越後雪割草街道の旅へ出かける




3月23日(金)から24日(土)にかけて、越後長岡へ出かける。
23日は上越新幹線で、長岡まで。
川端康成の小説通り、長いトンネルを抜けると、越後湯沢だが、
3月の終わりとはいえ、未だ一面の雪景色である。
長岡駅には午後1時半に到着する。
宿の迎えの車は2時半の約束なので、1時間ばかりフリータイム。
駅から10分ほど歩いたところにある「河井継之助記念館」を訪れる。
訪れるのは初めてである。

d0037233_13082498.jpg
越後の風雲児と呼ばれる、河井継之助の生まれ育った長岡に建てられた、
こじんまりした記念館はすぐ見つかる。
司馬遼太郎の小説「峠」の主人公としてよく知られる。
河井継之助の書やゆかりの品、北越戊辰戦争関連の資料が
所狭しと展示されている。

宿は、長岡の中心地から車で30分ほどの山奥、
猿倉岳の裾野にある蓬平温泉。
宿に向かう頃には本格的な雨降り、明日の天気が心配になる。
周りは雪景色、これから暖かくなるにつれて雪解けが進むだろう。
宿の脇を流れる谷川も、すでに雪解けのため水嵩が多い。

翌朝はすっかり晴れ上がる。
現地の越後交通主催のツァーに参加申し込みをしており、
宿の前からバスに乗車する。
長岡駅前に着いてから、他の参加者の到着に待たされる。
最初の訪問地は、日本海に面した柏崎市西山の大崎海岸にある
「大崎雪割草の里」である。
新潟県でも雪が少なく、一番先に雪割草が咲き始める。
雪はほとんど残っていないが、山道は多少ぬかるんでいる。
ここでは、雪割草を本格的に育てている。
群生地の養生のためと、鉢植えにして一般に販売するためである。


d0037233_13083946.jpg


d0037233_13320149.jpg




d0037233_13321257.jpg



群生地となっている小高い山道を登る。
キクバオウレンの白い花が目に付く。

d0037233_13340019.jpg

d0037233_13342934.jpg

可愛らしい雪割草の花がかなり咲きだしている。

d0037233_13344634.jpg

d0037233_13345689.jpg



d0037233_13373955.jpg



d0037233_13374814.jpg


d0037233_13375666.jpg

d0037233_13380691.jpg

d0037233_13384574.jpg

d0037233_13385388.jpg

d0037233_13390060.jpg

d0037233_13390858.jpg

d0037233_13391569.jpg

d0037233_13405090.jpg

d0037233_13410065.jpg

d0037233_13411163.jpg

d0037233_13412054.jpg

d0037233_13413183.jpg


d0037233_13430734.jpg

d0037233_13431799.jpg


キクザキイチゲも咲いている。
d0037233_13432535.jpg

昼食の場所へと、海岸線を南下する。
次第に白雪をいただいた米山が見えてくる。

d0037233_13433653.jpg

午後は、長岡に戻り、次の訪問先、「雪国植物園」を訪れる。


d0037233_13085278.jpg


雪割草の群生地なっている山は、冬景色、残雪が多く、
一部だけ雪が片付けられて人が歩けるようになっている。
今年は雪が多かったようで、本格的に山に入れるのはまだ先のようだ。
それでも日当たりのよい斜面には雪割草の花が咲き始めている。
この植物園は、雪割草ばかりでなく、春、夏、秋と各シーズンごとに
数多くの山野草が見られる。

水芭蕉が咲き始め。

d0037233_13434418.jpg


ザゼンソウ。

d0037233_13551423.jpg

ネコノメソウとホクリクネコノメソウ(花が小型)。

d0037233_13552199.jpg

ショウジョウバカマ。

d0037233_13553119.jpg

コシジバイモ。

d0037233_13554120.jpg


キクバオウレン。

d0037233_13555131.jpg


雪割草の花、大崎のに比べて、一段と色が鮮やかな感じだ。
群生地は花がまだら状態で寂しい限り。
あと1週間は先に見ごろでは。

d0037233_14022031.jpg

d0037233_14032694.jpg

d0037233_14034194.jpg

d0037233_14035438.jpg

d0037233_14040207.jpg

d0037233_14054474.jpg

ナニワズの黄色い花。

d0037233_14055587.jpg

さらに続く。。。。。。。。。。。。。。
 マルハマンサク、ユキツバキ、クロモジの花も咲き始め。






d0037233_14062652.jpg



d0037233_14061662.jpg


d0037233_14060877.jpg




ユキツバキの花は、普通の椿の花と異なり、ぽとりと落下しないとか。
小林幸子の歌にある。

お陰様で、穏やかな晴天に恵まれ、雪割草の花を十分堪能できた。









Commented by Jun at 2018-04-02 03:24 x
半分越後人のJunであります(笑)が、長岡には行った事がないのです。

「峠」ももちろん読みました。記念館があるんですね。

「雪割草」可愛いですね。
名前からして愛しいですよね❤

Commented by toshi-watanabe at 2018-04-02 10:29
早速のコメントを有難うございます。
越後の血が混ざっておられるのですか。
私の家内が越後湯沢の出身です。

河井継之助、最近また見直されているようです。
雪割草は本当に愛らしいです。
by toshi-watanabe | 2018-03-30 14:19 | 草花 | Comments(2)