d0037233_09413777.jpg


葉室麟さんの最新作「神剣」を読み終える。
サブタイトルに「人斬り彦斎(げんさい)」とある通り、
幕末、人斬り彦斎と呼ばれた熊本藩の志士、河上彦斎の
苛烈な人生と志が描かれている。

安政7年(1860)3月3日、水戸、薩摩藩を脱藩した
浪士18人が江戸城桜田門外で時の大老井伊直弼の
登城行列に襲い掛かり、直弼の首級をあげた。
その中の元水戸藩士の4人が、細川越中守江戸藩邸に駆け込む。
門番の足軽たちは足すくむばかり、
そこへ現れて声をかけたのが、五尺足らずの小柄な茶坊主、
色白で顔立ちは女人ではないかと思うほどの美貌の持ち主。
外見に似ず、血に染まった浪士たちにてきぱきと対応する。
この茶坊主が、この物語の主人公、河上彦斎である。

肥後の国、熊本藩五十四万石、御花畑表御掃除坊主の彦斎は、
熊本藩の兵学師範、宮部鼎蔵に師事し、
そして鼎蔵が若き日の吉田寅次郎(松陰)と話し合う場に
同席した時に耳にした話が彦斎の頭から離れない。

幕末、尊王派、攘夷派が力をつけ、徳川幕府の屋台骨が
緩んでくる。
脱藩した彦斎は尊王攘夷を信奉し、京や長州で活動を始める。
師と仰ぐ鼎蔵が京で新選組の刃に倒れ、
彦斎は神のお告げだと、人斬りの道に入り込んで行く。
因みに幕末の四大人斬りと言われる人たちがいる。
河上彦斎はこの中の一人で、残りの三人は薩摩の田中新兵衛、
土佐の岡田以蔵、そして薩摩の中村半次郎。

長州の桂小五郎、久坂玄瑞、高杉晋作、大村益次郎などとの交流もあるのだが、
彦斎は筋金入りの尊王攘夷信者、他人の言葉を聞く耳を持たない。

勝海舟の義弟に当たる佐久間象山が彦斎らにより暗殺される。
象山を高く評価していた海舟を落胆させる。
益々「人斬り彦斎」として名を挙げ、人々に恐れられる。
一時は、長州の晋作、益次郎らとともに行動したりするのだが、
結局、人斬りの本質は変わらず。

明治維新後、彦斎は新政府から危険分子とみなされ、
獄に入れられ、明治4年、38歳の若さで処刑される。
波乱に満ちた人生を終える。

この作者らしい一作で、一気に読み終えてしまう。


by toshi-watanabe | 2016-02-21 09:41 | 読書ノート | Comments(0)

世界約20か国から、約3千種、約10万株の蘭が展示されている。
洋蘭、東洋蘭が見られるが、
個人的には、どちらかと言えば質素な花をつける東洋蘭の方が好みである。

d0037233_15585405.jpg
d0037233_15590212.jpg
d0037233_15591190.jpg
d0037233_15591899.jpg
d0037233_15593776.jpg
d0037233_15594578.jpg
d0037233_15595237.jpg
d0037233_16003269.jpg
d0037233_16004216.jpg
d0037233_16005076.jpg
d0037233_16005987.jpg
d0037233_16010609.jpg
d0037233_16011479.jpg
d0037233_16012163.jpg
d0037233_16012970.jpg
d0037233_16020826.jpg
d0037233_16021633.jpg
d0037233_16022507.jpg
d0037233_16024370.jpg
d0037233_16025152.jpg
d0037233_16025838.jpg
d0037233_16030670.jpg
d0037233_16031482.jpg
d0037233_16101941.jpg
d0037233_16103092.jpg
d0037233_16104209.jpg
d0037233_16105014.jpg
d0037233_16105899.jpg
d0037233_16110602.jpg
d0037233_16111600.jpg
d0037233_16112555.jpg
d0037233_15595903.jpg
d0037233_16121607.jpg
d0037233_16122576.jpg
d0037233_16123989.jpg
d0037233_16124745.jpg
d0037233_16125844.jpg
以上です。



by toshi-watanabe | 2016-02-17 16:07 | 季節 | Comments(0)


今週月曜日、2月15日、朝からどんよりとした曇り空だったが、
予定通り東京ドームへ出かける。
d0037233_15100847.jpg

ついこの間「キルト展」が開催された同じ会場で、
「世界らん展」(日本大賞2016)が催されている。
朝10時半ごろ、東京メトロの「後楽園駅」で下車すると、
会場へ向かう人たちが延々と続いている。
空からは何となく雪が舞い始めたような気がする。
ジェットコースターのすさまじい音に、思わず身震いする。

今回は招待券をいただいた。
これで何回目かの「世界らん展」見学となる。
コインロッカーにコートと荷物を入れて、カメラだけ携えて会場へ。
今年のテーマは、「らんを楽しむ、暮らしを彩る。」、
もっと蘭を身近に感じ、毎日の暮らしの中にも取り入れて
楽しんでいただきたい、そんな思いが込められている。
d0037233_15142574.jpg

ちょうどステージでは、仮屋崎省吾さんがデモの最中。
テレビでおなじみの笑顔で、花を生ける実演をしながらのトークショー。
ステージの前は女性客でいっぱい。
ステージに出られた後はサイン会も予定されているらしい。
大変な人気ぶりである。
d0037233_15152631.jpg
d0037233_15153777.jpg
2016年大賞を受賞したのは、
作品名「パフィオペディラム エメラルド フューチャー ’ギャラクシー’」
Paph. Emerald Future "Galaxy"で、
東京世田谷の東京オーキッド・ナーセリー、高橋靖昌さんの作品。
d0037233_15143833.jpg
d0037233_15145434.jpg

全国から寄せられた鉢植えの蘭やいろいろな蘭を使ったディスプレイが
所狭しと並べられている。
色鮮やかで派手な蘭もきれいだが、
個人的な好みとしては、春蘭、エビネなどの東洋蘭の
質素な雰囲気の花がいい。

d0037233_15225053.jpg
d0037233_15230363.jpg
d0037233_15231676.jpg
d0037233_15232739.jpg
d0037233_15243478.jpg
d0037233_15244555.jpg
d0037233_15245484.jpg
d0037233_15250365.jpg
d0037233_15251360.jpg
d0037233_15252278.jpg
d0037233_15233883.jpg
d0037233_15260069.jpg
d0037233_15260889.jpg
d0037233_15261657.jpg
展示会を協賛している企業の中に「ヤナセ」が含まれるが、
「ヤナセ」のコーナーに展示されている「ベンツ」は、
日本大賞の副賞として贈呈される。
d0037233_15262667.jpg
さらにディスプレイの出展が続く。
d0037233_15263555.jpg
d0037233_15281062.jpg
d0037233_15332582.jpg
d0037233_15333522.jpg
d0037233_15335061.jpg
d0037233_15345555.jpg
仮屋崎省吾さんの特別コーナー「蘭の世界」。
今回のテーマは「万華鏡」、蘭とご自身がデザインプロデュースされた
着物を融合し、華やかな世界を作り上げている。

d0037233_15351994.jpg
d0037233_15352697.jpg

長淵(志穂美)悦子さんの特別コーナー
「経(たていと)」。
般若心経の一文字を選んでいる。
「経」とは、天と地を結ぶ軸柱で、
日本古来の竹と真白き雪、翔上がる鳳凰で表現している。
d0037233_15353449.jpg
蘭と水族館の華麗なる競演、
沖縄美ら海水族館。
水槽の中を悠々と泳ぐのは、カラフルな熱帯魚たち。
南国の蘭に彩られた華やかな水槽は神秘に満ちた世界を醸し出している。



d0037233_15354028.jpg
Part-2 に続く。



by toshi-watanabe | 2016-02-17 15:48 | 季節 | Comments(0)

d0037233_10343387.jpg
d0037233_10343885.jpg

2月12日、午後から村上隆さんの展示会に出かける。
どんよりとした曇り空で肌寒い日だった。
会場は六本木ヒルズの52階にある「森美術館」。
村上隆さんの事は、まったく存じ上げていなかったのだが、
現代美術家として国際的に高い評価を得ており、
圧倒的なスケールと完成度の高さにより
見る人を驚嘆させ、ファンも多いと聞く。

平日とはいえ、場所柄多くの方が見学に訪れている。
皆さん熱心に鑑賞されている。
会場に入り、まず目に入るのが「達磨大師」の絵である。
生憎くカメラを持参せず、スマホで写真を撮る。
フラッシュ、三脚を使わなければ撮影OK。

d0037233_10350084.jpg
続いて、イラストというのか漫画というのか、
楽しくなるような作品が展示されている。
夢の世界である。

d0037233_10352014.jpg
d0037233_10353598.jpg
ロサンゼルス現代美術館を皮切りに世界巡回した回顧展をはじめ、
ヴェルサイユ宮殿やロックフェラーセンター前広場など
様々な場所で大型インスタレーションを発表されているとのこと。

今回の展示の目玉はなんといっても現代版五百羅漢図である。

縦3メートル、横の全長100メートルに及ぶ大作だが、
各25メートルの4面、「白虎」「青龍」「朱雀」「玄武」に、
十六羅漢を中心に五百体の羅漢が描かれている。
奇怪でユーモラスな相貌、大小さまざまな羅漢たち。
とにかく見ごたえがある。
暫く立ち止まって見続けてしまい、その場が離れがたい。

限られた時間内に大作を一人で制作するのは無論無理な話で、
村上さんは、全国の美術大学から200人超の学生を集め、
チームとして制作の協力をしてもらった。
国内で公開されるのは初めてなのだが、
すでに2012年に、カタールのドーハにて公開されている。
東日本大震災の折に、いち早く義援金を贈られた
カタールに感謝の気持ちも込めて、
ドーハの展示会に出品されたとある。

部分的に撮ったものをいくつか紹介したい。

d0037233_10454217.jpg
d0037233_10460440.jpg
d0037233_10461235.jpg
d0037233_10462146.jpg
d0037233_10463289.jpg
d0037233_10464021.jpg
d0037233_10465115.jpg
d0037233_10474959.jpg
d0037233_10480057.jpg
d0037233_10481259.jpg
d0037233_10482636.jpg
d0037233_10484370.jpg
d0037233_10485623.jpg
d0037233_10491625.jpg
d0037233_10492570.jpg
d0037233_10493509.jpg
d0037233_10494469.jpg
d0037233_10505915.jpg
d0037233_10511122.jpg
d0037233_10512101.jpg
d0037233_10512921.jpg
d0037233_10513976.jpg
d0037233_10514980.jpg
d0037233_10515750.jpg
d0037233_10520908.jpg
d0037233_10521879.jpg
d0037233_10522810.jpg
その他の作品も数多く出展されている。
その中から数点。

d0037233_10543338.jpg
d0037233_10544108.jpg
d0037233_10545501.jpg
d0037233_10550632.jpg
d0037233_10551971.jpg

時を同じくして、
芝増上寺の宝物展示室で「狩野一信の五百羅漢図展」が3月13日まで開催中。
江戸時代に制作された実に見事な作品で、増上寺所蔵。
以前、江戸東京博物館の特別展で見学したことがある。




by toshi-watanabe | 2016-02-14 10:57 | 一般 | Comments(3)

d0037233_10050303.jpg



知人のお薦めもあり、宇江佐真理さんの著書を初めて手にする。
宇江佐さんの作品は、度々直木賞の候補になりながら受賞叶わず、
癌に侵され、約20年間の作家生活に別れを告げ、
惜しまれつつ、昨年11月に他界された。 享年66歳。
追悼版として出されている一冊が、集英社文庫の「糸車」である。
読むうちに物語に引き込まれて行く。

蝦夷地松前藩で家老を務めていた市次郎が
参勤交代の藩主のお供をして江戸へ上って2年後、
まだ10代前半の嫡子、勇馬を江戸へ呼び寄せた。
勇馬が江戸の藩邸に到着して安心したのも束の間、
藩邸内で不穏な動きがあり、市次郎は藩内の不平分子の
手によって命を落とす羽目となった。
早飛脚の知らせに、妻のお絹は動転、
さらに追い打ちをかけるように、息子の勇馬が行方知れず。

市次郎が亡くなって3年後、
お絹は単身、勇馬を探し求めて江戸にやってくるところから、
この小説は始まる。
深川常盤町の今でいう長屋に当たる、宇右衛門店(うえもんだな)で、
1人暮らしを始めたお絹は、生活の糧にと、
店から小間物を仕入れ、小間物の行商を始める。
馴染みのお得意先も増え、
日々、お得意先を回りながら、勇馬の行方を探し求める。

この小説に登場する人たちはいずれも、
多少お節介なところもあるものの、思いやりがあり、親切である。
下町の人情味に溢れている。

お絹は、やがて息子の勇馬と巡り合えるのだが、
そのあたり、興味のある方は本書を読んでいただきたい。
そして、作品名の「糸車」も最後の場面に出てくる。
素晴らしい作品で、お薦めの一冊である。



by toshi-watanabe | 2016-02-09 10:12 | 読書ノート | Comments(2)

先週木曜日、久しぶりに映画を観に出かける。
実はその前日にもでかけたのだが、残念ながら満席、
致し方なく翌日の分を購入、再度出かけた次第。

映画は「ニューヨーク 眺めのよい部屋売ります」。
観客をあまり期待していないのか、
出かけた映画館(109シネマズ二子玉川)では
日に二回しか上映していない。

NYブルックリンに結婚以来40年暮らしている夫婦の話。
夫のアレックスは黒人の画家で、演じるのはモーガン・フリーマン、
「Driving Miss Daisy」に出ている。
妻のルースを演じるのは、私の好きな女優の一人である、ダイアン・キートン。
夫婦に子供はいなく、ワンちゃんが一匹、
10歳になる犬としては高齢、名前はドロシー。

住んでいるのは5階建てアパートの最上階、
屋上では野菜を育てたりしている。
一室はアレックスのアトリエとなっている。
二人とも高齢者となり、エレベーターのない建物の
5階まで昇り降りするのはつらくなってきたし、
住んでいる付近は、時代の変化とともに、
hípster(最新流行のもの敏感とか、新しいものに飛びつく)と言われる、
若い人たちが増加、年老いた二人にはどうも合わない。
そろそろ別の場所へ引っ越そうかという話になる。
ここで活躍するのが、姪のリリー。
彼女は不動産エージェントとして早速活動を開始。
百万ドルの値打ちはあると意気込んで、
オープンハウス(内覧会)を開き、客を呼び込む。
ほぼ決まりそうになったところで、さてアパートを売却した後、
自分たちの新しい住まいを探さねばと、
マンハッタンに出かける。

ドタバタが続くわけだが、お互いに言いたいことを言いあいながら、
夫婦の絆に揺るぎはなく、ほのぼのとした夫婦愛は感動を与える。
愛犬のドロシーが具合悪くなり、動物専門の医院に連れて行くと、
手術が必要と、費用は1万ドル。
ブルックリンとマンハッタンを結ぶ橋は三つあるのだが、
二人のすぐ近くにある橋はウイリアムズバーグ・ブリッジ。
この橋でテロが爆弾を仕掛けていると大騒ぎが起こったり。
事件は同時進行する。

因みに、ほかの二つの橋はマンハッタン・ブリッジと
ブルックリン・ブリッジだが、ブルックリン・ブリッジは
美しい橋で、映画の画面によく登場する。

マンハッタンのアパートメント(エレベーターのある)の契約まで
行くのだが、元の持ち主のいさかいに嫌気がさし、
ブルックリンのアパートを売らずに、そのまま住み続けることに決める。
本当は売り払って引越しをする気はなく、
どのくらいの値打ちがあるのか試してみたのかもしれない。
しかし姪のリリーをすっかり怒らせてしまうのだが。

アレックスがドロシーを連れて、相変らず階段をのろのろと登って行くと、
自分たちの40年前の時のように若いカップルが
仲良く同じアパートに引っ越してきたのに出くわして、
アレックスは思わず笑顔になる場面で映画は終わる。
耳に心地よい音楽が流れ、摩天楼のマンハッタンが映し出される。

この映画の元の題名は「5 Flights Up」という。
どうもぴんと来ない。
日本語名は、まさにぴったりの題名だと思う。
因みに英国での題名は「Ruth & Alex」。

決して五つ星となるような映画ではないと思うが、
とても素敵なコメディ、大いに楽しめる。
英語もとても聞きやすい。







by toshi-watanabe | 2016-02-07 09:53 | 一般 | Comments(2)

d0037233_09324478.jpg

内田康夫さんの著書「戸隠伝説殺人事件」を読み終える。
この作品は1983年7月、角川ノベルスとして刊行され、
1985年9月角川文庫、1992年8月徳間文庫に収録された。
その後、1996年7月に角川春樹事務所から、
単行本が新たに刊行されている。
そして昨年12月、講談社文庫として新装出版された。

著者の内田康夫さんは、1945年、終戦の年の4月13日夜、
東京のご自宅が空襲で被災、家財道具一切含めて丸焼きに。
ご家族とともに信州へ疎開される。
疎開先として1年半ほど住んでいたのが、戸隠村宝光社というところ。
この作品の舞台として登場する。

この作品は、内田さんが作家生活に入って間もないころに
書かれたもので、内田さんにとって忘れられない一冊だと、
ご本人が言われている。
お馴染み名探偵の浅見光彦はまだ登場しない。
“信濃のコロンボ”と称される竹村岩男警部が活躍する。
どの作品でも、最初にプロローグが初めにあり、
これから起こる事件を示唆する場面が書かれているが、
この作品では、可成りのページ数を割いている。
終戦の直前、戸隠村宝光社で起きた痛ましい事件が書かれてる。
大火があったのは事実らしいが、話はもちろんフィクション。

戸隠神社は一度訪れたことがある。
ごつごつした岩山が続き、奥社までの長い参道を思い出す。

さて戦後39年経って、戸隠で殺人事件が起きる。
この物語の始まりである。
信州戸隠には、紅葉伝説が古くから伝えられている。
平惟茂が鬼女の紅葉を討伐する物語で、
これは能の「紅葉狩」としても知られている。
因みに水芭蕉などでも知られる鬼無里(きなさ)では
毎年「鬼女紅葉まつり」が開催されている。

この紅葉伝説ゆかりの土地で殺人事件が次から次に起こり、
竹村警部が事件の解決に向かって奔走する。
39年前の事件が絡みながら、物語は展開する。
推理を楽しみながら、興味深く読める一冊である。

因みに、名探偵浅見光彦シリーズはすでに終了しているが、
「浅見光彦記念館」が本年4月に、軽井沢にオープンする予定。
いずれ名探偵再登場するのだろうか。




by toshi-watanabe | 2016-02-06 09:33 | 読書ノート | Comments(0)

キルト展見学記の最後のパートである。
ジュニアキルトの作品の一部。

d0037233_15205480.jpg
「ウイリアム・モリス 地上の楽園」というコーナーが設けられている。
ウイリアム・モリスは19世紀の英国で、
詩人、装飾芸術家、思想家として活躍した人物である。
モリスの布を使って、日本の第一線で活躍する作家がキルトを制作した。

d0037233_15210351.jpg

いくつかのモリスの布のパターン。



d0037233_15211207.jpg
d0037233_15211933.jpg
日本のキルト作家が製作した作品。
「心を装う」をテーマに、振袖に刺しゅうを施した作品は、
草乃しずかさんが制作したもの。

d0037233_15212784.jpg
d0037233_15213474.jpg
d0037233_15301517.jpg
d0037233_15302445.jpg
d0037233_15303487.jpg
d0037233_15304449.jpg
三浦(山口)百恵さんの作品も。

d0037233_15314419.jpg
黒羽志寿子さんの作品。

d0037233_15324855.jpg
斎藤瑤子さんを中心に制作された、
「ピーターラビットの世界」。
ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターの生誕150周年になる。

d0037233_15325860.jpg
d0037233_15331259.jpg
「わたしの”手仕事”スタイル」という小さなコーナーがあり、
三人の方が出品されている。
秋野瞳子さん、安達祐実さん、そして東儀秀樹さんである。

d0037233_15332596.jpg
d0037233_15415546.jpg
d0037233_15420409.jpg
最後に、「鷲沢玲子の全仕事~師弟のきずな~」という
特別コーナーがあり、鷲沢玲子さんと三浦(山口)百恵さんの
作品が並べて展示されている。
鷲沢玲子さんの作品は「アーモンドの枝」、
三浦百恵さんの作品は「冬のブーケ」。

d0037233_15421174.jpg
d0037233_15423685.jpg
d0037233_15422049.jpg
d0037233_15424572.jpg
以上。



by toshi-watanabe | 2016-02-02 15:48 | 一般 | Comments(6)

キルト展 Part-2 の続きである。
創作部門の作品。

d0037233_15081351.jpg
d0037233_15082454.jpg
d0037233_15083499.jpg
d0037233_15084228.jpg
d0037233_15085062.jpg
d0037233_15101943.jpg
d0037233_15102896.jpg
d0037233_15103745.jpg
d0037233_15104598.jpg
d0037233_15105666.jpg
d0037233_15085982.jpg
「ログキャビン」のコーナーには、日本を代表する、
64人のキルト作家の新作が展示されている。

d0037233_15140076.jpg
d0037233_15141027.jpg
d0037233_15141965.jpg
d0037233_15142999.jpg
d0037233_15150410.jpg
d0037233_15151504.jpg
d0037233_15152509.jpg
d0037233_15153624.jpg
d0037233_15154402.jpg
                キルト展 part-4 へ続く


by toshi-watanabe | 2016-02-02 15:16 | 一般 | Comments(0)

キルト展を見学 Part-2

キルト展 Part-1 の続きである。
トラディショナル部門の作品。
d0037233_14480982.jpg
d0037233_14481741.jpg
d0037233_14482730.jpg
d0037233_14483472.jpg
d0037233_14484449.jpg
d0037233_14493411.jpg
d0037233_14500607.jpg
d0037233_14501611.jpg
d0037233_14502570.jpg
d0037233_14485318.jpg
d0037233_14495583.jpg
d0037233_14494505.jpg
額絵キルトの作品。


d0037233_14542123.jpg
d0037233_14543057.jpg
d0037233_14543909.jpg
d0037233_14561889.jpg
d0037233_14563417.jpg
d0037233_14565668.jpg
d0037233_14571059.jpg
d0037233_14574785.jpg


d0037233_14541023.jpg
和の部門の作品。

d0037233_15003612.jpg
d0037233_15004571.jpg
d0037233_15005417.jpg
d0037233_15013461.jpg
d0037233_15014422.jpg
d0037233_15015187.jpg
d0037233_15015831.jpg
d0037233_15010341.jpg
                 キルト展 Part-3 へ


by toshi-watanabe | 2016-02-02 15:03 | 一般 | Comments(0)