群馬の山里、春の草花(パート2)

→(パート1の続き)

立浪草(たつなみそう)。

d0037233_14320767.jpg
花桃、照手姫(てるてひめ)、花も終わり。

d0037233_14321497.jpg
白花紫蘭(しらん)と紫蘭。

d0037233_14322314.jpg
d0037233_14323625.jpg
d0037233_14324611.jpg

d0037233_14325615.jpg

d0037233_14330503.jpg

都忘れ(みやこわすれ)。

d0037233_14383189.jpg

d0037233_14384463.jpg
鷺苔(さぎごけ)。

d0037233_14390033.jpg
深山苧環(みやまおだまき)と白花苧環。

d0037233_14391136.jpg
d0037233_14392132.jpg
d0037233_14393893.jpg
芝桜(しばざくら)。

d0037233_14415232.jpg
d0037233_14420195.jpg
d0037233_14422045.jpg
d0037233_14423705.jpg


白椿の残り花。

d0037233_14441203.jpg

シーラ・カンパニラータ。 釣鐘草(つりがねそう)ともいう。

d0037233_14442594.jpg

白花山吹草(しろばなやまぶきそう)。

d0037233_14444977.jpg
小手鞠(こでまり)。

d0037233_14451034.jpg
d0037233_14453258.jpg

白花踊子草(おどりこそう)。

d0037233_14501403.jpg

半鐘蔓(はんしょうづる)の花が開くのはこれから。

d0037233_14503014.jpg
野生の藤が見事に花を咲かせている。

d0037233_14504346.jpg
d0037233_14510067.jpg

愛らしい菫(すみれ)の花、タチツボスミレ。

d0037233_14542764.jpg
d0037233_14544331.jpg

蕾のまま、なかなか花を開かない山芍薬(やましゃくやく)。

d0037233_14550318.jpg

蝮草(まむしぐさ)。

d0037233_14552609.jpg
稚児百合(ちごゆり)。

d0037233_14582166.jpg
宝鐸草(ほうちゃくそう)。

d0037233_14581155.jpg
山帰来(さんきらい)、花の終わった後。

d0037233_14583349.jpg

マーガレット。

d0037233_14590361.jpg


寒葵(かんあおい)。 根元の地べたに柿のへたのように
茶色っぽい花を咲かせる。


d0037233_15060471.jpg
ナガミヒナゲシ。

d0037233_15053095.jpg

露草(つゆくさ)。

d0037233_15053931.jpg

空木(うつぎ)や樹木に咲く白い花。





d0037233_14585021.jpg




以上






by toshi-watanabe | 2018-05-14 14:43 | 草花 | Comments(0)