人気ブログランキング | 話題のタグを見る

下目黒の海福寺を訪れる

昨29日、「仏像を学ぶ会」の仲間で
下目黒の黄檗宗(おうばくしゅう)の寺院
「永寿山海福寺」を訪れる。
東急目黒線の「不動前駅」の改札で集合、
E講師を含め22名で、寺院へ向かう。
冷たい北風ですっかり寒の戻り、
しかも時折にわか雨が降り出し、
皆寒さに震えあがりながら歩く。

ゆっくり歩いて10分ほどで海福寺の入口に。

下目黒の海福寺を訪れる_d0037233_9312621.jpg
下目黒の海福寺を訪れる_d0037233_9314145.jpg


入口の右手に。

下目黒の海福寺を訪れる_d0037233_9322863.jpg


山門(朱塗りの四脚門)手前、
左手には深川永代橋沈溺諸亡霊塔
(遭難者供養塔)が立っている。
文化4年、深川八幡の祭礼の時、人出が多く、
その重みで橋が落ち、
千数百人が水死したと言い伝えられている。
水死者の霊を供養するために木場の人々が建立した慰霊塔。
その後この事件は歌舞伎でも取り上げられている。

下目黒の海福寺を訪れる_d0037233_9412971.jpg
下目黒の海福寺を訪れる_d0037233_9414767.jpg


四国宇和島の伊達家が寄進したと言われる
山門をくぐると、右手に鐘楼。
日本伝統の様式に、中国風の柔らかみが加わり、
趣のある梵鐘である。
都の指定有形文化財となっている。

下目黒の海福寺を訪れる_d0037233_9451922.jpg


出迎えてくれた住職はまだ若い方で、
背も高く、ハンサムな青年である。
にこやかな態度で対応され、わかりやすく説明していただく。
堂内も暖房で暖かくしてくれる。
最後に梵鐘をついてくれ、鐘の音を楽しむことができる。

正面に本堂があり、その右手に九重の塔がある。
本堂の扁額は「泰雲」とある。
黄檗二世木庵の書で、
「泰雲寺」と書かれてあったものを、
上落合の泰雲寺が廃寺となった折に、
山門とともに、この寺に移された。
九重の石塔は、武田信玄の屋形に置かれていたものと
伝えられている。

下目黒の海福寺を訪れる_d0037233_10194020.jpg

下目黒の海福寺を訪れる_d0037233_9573028.jpg
下目黒の海福寺を訪れる_d0037233_9574730.jpg


黄檗宗は臨済宗、曹洞宗と並ぶ日本禅宗の一つだが、
規模としては他の2宗派に比べて極めて小さい。
末寺も少ない。
大本山は京都宇治にある「黄檗山万福寺」である。
因みに「黄檗」という駅もある。

この海福寺は寛永5年(1628年)創建以後、
江戸時代から明治にかけては深川にあった。
現在地の下目黒に移されたのは、
明治43年(1910年)のこと。

本堂、正面には御本尊の釈迦如来坐像。
向かって左側には隠元国師の木造が安置されている。
隠元像は非常に珍しいとのこと。

下目黒の海福寺を訪れる_d0037233_1094574.jpg
下目黒の海福寺を訪れる_d0037233_101004.jpg
下目黒の海福寺を訪れる_d0037233_10101386.jpg
下目黒の海福寺を訪れる_d0037233_10102784.jpg


寺に残る古い仏像(平安時代の作と思われる)を
見せていただく。
残念ながらばらばらな状態。
修復を申請しているが、予算が下りず、
いつ修復できるか未定とのこと。

海福寺を後にし、すぐ隣の羅漢寺(五百羅漢寺)に立ち寄る。
この寺院ももとは黄檗宗だったのが、いまは浄土宗。
やはり明治時代に深川から移設された。
今はコンクリートの建物になっており、
寺というより博物館といった感じ。
羅漢像は残念ながら写真撮影禁止。

そのあと、ついでに近隣の目黒不動とたこ薬師にも参拝する。
Commented by banban0501 at 2010-03-30 14:43
まつられている隠元さんのお像ですが

この隠元さんって インゲン豆を伝えた隠元さんですか?

歌舞伎の取り上げられた事件 有名なのですね
私はしりませんでした

すごい数の犠牲者ですね~
Commented by toshi-watanabe at 2010-04-03 10:29
banbanさん、

隠元豆を日本に伝えた隠元さんです。
当時中国明の新しい文化を色々と伝えています。
隠元さんの像は珍しいそうです。

江戸時代、文化4年(1807年)、深川八幡祭の折りに
起こった永代橋崩落は大事件で、
歌舞伎の題材となったようです。
「八幡祭小望月賑(はちまんまつりよみやのにぎわい)」
の一部に取り上げられたということですが、
現在はそのままでは演じられていないようです。

Commented by hide at 2010-06-05 17:59 x
本寺院の親戚のものです。どの画像も立派すぎるほど綺麗に撮って下さり嬉しく思います。私はブログとhpを作成しましたが、良いリンク先がないかと思って調べていましたところ、貴ブログにたどり着きました。勝手なお願いなのですが、私のHPの経歴の寺院の語句に貴ブログをリンクさせて頂けないでしょうか?と、言うよりリンクしてしまいましたので、許可頂けない場合には、即リンクをはずします。私のhpには、上記のブログURLから入れます。お手数をお掛け致しますが、ご検討下さるようお願い致します。
Commented by toshi-watanabe at 2010-06-05 21:49
hideさん、

御親戚の寺院でしたか。
ご住職が大変丁寧に案内してくださいました。
リンクの件、了解しました。
Commented by hide at 2010-06-06 11:36 x
リンクを許可下さりありがとうございました。これからも貴ブログを楽しみに拝見させて頂きたいと思います。
by toshi-watanabe | 2010-03-30 10:19 | 寺院・仏像 | Comments(5)

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする


by toshi-watanabe
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る