浅田 次郎著「おもかげ」を読み終える

d0037233_13110322.jpg


浅田次郎さんの最新作「おもかげ」を読み終える。

この作品は、一昨年から昨年にかけて毎日新聞に連載され、

ハードカバーとして昨年末に出版された。

主人公の竹脇正一(たけわきまさかず)の入院先を

旧友の堀田憲雄が訪れるところから、物語は始まる。

二人は同期入社で社宅住まい以来仲の良い間柄

であったのだが、堀田は今や本社の社長。

竹脇は60歳の定年前に関連会社の役員として転出し、

新しい勤務先のトップとして5年の務めを無事果たす。

送別会が開かれ、花束を抱えて荻窪の自宅へ帰る途中、

お供の車を断り、通いなれた地下鉄丸ノ内線に乗ったのだが、

竹脇は車内で倒れ、そのまま中野の病院へ緊急搬送される。

倒れた原因は脳出血、出血がひどく手術は無理、

意識がないまま集中治療室のベッドに眠る竹脇のそばには

妻の節子が見守っていた。

この小説は、主人公が意識の戻らないまま、

眠るように最期のときを迎えて幕を閉じるのだが、

色々な人物が登場し、病人を連れだしたりして、

と言っても意識のない病人が出歩けるわけもなく、

分身というのかもう一人の竹脇が誘われて外出する。

そこで思わぬことを体験したり、昔話が出て、

次第に竹脇正一という人物像が解き明かされて行く。

読者を混乱させることもなく、

物語の中に入って行ける、面白い筋立てとなっている。

戦後の昭和20年代の混乱時代に生まれた竹脇は、

両親の顔も知らず、どういう事情があったのかもわからず、

赤ん坊の時から養護施設(当時の孤児院)で育つ。

能力は優れ、高校から奨学金の得られやすい国立大学へ。

そして運よく一流企業に就職できた。

妻の節子と結婚する際、空白の戸籍謄本を見せたものの、

節子からも特に聞かれることもなく何も説明せずのまま。

一方節子は、両親が離婚、その後は父親も母親も好きな相手と

一緒になり、節子は無視され父方の祖母に育てられ、

両親とは血縁にありながら、一切の交信もなし。

正一が施設で暮らしていた時に仲のよかった仲間が

永山徹という男で、今では土木関連の仕事を請け負う親方。

二人は同い年で気が合い、今でも付き合いがある。

徹のところで働く若者、大野武志(タケシ)は縁あって、

正一の娘、茜(あかね)と所帯を持ち、すでに二人の娘がいる。

正一と節子にとっては孫娘である。

タケシの母親はシングルマザー。息子の面倒をみずに

男のところへ出掛け好き勝手、ぐれたタケシは少年院入り。

その後、永山徹のお陰で、まっとうな生活ができるように育った。

実の母親の居場所は知っているものの、口にはせず。

集中治療室ICUの部屋はパーティションとカーテンで仕切られ、

もう一人の患者がベッドに横たわり、命が尽きようとしている。

榊原勝男という老人で、年齢は80歳。

息子が大阪にいるらしいが、連絡をしてもアクションを起こさず。

榊原は竹脇に声をかけ、二人で出かけようと誘う。

これからはあり得ない話だが、病院を抜け出して行く。

榊原馴染みの銭湯に入りひと風呂浴び、湯上りには

近くの公園に店開きしている屋台、リヤカーを改造した

古式豊かな屋台に立ち寄り、一杯遣りながら、

昔話を続ける。

榊原は昭和20310日の東京大空襲で、家族を失い戦災孤児となる。

その日のことは全く記憶にないと本人は語る。

孤児たちがグループを作り、盗みなどいろいろと悪さをしたらしい。

ちょっとませた峰子という女の子がグループのリーダー格だった。

物語の終盤で、この峰子が登場する。

戦後進駐軍の目立つ頃、彼女は15歳の若さで妊娠、

父親もわからぬまま男の子を出産、

とても育てることもできず、地下鉄の車内に赤ん坊を置いたまま

行方をくらましてしまう。

読者の想像に任せるだけだが、この赤ちゃんが孤児院に引き取られ、

そのまま成長していればちょうど65歳になる。

主人公はそのまま眠りについて、物語は終わる。

平成もあと1年ちょっとで幕を閉じるが、

昭和の時代もすっかり遠くになった。

浅田文学の傑作の一つだと思う。






by toshi-watanabe | 2018-01-22 13:11 | 読書ノート | Comments(0)