小田原城址公園散策、そして熱海温泉にて小学同期会


6月3日(日)から4日(月)にかけて、小学校の同期会あり。
会場は熱海温泉のK荘、3日の午後3時に現地集合。
以前は都内、あちらこちらの会場で昼間の会を持っていたのだが、
そろそろ一泊してゆっくりしたいねと意見が出て、
ちょうど10年前から、この熱海温泉のK荘が会場となっている。
ずっと幹事を引き受けてくれているSさんの関係で、
この宿は割安料金で利用できるし、色々とわがままも聞いてもらっている。

朝ゆっくりと家を出て、途中の小田原で下車。
時々利用する老舗のソバ屋でランチを済ませて、
小田原城址公園に向かう。

小田原城天守閣。
化粧直しをしたばかり、白い壁が輝いている。


d0037233_13112969.jpg

泰山木の白い花が咲いている。


d0037233_13142452.jpg

菖蒲園の花菖蒲が今満開に。

d0037233_13151234.jpg

d0037233_13153833.jpg

d0037233_13155991.jpg

d0037233_13161718.jpg

d0037233_13173276.jpg

d0037233_13175954.jpg
d0037233_13182088.jpg

d0037233_13190082.jpg

d0037233_13193569.jpg
d0037233_13195764.jpg

d0037233_13202444.jpg
d0037233_13205129.jpg


d0037233_13213504.jpg

d0037233_13215614.jpg

菖蒲園の周りを囲むように、紫陽花が色とりどりの花を咲かせている。

d0037233_13221648.jpg

d0037233_13222788.jpg

d0037233_13230103.jpg

d0037233_13231642.jpg

d0037233_13233483.jpg
d0037233_13234785.jpg
d0037233_13253610.jpg

d0037233_13255321.jpg

d0037233_13260765.jpg

熱海駅から歩いて5分ほどのK荘に着くと、
すでに何人かが到着している。
つい1週間前に中学の同期会があり、参加数が激減して
わずか11名を数えるのみで、吃驚したのだが、
今回の小学校の同期会の参加者は7名のみ。
段々とさびしくなるばかり、男性が5名に女性が2名。
尤も中学は5クラス、270名ばかりの同期生がいたのだが、
小学校の方は2クラス、80名ほどの同期生だから、
比率から言えば、小学校の方が出席率ははるかにいいと言える。

温泉の大浴場で汗を流し、部屋では早速飲み始める。
一人、オールドパーを持参したのがいて、
ロックで飲むと、これが実にうまい。
全員そろって夕食。


d0037233_13335671.jpg
このほかに、特別注文で船盛も。
1年ぶりの再会で、大いに盛り上がる。

予期しなかったのだが、偶々海辺で花火の打ち上げがある。
8時20分から30分ばかりだが、
部屋のベランダから打ち上げ花火が楽しめた。
ボケた写真だが、


d0037233_13384415.jpg

d0037233_13390060.jpg

d0037233_13392832.jpg

d0037233_13394013.jpg


宿のベランダからは初島が望める。

d0037233_13394917.jpg

翌朝、遅い朝食後、解散。
干物のお土産も頂く。
熱海駅から同じ列車に乗り帰宅の途に。
一年後の再会を約して、藤沢駅で下車する。






Commented by omachi at 2018-06-20 20:07 x
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

奈良にもお越し下さいませ。
Commented by toshi-watanabe at 2018-06-21 09:26
omachiさん、
コメントを頂き有難うございます。
『「平城京」を読む』の読書ノートについてのコメントですね。
ネット小説はどうも苦手で。
やはり活字の本で読む方が性に合っています。
歳のせいでしょうか(笑)。
奈良や京都には、年に一度は訪れていたものです。
ここ数年は、残念ながら出かけて居りません。
また寺院や仏像を拝観しに出かけてみたいです。

by toshi-watanabe | 2018-06-08 13:43 | 同期会 | Comments(2)