いします。
Commented by やぶひび at 2018-11-13 13:21 x
映画見たいです。二子玉川の新しい映画館はまだ入った事ありません。
昔の二子玉川の映画館は行った事があります。

プロデューサーの吉村知己氏が、図書館で原作を“ジャケ借り”して、映画化となったそうですね。
図書館にポスターが貼ってありました。原作の文庫本も売れています。
原作も読みたいです。
Commented by toshi-watanabe at 2018-11-13 13:36
やぶひびさん、
コメントをいただき有難うございます。
二子玉川駅(にこたま)付近はすっかり生まれ変わりました。
映画を上映しているのは109のシネマコンプレックスです。

原作本、書店に平置きされていますね。
by toshi-watanabe | 2018-10-19 11:04 | 一般 | Comments(4)