今年に期待する漢字

最近、日本経済新聞と日経BP社が共同でアンケート調査。
「2015年の日本経済に期待すること」として、
あなたの気持ちを「漢字一文字」で表してくださいと質問。
10万人以上の方から回答が届き、
漢字の数は500種類以上に上る。

アンケート結果は次の通り。

 1位:  昇 (全体の役10%)
 2位:  活
 3位:  躍
 4位:  翔
 5位:  明

 6位:  進
 7位:  伸
 8位:  真
 9位:  安
10位:  実

「前途洋洋の日本経済を期待する漢字」に対しては、
1位から7位までは上記と全く同じで、
そのあとに、 上、 希、 望、  と続く。

「法令順守あっての経済を期待する役員、60代の漢字」は、
真、 正、 信、 誠、 和、 と続く。

「経済効果の直接的な恩恵を期待する若い女性の漢字」は、
安、 実、 豊、 楽、 潤、 と続く。

「変わらなきゃ意識をけん引する若手中間管理職の漢字」は、
新、 改、 変、 と続く。

皆さんは果たしてどんな漢字を選びますか?

by toshi-watanabe | 2015-02-28 10:32 | 一般 | Comments(0)

d0037233_10293909.jpg


澤田瞳子の著書「満つる月の如し ~仏師・定朝~」を読み終える。
澤田さんの作品を読むのは初めてである。
京都生まれで同志社大学のご出身、奈良仏教史がご専門。
2011年に最初の小説「弧鷹の天」を発表以来、著作を続けられている。
本書は2012年3月に単行本して出版され、
「本屋が選ぶ時代小説大賞2012」と
「第32回新田次郎文学賞」を受賞。

著書名のサブタイトルにもある通り、
平安時代後期の大仏師、法橋定朝(じょうちょう)が主人公というか、
主要登場人物である。
平安時代、七條仏所の棟梁として藤原道長や多くの公卿たちに重用され、
当時随一の大仏師と言われた康尚(こうじょう)の息子である。
若いころから仏像彫刻の優れた才が認められ、
やがて仏師として初の法橋を名乗ることが認められ、
康尚を継いで、仏所の棟梁となる。

ところがこの小説は、単なる仏師の物語ではない。
藤原氏と帝との姻戚関係に絡む数多くの人物が登場、
系図を見ながら読み進まないと混乱してしまう。

藤原道長を中心とした藤原氏が権勢を誇る時代だが、
都の治安は悪化の一途、放火、強奪、人さらいといった
物騒な騒動が日常茶飯事。
政と民の暮らしの乖離は甚だしく、それに伴う
人心の荒廃のすさまじさは、凶悪そのもの。
些細な言い争いから起きる乱闘、強奪騒ぎ、
さらに数年おきに都を襲う疫病や旱魃、賀茂川の氾濫など
天地異変も、人々の不安に拍車をかける、
そんな時代背景があった。

上述した通り、藤原氏一族が権勢を誇る平安時代、
内供奉(ないぐぶ)に任じられた僧侶隆範(りゅうはん)は、
才気溢れた年若き仏師定朝)の修繕した
仏像に深く感動し、その後見人となる。
しかし、貧困、疫病に苦しむ人々の前で、己の彫った仏像に
どんな意味があるのか、定朝は煩悶していた。
やがて二人は権謀術数の渦中に飲み込まれてしまう。

著者は膨大な登場人物を自在に操って、
定朝が生きた時代を立体的に描いて行く。
仲でも強烈な印象を与えるのは敦明(あつあきら)親王。
道長によって皇太子の座を追われ、
多くの所領はあるものの、即位の可能性はなく、
いわば飼い殺しの身。
鬱憤を晴らすように暴虐の限りを尽くす。
その敦明親王が幼馴染で従妹にあたる中務(なかつかさ)と
対峙するシーンは圧巻である。

隆範は都を追われ、やがて黄泉の国へ旅立つ。
時代が移り、物語も終盤に。
藤原頼通は極楽往生を祈願して個人所有の
宇治殿を平等院と号し、そこに阿弥陀を
配することを発案、その制作を定朝が引き受ける。
現在の宇治平等院である。
鳳凰堂の本尊として祀られている、
法橋定朝の手になる木造阿弥陀如来坐像は国宝に指定され、
定朝が彫った仏像として確認された唯一現存するもの。
因みに昨年の春、拝観してきたばかりである。

定朝の父親、康尚を支えていた筆頭仏師の一人、
㔟忍(せいにん)の一人息子、覚助(かくじょ)は
独身を通した定朝の養子となり、定朝を継ぐことになる。
定朝は仏像の寄木造を完成させた大仏師であり、
定朝亡き後も定朝様が仏像彫刻の基本として続く。
その後、この仏師集団から三つの派が登場する。
院派、慶派、円派であり、江戸時代まで続く。
鎌倉時代には慶派から運慶などの優れた仏師が活躍する。

定朝の阿弥陀仏にすっかり魅了された公家たちは、
「満つる月の如し」と称えたという。
これが本書の題名となっている。

by toshi-watanabe | 2015-02-28 10:29 | 読書ノート | Comments(0)

d0037233_09394162.jpg

1月に出たばかりの徳間文庫の一冊、「千鳥舞う」を読み終える。
またまた葉室麟さんの著書である。
この作品は、2011年から12年にかけて雑誌に連載、
2012年7月、単行本として発行されている。
書き始められたのは丁度、東日本大震災の直後。

江戸末期、筑前福岡藩第11代藩主、黒田長博(ながひろ)の時代。
福岡藩の御用絵師をしていた衣笠春涯の弟子で
当時珍しかった女絵師の春香が主人公である。
藩の作事方を務める箭内(やない)重蔵の三女として生まれ、里緒(りお)という。
幼いときから絵の才能を認められ、春涯に弟子入りする。

絵師として独り立ちしている春香23歳のころ、
10種の鳥を主題にした屏風絵を地元の寺院から依頼を受けて、
狩野派の絵師、杉岡外記守英が江戸からやってくる。
手伝いを頼まれた春涯は春香と兄弟子の春楼を差し向ける。
屏風絵の制作に共同作業をしているうちに、
外記と春香の心が通い合う。
外記は江戸に妻がいるものの一緒には住んでいない。
妻ある男と不義密通を犯したとして、春香は絵師としての仕事を
一切禁じられてしまう。
一方外記も狩野派を破門に。

そして3年後、師の春涯から許しが出、
博多織と博多絞りで財をなした亀屋藤兵衛から屏風絵制作の依頼を受ける。
「博多八景」の屏風絵を頼まれる。

この作品の第2章から第9章までは、「博多八景」が
それぞれテーマとなっている。
因みに第1章は「比翼屏風(ひよくびょうぶ)」、物語の序。
各章とも春香が八景の取材の過程で巡りあう人物の
哀しみが見事に描かれている。
単独の短編小説として読むことができるだろう。

第2章「濡衣夜雨(ぬれぎぬやう)」。
兄弟子の春楼と遊女の千歳が登場する。
第3章「長橋春潮(ながはししゅんちょう)」。
亀屋藤兵衛の屋敷内に部屋を提供され「博多八景」を制作するが、
藤兵衛が身の回りの手伝いにと、若いお文を付けてくれる。
途中から、別の中年女性も世話掛に加わるが、
お葉と言い、実は御救奉行に出世した白水養禎養左衛門の妻。

第4章「箱崎晴嵐(はこざきせいらん)」。
江戸から戻ってきた太鼓持ちの与三兵衛が登場。
外記の様子が伝えられる。

第5章「奈多落雁(なたらくがん)」。
八景の現場案内役をしてくれている、亀屋の丁稚奉公清吉が、
博多にやって来た海老蔵一座の歌舞伎興行を見物、
子役を演じる、弟の豊吉と劇的な対面を果たす。

第6章「名島夕照(なじませきしょう)」。
母親、おりうとの出会いに葛藤するお文の心情。

第7章「香椎暮雪(かしいぼせつ)」。
師匠の春涯は病重く、死の間際に
若いころに心を通わせた女性、お雪(湖白尼)が
枕辺に訪れる。

第8章「横岳晩鐘(よこだけばんしょう)」。
仙厓和尚が登場する。
仏門で修業中の若い僧、智照が恋に狂う。

第9章「博多帰帆(はかたきはん)」。
破門を許され江戸から船で博多の港に着くはずの
春香が3年間待っていた外記は姿を現わさない。

これで「博多八景」の下絵、そして屏風絵が苦難の末完成するのだが、
第10章は「挙哀女図(こあいじょず)」。
春香と外記、二人の愛の結末が描かれている。

文芸評論家の池上冬樹さんが解説文を書かれている。
「悲しみと苦しみを味わった人にお薦めしたい小説である。
これから悲しみと苦しみを味わうだろう人にも読んで
欲しい小説である。
絵師を主人公にした芸術家小説であり、恋愛小説であるけれど、
何よりも悲哀と苦悩を描いた小説であるからだ。」


by toshi-watanabe | 2015-02-21 09:39 | 読書ノート | Comments(0)


昨2月16日、熱海のMOA美術館に出かける。
2月4日から3月3日まで開催中の特別展
「燕子花と紅白梅~光琳アート~光琳と現代美術」を見学。
尾形光琳の没後300年を記念して開催の特別展。
今回の展示会の目玉となっているのは、
国宝に指定されている光琳の二大作品、
「紅白梅図屏風」(MOA美術館所蔵)と
「燕子花図屏風」(根津美術館所蔵)が同時に見られることだ。
d0037233_14140559.jpg
d0037233_14145454.jpg
d0037233_14150803.jpg


MOA美術館には、熱海に出かけた折に立ち寄ったりで、
今まで4,5回は訪れているが、
今回は展示会だけを目的に熱海へ出かける。
以前美術館への急な坂道を徒歩で登ったこともあるが、
熱海駅前から出ているシャトルバスに乗り込む。
バスの車内はぎゅうぎゅう詰めで、まるでラッシュアワー。
曲がりくねった坂道をゆられながら7分ほどで到着。
美術館の入り口付近にも、大勢の見学客が見られる。
御存じの通り、7基の長いエスカレーターを乗り継ぎ、
やっと美術館の本館に到着。

美術館の創業者は岡田茂吉である。
東洋美術の蒐集を続け、
昭和57年(1982)に美術館を開設。
Mokichi Okada Asociation の頭文字をとって、
MOA美術館と命名する。

昼にはまだ時間はあるが、先ずは腹ごなしと
館内のレストラン「桃山」へ。
予約制になっており、暫く待たされる。
特別展開催中だけ提供される「琳派御膳」と思っていたのだが、
1日30食の限定、既に売り切れとある。
誠に残念也。
光琳が絵付し、実弟の乾山が造った「色絵十二か月絵皿」を
複製した皿が用いられている。

食事の後、陽気もよいので、庭園に出てみる。
梅の花もちらほら、紅梅はすでに花の終えたのもある。
白梅はこれからで、見事な老木も。

d0037233_14203844.jpg
d0037233_14202432.jpg
d0037233_14201427.jpg
庭園には、尾形光琳の屋敷を移築復元した「光琳屋敷」や
「樵亭(非公開)」、「唐門」、「片桐門」、
茶の庭「一泊庵」などが見られる。

d0037233_14243187.jpg
d0037233_14244743.jpg
d0037233_14250317.jpg
d0037233_14251679.jpg
d0037233_14253378.jpg
愈々特別展の見学。
最初の展示室に入ると、右手に「紅白梅図屏風」
左手に「燕子花図屏風」と向かい合って展示されている。
MOA美術館では、毎年梅の花の咲く時期に、
「紅白梅図」を公開しているので、
目にするのは今回2度目である。
d0037233_14485119.jpg
d0037233_14494490.jpg
d0037233_14491502.jpg


日本画家の田渕俊夫さんの書かれているのを
そのまま紹介させていただくと、

右隻に若い紅梅を、左隻に老木の白梅を大胆に配し、
たらしこみの技法で梅の幹の質感を表現。
左右は意匠を凝らした中央の流れでつながり、
金と銀が調和した一つの画面になっている。
おそらく光琳は、銀箔が空気に触れ、
硫化して黒変する性質を利用した。
中央の川の流れ全体を銀箔で埋め、
そこに硫化を防ぐ効果のあるドーサ
(膠水に明礬を加えたもの)で伸びやかに波模様を描いた。
その上から全体に硫黄のまくことで、ドーサで描いた
流水の銀は残り、残りの部分が硫化して異変した。

「燕子花図屏風」は、根津美術館で見ており、
また光琳生誕350年を記念して東京国立博物館で
開催された「大琳派展」でも見ている。
d0037233_14524252.jpg
d0037233_14525602.jpg
これに似た作品で光琳の「八橋図屏風絵」はNYの
メトロポリタン美術館で見学している。

80数点の作品が展示リストに掲載されているが、
前期後期に分かれており、一部の作品は見られない。
大きく4章に分けて展示されている。
第1章は「光琳の作品」として上記の大作2点に加えて、
個人所蔵の「四季草花図巻」。

第2章は「光琳100年忌」。
江戸時代、文化12年(1815)、光琳100年忌の折りに
酒井抱一が顕彰事業として立ち上げ、
江戸入谷の寺院で開催した遺墨展、40点から
15点が今回展示されている。
「白楽天図屏風」、「紫式部図」、「寒山拾得図」、
「兼好法師図」、実弟の乾山作の「色絵菊図」など。

第3章は「光琳200年忌」。
大正4年(1913)、光琳200年忌の折りに
日本橋三越呉服店にて開催された「光琳遺品展覧会」の
97点から14点が出品。
東京芸術大学所蔵の国宝「槇楓図屏風」のほかに、
「寿老人図」、「雲中大黒天図」、「百合・杜若図団扇」など。

d0037233_15121262.jpg
d0037233_15114819.jpg
d0037233_15122475.jpg
第4章は「光琳を現代に生かす」というテーマで、
明治から現代にいたる、画家の作品がずらりと並ぶ。

MOA美術館で常時展示されているのが、
国宝となっている、野々村仁清の「色絵藤花文茶壺」。

d0037233_15184484.jpg
その他の展示は今回パスする。
能楽堂にて、「光琳アート展覧会セミナー」が
開かれており、30分ほど聴講する。
100年忌、200年忌の話なども聴ける。

本館の外に出てみると、相模湾が一望でき、
すぐ近くに初島が望める。
その先にはかすかに伊豆大島の姿が見えるが、
残念ながら写真では見えず。

d0037233_15234539.jpg
d0037233_15235629.jpg

なお上記の出品作品の写真は、パンフレットの写真を
スキャンして作成したものです。

「紅白梅図屏風」と「燕子花図屏風」は、
この特別展の後、根津美術館でも同時に見られる。
4月18日から5月17日に開催される。














by toshi-watanabe | 2015-02-17 15:24 | 一般 | Comments(2)

d0037233_14023369.jpg


内田康夫さんの「天城峠殺人事件」を読む。
ご存じ素人探偵、浅見光彦の日本列島縦断シリーズの一冊。
伊豆半島の天城峠が懐かしく、この書を手にする。
この作品は、浅見光彦シリーズの第7作で、
光文社文庫創刊1周年記念のために書き下ろしたと、
自作解説で書かれている。
初版が出たのは1985年9月のことで、
2001年5月にカッパ・ノベルスとして刊行されたのを機に
書かれたのが自作解説で、今回出された新装版光文社文庫にも
後書きとして載せられている。

事件の発端は、旧天城峠の崖下で老人男性の死体が発見されたこと。
光彦が偶々知り合った女性の父親がこの老人で、
すでに会社を定年退職、何故か「下司」と書かれた千社札を携え、
年に一度社寺巡りをしていた。
この千社札がキーワードとして、この物語の重要なポイントとなる。

事件に巻き込まれた光彦が捜査を開始した直後、
最近インタビューしたばかりのアイドル女性が
東京目黒のマンションでマネージャーと心中事件が起きる。
彼女がロケに出かけていた岩手県大船渡市に謎を求めて
大船渡へ向かった光彦は、土地の社寺を訪れた際、
亡くなられた老人が貼ったと思われる千社札を発見する。

光彦の推理と行動により、事件の解決に向かうのだが、
思いもよらぬ結末が待っている。
興味のある方は本書を読んでいただきたい。

光彦が老人の娘さんと初めて話を交わすのは伊豆の修善寺。
光彦は取材のために、一方娘さんは亡き父親の足跡をたどって
三島から修善寺に。
ところで、この作品が書かれた時には、
静岡県田方郡修善寺町だったが、現在は伊豆市となっている。
田方郡のほとんどの町村は伊豆市に組み込まれ、
田方郡として残っているのは函南町のみである。

大船渡は4年前の東日本大震災の折、
巨大津波により、大きな被害を蒙っているのは、
ご存じのとおりである。
復興が進んでいるとはいえ、この著書が書かれたときとでは、
すっかり景色が変わっているのでは。

遠く離れた二つの土地を結び付けた物語、
面白い着想だと思う。


by toshi-watanabe | 2015-02-13 14:02 | 読書ノート | Comments(0)

d0037233_09490457.jpg
葉室麟さんの著書「散り椿」を読み終える。
2012年3月に単行本として刊行された、
この著書が昨年末、角川文庫として出される。
先に映画化された「蜩の記」に劣らぬ
大きな感動を与えてくれる作品である。

「序」の出だしの部分は、
主人公の瓜生新兵衛が死期間近の妻、篠とともに、
仮の住まいの地蔵院の庭を眺めている場面で始まる。
季節は冬、枯木ばかりの庭を見ながらの会話、
「春になれば椿の花が楽しみでございます」。
「散り椿か」。

京都には「竹の庭」と知られる西京区の地蔵院と、
「椿庭」と知られる北区の地蔵院があるが、
ここに登場するのは「椿庭」の地蔵院。
因みに創建したのは行基、のちに秀吉によりこの地へ移された。
境内には秀吉が寄進した『五色八重散椿』がある。
朝鮮出兵の折に清正が持ち帰ったものと伝えられている。
普通、椿は花びらごとにポトリと落ちることから、
首が落ちる様を思わせるとして武家に嫌われる。
散り椿は花びらが一片一片散っていく。
白から紅まで様々の色合いの花が咲き、愛好者が多い。

篠は、新兵衛に自分の死後、故郷へ帰るように頼み、
或る頼みごとを託す。
そして半年後、新兵衛は扇野藩6万5千石へ向かう。
かって藩内の一刀流道場で四天王と呼ばれた
勘定方の瓜生新兵衛は、上役の不正を訴え、藩を追われた。
妻の篠とともに浪人生活を続ける。

18年ぶりに故郷に帰ってきた新兵衛を中心に物語は進展する。

著書の巻末に解説が載せられている。
「『散り椿』の意味するもの」と題して
書いておられるのは中江有里さん。
どういう女性か全く知らず、ネットで調べてみると、
41歳、女優、歌手、脚本家、そして小説も手掛けている。
そして目についたのが読書家、
とにかく膨大な量の本を読まれているらしい。
中江さんの書かれている解説が実に的確で、
私の感じたことを代弁してくれているようで驚嘆。

一部を紹介したい。

本書の登場人物は、誠実であろうとする。
しかし今も昔も誠実がゆえに、
生きづらさを抱え込む人が多い。
誠実でありたい、と思っても世の中を渡るには、
その誠実さが邪魔になることもある。

新兵衛と甥の藤吾という擬似親子のあいだに生まれる絆、
新兵衛と篠の夫婦愛、藤吾と美鈴(藤吾の妻となる)の初々しい恋、
一刀流平山道場の四天王と呼ばれた仲間との友情など、
互いが互いを思う気持ちが複雑に絡み合い、
政争も含めた人間模様を描いていく。

人が人を想うとき、ただ素直に気持ちを伝えられたらどれほど楽だろう。
誠実であろうとしてもそうはなれないのと同じく、
人を想う気持ちを伝えようとしても、なかなかうまくゆかない。
自分の気持ちを誰かに伝えることによって、
相手の運命を変えてしまうことがあるからだ。

勝手な想像だが、本書の真の主人公は篠ではないだろうか。

「散り椿」から反射される光は、
人が生きていくことの尊さと厳しさを照らし出す。

その後、中江有里さんはNHKBSの「週刊ブックレビュー」に
出られていたと知る。



by toshi-watanabe | 2015-02-08 09:49 | 読書ノート | Comments(0)

額絵キルト部門の入選作品。
d0037233_10335187.jpg
d0037233_10341305.jpg

d0037233_10333619.jpg
d0037233_10370749.jpg
d0037233_10372599.jpg
d0037233_10362806.jpg
d0037233_10375577.jpg
d0037233_10381203.jpg
d0037233_10382991.jpg
d0037233_10393047.jpg





キルト作家、57人の方の新作が出品されている。

d0037233_10420068.jpg
d0037233_10422062.jpg
d0037233_10423798.jpg
d0037233_11233401.jpg
d0037233_11235574.jpg
d0037233_11241416.jpg
d0037233_11243236.jpg
d0037233_11245385.jpg





今回、特別コーナーとして、
「キルトでつづる”大草原の小さな家”」が設けられる。
日本でも放送された、米国ドラマ「大草原の小さな家」に
テーマを絞っての展示。
ミズーリ州マンスフィールドにある
「ローラ・インガルス・ワイルダー博物館展示の
キルト作品も出展。
各キルト作家が関連キルトを作成している。




d0037233_10443860.jpg
d0037233_10445833.jpg
d0037233_10451689.jpg
d0037233_10544414.jpg
d0037233_10574443.jpg
三浦百恵さんの作品も見られる。

d0037233_11001071.jpg
d0037233_11011558.jpg

d0037233_11013588.jpg
d0037233_11132092.jpg
d0037233_11134558.jpg
d0037233_11142330.jpg


キャシー中島のコーナー。
d0037233_11160925.jpg
d0037233_11162572.jpg










by toshi-watanabe | 2015-02-04 11:03 | 一般 | Comments(4)

(その1)の続きである。
トラディショナルキルト部門の1位に選ばれたのは、
「おもい(満開の花」(田口美保子さん)。
d0037233_09535170.jpg
2位は「ねじれた糸巻き」(小泉洋子さん)。
d0037233_09544946.jpg
3位は「レンガ職人の傑作ーー赤煉瓦駅舎の復活」(内藤千鶴さん)。
d0037233_09562930.jpg
トラディショナルキルト部門、その他の入選作品。
d0037233_09581853.jpg
d0037233_09584735.jpg
d0037233_09590507.jpg
d0037233_09592227.jpg
d0037233_09594651.jpg
d0037233_10000481.jpg
d0037233_09575529.jpg
d0037233_10003578.jpg

d0037233_10005345.jpg

d0037233_10011694.jpg
和のキルト部門、1位に選ばれたのは、
「森の中で見る月は・・・」(斎藤禎子さん)。


d0037233_10111997.jpg
2位は「羽ばたき」(石井智美さん)。

d0037233_10125176.jpg
3位は「Re:循環の輪」(竹内綾子さん)。

d0037233_10140384.jpg
和のキルト部門、その他の入選作品。
d0037233_10150620.jpg
d0037233_10153216.jpg
d0037233_10163132.jpg
d0037233_10174485.jpg
d0037233_10165816.jpg



d0037233_10181444.jpg

d0037233_10185298.jpg

ジュニア部門1位は「きらりんフィッシュ パーティへ行く」
(船木瑚心)。
d0037233_10220148.jpg
2位は「わたしデザイナーになったみたい」
(曽原桃子)。


d0037233_10231252.jpg
3位は「サーカスを夢みるピエロ」(小達萌未)。

d0037233_10243368.jpg
バッグ部門は特に見学せず。

額絵キルト部門の1位に選ばれたのは、
「ワビスケツバキ」(鶴巻瑛子さん)。
素材は確か江戸小紋の布地。
d0037233_10263321.jpg
2位は「おぼろ・おぼろ」(山形俊枝さん)。

d0037233_10290740.jpg
3位は「弾ける柘榴」(村松マサ子さん)。

d0037233_10301949.jpg

。。。。。さらに続く。

























by toshi-watanabe | 2015-02-04 10:31 | 一般 | Comments(0)


1月末、「第14回国際キルトフェスティバル」を
見学に東京ドームへ出かける。
今回はたまたま招待券をいただく。
平日の朝10時半ごろ現地に到着する。
9時半から開場なので、会場はすでに大勢の入場者で大混雑。
やはり中高年のご婦人方が圧倒的に多い。
男性客や外国からの入場者もちらほら。

d0037233_08504431.jpg
d0037233_08511675.jpg
d0037233_08513985.jpg
チラシの案内図通りにはとても進めない。
適当に行ったり来たりとなる。
同じところを再び見学したり、なかなか効率的には行かぬ。
写真を撮るのも一苦労である。

一般公募作品の中から「日本キルト大賞」などが選定される。
今回6部門に1,336点が応募され、最終審査を通った
383点が展示される。

日本キルト大賞に選ばれたのは「無音」(三坂悦子さん)。
ご主人と東北の旅をされ、最上川の岸辺に佇んでいると、
突然雨が降り出し、誰も人影のない静寂の中、
川面の雨あしが周りの景色をいつの間にか消した情景を
思い描いて表現されたとのこと。

d0037233_09341642.jpg
d0037233_09090464.jpg
準日本キルト大賞は「祈りの刻」(渡辺章子さん)。
イタリアの旅で偶然訪れた教会に入った瞬間、
何とも言えぬ荘厳さに打たれ、聖なるものへの強い敬意に
頭を垂れたことがあり、その思いを形にされた。

d0037233_09345359.jpg
d0037233_09160111.jpg
ハンドメイキング賞は「My sweet house with KIRARA」(川上亜矢子さん)。
娘さんの稀星(キララ)さんが生まれてから、テーマにしてキルトを製作、
今回は5作目の作品。
d0037233_09352988.jpg
d0037233_09221227.jpg
フレンドシップ賞は「巡り合い」(畠山玲子さん)。
物でも人間関係でも、思いがけない出会いがあることをいつも思っていて、
色々な事がめぐりめぐってくる事に感謝。

d0037233_09311406.jpg
d0037233_09272349.jpg
創作キルト部門の作品を紹介する。
部門1位に選ばれた「ログキャビン Ⅱ」(小田島由美さん)。
d0037233_09303588.jpg
2位は「バラ園」(石浪崇子さん)。

d0037233_09334402.jpg
3位は「Tightrope」(Jim Hayさん)。
d0037233_09370773.jpg
その他の創作部門の入選作品。
d0037233_09382879.jpg
d0037233_09380239.jpg
d0037233_09402335.jpg
d0037233_09404662.jpg
d0037233_09412333.jpg

d0037233_09414099.jpg
d0037233_09420661.jpg

d0037233_09423397.jpg

d0037233_09425578.jpg

d0037233_09431207.jpg

d0037233_09433164.jpg

d0037233_09450823.jpg

d0037233_09463181.jpg

d0037233_09410623.jpg
。。。。。 さらに続く。



by toshi-watanabe | 2015-02-04 09:50 | 一般 | Comments(0)