葉室 麟著「河のほとりで」を読む

d0037233_11032919.jpg

葉室麟さんの随筆集「河のほとりで」を読む。

鬼籍に入られて2か月ばかりの葉室さん、生前の随筆をまとめて、

今回、文春文庫で出版された。

620円+税。

大きく三章にまとめられている。

「河のほとりで」、「書物の樹海へ」、そして「日々雑感」。

全体で46編のエッセイから成っている。

書名の元となっているのは、「禅僧」というエッセイ。

臨済宗を我が国に伝えた栄西のことが取り上げられている。

宋から帰国した栄西を開山として建久6年(1195)に建てられたのが、

福岡市博多御供所町にある聖福寺、わが国で最も古い禅寺。

禅宗の話となり、臨済の「済」の字には「河の渡し場」という意味があり、

臨済は「河のほとり」とも読めると葉室さんは語っている。

話が飛ぶが、2015年から2016年にかけて、「週刊新潮」に連載し、

20176月に単行本として刊行されたのが「古都再見」で、、

京都に纏わる話をあれこれ書かれている。

時代小説を書く上で京都に住んでみたい思いがあったのだろう。

今回のエッセイの一つ「健康への出発」によると、

葉室さんは20162月、京都に仕事場を持たれ、

その後は福岡県久留米市の自宅と行ったり来たり、

月の半分は京都で仕事をされていたようだ。

この文章が発表されたのが昨年7月、

亡くなる前最後のものかもしれない。

65歳という自分の年齢をもっと自覚しようと思う。

 これからなそうと思う仕事のために自分自身のメンテナンスを

 しっかりしなければ、人生の最終コーナーを

 まわることができないのだから。

 そんな思いが三日坊主に終わらないことをいまは

 ひたすら願うばかりだ。」

と結ばれている。

体調に違和感を持っておられたのか、

己の寿命を感じ取っておられたのだろうか、推察するのみ。

随筆集の大半は、専門の歴史に関する話題とか、

同じジャンルの作者などへの思いなどで占められている。

高校生の頃に読まれた吉川英治の「黒田如水」の話。

「空海の風景」に始まり、「韃靼疾風録」にいたる

司馬遼太郎の話。

源実朝をテーマにした、吉本隆明の「源実朝」、

太宰治の「右大臣実朝」、小林秀雄の「実朝」。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」では、

西欧型国家への違和感と昭和の敗戦の話に及ぶ。

また葉室さんは山形県鶴岡市の「藤沢周平記念館」を訪れる。

藤沢作品の「風の果て」や「半生の記」を取り上げ、

いまもなお藤沢文学がひとを癒すのは、

時代の波に押し流されない、「悔いるやさしさ」があらからだと、

葉室さんは思われる。

新聞、雑誌等に投稿された短文が殆どなのだが、

ほかの作家の作品についての書評も書かれている。

早乙女貢の「騎兵隊の氾濫」、早乙女さんのライフワークの

根底は会津士魂にある会津藩武士の清廉さにあり、

明治維新に対する異議申し立てであるとみる。

山本兼一の「おれは清磨」と「修羅走る関ケ原」、

いずれの作品も、葉室さんは高く評価している。

山本兼一さんが「利休にたずねよ」で直木賞を受賞したとき、

葉室さんと北重人さんも候補に挙がっていた。

50歳過ぎの時代小説作家3人が直木賞候補にと、

新聞でも話題になったようだ。

葉室さんにとって初めての直木賞候補いうことで、思い出深い。

その後、北さん、山本さんのお二人に先立たれている。

青山文平の「伊賀の残光」、安部龍太郎の「レオン氏郷」、

海音寺潮五郎の「史伝西郷隆盛」の解説文、

いずれも大変興味深い内容である。

「もうひとつの『草枕』歴史の激動背景にした恋」も

なかなか興味深い話となっている。

元熊本藩士の前田覚之助は、明治維新後、藩の禄を離れると、

小天村に戻り、村人と共に生きるという気持ちから案山子と名乗る。

案山子はやがて小天に温泉付き別邸を建てる。

隠居所だったが、湯治客の訪れる旅館風となる。

この別邸に明治30年(1897)訪れたのが、当時の熊本五高の

教授だった夏目漱石。

小説「草枕」のモデルになったと言われる。

案山子には出戻りの娘、卓(つや)がいたが当時29歳、漱石は30歳。

時代は移り、大正5年(1916)、卓は漱石の自宅を訪問し、

再会を果たしている。

興味ある話を拾い読みしても良いと思う。











by toshi-watanabe | 2018-02-24 11:03 | 読書ノート | Comments(0)