折々の記

tnabe.exblog.jp

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする

ブログトップ

<   2015年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0037233_10125698.jpg

葉室麟の最新作「風かおる」を読み終える。

筑前国黒田藩郡方五十石、渡辺半兵衛の三女、菜摘(なつみ)は
幼くして同じ藩の竹内佐十郎のもとに養女に出された。
ところが佐十郎がわけあって致仕したため、離縁され実家に戻され、
16歳のときに鍼灸医(しんきゅうい)の佐久良亮に嫁した。
菜摘は夫の亮から指導を受けて、鍼灸術だけでなく
オランダ医学にも通じるようになり、
夫が長崎へ勉学に出かけている留守の間、
近隣の患者の治療に当たっていた。

佐十郎は妻が別の男と駆け落ちし、江戸で所帯を持って
暮らしているのを知り、「妻敵(めがたき)討ち」のため、
藩を致仕し江戸に向かい、無事目的を果たし、
10年ぶりに博多に戻ってきた。
あとで明らかになるのだが、佐十郎は二人に刃を向けたものの、
妻から思いもよらぬ駆け落ちの真相を知らされ、
二人を打つのを思いとどまった。

自分を陥れた目に見えない相手と決着するのが目的で、
帰藩したものの不治の病に侵され動くこともかなわず、
多佳という女性の住む待月庵のところで世話になる。
佐十郎と多佳は幼馴染で、将来を約束した間柄だったにも拘らず
一緒になることはなかった。

かっての養父の病の治療に、菜摘が待月庵に呼ばれるところから物語は始まる。
多佳の夫、嘉村吉衛は佐十郎とともに藩の重責を将来担うと
目されていた藩士だが、些細なことが原因で、
長崎時代に重い病いに罹り、若くして命を落としている。
多佳は未亡人暮らしである。

一連の事件には大きな仕掛けがあり、
推理の謎解きも面白く、推理小説のような一面もあるが、
組織の不条理、人間の業と欲、そして人を信じることの忍耐と苦悩。
現代社会にも通じるような物語が展開される。
おのれの背負った罪を知らず生きていく人間が描かれている。
佐十郎と多佳の死により、事件は一段落するのだが、
亮と菜摘の夫婦に菜摘の弟の誠之助、誠之助の恋人、千沙の
4人がそろって長崎へ旅立とうというところで物語は終わる。

原文をそのまま付記すると、
菜摘の問いに亮はしみじみと言う。
「いや、皆が長崎に来ると聞いて、なんだかよい風が吹くような
 気がしたのだ。 長崎での悲しい出来事をわたしたちが
 吹き飛ばしたほうがいいと思う。」
菜摘は涙が出そうになった。
そうなのだ、どのような悲しい思い出も
乗り越えていかねばならない。
風がかおるように生きなければ。
菜摘はそう思いつつ中庭に目を遣った。
朝方の光があふれる中、風がさわやかに庭木の枝を揺らしている。


by toshi-watanabe | 2015-09-27 10:13 | 読書ノート | Comments(0)
d0037233_09154516.jpg


植松三十里(うえまつみどり)の最新書下ろし著書
「繭(まゆ)と絆(きずな)」を読み終える。
植松さんの作品を読むのは初めて。
副題として「富岡製糸場ものがたり」とある通り、
昨年、世界遺産に登録されたばかりの富岡製糸場の
創業時代の話である。

官軍の手を逃れて、武蔵国榛沢郡下手計村(現在は深谷市下手計)で
居を構えた尾高淳忠(じゅんちゅう)は「尾高塾」を開いて
近隣の子弟を集めて教えていた。
明治3年、日本初の官営製糸場を富岡に開くことになり、
尾高淳忠が初代場長として任命される。

フランスから指導に当たる技術者を招聘し、
最新式の機械設備を整えるものの、
働き手となる工女がなかなか集まらず、
実際の操業開始がままならない。
淳忠は自身の長女、勇(ゆう)を伴って、
明治5年富岡に向かう。
時に勇はまだ14歳、許婚の約束を胸に
富岡製糸場に入所し、西洋式製糸技術の習得に励む。

「尾高塾」で淳忠の指導を受けていた一人が
隣村の渋沢栄一、淳忠とはいとこの間柄にあり、
のちに淳忠の妹と結婚し、義兄弟となる。
淳忠が富岡製糸場の場長となったのは、
渋沢栄一の強い要請によるもの。

5年間にわたる、父と娘の悪戦苦闘が描かれる。
繭から糸を手繰り寄せ、次の繭の糸とをきれいに繋げるのは、
非常に難しい作業なのだが、これはまさに絆、
人間同士の絆も同じで大事なことと、勇はだんだん悟り、
人間としても成長する。

そして5年後、淳忠は場長を辞職し、新たな職に就く。
娘の勇はめでたく婚約者と結婚、勤務地の東京へ向かう。
ここで物語は終わっている。

今年、富岡製糸場を訪れたばかりであり、
見学した建物や設備機械を思い出しながら、
大変興味深く、この著書を読み終える。
目まぐるしく世の中が変化した明治初期、
当時の人々がどう考えどう動いたかも知り得て、
すぐれた作品だと思う。



by toshi-watanabe | 2015-09-20 09:16 | 読書ノート | Comments(2)

「礼文林道コース」の続きである。

ハマナスの花と実。
d0037233_10175963.jpg
レブントウヒレン。
d0037233_10221591.jpg
立て看板。
お花畑に青い海。
d0037233_10230345.jpg
エゾウメバチソウとミソガワソウ。
d0037233_10245593.jpg
d0037233_10250259.jpg
ナナカマドとマイヅルソウの赤い実、ツルリンドウ。

d0037233_10262147.jpg
d0037233_10263038.jpg
礼文林道の立て看板と利尻山を望む。

d0037233_10272800.jpg


d0037233_10273531.jpg
サラシナショウマとオオヤマサギソウ。

d0037233_10283073.jpg
d0037233_10284479.jpg
d0037233_10285234.jpg
「礼文林道コース」を先へ行くコースは通行止め、
宿で用意していただいたお結びを食べ、
礼文滝の近くまで行き、そのまま引き返す。
香深港まで山道を下る。
稚内へ向かうフェリーからの利尻山、そして稚内港に入ってからの夜の利尻山。
d0037233_10300341.jpg
d0037233_10301596.jpg

稚内では、「ドーミーイン」に泊まる。
本来ビジネスホテルなのだが、セキュリティがしっかりしており、
部屋も設備も非常に合理的にできている。
温泉大浴場も24時間利用でき、観光客や家族ずれも多く泊まる。
駅や港に近く便利でもある。
すぐ近くには食べ物屋や居酒屋も多い。

居酒屋風の店に入ってみる。
週末のこともあり、店は客で満席、
料理もしばらく待たせられるが、刺身なども新鮮でおいしい。
ロシア人らしいご高齢の夫婦や若者も見られる。
稚内には、ロシアの人たちも多く来られているようだ。

さて最終日、レンタカーで旭川まで遠乗りする。
途中どこにもよらず旭川入り、皆の意見が一致して
「旭山動物園」に行く。
童心に帰り、動物を見て回る。

d0037233_10460351.jpg
動物の一部をご紹介。

オランウータンの親子。
d0037233_10464136.jpg
ホッキョクグマ。
d0037233_10471423.jpg
d0037233_10472400.jpg
アザラシ。
この動物園独特の見せ方。
d0037233_10480952.jpg
カバ。
d0037233_10483717.jpg
ペンギン。
d0037233_10490148.jpg
d0037233_10490858.jpg
レッサーパンダ。
d0037233_10494374.jpg
オオカミ。
日中は寝てばかり、夕方やっと動き出す。
d0037233_10505612.jpg
動物園から空港へ向かう途中、美瑛の丘に立ち寄る。
「マイルドセブンの丘」。
d0037233_10515441.jpg
d0037233_10520918.jpg
空港近くのレンタカー事務所に行くころには、
素晴らしい夕焼けが見える。

ところが羽田空港に着くと、土砂降りの雨。
とにかく予定通り3泊4日の旅ををえ、無事帰宅できる。
楽しい旅ができ、本当に幸い。

(一部、重複した花の写真を載せてありますが、ご勘弁のほど)



by toshi-watanabe | 2015-09-15 10:55 | 旅行 | Comments(4)

前回の「桃岩展望台コース」の続き。
時折雨が上がり薄日が差すものの、すぐにまた霧雨が降り始める。

コースの途中にある「元地灯台」。
そしてお花畑と下方には真っ青な海。
d0037233_09354172.jpg
d0037233_09355153.jpg
d0037233_09360066.jpg
シオガマギクとタカネナデシコ。
d0037233_09382249.jpg
d0037233_09384842.jpg
レブンウスユキソウ(すでにシーズンを過ぎているのだが)。
d0037233_09401137.jpg
d0037233_09401795.jpg
ハナイカリとエゾウメバシソウ。
d0037233_09414435.jpg
d0037233_09415248.jpg
桃岩の丘付近。
昨年の大雨洪水で、がけ崩れが起き、通行止めや入れないところがある。
このコースの一部も仮設工事で、通れるようにしているところも。
d0037233_09445197.jpg
d0037233_09450181.jpg
チシママンテマ。

d0037233_09460549.jpg
桃岩展望台で、遅い昼食をとる。
宿で作っていただいたお結びが美味しい。
山道を下り、「礼文林道コース」に入ってみるものの、
雨がだいぶひどくなり、あきらめて宿まで歩く。
びしょ濡れの靴の泥を落とすと、宿の方で乾かしてくれるとの申し出、
大変ありがたい。

部屋に飾られている生の草花と花器が新しくなっている。
早めに温泉につかり、夕食の場へ。
d0037233_09512324.jpg
d0037233_09514085.jpg
礼文3日目、前日とは打って変わって青空、
ただ雲もあり快晴とは行かない。
宿から見た利尻山。

前日雨の中を上り下りしたせいか、だいぶひざと腰に痛みが残る。
当初期待していた礼文岳登山はあきらめ、
「礼文林道コース」へ出かける。
d0037233_09570821.jpg
メマツヨイグサとハチジョウナ。
d0037233_09585942.jpg
d0037233_09591376.jpg
花の終わったウバユリと雑木林。
このコースの最初は雑木林が続き、
ひんやりとした風は心地よく顔に当たる。
今年の北海道、例年になく気温が高く、すでに9月だというのに、
夏のような陽気である。
d0037233_10022162.jpg
ハナイカリ。
d0037233_10033184.jpg
d0037233_10033996.jpg
チシマリンドウ。
d0037233_10042447.jpg
d0037233_10043335.jpg
レブンウスユキソウ。
礼文薄雪草はスイスアルプスで咲くエーデルワイスと同類。
この群生地がこのコースにはある。
すでにシーズンは終わっている。
d0037233_10064393.jpg
ツリガネニンジン、ネジバナ、アサギリソウ。

d0037233_10082744.jpg
d0037233_10083559.jpg
d0037233_10084279.jpg
トウゲブキ、ヤマハハコ、キンミズヒキ。
d0037233_10092726.jpg
d0037233_10094382.jpg
d0037233_10095213.jpg
利尻山を望む。
利尻岳、利尻富士とも呼ばれ、深田久弥の「日本百名山」や
田中澄江の「花の百名山」に選ばれている。
利尻島に聳える孤高の山、標高は1,721メートル。
海上を走る船は稚内へ向かうフェリー。
赤いススキの穂が目に付く。

d0037233_10134273.jpg
イブキジャコウソウ。
d0037233_10151949.jpg
第3部へ続く 。。。。。。。。。









by toshi-watanabe | 2015-09-15 10:18 | 旅行 | Comments(0)
9月3日から3泊4日の予定で北海道へでかける。
同行は家内と家内の二人の妹で、4人のグループ。
同じグループでの北海道行きは2度目である。

往きのフライトはANAのプレミアクラスを予約。
羽田空港のチェックインコーナーは専用で、ラウンジが使える。
アルコールのサービスもあるが、さすがにまだ午前中、コーヒーをいただく。
現役時代のビジネスクラス以来で、機内の席もゆったり。
軽食のサービスに飲み物付き、赤ワインを所望する。

予定通り稚内空港に到着、バスに乗って稚内港へ。
フェリー出向まで時間があり、すっかり真新しくなった稚内駅の構内にある
食堂で昼食を済ませる。
礼文島香深港行きのフェリーに乗船、いつもの通り1等船室。
空港のようにフェリーのターミナルビルから直接乗船できるように
なったのには皆びっくりする。
以前は仮設の板のタラップを登って乗船していた。

利尻島の前を通る。
残念ながら、利尻山はぼーっと霞んだままの姿しか見えない。

d0037233_08482599.jpg
香深港から歩いてもすぐの宿に到着。
礼文島でも最高ランク付けされている「花れぶん」が今回の宿。
なかなか予約が取れないらしい。
早速温泉の大浴場で疲れをとり、夕食の席へ。
d0037233_08532733.jpg
生うにがたっぷりと出てくるのはありがたい。
いつも干物で食べているホッケが切り身とはいえ煮つけで出てくる。

部屋には生の草花が飾られている。
真正面に利尻山が見えるはずなのだが、雲に隠れて見えず。
d0037233_09021899.jpg


さて礼文島二日目、高山植物の花を見に出かける。
「桃岩展望台コース」、今回は海岸近くの知床から登って行く。

d0037233_08592963.jpg
生憎の雨模様で、レッグカバーをつけ、ザックカバーも、
道路も濡れてかなり滑りやすくなっている。

キタノコギリソウとエゾノコギリソウ。
d0037233_09061437.jpg
d0037233_09062181.jpg
d0037233_09063021.jpg
ハンゴンソウ。
d0037233_09071633.jpg
ススキは赤い。
高く伸びているのは、すでに花の落ちたエゾニュウ。

d0037233_09091956.jpg
d0037233_09092978.jpg
エゾノコンギク、エゾゴマナ、コウゾリナ。
d0037233_09132116.jpg
d0037233_09133063.jpg
d0037233_09133801.jpg
ツリガネニンジンとハクサンシャジン。

d0037233_09160269.jpg
d0037233_09161056.jpg
タテヤマウツボグサ。
d0037233_09165770.jpg
キツリフネ、チシマワレモコウ、ヒロハクサフジ。
d0037233_09175364.jpg
d0037233_09180475.jpg
d0037233_09181204.jpg
知床口にある花の看板。
d0037233_09185970.jpg
エゾノキリンソウ、キンミズヒキ、ネジバナ。
d0037233_09200920.jpg
d0037233_09201815.jpg
d0037233_09203182.jpg
ヤマハハコとレブントウヒレン。
d0037233_09224980.jpg
d0037233_09225775.jpg
d0037233_09230695.jpg
リシリブシ。
トリカブトと同類、触ると毒で腫れるので要注意。
d0037233_09244200.jpg
d0037233_09245144.jpg
d0037233_09245934.jpg
ミソガワソウ、トウゲブキ、イブキジャコウソウ。
d0037233_09263160.jpg
d0037233_09263904.jpg
d0037233_09265315.jpg
サラシナショウマ。
d0037233_09275205.jpg
d0037233_09280337.jpg
第2部へ続く。。。。。。。。。。。



by toshi-watanabe | 2015-09-15 09:28 | 旅行 | Comments(0)
d0037233_14320308.jpg


葉室麟さんの新作「鬼神の如く(黒田叛臣伝)」を読み終える。
「小説新潮」に昨年1年間連載された小説で、
この8月に単行本として出版されたばかりである。

北九州市小倉出身の著者にとっては、
黒田家には大いに関心のある題材だったのだろう。
黒田叛臣伝とある通り、黒田家お家騒動の話である。
江戸三大お家騒動の一つとして知られる。
筑前福岡藩の初代藩主、黒田長政と第二代藩主、忠之に仕え、
黒田家筆頭家老として辣腕をふるったのが栗山大膳(利章)、
題名にある鬼神とは、この栗山大膳、小説の主人公である。

通説となっているのは、主君黒田忠之に謀反の疑いありと、
大膳が徳川幕府に訴えを起こし、
幕府による裁決の結果、大膳は乱心したとして陸奥国盛岡藩預かりに、
その一方黒田家は改易を免れたというのが黒田騒動。

著者は、騒動の発端から幕府の採決に至る筋道を、
主人公大膳の視点から綿密に組み立てられている。

黒田官兵衛(如水)を支える藩士の一人に栗山善助(利安)がいたが、
のちに黒田八虎の一人として称されるほど、官兵衛のために尽くした。
大膳はこの善助の子で、福岡藩黒田家初代藩主、黒田長政の信も厚かった。
ところが二代藩主、忠之は凡庸で、大膳を遠ざけてしまう。

当時徳川幕府では、豊臣家恩顧の大名として九州で力を蓄えている
熊本藩の加藤家や福岡藩の黒田家等が気になり、
折りあらば潰してしまおうと虎視眈眈、ついに加藤家はお家断絶の憂き目に。
大膳は黒田家の行く末を心配し対策を考えるものの本心を誰にも明かさず。
黒田家の取り潰しを策する張本人であるかのごとく自ら振る舞い、
主君に謀反の疑いありと直訴する策に出る。

江戸での採決の場面は圧巻、大きな感動を読む者に与える。
幕府の採決では、己が悪者になって、黒田家を救うことになるのだが、
大膳の狙いは理解されていたのではないだろうか。
盛岡藩預かりになったとはいえ、大膳は盛岡藩で丁重に扱われ、
幸せな余生を送っている。
因みに森鴎外が「栗山大膳」をすでに書いている。
この著書でも、大膳は忠義の人物であり、
忠之の暴政を諌めるために起こした事件だとしている。

善助の功績を讃え黒田如水から贈られた
「銀白檀塗合子形兜」は栗山家に長く伝えられ、
現在は「もりおか歴史文化館」が所蔵している。
本年11月21日 ~ 来年1月15日の期間に展示公開。
但し1月2日 ~ 1月7日以外は複製品の展示となる。

一気に読みたくなる、お薦めの一冊である。


by toshi-watanabe | 2015-09-08 14:34 | 読書ノート | Comments(0)