嬉しい情報が二つ



女性記者に対するセクハラで次官辞任に追い込まれたり、
出会い系サイトで援助交際をしていたのがばれて知事を辞任とか、
このところ何とも情けない情報ばかり目につくが、
わたしにとってうれしい情報が二つ。

一つは、両親の出身地であり、わたしにとっても戦時中約2年間の
疎開生活を送った伊豆半島が、ユネスコの「世界ジオパーク」に
認められたこと。
しばらく出掛けていないが、まだ叔母や従兄妹たちが元気でいるので、
お墓参りかたがた訪れたい。

もう一つは、わたしの住んでいる横浜市青葉区が
男性の全国市町村別平均寿命でトップに。
厚生労働省が今月17日に「平成27年度市町村別生命表」を発表。
その中に、最上位と最下位の50市町村ランキングの表がある。
男性は83.3歳の横浜市青葉区がトップにランクされている。
因みに青葉区の女性は88.5歳で9位にある。

一部資料の古いものもあるのだが、少しばかりわが街についてご紹介。
横浜市の北部にあり、川崎市や東京都町田市と接している。
農家もまだ5千戸余りあり、稲の作付面積では横浜市内で、最も多い。
武蔵野の雑木林の名残もあり、坂道の多い街である。

横浜市青葉区の人口は現在30万人強、平均年齢は40歳弱。
公園の数は230か所、街路樹の本数も多く、1万5千5百本余り。
いずれも横市内で最も多い。
人口10万人当たりの一般診療所数は83.9。
生活保護所帯は1.2%。
私立中学進学率は30%。
定期健康診断受診率は49.2%。
2人以上の世帯当たり年所得平均は1,042万円。
これらの数字も横浜市内で一番だという。

少々自慢話になってしまいましたが。










Commented by banban0501 at 2018-04-19 21:40
自分の街 詳しく統計的な事把握しておくのは とてもいいですネ

私学中学進学率実に30パーセントって凄い

教育熱心な地域ですね
Commented by toshi-watanabe at 2018-04-20 09:03
banbanさん、
早速コメントをいただき有難うございます。
私学中学進学率の30%には、私も驚きました。
この区には、桐蔭学院の中学・高校がありますが、数年前に慶応義塾横浜初等部が開校。
午後の電車に乗ると、帰宅途中の小学生、中学生を大勢見かけます。
教育熱心なご家庭が多いようです。
Commented by amtask at 2018-04-22 09:42 x
おはようございます。
環境と経済状況が良い地域に住むと、長生きできるのですね。
私が未だ現役の頃、不動産関連の仕事で田園都市線の梶ヶ谷・鷺沼・多摩プラザあたりによく通いました。
当時、美しが丘が高級住宅地として注目され始めた頃です。
今は街も熟成し、更に住みよくなっているのでしょうね。
Commented by toshi-watanabe at 2018-04-22 14:54
amtaskさん、
コメントをいただき有難うございます。
青葉区に移り住んで、早いもので33年です。
緑が多いので気に入っています。
平均より若干高めのレベルの家庭が多いのではと思います。
美しが丘も高齢所帯ばかりになり、駅の近くにマンションが増え、高齢者を呼び込んでいるようです。
by toshi-watanabe | 2018-04-19 10:14 | 一般 | Comments(4)