折々の記

tnabe.exblog.jp

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする

ブログトップ

<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0037233_14105580.jpg


葉室麟さんの著書「霖雨」を読み終える。
この作品は2年半前に発表されているが、
つい最近、PHP文芸文庫として出された。

作品名の霖雨とは、幾日も降り続く雨のこと。
文庫本の帯には、こう書かれている。
「凛として生きる・・・たとえ雨が降り続こうとも」。
天領の豊後(ぶんご)日田で、咸宜園(かんぎえん)を
主宰する広瀬淡窓と、実家博多屋の家業を継いだ
弟・久兵衛が主人公。
画期的な教育方針を打ち出す淡窓、
商人としてひたむきに生きる久兵衛には
お上の執拗な嫌がらせが続く。
大塩平八郎(中斉)の乱が起きるなど、時代の大きなうねりの中で、
権力の横暴に耐え、清冽な生き方を貫こうとする広瀬兄弟。
諦めず、凛として生きることの大切さを切々と訴える。

目次を列記すると、
 底霧
 雨、䔥々(しょうしょう)
 銀の雨
 小夜時雨(さよしぐれ)
 春驟雨(はるしゅうう)
 降りしきる
 朝霧
 恵み雨
 雨、上がる
 天が泣く

時代は江戸時代の終わり、天保4年(1833)
春浅い九州は豊後の国、日田の里で、
朝霧の中、広瀬淡窓が目覚めるところから物語は始まる。
淡窓が主宰する私塾・咸宜園に男女二人の
入門希望者が訪れる。
広島からやって来た臼井佳一郎と千世の姉弟だというが、
腑に落ちないところもある。
この二人が物語の進展に絡んでくる。

書名の「霖雨」という言葉は本書で2度出てくる。
一つをそのまま紹介すると、

しみじみと心中を述べる淡窓に目を向け、
久兵衛はおもむろに口を開いた。
「お教え、肝に銘じます」
「そなたを諭しておるのではない。
 自らに言い聞かせているのだ。
 たとえ霖雨の中にあろうとも進むべき道を
 誤ってはなるまいとな」
「われらは、これより後も雨中を進まねば
 ならぬのでございましょうか」
「それが慈雨となる道であろうが、さて・・・」

本書の巻末に著者・葉室麟さんと現大分県知事の
広瀬勝貞さんとの対談が載っている。
広瀬知事は名物知事だった平松守彦さんの後継者、
現在3期目、そして広瀬久兵衛の子孫である。
広瀬家の家訓などが残されているとのこと。
大変興味深い話題が語られている。

因みに、「咸宜園」は文化2年(1805)日田の地で、
淡窓により創設され、明治30年まで存続した。
身分を問わず入門が許され、全寮制、
高野長英、大村益次郎など多くの人材が巣立って行った。
現在は当時の建物はないが、
史跡として、国の指定を受け一般公開されている。

感動的な幕切れは読み手を引き付け、
素晴らしい作品となっている。

by toshi-watanabe | 2014-11-28 14:13 | 読書ノート | Comments(0)

駒込六義園を訪れる


好天に恵まれた11月22日、高校の定例クラス会が
午後4時半から高田馬場「弁慶」にて開催。
昼には家を出、クラス会開始までの時間を利用して
駒込の六義園を訪れる。

d0037233_8362131.jpg

d0037233_915124.jpg
d0037233_8531418.jpg


六義園は徳川五代将軍綱吉の信任が厚かった
川越藩主・柳沢吉保(のちに側用人に)が
元禄15年(1702)に築園し、
和歌の趣味を基調とする回遊式築山泉水の
大名庭園である。

シーズン中のみ入園できる駒込駅近くの
染井門より入る。
入園料は300円、シニア料金は半額の150円。

つつじ茶屋、吹上茶屋、滝見茶屋と巡り、
出汐湊と呼ばれる広場に出る。
大泉水に面しており、右手に中の島、
左手に蓬莱島も望める。
和歌の浦をモデルにしているという。

モミジの紅葉は色づき始めたところ。
ハゼの葉はすっかり朱色に。

d0037233_8494116.jpg
d0037233_8503722.jpg
d0037233_850542.jpg
d0037233_851221.jpg
d0037233_8514093.jpg


ススキから池を望む。

d0037233_856854.jpg


園内一高い藤代峠に登る。
標高は35メートル、富士見山とも呼ばれる。
大泉水が一望にできる。

d0037233_931897.jpg

d0037233_933720.jpg


峠を降りたところにワルナスビの花が見られる。
白色の可愛らしい花をつけているが、
外来種で帰化した植物、ほかの植物に悪影響をもたらすため、
あまり歓迎されていない。

d0037233_973357.jpg


しばらく歩いていると、紫式部の紫色の実、
そして百合が一輪目につく。

d0037233_991949.jpg
d0037233_99547.jpg
d0037233_9102765.jpg


紅葉シーズンで、小春日和の週末とあって、
沢山の人たちが訪れている。
車椅子を連ねた一行もある。

d0037233_912464.jpg
d0037233_9131097.jpg
d0037233_9134325.jpg


d0037233_916657.jpg
d0037233_9162359.jpg
d0037233_9164018.jpg



南庭大門の近くでは、女性が大道芸を見せている。

d0037233_9175923.jpg


写真を撮りながら、ゆっくりと2時間ばかり、
園内の散策を楽しむ。
染井門に戻ると、入園を待つ人たちの長蛇の列。

序でに染井霊園のあたりまで久しぶりに歩いてみる。
結局1万2千歩ほど歩いたことに。
さすがに疲れを感じる。
そのまま高校クラス会の会場へ向かう。

参加者は男性6名に女性10名、
4時半から3時間半、昔話に花を咲かせ、
盛大なクラス会となる。

帰宅して暫くすると、北長野に大きな地震発生。
by toshi-watanabe | 2014-11-24 09:22 | 季節 | Comments(0)
d0037233_940778.jpg



安倍龍太郎の最新作「冬を待つ城」を読み終える。
2013年4月号から2014年6月号まで
「小説新潮」に連載された小説が
今回ハードカバーとなって出版される。

秀吉の小田原攻め(小田原征伐)の翌年、
天正19年(1591)奥州の地で起こった
「九戸政実の乱」がこの小説のテーマである。
奥州北端の地で勢力を拡大している南部仕置きのために、
秀吉は大軍を奥州に送り込むことに。
ところが南部氏一族の有力者、九戸政実が豊臣政権に反旗を翻す。
すでに高橋克彦がこの事件をテーマに
「天を衝く 秀吉に喧嘩を売った男・九戸政実」を書いている。

この奥州征伐、実は石田三成の進言によるものとされ、
秀吉の命により大量の軍隊を朝鮮半島へ派遣するにあたり、
三成は厳寒の敵地に攻め込むには、
寒さに慣れた足軽や人足を徴用しなければ軍㔟は維持できないと考え、
秀吉に進言し、十五万の軍㔟を奥州に侵攻させて
人を駆り集めようとした。
また冬場の合戦の課題や問題点を探るため、
出陣を長期化させて全軍に奥州の冬を経験させるつもりだった。

先陣を切って蒲生氏郷率いる六万の軍勢が九戸政実を主とする
およそ三千ばかりの城兵が陣取る九戸城を取り囲む。
政実は罠を仕掛けて、厳寒の冬を待つ。
冬を待つ城である。
結局氏郷は和議を結び、三成が心血を注いで
築き上げた計略は水の泡と化してしまう。

「冬を待つ城」はここへ至る物語である。
政実は九戸家の長男で、次男の九戸実親、三男の中野康実、
そして四男の久慈政則と四人兄弟だが、
この小説の主人公は政実ではなく、末っ子の政則である。
物語も久慈政則を中心に進展する。
読み始めてみると登場人物が数多く、混乱してしまいそうなので、
登場人物を拾い上げ、系図を作成する。
是で混乱を防ぐことが出来、読み進める。

史実に基づいた長編小説だが、
筆者の筆力で、ぐいぐい物語に引き込まれてしまう。
骨太の素晴らしい作品である。
by toshi-watanabe | 2014-11-19 09:40 | 読書ノート | Comments(0)
d0037233_96477.jpg



内田康夫の浅見光彦シリーズの一作、
「砂冥宮(すなめいきゅう)」を読み終える。
最近、幻冬舎文庫の一冊として出版されたものだが、
すでに2011年に発表されており、新しい作品ではない。
フジテレビの2時間ドラマとして、
2012年4月に放映されているので、
テレビをご覧になられた方もおられるのでは。

著者によれば、泉鏡花の小説「草迷宮」という題名と
その出だしを頭に描きながらこの小説の題名を決められた。
鏡花は「草迷宮」の出だしでこう書かれている。
「三浦の大崩壊(おおくずれ)を、魔所だという。
 葉山一帯の海岸を屏風で劃(くぎ)った、桜山の裾(すそ)が、
 見も馴れぬ獣の如く、洋(わだつみ)へ躍込んだ、
 一方は長者園の浜で、逗子から森戸、葉山をかけて、
 夏向き海水浴の時分(ころ)、人死(ひとじに)のあるのは、
 この辺では此処が多い。」

三浦地方の大地主であり大網元の家だった
長屋門も堂々たる須賀家を浅見が訪ねるところから物語は始まる。
須賀は通常「すが」と濁って読むが、「すか」である。
因みに横須賀は「よこすか」と読む。
浅見は当家の須賀智文と面会する。
智文は77歳、当主を息子に譲り、悠々自適の生活を過ごしている。
ところが智文が石川県の安宅関で殺害され、
浅見は事件に巻き込まれることに。

しばらくして、小松市在住の大脇忠暉という、
これも77歳の男性が、富山県砺波市の庄川峡で殺害される事件が発生。

事件を探るうちに出てくるのが、「内灘闘争」。
1952年朝鮮戦争のため、米軍の砲弾試射場が必要ということで、
石川県内灘村の砂丘が有力候補地となる。
(この砂丘の砂を小説の題名に)
学生や労働組合員を中心にして反対運動を起こす。
これが「内灘闘争」と呼ばれている。
この闘争に加わったのが、当時まだ学生だった須賀と大脇。
内灘闘争に関しては、1963年に、日活映画「非行少女」が
公開されており、和泉雅子が主人公を演じている。
1968年には、五木寛之が小説「内灘夫人」を書いている。
1955年からは、立川基地の拡張に反対して砂川闘争が起こり、
その後長年にわたって闘争が続けられる。

1957年に米軍は内灘から撤収、
現在は内灘町となり、金沢のベッドタウンとして、
町は潤っている。

さて物語は終盤になって、殺害事件の謎が解ける。
それに例の如く、素敵な女性たちが登場する。
歴史と地理を織り交ぜた、楽しい推理小説である。
by toshi-watanabe | 2014-11-12 09:07 | 読書ノート | Comments(0)

「人形展」を見学

11月8日(土)と9日(日)の二日間、
あざみ野駅近くの青葉区山内地区センターにて
「センターまつり」が開催される。

普段このセンターを利用して活動している
各種サークルの発表の場である。
絵画、書道、短歌、俳句、絵手紙、写真、版画、
貼り絵の作品が所狭しと展示されている。
日舞、フラダンス、詩吟の発表会が行われ、
お茶席と模擬店も開設。
更にはチャリティ・バザーも開催される。

手工芸品展示の中で、
家内の参加している「人形の会」が
会員手作りの人形を出展している。
会の講師をされている松山先生の作品
「アンと雪の女王」をはじめ、
可愛らしい人形たちが愛嬌をふりまいている。
どの作品も素晴らしい手作り人形だと思う。


d0037233_9405717.jpg
d0037233_9411212.jpg



d0037233_9414075.jpg
d0037233_9414874.jpg



d0037233_9421752.jpg
d0037233_9423632.jpg



d0037233_943987.jpg
d0037233_9432174.jpg
d0037233_943336.jpg
d0037233_943408.jpg



d0037233_9435780.jpg
d0037233_944396.jpg
d0037233_9444321.jpg



d0037233_945313.jpg
d0037233_94516100.jpg
d0037233_9453278.jpg



d0037233_9455265.jpg
d0037233_94629100.jpg
d0037233_9463987.jpg




d0037233_947183.jpg
d0037233_947865.jpg
d0037233_9471597.jpg




d0037233_9473767.jpg
d0037233_9474418.jpg



見学に来ていただいた方、この場を借りてお礼申し上げます。
by toshi-watanabe | 2014-11-10 09:49 | 一般 | Comments(0)
d0037233_1403837.jpg



最近単行本として出版された、
山本兼一の「心中しぐれ吉原」を読み終える。
この作品は、2008年から2009年にかけて雑誌に連載されたもの。
今回、大幅に加筆訂正されてハードカバーで出された。

江戸時代の話だが、どちらかと言えば恋愛小説である。
主人公の文七と平十郎は幼なじみで赤坂の貧乏長屋で
一緒に育った。
それから時代は移り、二人とも蔵前の札差(ふださし)となり、
文七は大口屋、平十郎は坂倉屋、それぞれの主に。
札差の仕事の根っこは、幕府の旗本、御家人が受け取る
蔵米の受け取り代行にある。
浅草の大川沿いには、一番から八番までの船入堀が
櫛の歯のように並んでいて、そこに五十四棟の
巨大な米蔵が立ち並んでる。
蔵には四十万石から五十万石の米が常に貯えられている。
最初はその手間賃が商売だったが、元禄のころから
札差に金を借りる武家が出てきた。
次第にそっちが本業になって、途方もない利益を上げるように。

豊かで平穏に暮らしていた文七に悲劇が訪れる。
池之端仲町の茶屋で、文七最愛の内儀、みつが
役者の極楽屋夢之丞と相対死、無理心中する。
文七にはそれが信じられない、役者にそそのかされたか
あるいは誰かに殺害されたのではとの疑念が頭から離れない。

みつの四十九日を済ませ、文七は平十郎と吉原へ出かける。
亡きみつの事が気になりつつ、
文七は松葉屋の花魁、瀬川とすっかり恋仲になり、
三千両を用意して、瀬川を見受けする。
みつがどうして死んだのか真相が判明したら、
正式の妻にすると、文七は瀬川に約束。

ところが好事魔多し、いいことばかりは続かない。
札差を番頭に譲り、新居で甘い生活を続ける二人のところに
盗賊が夜中に侵入、小判や金目のものを盗まれた上に、
文七は致命的な重傷を負い、さらに屋敷も焼かれてしまう始末。
無事だった瀬川も浅草観音へお参りの折に腹部を刺されたり。

そして、みつの死の真相が分かるのだが、
二人は小舟に乗って、物語は終わりを迎える。

人の情を見事に描き切った山本作品の一つである。
by toshi-watanabe | 2014-11-07 14:00 | 読書ノート | Comments(0)