諸田 玲子著「森家の討ち入り」を読み終える

d0037233_08475610.jpg

諸田玲子さんの最新作「森家の討ち入り」を読み終える。

「忠臣蔵」は数多くの作家により数多くの作品が出ているが、

この作品は、三人の義士に的を絞った歴史小説である。

美作国津山城を居城とする津山森家は

十八万六千五百石の大名だったのだが、

内記長継(大隠居)のあとを継いだ嫡男の忠継が

早世してしまったことから、森家のお家騒動が始まった。

改易の悲劇に見舞われた後、備中国西江原二万石を与えられ、

森家の名跡は遺された。

この騒動に伴い、津山森家の多くの家臣は職を失った。

森家の家臣の中で三人がすぐ隣の赤穂浅野家に

新たに仕える身となった。

神崎与五郎、茅野和助、そして横川勘平である。

彼等三人は、かって江戸郊外中野村の御囲築造にともに

従事するという不思議な縁を持つ仲間でもあった。

御囲とは、当時の五代将軍、犬公方と呼ばれた徳川綱吉の

「生類憐みの令」により野犬保護のために築造されたもの。

さて元禄151214日、

吉良邸に討ち入りを果たした赤穂四十七士の中に

浅野家に仕えるようになって間のない三人がいた。

プロローグの「長直の饅頭」とエピローグの「お道の塩」に

挟まれて、「与五郎の妻」で神崎与五郎を、

「和助の恋」で、茅野和助を、「里和と勘平」で横川勘平と

陰で支えた女性たちとの生き様が描かれている。

命を懸けて戦い抜いた、壮絶な人生であった。

討ち入り後、赤穂四十七士は四か所に別れて預けられ、

沙汰を待っていた。

与五郎、和助、勘平の三人が預けられたのは

三河国岡崎水野家の江戸中屋敷だった。

備中国西江原森家二万石の当主長直は、

この正月に32歳になったばかり、

かっては津山森家の家臣であった三人に饅頭を届けようと思案する。

長直は、宗家の津山森家二代長継の八男に生まれたが、

三代、四代の反目や四代の早世、つづく養嗣子の廃嫡と

お家お取り潰し等々の森家不幸が続き、西江原森家の当主になった。


赤穂浅野家がお家取り潰しとなった後、

奇遇にも、その数年後に長直は赤穂城主となった。

長直は赤穂の塩田に目を開かれ、

精魂込めて、日の本一の塩を造り、将軍家へ献上する。
因みに赤穂森家は明治の初めまで続く。


諸田さんらしい、きめ細かな素晴らしい物語となっている。





by toshi-watanabe | 2018-01-05 08:55 | 読書ノート | Comments(0)