d0037233_09445039.jpg


澤田瞳子さんの最新作「若冲」を読み終える。
この作品は「オール読物」に2013年6月号から
2015年3月号にかけて8回にわたり連載されたもの。

澤田さんの著書を読むのは、平安時代の大仏師、定朝を描いた
「満つる月の如し」に次いで2作目である。
澤田さんは歴史時代小説界の次世代のエースだと、
文芸評論家の北上次郎さんは語っている。

京は錦高倉青物市場で4代続く桝源の長男に生まれ、
5代目を継ぐはずの源左衛門が主人公。
所が店のことは何もせず、専ら絵を描く毎日。
嫁を娶れば気も変わるかと、親族一同が心配して、
お三輪という女性と一緒になるが、源左衛門の生活は全く変わらず、
店では母親のお清や次男の幸之助、三男の新三郎などに
役立たずとお三輪は虐められるばかり、ひどい扱いをされて
終に首を吊って自害して果てる。
源左衛門は隠居を決意、桝源を離れる。妹のお志乃(実は腹違いの妹)が
ともに家を出て、義兄の面倒を見る。
この源左衛門がのちの伊藤若冲である。

若冲と池大雅との交流が少しばかり登場する。
若冲は人づきあいが悪く、部屋に閉じこもって画業に専念。
そんな中、大雅は京で活躍するほかの絵師の話題を
若冲に提供する。
直接の交流はなかったのだが、大雅を通じて、円山応挙、
与謝蕪村、谷文晁などの活躍を若冲は知ることに。
若冲と蕪村が同じ年に生まれて、同じ京都のすぐ近くに住みながら、
直接の交流があった根拠がないとは、
以前日記で書いたのではと思う。

「生誕300年、若冲と蕪村」展が今春、サントリー美樹幹で開催されたばかり。

何度か展示会で伊藤若冲の作品は目にしているが、
もっとも印象に残っているのは、
平成19年5月から6月にかけて、
京都相国寺承天閣美術館にて開催された「若冲展」だろう。
相国寺開基足利三代将軍、義満公600年遠忌記念として催された特別展である。

小説の中でも登場するが、若冲は相国寺第113世住持梅荘顕常大典禅師とは
密接な交友を重ね、そのことが画業に大きく影響している。
数々の作品が相国寺に納められている。
とくに名高い「動植綵絵」30幅は若冲の代表作、
その美しい色彩と細緻な描写、奇抜な構図など、
その魅力は最近一段と評価されているようだ。
この「動植綵絵」は明治22年に明治天皇に献上された。
上記の「若冲展」には、現在宮内庁三の丸尚蔵館所蔵の
「動植綵絵」が120年ぶりに相国寺に里帰りし、
「釈迦三尊像」、鹿苑寺の「大書院障壁画」50面などともに
一挙に公開された。
この素晴らしい特別展を見学に出かけたのが、ついこの間のことのように思える。

澤田さんの「若冲」は主人公が画業一筋に生きる姿、
そして自害した妻お三輪への捨てきれない思いなど、
丁寧に、そして感動的に描かれている。
素晴らしい作品で、お薦めの一作である。

文芸評論家の縄田一男さんは、この著書に最高の賛辞を与え、
「誰もが自分を置き去りにしていってしまう、という晩年の
若冲の哀しみまで、作者はまるで若冲と一体化することで、
その生涯を見事に解釈し切っている。」
と述べられている。


by toshi-watanabe | 2015-05-26 09:50 | 読書ノート | Comments(0)

d0037233_10360993.jpg


2013年から2014年にかけて、「小説現代」に連載され、
今回単行本として発刊された、
葉室麟さんの最新作「山月庵茶会記」を読み終える。
これまた素晴らしいい傑作で、ほとんど一気に読んでしまう。

「陽炎の門」、「紫匂う」につづく、「黒島藩シリーズ」の第3弾である。

九州豊後鶴ヶ江の黒島藩の柏木靭負(ゆきえ)が主人公。
かって靭負は黒島藩の勘定奉行を務め、400石の身分。
当時藩内を二分した派閥の一方の領袖として、
将来を期待されていたのだが、政争に敗れ失脚する。
妻の藤尾が36歳の若さで亡くなったのを機に、
親戚の松永精三郎を養子として、
奥祐筆頭、白根又兵衛の娘、千佳と娶せる。
そして家督を譲ると、突然致仕して京に上る。

京では表千家七代如心斎に師事し、やがて茶人としての名を成す。
孤雲と号し、京から江戸へ。

宝暦2年(1752)、16年ぶりに柏木靭負が帰国するところから
物語は始まる。
既に武士ではなく茶人としてのお国入りなのだが、
藩内では波風が立ち始める。

実は16年前、靭負の妻、藤尾には、靭負が藩の重要な使命を帯びて
江戸に赴いていた間に起きた
ひょんな出来事から不義密通の噂が藩内に広がる。
帰藩した靭負が藤尾に事の真偽を糺すのだが、
藤尾は何とも言い訳をせず、自害して果てる。
その後も靭負の頭から妻のことは頭から消えない。
靭負には、妻が自害した理由がどうしても納得できず、
真実を知りたいとついに帰国したものである。

柏木家の荒れ果てた別邸を普請して宿所兼茶室とする。
茶室には「山月庵」と名付ける。
以前関係のあった人たちを茶会に招き、
いろいろ話を聞きながら、
16年前、妻に何があったのかを明らかにしようと務める。

最後の場面が爽やかで実にすばらしい。
まさに葉室流である。


by toshi-watanabe | 2015-05-23 10:36 | 読書ノート | Comments(4)

5月13日から14日にかけて、会社のOB会がある。
年に1回旅行を楽しんでいる。
因みに昨年は鬼怒川温泉、一昨年は会津若松と東山温泉。
初日はゴルフ・コンペと磯部温泉で宴会があり、
2日目は世界遺産の富岡製糸場見学。

私自身はゴルフをやらず、直接磯部温泉の宿へ行けばよいのだが、
折角の機会なので、高崎から信越線に乗り、磯部駅を通り越して
終点の横川まで行く。
長野新幹線(現在は北陸新幹線)が開通するまでは、
信越線は横川から碓氷峠を越えて軽井沢へ通じていた。
横川駅が標高387M、碓氷峠の標高が960M、
そして軽井沢駅の標高が939Mと、
横川駅との標高差500M超を列車は上り下りせねばならず、
アプト式で上下する難所であった。

鉄道唱歌の北陸編に、

  これより音にききいたる
  碓氷峠のアプト式
  歯車つけておりのぼる
  仕掛は外にたぐいなし

  くぐるトンネル二十六
  ともしびうすく昼くらし
  いずれは大地うちはれて
  顔ふく風の心地よさ

と歌われている。

現在は、横川駅と軽井沢駅の間はJRバスが走っている。

線路はそのまま残っており、「遊歩道アプトの道」として、
熊の平までハイキングコースとなっている。
横川駅前から「とうげのゆ駅」までトロッコ列車が運行しているのだが、
土日、祭日のみで、平日は残念ながら利用できない。

d0037233_14492018.jpg
d0037233_14493645.jpg
持参した弁当で腹ごしらえをして、遊歩道を歩き始める。
炎天下、歩いている人を全く見掛けず。
小一時間歩くと、旧丸山変電所の前に来る。
重要文化財に指定されている。
d0037233_14525348.jpg
d0037233_14530489.jpg
碓氷川が並行して流れている。
ヤマボウシや藤の花が満開。
d0037233_14543112.jpg
d0037233_14544896.jpg
トロッコ列車の線路沿いに遊歩道、一向に人影見えず、
「熊出没に注意」などと看板も目に付き、
さらに先まで進むのを諦め、横川駅前に戻る。
駅前には「碓氷峠鉄道文化むら」という施設があり、見学する。
かって碓氷峠越えで活躍した電気機関車が多く展示され、
運転体験もできる。
ジオラマも見られる。
夏休みには子供たちで賑わうのではないだろうか。

d0037233_14595482.jpg
d0037233_15000421.jpg
午後3時過ぎ宿にチェックインする。
予想していたよりはるかに豪華な宿である。

d0037233_15105843.jpg
ロビーとロビーからの中庭の眺め。
d0037233_15124440.jpg
d0037233_15123456.jpg
d0037233_15122489.jpg
d0037233_15121426.jpg
磯部温泉はこれといった温泉街もなく、
どちらかといえば地味な存在、今回の参加者もみな初めてである。
磯部温泉は♨マークの発祥の地とのこと。
ゴルフ組を含め、ほとんどのメンバーがまだ到着していない。
温泉でさっそく疲れをいやす。

幹事の中でも中心的に企画を進めておられたのがCさんだが、
前日身内の方が亡くなられ、当日は能登での通夜とバッティング、
残念ながら不参加となる。
宿は良心的で、キャンセル料を払わずに済むものの、
予定がすっかり狂い、急きょ宴会の進行など残りの幹事で事前打ち合わせをする。
とにかく宴会も盛況のうちに無事終わる。
例のごとく二次会、三次会と夜更けまで話題は尽きない。

さて翌朝、数人帰宅される方を除いて、
宿から車に分乗して世界遺産の富岡製糸場に向かう。
殆どの方が初めて、イヤホーンを付けて、
ガイドさんの説明を受けながら、4~50分、場内を巡る。
d0037233_15210636.jpg
d0037233_15211688.jpg
d0037233_15212617.jpg
d0037233_15224569.jpg
明治維新直後、生糸の輸出振興を掲げた明治政府は、
フランス人、ポール・ブリュナを指導者として雇い入れ、
近代的な設備機械を有する製糸工場の創設に動き出した。
明治5年(1872)上州富岡の地に全国初となる
官営模範製糸工場が誕生、同年10月4日に操業開始。
正面入り口の上に「明治5年」が読み取れる。

d0037233_15291175.jpg
d0037233_15311595.jpg
長さ140Mにも達する長大な操糸場は、
繭から生糸を取る作業場で、
操業当時フランス式の操糸器300釜が設置されていた。
世界最大規模の製糸工場だった。

d0037233_15374052.jpg
d0037233_15375043.jpg
フランス人ポール・ブリュナが家族と共に暮らしていた
ブリュナ館は320坪もの広さがある。
d0037233_15380111.jpg
大変興味深い見学会となり、いい勉強になり、
参加された皆さんも喜んでくれた。
此処で解散となる。

町中を散策しながら上信電鉄の上州富岡駅に向かう。
途中、手ごろな蕎麦屋を見つけ、昼食をとる。
ところで、この上信電鉄、スイカもパスモも使えない。
切符を買い、改札口で切符を切ってもらう。
2両連結の電車は運転手のみのワンマンカー。
駅員のいない無人駅が多く、
途中で乗車したり下車したりする乗客には、
運転手が対応する。

葱で知られる下仁田と高崎の間を運航している、のどかな電車である。
下仁田は妙義山への入り口でもある。
丁度車内には、絵手紙が展示されていた。
d0037233_15474756.jpg
d0037233_15475654.jpg
d0037233_15480331.jpg
d0037233_15481279.jpg



by toshi-watanabe | 2015-05-17 15:49 | 旅行 | Comments(4)

春盛りの群馬の山里

春も盛り、5月上旬の1週間ほど、群馬倉渕へ出かける。
途中1泊2日は新潟の越後湯沢まで。
今回は好天に恵まれる。
往復ともに東名、環八、関越のルートを走る。
圏央道により東名と関越が接続され、
トラック輸送などの車が圏央道を利用するようになり、
環八が以前に比べると、随分車の流れがスムースになったように感じる。
往きは高坂SA、帰りは三芳SAで休憩するのが通例となる。

倉渕の山里も、前回に比べ周りの景色がすっかり変わる。
木々は一面の緑、色とりどりの草花や樹木の花が咲き乱れている。
藤花の鮮やかな紫色が目に染みるほど。

d0037233_09132221.jpg
d0037233_09133087.jpg
さわやかな白花の山吹。
d0037233_09140957.jpg
日本桜草。

d0037233_09142119.jpg
d0037233_09143110.jpg
スミレの花。
d0037233_09170057.jpg
d0037233_09170681.jpg
深山金鳳花とオキナグサ。

d0037233_09180047.jpg
d0037233_09180642.jpg
d0037233_09181245.jpg
スズラン。
d0037233_09194113.jpg
d0037233_09194704.jpg
花桃(照手姫)、白い花(名前不明)、センダイハギ。
d0037233_09211390.jpg
d0037233_09212032.jpg
d0037233_09212687.jpg
d0037233_09213525.jpg
蔓日日草、芝桜。
d0037233_09225928.jpg
d0037233_09230986.jpg
d0037233_09232106.jpg
d0037233_09232915.jpg
d0037233_09233777.jpg
ハナズオウ、紫露草、ミヤマオダマキ。
d0037233_09254136.jpg
d0037233_09255196.jpg
d0037233_09260110.jpg
d0037233_09261114.jpg
イカリソウ、クリスマスローズ、ハナミズキ。
d0037233_09275474.jpg
d0037233_09280498.jpg
d0037233_09281362.jpg
d0037233_09282740.jpg
d0037233_09283955.jpg
都忘れ、延齢草、満天星躑躅。
d0037233_09301099.jpg
d0037233_09301840.jpg
d0037233_09302717.jpg
ツリバナ、マムシグサ、紫色の花(名前不明)。
d0037233_09320216.jpg
d0037233_09321139.jpg
d0037233_09322143.jpg
踊子草と半鐘蔓。
d0037233_09333052.jpg
d0037233_09333818.jpg
ホウチャクソウとコデマリ。
d0037233_09342606.jpg
d0037233_09343573.jpg
花筏と紫蘭の蕾。
d0037233_09351313.jpg
d0037233_09352237.jpg
5月3日から4日にかけて、越後湯沢まで出かける。
中之条、高山のローカルの道路を通り、
月夜野ICで関越道に入る。
長い関越トンネルを抜けると越後湯沢。
道路わきに積まれた雪がまだ残っている。
山の上はまだ雪景色、スキーがまだ楽しめるようだ。

序でに外山康雄さんの「野の花館」を訪れる。
山野草の現物が花器に活けられ展示され、壁には描かれた作品が
額に入れられ並ぶように展示されている。
どれも素晴らしい出来栄えだが、山野草を探してくるのも大変だと思う。
一部は庭で植えられている。
珈琲を一杯ご馳走になり、お土産までいただいてしまう。




by toshi-watanabe | 2015-05-10 09:43 | 草花 | Comments(0)

第1部からの続き。

弘前城植物園の一画には、いろいろな種類の桜が植えられ、
枝垂れ桜を中心に、見事に満開である。

d0037233_09423775.jpg
d0037233_09424664.jpg
d0037233_09425531.jpg
d0037233_09434006.jpg
d0037233_09435158.jpg
d0037233_09440055.jpg
d0037233_09430623.jpg
弘前城二の丸に戻り、濠に降りて石垣を見学する。
今にも崩れそうな部分も見受ける。

d0037233_09463127.jpg
幹回りでは最大と言われる古木のソメイヨシノ。
d0037233_09465119.jpg
津軽三味線の実演に耳を傾ける。

d0037233_09483624.jpg
2日目の宿は八幡平温泉。
宿に入る前に、桜の花が見えるとバスのドライバーさんが
立ち寄ってくれる。
岩手山が正面に見える。

d0037233_09512706.jpg
宿は八幡平温泉も一番奥で、かなりの高原にあり、
部屋の窓からも岩手山がよく見える。
早目の4時頃には到着。
さっそく散策に出かける。
白樺の並木道は気持ちよい。
d0037233_09535817.jpg
驚いたことに、雑木林に見事なキクザキイチゲの一大群生地を発見。
八重桜なども咲いている。
d0037233_09551503.jpg
d0037233_09552415.jpg
d0037233_09553514.jpg
d0037233_09554718.jpg
d0037233_09561880.jpg
d0037233_09562885.jpg
さて、3日目も朝早めに出発、角館に向かう。
武家屋敷街の八重桜も、ほとんど葉桜、
僅かに角館樺細工伝承館の庭の桜がまだ花をつけている。
d0037233_10004170.jpg
d0037233_10005779.jpg
d0037233_10011160.jpg
d0037233_10013578.jpg
d0037233_10001062.jpg
武家屋敷、「青柳家」を見学する。
d0037233_10030994.jpg
d0037233_10031755.jpg
d0037233_10035341.jpg
d0037233_10032824.jpg
角館の武家屋敷街を歩いていると、
ご当地のゆるキャラに巡り合う。
樺細工伝承館に入り、樺細工の見学をする。
d0037233_10055921.jpg
角館はあまり期待したほどの成果がなかった。
観光客の多さに、雰囲気が台無しといった感がする。

最後の目的地は北上展勝地。
此処も桜の名所ということだが、残念ながら既に葉桜状態。
とりあえず桜並木を散策する。

d0037233_10100160.jpg
d0037233_10101174.jpg
これで今回みちのくの桜見物は終了。
桜の満開に合わせるのはなかなか難しい。
弘前城のシダレザクラが満開で見られたのだから、
今回の旅も良しとしよう。

ところが、ここで添乗員さんから、飛んでもないニュースがもたらされる。
昼前から東北新幹線が何らかのトラブルで運休している。
とにかく乗車予定の北上駅へ向かう。
4時過ぎから運転再開されたものの、乗車予定の列車は結局運休、
盛岡発の別の列車に乗り込み、自由席だが何とか座席確保、ほっとする。
その後途中からの乗客の皆さんは空席がなく、
酷い場合には終着駅の東京まで立ちっぱなしの方も。
不幸中の幸いと言える。
予定より30分ほどの遅れで無事帰宅できる。



by toshi-watanabe | 2015-05-09 10:19 | 旅行 | Comments(2)



4月27日から2泊3日、みちのくの桜を観て楽しむツァーに参加する。
当初は5月6日出発のツァーを申し込んでいたのだが、
桜の開花が次第に早まるとの情報を聴き、4月29日出発に変更、
さらに27日出発に変更したもの。
東京駅から東北新幹線「はやぶさE5系」列車に乗り、八戸駅で下車、
あとは観光バスの旅となる。

初日の見学は一箇所のみ。
十和田市官庁街通りに立ち寄る。
駒街道と言われ、日本の道百選に選ばれている。
十和田は馬の産地で、戦時中は陸軍軍馬補充部門が設置されていたが、
戦後解放され、官庁街と整備されたもの。
見事な桜並木(同時に松並木)が一直線に続いているのだが、
既に葉桜、残念ながら予想した通り。

d0037233_08580770.jpg

馬のオブジェや野外美術なども展示されている。
d0037233_08581828.jpg
広場には、桜まつりの会場が設けられているが人は閑散。
八重桜やウコン、御衣黄などの桜が数本花を咲かせている。

d0037233_09003107.jpg
d0037233_09003958.jpg
d0037233_09004826.jpg
初日の宿は古牧温泉の青森屋・星野リゾートである。
昨年秋、紅葉の季節に宿泊しているので、記憶もまだ新しい。
夕方も早目の4時頃には宿に到着、早速庭園を散策する。
広大な敷地は22万坪あると書かれている。

d0037233_09044519.jpg
d0037233_09042667.jpg
d0037233_09043383.jpg
d0037233_09053007.jpg
d0037233_09054030.jpg
夕食後は津軽三味線の演奏などを楽しむ。

2日目の朝は8時に宿を出発、弘前公園に向かう。
今回一番の見どころである。
弘前公園前の駐車場には大型の観光バスが何台も並び、
観光客でごった返している。
3時間ほどのフリータイムとなっているので、十分楽しめる。
外堀付近のソメイヨシノは既に葉桜。
d0037233_09100500.jpg
d0037233_09101584.jpg
外堀は桜の花びらで埋まり、すっかり花の絨毯。

d0037233_09114043.jpg
古木のソメイヨシノ。

d0037233_09123153.jpg
本丸と二の丸を結ぶ下乗橋からの天守閣の眺め、古木の御滝桜。

d0037233_09144304.jpg
d0037233_09145106.jpg
石垣の大改修工事が近く始まる。
工事中、天守閣は別の場所に移動、暫くは公開されない。
天守閣の前には広場があり、その周りを囲むように、
枝垂れ桜が植えられ、今まさに満開を迎えている。
観光客は歓声を上げ、カメラを向けている。
弘前城に来た甲斐があったと、つくづく思う。

d0037233_09192363.jpg
d0037233_09193367.jpg
d0037233_09194130.jpg
d0037233_09194849.jpg
d0037233_09202176.jpg
西濠の「桜のトンネル」と言われる通りも、ソメイヨシノは既に葉桜。
お子さんたちの笑顔の写真が灯り面に見える。
偶々オシドリと鴨がペアになって水面を泳いでいる。

d0037233_09203278.jpg
d0037233_09205169.jpg
折角なので、植物園に入る。

d0037233_09280132.jpg
山野草の一角がある。

d0037233_09292055.jpg
d0037233_09292843.jpg
d0037233_09302100.jpg
d0037233_09295730.jpg
d0037233_09342573.jpg



d0037233_09303273.jpg

雑木林にはツツジなどの花が咲いている。
d0037233_09304271.jpg
d0037233_09305377.jpg
。。。。。。第2部へ続く





by toshi-watanabe | 2015-05-09 09:35 | 旅行 | Comments(0)