d0037233_11301441.jpg
d0037233_11300325.jpg


幸田真音の最新作「この日のために(上・下巻)」を読み終える。
激動の昭和の時代、「この日」のために闘い、
駆け抜けた二人の男たちの生涯を描いた作品。
田畑政治と池田勇人の二人である。

静岡県出身の田畑政治は、学生時代から水泳の指導に当たり、
新聞記者になってからも水泳指導者としての活動を続ける。
水泳連盟会長に就き、オリンピックへ選手を派遣することに尽力。
さらにIOCへの加盟から日本へオリンピックを招致する活動にも
力を入れる。 JOCの会長にもなる。

東京オリンピック開催の招致運動が実り、
紀元2600年に当たる昭和15年(1940)の
東京開催が決まって喜んだのも束の間、
太平洋戦争に突入して、開催を辞退する羽目となる。
戦後、まだ復興の最中にあった日本だが、
東京オリンピック開催が決まり、昭和39年(1964)
アジアで初めてのオリンピックが開催の運びとなる。

ところが、オリンピック開催に先頭を切って尽力してきた
田畑政治の姿は東京オリンピックの開会式には見えず。
その数年前にインドネシアのジャカルタで開催された
第4回アジア競技大会において、インドネシア政府が
開会日直前にイスラエルと台湾の参加を拒否し、国際的な問題に。
日本選手団はすでに現地到着済みで参加すべきかどうか苦慮したものの、
選手を参加させ、日本選手団は画期的な成果を上げたのだが、
帰国後、その責任問題が起こり、そのあおりで団長を務めていた
田畑政治はオリンピック組織委員会から引責辞任させられる。

広島県出身の池田勇人は必ずしも順調な人生のスタートではなかった。
一高から東大のエリートコースを目指していたが、
一高の受験に二度失敗し、熊本の五高に回される。
さらに東大に入れず、京都帝大に入る。
京大卒業と同時に、運よく大蔵省に入省したものの、
エリートコースから外れ、地方の税務署勤務。
直子を妻に迎え、宇都宮税務署長時代に、
不治の病と言われた難病「落葉状天疱瘡」に罹り休職となる。
休職期間の2年を過ぎても回復せず、大蔵省を退職。
看護疲れもあって妻の直子が病に倒れ亡くなる。
その後遠縁の女性、満枝が看病に当たり、
奇跡的に病が癒えて、日立製作所への就職も決まる。
大蔵省の元の上司や仲間から、大蔵省に戻るようにとの
要請があり、池田勇人に運が向いてきたのか、
大蔵省復帰が叶う。
これからは大蔵官僚としての実力を発揮、次官までのぼり詰める。

子供の頃から、役人になっても、政治家には絶対なるなと、
母親からは強く言われてきたのだが、
突如政治家への道に入ることを決意する。
地元広島から出馬し、初挑戦で見事当選、
しかも第三次吉田内閣の組閣に当たり、
吉田総理大臣は池田勇人を大蔵大臣の席に就任させる。
一年生議員の大抜擢で、周りからはいろいろと苦情が出る。
吉田茂は池田勇人と佐藤栄作を高く評価していた。
二人は吉田学校の優等生と呼ばれている。

池田蔵相は、社会党の木村禧八郎議員から、
高騰する生産者米価に対する所見を聞かれ、
所見を丁寧に述べた後、
「所得に応じて、所得の少ない人は麦を多く食う、
 所得の多い人は米を食うというような、
 経済の原則に副ったほうへ持って行きたいというのが
 私の念願であります」と締めくくった。
翌朝の新聞紙上には「貧乏人は麦を食え」と
大きな見出しが掲げられ、世間では大騒ぎに、
麦大臣と語り継がれることになる。
因みに池田さんのご自宅では麦飯をかなり長い期間
食べておられたと書かれている。
「私はウソを申しません」というのも池田蔵相が
よく口にした言葉として知られる。

そして池田勇人は総理大臣(58~ 60代)の座に。
池田総理と言えば、「所得倍増計画」。
日本の戦後の高度経済成長の進展には大いに貢献したのは間違いない。
池田勇人の真骨頂が見事に描かれている。
東京オリンピック開催の決定も一つの契機となっている。

池田勇人は大蔵省に復帰したときに、満枝を妻に迎えている。
そして三女に恵まれる。
長女には、先立たれた前妻の名前、直子とつける。

昭和39年の東京オリンピック開催が決まった当時、
東京は戦後まだ復興が始まったばかり、
とてもオリンピックを開催できる環境にはなかった。
東海道新幹線、首都高速道路など、何とかオリンピック開催時に
間に合うよう完成させたのはつとに知られている。
新幹線には膨大な資金が必要だったが、救いとなったのが、
世銀からの融資。

選手村も大きな課題だった。
東京の郊外に何か所か予定したものの、いずれも小規模で、
競技会場への道路事情もよくない。
当時駐留米軍の将校や家族などが住んでいたのが「ワシントンハイツ」。
広大な敷地で、私自身も何度か訪れたことがある。
学生時代、アメリカカルチャーセンターの紹介で、
「ワシントンハイツ」に住む米軍将校のお宅にお邪魔し、
英会話の勉強相手をお願いしていた。
ちゃんとしたカリキュラムは無く、適当に世間話というか、
米国の話とか趣味の話などをしたのを記憶している。
芝生で囲まれたモダンな一戸建て住宅、広く明るいリビング、
何もかも日本とは別世界、羨ましい思いをさせられた。

米国と交渉して、この広大な敷地が使えるようになる。
当然、米軍の家族が住める施設を東京郊外に設けねばならず、
莫大な引っ越し費用を米国から要求される。
要求を受け入れざるを得ない。
敷地の半分は選手村として使用、しかも米軍の使っていた
住宅をそのまま活用できたのは幸い。
劇場や当時日本では珍しかったスーパーマーケットもそのまま利用できた。
敷地の残りの半分には、現在も残る代々木の国立競技場を建設。
NHKが日比谷から移転(現在のNHKホール)、オリンピック史上初めてとなる
国際テレビ中継の基地となった。

昭和史を知る上でも、大変面白い読み物である。



by toshi-watanabe | 2016-05-30 11:30 | 読書ノート | Comments(0)


過日、映画「海街diary」がテレビで初公開された。
ビデオ録画しておいたのを、のんびりと観賞する。
話題作で、賞も受賞している。

4人姉妹の物語というと、「細雪」や「若草物語」を思い出す。
それぞれ時代も場面も環境が全く異なるので、比較はできない。
いずれも名画で、楽しく観た記憶がある。

「海街diary」の原作は漫画とのこと、
監督は是枝裕和さん、4姉妹を演じるのは、
長女が綾瀬はるか、次女が長澤ますみ、三女が夏帆、
そして四女が広瀬すず。
NHK大河ドラマに出演した綾瀬はるかさん、
そして現在放映中の「真田丸」に出ている長澤ますみさんはよくわかるのだが、
映画をほとんど観ない私にとって、他の2人の女優さんは、初めて見る顔である。

鎌倉の古い家で暮らす3姉妹、父の死が知らされ、
葬儀参列のために山形へ向かう。
子供たちを残して家を出て行った父親に
嫌な思い出しかない長女、少しは父親との思い出のある次女、
まったく父親の顔を覚えていない三女と、三人三様。
葬儀の場で、腹違いの妹と初めて顔を合わせた 3姉妹は、
鎌倉で一緒に住まないかと妹を誘う。
実の母親はすでに亡く、一緒に暮らすのは義理の母。
意を決した4女は鎌倉にやってくる。
4姉妹そろっての生活が始まり、
色々な日常生活にもまれながら、
お互いに心が通い合うようになり、家族の絆を温めて行く。

江ノ電の「極楽寺駅」や七里ガ浜の景色が現れ、
鎌倉は素晴らしい所だなと、あらためて痛感する。
4姉妹の住む古い和風の家も、古都鎌倉の雰囲気をとどめている。

静かに流れる物語を楽しく観る事が出来た。




by toshi-watanabe | 2016-05-28 08:53 | 一般 | Comments(0)

d0037233_09445496.jpg


最近角川文庫の一冊として出版された、
内田康夫さんの著書「長野殺人事件」を読み終える。
この作品は、2010年に書かれたもので、
浅見光彦シリーズの百二番目の事件となる。

宇都宮直子は品川区役所の税務課に勤めている。
ある時、住民税を滞納している住民の岡根寛憲の自宅を訪問する。
滞納している住民税は納付すると確約を得る。
さらに、奇妙な頼みごとを言われる。
暫く預かってほしいと、書類の入った角封筒を渡される。
それも直子が信州の人間だからお願いしたいと。
岡根の言を借りれば、
「信州の人間は妙に理屈っぽいくせに、
 どこか抜けたところがあるんだよな。
 用心深くて慎重なようで、少したちの悪いやつにかかると
 コロッと騙される。
 それでいてプライドが高いから、騙されたことを隠したがる。
 人がいいっていうのか、諦めが早いっていうか、
 まったくいい人たちだよ」
書類は長野県にゆかりのあるもので、誰にも見せないで
しばらく預かっていてほしいと再三頼まれ、直子はしぶしぶ引き受ける。

ところが南信濃を流れる遠山川で男性の死体が発見される。
遺体はなんと岡部寛憲と報じられ、直子は吃驚する。
事件現場は「遠山郷」と呼ばれる山奥の山村、直子の実家にも近い。
さらに渡部公一と名乗るヤクザ風の男が、
岡根から書類を預かっているはずだと、直子に接近してくる。
直子は預かった書類をどうしたものか一人で悩んでいたが、
夫の正享が心配して声をかけると、ようやく意を決して、
預かった書類のことを正享に打ち明ける。
角封筒の中身を見てみると、「長野冬季オリンピック」と表紙に書かれている。
数年前に開催された長野冬季オリンピック開催に絡む使途不明金の
内容が明らかにされる書類だった。

警察には届けないようにとの岡根との約束もあった。
宇都宮正享は大学時代の同期生、浅見光彦に相談することに。
他の友人の難事件の時も、浅見光彦が見事解決の道筋をつけている。
いよいよ名探偵、浅見光彦の登場である。

長野県警の竹村岩男警部が殺人事件の担当主任として任を受ける。
通称ガンさんの岩村警部と言えば、
内田康夫さんの作品ではたびたび登場し、
「信濃のコロンボ」とも言われる腕利きの警部、
光彦探偵とも何度か顔を合わせている間柄である。

その後、渡部公一も南信濃で殺害され、第三の殺害と続く。
悪の本態、殺人の犯人像がようとしてつかめない状況が続く。

時を同じくして、長野県知事選挙が行われようとしていた。
現職の秋吉知事が登場するまでは、代々、ほとんど官製と
言っていいような知事が続き、副知事も中央官庁から送り込まれた
高級官僚で保守党の全面的なバックアップを受けていた。
秋吉知事は、長野県出身でもなく、東京在住の作家で
評論家だったのが、にわかに長野県知事選挙に名乗りを上げ、
見事当選をはたしている。
だが脱ダム宣言などで議会の猛反発を受け、県議会とはうまく行っていない。
不信任決議案可決されたものの、対抗馬がおらず、
秋吉知事が再選されている。
一風変わった言行でも名を成し、テレビなどマスコミに
登場する機会も多く、コメンテーターとしても活躍していた。
秋吉知事は再選を目指して、立候補を決意した折に、
上記の殺人事件が起きた。
殺人事件が知事の選挙と関連があるような様相に。

こう読んでくると、実在した知事さんのことを思い出す。
実際、著者の内田さんも書かれている。
この作品を書くために取材を始めた頃、長野県では
知事選を巡って泥仕合のような大騒動が起こっていました。
まず一回目の戦況で大方の予想を裏切って当選した
新知事・田中康夫の初登庁の際、挨拶で知事から
名刺を渡された幹部職員が、知事の名刺を折り曲げるという
この目を疑うような椿事がありました。
その後、「失職」やら再当選やらを経て、三度目の知事選に突入する。
そういう、長野県の特異性とでもいうべき世相を背景にして書かれています。

秋吉知事が知事選挙に初めて立候補する際に、参謀として
裏方で活動したのが殺害された岡根寛憲だった。
岡部はオリンピック関連使途不明金関連の書類を
密かに入手していたのだろう。
それが己の命を縮めることになろうとは露知らず。
さて、真犯人は?


by toshi-watanabe | 2016-05-24 09:45 | 読書ノート | Comments(0)

d0037233_11221466.jpg


最近講談社文庫として発刊された、
葉室麟さんの著書「陽炎(かげろう)の門」を読む。

九州、豊後鶴ヶ江に六万石を有する黒島藩が作品の舞台。
黒島藩は伊予国来島水軍の中でも黒島衆と称された
黒島興正を藩祖とする。
葉室作品では、「山月庵茶会記」と「紫匂う」にも
登場する黒島藩、もちろん架空の藩である。

家禄五十石の家に生まれた桐谷主水(きりやもんど)は、
両親を若くして亡くし、天涯孤独の身だが、
苦難を重ねながら精進し、37歳の若さで
黒島藩の執政の一人に推挙された。

十年前、先の藩主黒島興嗣の時代に
藩内で激しい派閥闘争があり、その折り主水の友でライバルでもあった
芳村綱四郎が藩主興嗣を中傷する落書を書いた張本人とされ、咎めを受けた。
落書の筆跡が綱四郎のものだと証言したのが、主水だった。
この証言が決め手となり、綱四郎の切腹が決まり、
何故か綱四郎は主水に介錯の労を望んだ。
このことが主水の心深くに大きな傷跡として残り、
綱四郎への負い目をおいながら生きてきた。

綱四郎の切腹後、興嗣は卒中で倒れ、間もなくして逝去。
家督を継いだのが興嗣の世子、興世で新たな藩主となった。
派閥争いで死者を出した事態を憂慮、喧嘩両成敗として、
家老職にあった熊谷太郎左衛門と森脇監物が隠居させられた。
新たに家老職についた尾石平兵衛のもと、
藩内は平穏に保たれていたかに見えた。

色々と事情があって、主水は綱四郎の遺児である娘の由布(ゆう)を、
親子ほどの年齢差があるものの、妻として迎えた。
ところが江戸の他家で養われていた由布の弟、芳村喬之助が
突然父の敵討ちを藩に願い出て、江戸から黒島藩に向かった。

主水の身辺が急に不穏な空気に包まれることとなる。
主水は綱四郎が書いたとされる落書のことが気にかかり、
ひそかに調べ始めた。
家老の指示なのか、江戸から呼び寄せられた、
早瀬与一郎という若い武士が主水の行動を監視。
落書の終わりの部分に、綱四郎の手跡とは異なる書名
「百足」が加えられており、
百足と名乗る人物が、実は10年前の事件を引き起こした
黒幕なのではと疑問を持つようになる。

派閥争いのさらに10年前、藩を支える二つの道場がいがみ合い、
御世河原で大乱闘となる事件があった。
御世河原騒動と呼ばれ、多くの犠牲者をもたらした。

その時の恨みが10年経って、芳村綱四郎の切腹につながるという、
一種の推理小説ともいえる物語が進展する。
敵か味方かわからない与十郎と主水の絡みがすっと続く。

城の奥庭に臥龍亭(茶室)が池に面して建てられている。
臥龍亭を訪れた主水は、茶室にかけられた扁額を見てはっとする。
額には「百戦一足不去」とあり、署名は「曙山」。
曙山とは藩主黒島興世のことである。
「百足」とは誰だったのかを悟る瞬間だった。

事件が解決し、桐谷主水は四十歳にて次席家老となる。

登城する主水は潮見櫓の門を潜ると立ち止まって
「出世桜」に目を向けた。
一陣の風が吹き寄せて桜の花びらが風に舞った。
その時、主水はささやくような声を耳にした。
―――― 桐谷様 ――――
振り返ると、門の向こうの石段に若い武士が立っている。
武士が早瀬与十郎だとわかった。
「与十郎、いかがした」
思わず主水は声をかけた。
若い武士ははにかんで少し笑ったように見えた。
その時、武士の姿は立ち昇る陽炎にゆらいだ。
主水がはっと気がつけば、そこには誰もいなかった。

「陽炎の門」の幕が下りる。

by toshi-watanabe | 2016-05-19 11:22 | 読書ノート | Comments(0)

d0037233_10065600.jpg


昨年11月に不帰の人となられた宇江佐真理さんを追悼して、
祥伝社から出版された文庫本「高砂」を読む。
江戸時代、心温まる夫婦の人情物語であるが、
一つ一つの短編として読むこともできる。
「夫婦茶碗」。「ぼたん雪」、「どんつく」、「女丈夫」、
「灸花(やいとばな)」、「高砂」の6編から成っている。

江戸の下町深川蛤町で材木の仲買人を生業としていた
又兵衛は、長男の利兵衛に商売を譲って隠居をすると、
連れ合いのおいせとともに蛤町を出て、
日本橋堀留町へ移った。
長男夫婦と一緒に住み続けていたら、
親子関係が怪しくなりそうな気がしたためである。
早い話、又兵衛は様々なしがらみから離れて、
知らない町でのんびり余生を送りたかったのだ。

幼馴染の孫右衛門の紹介で、今は堀留町の会所に住む。
会所とは町役人が本来詰めているところで、
名主の役宅を兼ねる場合も多かったが、
夫婦者が管理人として住むようになっていた。
町触を伝達したり、人別(戸籍)、道中手形など、
住民が届ける書類を作成したり、町内で訴訟が起きれば、
話し合いの場として使われ、火事の時は、
町火消連中の待機場所ともなった。

又兵衛は3度妻を娶り、母親との姑嫁問題などが原因で、
3度とも離縁、おいせとは4度目になるものの、人別の
届を出していない、現在でいう内縁関係にある。
又兵衛より五つ年下のおいせは町医者の娘で父親の死後、
相当の遺産を継いでいる。
おいせは一度嫁いだものの離縁となっている。
又兵衛は度重なる離縁の体験者であるとともに、
人別の届けを出すと、お伊勢名義となっている遺産が
又兵衛のものとなり、万一の場合には遺産はすべて又兵衛の
子供たちに移り、おいせには何も残らないのではと心配。

三番目の女房が家を出て行ったとき、
又兵衛には、二人の息子と一人の娘、
それに物忘れが多くなっ母親がいて、
苦労を重ね疲労困憊の体だった。
そこへ亭主と別れたおいせがやってくる。
実は又兵衛とおいせは従兄妹同士で幼馴染。
又兵衛の母親とも気心がよく知れている。
子供の面倒を見てほしいという話から、
又兵衛とおいせは形の上では夫婦となった。

又兵衛とおいせ、それに幼馴染の孫右衛門が
何かと世話を焼き、お節介をしながら、
次から次と登場する難題を抱える人たちの相談に乗り、
面倒を見て問題を解決して行く物語が続く。

「高砂」の最後の場面では、
秋も深まった長月の吉日に又兵衛は晴れて
おいせと夫婦になる。
堀留町の会所に大勢の人々が集まる。
二人は近くの神社でお参りをした後、
世話になった人々を招いてお祝の席を設ける。
音頭を取ったのはほかならぬ孫右衛門。
名主の長い挨拶が終わると、
病気で世話になった医者の岡田策庵が祝言の
恒例の「高砂」を謡い始める。

又兵衛と孫右衛門の仕事はこれからも続く、
と、この小説は幕を閉じる。

ほろっとさせられる、心に染み入る珠玉の人情時代小説、
お薦めの一編である。



by toshi-watanabe | 2016-05-12 10:08 | 読書ノート | Comments(0)

第1部からの続き。

長実雛芥子(ながみひなげし)。
d0037233_14123445.jpg
芝桜(しばざくら)。
d0037233_14124371.jpg
d0037233_14125102.jpg
花蘇芳(はなずおう)。
d0037233_14125815.jpg
薄葉細辛(うすばさいしん)。
d0037233_14170132.jpg
吊花(つりばな)。
d0037233_14170948.jpg
花水木(はなみずき)。
d0037233_14171932.jpg
d0037233_14172725.jpg
満天星躑躅(どうだんつつじ)。
d0037233_14203133.jpg
蒲公英(たんぽぽ)。
d0037233_14204605.jpg
山吹(やまぶき)。 八重のものや白山吹も。
d0037233_14211747.jpg
d0037233_14210334.jpg
d0037233_14212560.jpg
藤の花。
d0037233_14233105.jpg
花桃(照手姫)。
d0037233_14234050.jpg
白椿。
d0037233_14234765.jpg
春蘭(しゅんらん)がまだ。
d0037233_14235961.jpg
斑入りの蕺(どくだみ)。
d0037233_14270688.jpg
宝鐸草(ほうちゃくそう)。
d0037233_14271550.jpg
山林に入ってみる。
実は、この辺りにも野生の動物が民家のあたりまで出没。
最近も猿の群れ、鹿、熊、猪、狐などに出会ったり、見かけたりしているらしい。
用心しながら出かける。

蝮草(蝮草)。
d0037233_14272826.jpg
山菜の紅葉傘(もみじがさ)。
地元の人たちは、木の下に生えるので、「とうきちろう」と呼んでいる。
早速おひたしと天婦羅にして、酒のつまみとなる。
d0037233_14273860.jpg
深山延齢草(みやまえんれいそう)と延齢草。
深山延齢草は白花延齢草とも呼ぶ。
d0037233_14400029.jpg
d0037233_14401326.jpg
小手毬(こでまり)。
d0037233_14402239.jpg
踊子草(おどりこそう)。
d0037233_14403170.jpg
d0037233_14411770.jpg
白花鷺苔(しろばなさぎごけ)。
d0037233_14434338.jpg
常磐櫨(ときわはぜ)。
d0037233_14435207.jpg
紫華鬘(むらさきけまん)。
d0037233_14435990.jpg
稚児百合(ちごゆり)。
d0037233_14440688.jpg
類葉牡丹(るいようぼたん)。
d0037233_14441340.jpg
そして花韮(はなにら)がまだ咲いている。
d0037233_14442129.jpg
のんびりと過ごした一週間だった。



by toshi-watanabe | 2016-05-09 14:49 | 草花 | Comments(0)

6月1日から6日まで約1週間、群馬高崎の倉渕で過ごす。
新緑の季節、山里は風もさわやかである。
花粉のシーズンも終わり、朝晩ひんやりした中を歩くと気持ちよい。
夜暗くなると、暖房も欲しくなるほど。

春の花が一斉に咲き始めている。

深山苧環(みやまおだまき)。
d0037233_13412643.jpg
d0037233_13413626.jpg
地元の方から頂いた先代萩(せんだいはぎ)がすっかり根付く。
d0037233_13414673.jpg
d0037233_13420519.jpg
都忘れ。
d0037233_13434870.jpg
碇草(いかりそう)。
d0037233_13435628.jpg

d0037233_13440449.jpg
翁草(おきなぐさ)。
d0037233_13441415.jpg
d0037233_13460266.jpg
深山金鳳花(みやまきんぽうげ)。
d0037233_13473301.jpg
d0037233_13474194.jpg
色鮮やかな日本桜草(にほんさくらそう)。
d0037233_13475459.jpg
d0037233_13480353.jpg
d0037233_13481298.jpg
d0037233_13481917.jpg
色とりどりの日本菫(にほんすみれ)。
d0037233_13511873.jpg
d0037233_13512758.jpg
d0037233_13513416.jpg
d0037233_13514593.jpg
花筏(はないかだ)。
d0037233_13540846.jpg
愛らしい鈴蘭(すずらん)。
d0037233_13542309.jpg
d0037233_13544024.jpg
クリスマスローズの一種がまだ咲いている。
d0037233_13545373.jpg
紫蘭(しらん)。 白花のもある。
d0037233_13581235.jpg
d0037233_13582117.jpg
立浪草(たつなみそう)。
d0037233_13583075.jpg
アジュガ(十二単衣・じゅうにひとえ)。
d0037233_13583919.jpg
垣通し(かきどうし)。
d0037233_14013332.jpg
d0037233_14014243.jpg
シラー・カンパニュラータ(球根釣鐘草・きゅうこんつりがねそう)。

d0037233_14015124.jpg
黄梅(おうばい)かと思われるが、それにしては花の時期がずいぶんずれている。
d0037233_14015871.jpg

。。。第2部へ続く



by toshi-watanabe | 2016-05-09 14:07 | 草花 | Comments(2)