折々の記

tnabe.exblog.jp

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする

ブログトップ

<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0037233_08472901.jpg


葉室麟さんの最新作「影踏み鬼」を読む。
「新撰組 篠原泰之進 日録」とサブテーマがある通り、
篠原泰之進が主人公である。

この作品を読むと、新撰組の同志とは言え、
必ずしも目指すところが一つではなかったのが分かる。

篠原泰之進(たいのしん)は九州久留米の石工の息子だったが、
幼少の頃より武道を好み、久留米城下で
宝蔵院槍術や剣術を学び、さらに良移心当流柔術を修行。
長じて久留米藩家老、有馬右近の中間となり、
安政5年(1858)、右近が江戸藩邸詰めになった折り、
供をして江戸へ出た。
同じ家臣の酒井伝次郎と親しくなり、
久留米の神官、真木和泉の尊王論に影響を受ける。
次第に尊皇攘夷の志を抱くようになる。
北辰一刀流を学んだ加納鷲雄の紹介で、
伊東甲子太郎(かしたろう)を知り、その門人となる。

甲子太郎が新撰組への入隊を決意すると、
泰之進もともに上方へ向かうのだが、
所用ありとして大阪に回り、入隊が遅れる。
「六角獄舎」で石を投げて門番から追われていた
幼い男の子を助けたことから、
母親の萩野という女性と知り合い、次第になさぬ仲になる。

新撰組に入隊した泰之進は、いろいろな事件に巻き込まれて行く。
坂本龍馬や中岡慎太郎との接点も。

伊東甲子太郎、泰之進、伊東を信奉する数人の隊士は
行動が異なり、目指すところも違う方向に進む
近藤や土方の率いる新撰組から袂を分かち分離独立するものの、
甲子太郎は闇討ちを食ってしまう。

泰之進は月に照らされて道に伸びた屋根の影を
踏んで歩きながら、新撰組にいた自分は
やはり、いつの間にか鬼になったのかもしれないと思った。
(ひとの死の影を踏んで歩む鬼だ)
歩きながら泰之進は身の内から震えを感じた。

篠原泰之進は維新後、秦林親(はたしげちか)と名を改める。
新政府に出仕し、大蔵省に入った。
だが、久留米藩が新政府への謀反を疑われた
「久留米藩難事件」で関係者として取り調べられたことなどに
嫌気がさして大蔵省を辞した。
その後は大阪で実業家の道を歩むことに。
そして明治25年4月、偶々東京に出てきて、
銀座通りを歩いていると、
かっての新撰組同士だった斎藤一に声をかけられる。
斎藤と別れた後、通りに面した料理店に入り、
カツレツを注文する。
今まで行方知れずだった萩野が突然登場する。
萩野の息子が英国で洋食を学び、
この店を開いたばかり。
泰之進が遊び相手になっていた松之助も
既に40代、篠原庄太郎と名乗っていると聞き、
泰之進は声を詰まらせる。


by toshi-watanabe | 2015-01-23 08:48 | 読書ノート | Comments(0)
昨1月21日夜、NHKの番組「歴史秘話ヒストリア」を興味深く観る。
今回のテーマは「東京ローズ」。
”裏切り”の声は甘く悲しく~太平洋戦争のラジオアイドル~
東京ローズの物語である。

主人公のアイバ・イクコ・トグリは
1916年7月4日、米国ロサンゼルスで生まれる。
UCLAを卒業し、大学院生だった1941年7月、
叔母を見舞いに単身来日。
ところが同年12月、日本軍の真珠湾攻撃により日米開戦。
アイバは米国に帰る機会を失う。

その後アイバは、ラジオ・トウキョウが始めた敵兵の士気を失わせる
作戦を展開する、プロパガンダ放送「ゼロ・アワー」の
女子アナに採用される。
実際は今でいうDJである。
米軍兵士には、この番組が人気となり、DJの女性アナを東京ローズと呼ぶ。
アイバ以外にも帰国子女などが採用され、数人で担当していた。

戦時中「ゼロ・アワー」に多くの米兵が魅了され、
中には兵士の戦意低下の兆候も出始めていた。
1945年終戦。
戦後いち早く看板女性DJ「東京ローズ」の正体を追求し始め、
アイバは自ら名乗り出る。
そのためアイバは苦難の道を歩むことになる。

巣鴨刑務所に収監されたが釈放され米国に送還されたものの、
現地で告訴され、陪審員裁判でアイバは有罪判決。
米国建国以来初めての国家反逆罪女性として、
禁錮10年、罰金1万ドルを科せられたうえ、米国市民権を剥奪される。
6年2カ月の服役後、模範囚として釈放される。

その後は、父親がシカゴで創業した輸入雑貨賞「戸栗商店」を
手伝いながら静かな生活を送る。
因みに母親は戦時中、日系人収容所に移動する途中で病死。

私がシカゴにいたのは1971年から74年にかけての3年間。
当時住んでいたところはシカゴ市内の北部だったが、
すぐ近くに、「戸栗商店」 J.Toguri Mercantile Co. があり、
日本の雑貨を店に並べていたので、何度か訪れたことがある。
アイバさんは、いつも店番をしたり、掃除をしたり。
挨拶をかわす程度で、話をしたことはない。

1977年5月(私はニュージャージーにいた)、
フォード大統領が退任に当たり特赦を行い、
アイバは米国の国籍を回復した。
名誉回復に、これだけの時間がかかってしまう。

父親の死後、アイバは店を引き継ぎ、
今までの路地からメインストリートに大きな店を構え、
輸入雑貨店として商売を続ける。
2006年9月26日、アイバ・イクコ・トグリは永眠。
享年90歳。
戸栗商店はすでに店仕舞い。
日本で結婚したダキノ氏との再会はついに果たせず。

数奇に満ちた日系二世女性の生涯であった。

東京ローズに関しては、
ドウス昌代著「東京ローズ」
上坂冬子著「東京ローズ 戦時謀略放送秘話」などの書物がある。
興味のある方はご覧いただきたい。



by toshi-watanabe | 2015-01-22 09:38 | 米国 | Comments(0)

富士休暇村へ2泊3日の旅



1月13日から富士休暇村へ出かける。
2泊の滞在で、近所のお仲間、OさんとKさんと、
高齢の男性3人の旅である。

快晴に恵まれ、東名高速道路からも富士山の雄姿が素晴らしい。
富士ICからローカルの道に入り、
白糸の滝の横を通り、林道を走ると目的地に到着。
チェックインの時間まで間があるので、
田貫湖の湖畔に出てみる。
雄大な富士山に圧倒される。

d0037233_08583402.jpg
d0037233_08584661.jpg


d0037233_08590118.jpg
d0037233_08592951.jpg
d0037233_08594862.jpg

宿は山の中の一軒家、田貫湖に面して建てられている。
部屋からも真正面に富士山が眺められ、遮るものもない。
夕刻日が沈むころ。

d0037233_09001421.jpg
d0037233_09002601.jpg
d0037233_09003856.jpg
翌朝も暗いうちから富士山が姿を現す。
昨夕は田貫湖の湖畔に設けられてウッドデッキには三脚を据えた
カメラマンが大勢見られたが、
早朝もまだ暗いうちから数人のカメラマンが来ておられる。
d0037233_09091558.jpg
d0037233_09093116.jpg
d0037233_09094109.jpg
朝食の後、湖畔を少しばかり散策、
湖面には氷が張っているものの、素晴らしい逆さ富士が見られる。

d0037233_09094896.jpg
d0037233_09100001.jpg
d0037233_09101306.jpg
d0037233_09102094.jpg
休暇村近くの富士花鳥園に出かける。
初めてのところである。

d0037233_09164073.jpg
d0037233_09165599.jpg
入口を入ると受付があり、ちょこんとフクロウが迎えてくれる。
置き物ではなく本物のフクロウさんたちである。


d0037233_09171445.jpg
園内に入ると、そこは別世界。
ベゴニアの鉢が一面に広がり、
天井からはつるが垂れ下がっている。
紫陽花の花も見られる。

d0037233_09172733.jpg
d0037233_09173870.jpg
d0037233_09175720.jpg
d0037233_09181849.jpg
d0037233_09184178.jpg

色々な種類のフクシアが色鮮やかな花を咲かせている。

d0037233_09185805.jpg
d0037233_09190918.jpg
d0037233_09191960.jpg
d0037233_09194268.jpg
イベントとして「バードショー」があり、見物する。
フクロウが係員の持つ餌を目指して飛び回る。
見物人の頭すれすれを飛んだり、迫力あり。

d0037233_09305403.jpg
d0037233_09310935.jpg
d0037233_09313002.jpg
フクロウやいろいろな野鳥が見られる。
屋外には鴨に混ざって、コハクチョウやコクチョウも。

d0037233_09314230.jpg
d0037233_09315137.jpg
d0037233_09320109.jpg
d0037233_09321152.jpg
d0037233_09322262.jpg
d0037233_09323129.jpg
ゆっくり温泉に浸かり、すっかり富士山に魅せられた旅であった。
3日目は残念ながら朝から雨降り、
折角の富士山も姿を見せず。







by toshi-watanabe | 2015-01-19 09:37 | 旅行 | Comments(0)
d0037233_10434367.jpg
今年最初の読書ノートである。
山本兼一の著書「信長死すべし」を読み終える。
昨年末に文庫本として初めて角川書店から発行されたが、
すでに2012年6月に単行本として出されている。

直木賞受賞作品「利休にたずねよ」と同じ書き方だが、
本能寺の変までの天正10年のわずか3か月間を
それぞれの登場人物の視線から物語が時系列で進行する。

第1章は「九重の内」と題し、正親町帝の視線で語られる。
織田信長を天下人にしてはならぬと、近衛前久に命じる。
第2章は「勅使来駕」と題し、明智光秀が登場。
さらに「神への階梯」で織田信長、「板挟み」で近衛前久と続く。
第6章は「もう一人の勅使」と題し、再び明智光秀。
光秀は、冷静に信長を見ており、信長の政(まつりごと)により
民が潤い豊かになり、国は活気に満ちてきており、
当時、国を富ませる発想を有しているのは、ただ信長だけであると、
その才覚に光秀は率直に感嘆するものの、信長は帝をないがしろにして、
内裏を排して、己をその上に立ち、神となって国に君臨しようとしていると、
光秀は冷静に考えている。

「祝賀の宴」では安土城での徳川家康が登場。
「狂おしき神」では織田信長。
家康への馳走にと信長は鷹匠の小林家鷹を伴い狩りへ出かける。
鷭(ばん)の群を狙うものの、鷹匠の不手際により、
大事な大鷹の風神が鷭の群の逆襲にあい首の骨を折り、命を落とす。
首を折られて死んだ風神を見つめながら、信長は、
世の中には我が意のままにならぬことがあるのだと感じないわけにはいかず、
弱い者でも、命がけになれば、群をなして強者を倒すーー
将として、常に我を戒めねばならぬ教訓であった。

信長が本能寺で自刃し、一時的に天下人となった形の光秀が
無残な死にいたるところでこの作品は終わる。
わずか3カ月に満たない期間の物語だが、長編作品である。

この文庫本には伊東潤さんが後書き(解説)を書かれている。
伊東さんは山本兼一ファンであり、山本兼一を師匠と仰いでいる。
この作品は「利休をたずねよ」を軽々と超えて見せたと、
大いに評価されている。
さらに、山本兼一の唱える本能寺の変の真相は、
「朝廷黒幕説」だとし、正親町天皇は信長の新国家構想を容認できず、
信長暗殺指令を出したのだろうと書かれている。

初めの部分、読みづらいところもあるが、
読み進むうちに、物語に引き込まれてしまう。
さすがは山本兼一の筆力だと思う。




by toshi-watanabe | 2015-01-18 10:47 | 読書ノート | Comments(0)

今年もよろしく


新年に入り、だいぶ日数が経ちましたが、
改めて、明けましておめでとうございます。
本年もお付合いのほどよろしくお願いします。

昨年暮れから正月にかけて、すっかり風邪をひいてしまいました。
薬を何種類も飲み、酒も控え、サークル活動も参加せず、
家でぼんやりと過ごしておりました。
やっと風邪も治った感じで、酒も美味しくなりました。
昨日からサークル活動も再開。

ところで暮れには喪中のはがきをずいぶん頂きました。
なかには、お通夜に参列させていただいたのに、
喪中のはがきが届かずというケースも。
年々なじみの顔が消えて行くのもさびしい限りです。
今日は24枚ほど寒中見舞いを出す予定です。

年賀状もたくさん頂きました。
80歳を迎えたので、今回限りで年賀状を失礼するとの
添え書きのついた年賀状を頂い方もお二人。
年に一度の年賀状、近況を知ったり、
御元気で過ごされているのを確認できたりと、
有難い便りと思いますが、もう年賀状が届かないのは残念な気もします。

年賀はがきの左側上部に52円とあるべきところに50円とあるのが、
1枚ありました。
よく見ると、1年前の年賀はがきではありませんか。
差出人の方は、無意識のうちに使用してしまったのでしょうが、
郵便局では全く引っ掛かることなく配達されたわけです。
まさか本人に確かめるわけにも行かず。

素敵だなと思ったデザインの年賀状を紹介させていただきます。
これらの年賀状をいただいた皆さん、ご了解のほど
この場を借りてお願いします。


d0037233_10011226.jpg
d0037233_10022247.jpg
d0037233_10030594.jpg
d0037233_10035163.jpg

d0037233_10043653.jpg
d0037233_10195157.jpg
d0037233_10204289.jpg
d0037233_10210798.jpg

d0037233_10212986.jpg
d0037233_10214876.jpg
d0037233_10221036.jpg


by toshi-watanabe | 2015-01-11 10:25 | 季節 | Comments(6)