過日、「ファインバーグ・コレクション展ーー
江戸絵画の奇跡」を見学する。
会場は大相撲でおなじみの両国国技館の
すぐ隣り、「江戸東京博物館」。
この博物館の開館20周年を記念する
特別展として開催されている。
既に5月21日から始まり、7月15日に終了する。
このあと地方にて開催予定。

d0037233_11171212.png


米国メリーランド州にある「ファインバーグ・コレクション」は、
米国屈指の日本美術コレクターであるファインバーグ夫妻が
一代で蒐集した、江戸絵画を中心とする日本美術コレクション。
狩野派や土佐派など官画派の保守的な作品が
ほとんど含まれず、江戸時代の民間画派の自由で
活気に満ちた肉筆画の作品が中心。

尾形光琳、酒井抱一らの琳派、
池大雅、与謝蕪村、谷文晁らの文人画、
円山応挙、呉春らの円山四条派、
伊藤若冲、曾我蕭白らの奇想派、
そして菱川師宣、葛飾北斎らの浮世絵と、
内容は実に多彩、質が高い作品、90件が
選び抜かれ、まさに百花繚乱の
江戸絵画の世界を繰り広げている。

会場に入ると、
ファインバーグ夫妻ご挨拶のボードが目に入る。
その中にこんな一文がある。

 「日本の皆様へ
  1970年代にニューヨークに住む二人の若いアメリカ人
  であった妻のベッツィーと私の目を開いてくれたものは、
  日本の江戸絵画でした。
  私たちには、わずかなお金しかなく、市内にある
  メトロポリタン美術館という、素晴らしい美術館は
  無料で入ることができました。
  この美術館で初めて日本美術に出合い、
  目が奪われ、心が震えるほど美しく、
  魅力的なまったく新しい世界を発見することができました。
  それから40年あまり、私たちは江戸絵画や屏風の
  研究と蒐集を通して、日本の歴史、文化、芸術に
  至るまで開眼させられました。
  今回、日本の皆様と私たちのコレクションの一部を
  分かち合うことができ、大変嬉しく思っています。
  皆様が自国の江戸時代の絵画を楽しまれ、
  私たちと同様に、喜びと感動を感じて
  頂けますと幸いです。
  (ロバート&ベッツィー・ファインバーグ)」

第1章は「日本美のふるさと 琳派」

「虎図」 (俵屋宗達)

d0037233_11404992.jpg


「十二ヶ月花鳥図」 (酒井抱一)
5月と7月

d0037233_11415648.jpg


「群鶴図屏風」 (鈴木其一)

d0037233_11434040.jpg


第2章は「中国文化へのあこがれ 文人画」

「孟嘉落帽・東坡載笠図屏風」 (池大雅)

d0037233_1151134.jpg

d0037233_1435921.jpg


与謝蕪村の先品に目を奪われる。
「寒林山水図屏風」二曲一隻

d0037233_1438156.jpg


蕪村の「竹斎訪隠図屏風」も素晴らしい。

「秋夜名月図} (谷文晁)

d0037233_11533887.jpg


谷文晁の「富士真景図」も素晴らしい。
また山本梅逸描く山水画「畳泉密竹図」がいい。

第3章は「写生と装飾の融合 円山四条派」

「孔雀牡丹図」 (円山応挙)

d0037233_1157379.jpg


円山応挙の「鯉亀図風炉先屏風」が素晴らしい。
特に鯉が生きているよう。

「滝に松樹遊猿図」 (森狙仙)

d0037233_11574516.jpg


例外的に明治以降の作品が数点。
一点は竹内栖鳳の「死んだ鶴図」。

第4章は「大胆な発想と型破りな造形 奇想派」

「鯉図」 (葛蛇玉)

d0037233_13564247.jpg


「松図」 (伊藤若冲)

d0037233_13572042.jpg


若冲の作品、「菊図」三幅も展示されているが、
二幅はコレクションからの出品で、一幅は日本国内の個人所有物、
今回特別に出品される。

「宇治川合戦屏風図」 (曽我蕭白)

d0037233_1422338.jpg


長沢蘆雪の「拾得・一笑・布袋図」三幅は微笑ましく、
楽しく、素晴らしい傑作である。

第5章は「都市生活の美化 理想化 浮世絵」

「松風村雨図」 (磯田湖龍斎)

d0037233_14565.jpg
d0037233_1451741.jpg
d0037233_145263.jpg


「遊女と蛍図」 (鳥文斎栄之)

d0037233_146541.jpg


20代のころの酒井抱一描く浮世絵も一幅、出品されている。

「源頼政の鵺退治図」 (葛飾北斎)

d0037233_147296.jpg


江戸時代の絵画をゆっくり見学できる。
米国のコレクションが、こうして里帰りし、
一般公開されるのは、実に有難い事。
ファインバーグご夫妻に感謝したい。
by toshi-watanabe | 2013-06-29 14:20 | 一般 | Comments(6)

仲間と鎌倉で撮影会

今月20日、時折雨の降る鎌倉へ出かける。
パソコン勉強会の仲間7人で、紫陽花の撮影会。
セミプロ級のMさんの指導で、
今を盛りと咲き誇る紫陽花をカメラに収める。
皆さんは一眼レフを持参されている。

10時に「鎌倉駅」改札口で落ち合い、
江ノ電に乗り込み、「長谷駅」で下車する。

コースは「長谷寺」から「光則寺」、「御霊神社」
そして「成就院」を回る予定。

d0037233_8505256.jpg


鎌倉長谷寺、正式には海光山慈照院長谷寺という。
観音山のすそ野に境内は広がり、
お堂ぬ裏側の傾斜面に眺望散策路があり、
その周辺に、40種類、2500株の紫陽花が植えられている。
散策路からは由比ガ浜が望める。

ご本尊の十一面観音立像をお参りする。
像高9メートルを超える最大級の木彫仏である。
奈良長谷寺の十一面観音立像と同形の
「長谷寺式」で、右手に錫杖を携えている。

イワタバコが今頃咲いているはずだが、
今年は既に咲き終えて、花がらと青々とした葉だけに。

モリアオガエルの卵がお堂の前の池で見られる。

紫陽花の花々。

d0037233_90331.jpg
d0037233_902328.jpg
d0037233_903549.jpg


d0037233_905065.jpg
d0037233_905796.jpg
d0037233_91446.jpg


d0037233_911685.jpg
d0037233_912274.jpg
d0037233_91287.jpg


d0037233_915570.jpg
d0037233_92591.jpg
d0037233_921768.jpg


d0037233_924346.jpg
d0037233_925186.jpg


散策路を降りて、お堂の前に来ると、
行列ができている。
なんと、散策路への入場制限が始まり、
整理券を係の人が渡しているではないか。
雨降りの平日にもかかわらず、大勢の方が紫陽花を
見に来られている。
宣伝効果も大きいのだろう。

さて昼時、長谷観音の参道にある、「染太郎」に入る。
ここは「浅草染太郎」の支店で、
もんじゃ焼き、お好み焼きの店、
若い女性にも人気があるようだ。
丁度旬のシラスおろしをつまみに、
生ビールでのどを潤す。
お好み焼きと焼きそばで腹ごしらえ。

午後は、光則寺へ。
この寺院は、「花の寺」として知られている。
四季折々の山野草が見られる。
日本全国の原産地から取り寄せた、
珍しい紫陽花を鉢植えにして、育てている。

d0037233_9142032.jpg


鉢植えの紫陽花。

d0037233_915166.jpg
d0037233_9151347.jpg
d0037233_9152295.jpg


d0037233_9154352.jpg
d0037233_9155142.jpg
d0037233_9155965.jpg


d0037233_9161442.jpg
d0037233_9162473.jpg


光則寺の境内には、半夏生が見事に群生している。

d0037233_9163352.jpg


次いで、「御霊神社」へ。
此処でも色とりどりの紫陽花が見られる。

d0037233_9193182.jpg
d0037233_919405.jpg


御霊神社を出たところが、江ノ電の踏切。
通り抜ける江ノ電の車両を撮るが、
動きのある物を写すのは難しい。

d0037233_921489.jpg


最後に訪れたのが「成就院」。
紫陽花が両側に咲く坂道からの由比ガ浜の眺めが名高い。

d0037233_924283.jpg


雨もだんだん激しく降り始め、
撮影会はひとまず終了する。
鎌倉小町通に出て、コーヒーショップに立ち寄る。
by toshi-watanabe | 2013-06-23 09:25 | 草花 | Comments(2)

K君の逝去を悼む

6月12日夜、病気療養中のK君が
入院先で息を引き取る。
享年、確か68歳。
翌日、知らせのメールが届く。

現役時代、勤務先では同じ部門で働いていた
同僚の一人。
私の入社より3年ほど後に、高卒で入社、
年齢的には8歳ほど下になる。
当時、一日の仕事を終えると、
我々は事務所の近くの雀荘に出かけ、
麻雀に熱中していたが、
未だ麻雀を知らないK君はうしろから見学。
そのうちに仲間に加わるように。

数年後、私自身は海外出向。
長年の海外生活を終え、
18年ぶりに元の古巣へ帰任すると、
業務関連一筋のK君はすっかり大黒柱に成長、
頼もしい存在となっていた。

部門内だけでなく、他部門との交流も十分に果たし、
誰からも好かれているのが見て取れる。
嫌な顔一つせず、頼まれた仕事をこなしていた。

18日夜、世田谷の九品仏浄真寺にてお通夜が営まれる。
浄土宗の寺院である。
この寺には、三仏堂があり、
九体の阿弥陀如来像が安置されている。
4年ほど前に「仏像を学ぶ会」で訪れている。

K君のお宅は檀家になっていたのだろうか。
父親が亡くなってから、兄と二人暮らし、
二人とも独身、数年前に兄上が他界したと聞く。
直接の家族は誰もおらず、親戚の方が
喪主を務められ、さびしい葬儀となるが、
勤務先の上司先輩OBはじめ、多くの現役組が、
弔意のため駆けつけてこられ、
立派な葬儀となる。

僧侶がお経を唱える中、祭壇に頭を垂れ焼香する。
K君の遺影は、ちょっと横向きの笑顔で、
煙草を美味しそうにふかしている写真で、
元気なころの姿を彷彿させる。

K君、安らかに眠られますよう、
心よりご冥福をお祈りします。

            合掌


K君と同期のB君が翌日、告別式に参列。
B君のブログをそのまま掲げたい。

「陽はまた昇る」

お天道様はまた昨日と同じ様に朝に出、夕に沈んだ。
当り前のことだが何が有ろうともまた陽は昇る。

昔、単身赴任する前は毎日電車に揺られ
片道2時間10分を掛け都心へ通勤をしていた。
昨日、今年3回目の電車にモバイルSUICAで乗り、
東京の外れまで行き、同期入社の同僚の
告別式に参列して来た。

まだまだ若いのに至極残念、2年ほど前に
法事で我が家に呼び、元気に飲み食いしたのに
また1年程前には電話で現況
を確かめあったのに非常に残念である。

喪主の挨拶で「本人は悔いのない
人生だったと申しておりました」との事
果たして私はそう言う崇高な言葉が出るだろうか?
帰りは自問自答しながら家の近くに
停留所のある高速バスで帰って来た。

せめて、もう10年は元気に健康で生きたい、
106歳のお袋より先には逝けないだろう。
by toshi-watanabe | 2013-06-22 11:07 | 一般 | Comments(0)

箱根湿生花園の花々

小学校同期会で熱海温泉に一泊した翌日、
朝食後解散となったので、
箱根湿生花園」に出かけてみる。
此処も何度目になるだろうか。
小田原駅前から仙石方面にバスが出ている。

曇り空で、にわか雨が心配だったが、
降られずに済む。
蒸し暑さもなく、快適に広い園内を散策する。
夏の草花はこれからのようだ。

黄実莢蒾(キミノガマズミ)。
ガマズミは通常、赤く実が熟すが、
突然変異で黄色く熟すところから、
キミノガマズミと呼ばれる。

d0037233_9195432.jpg


泡盛升麻(アワモリショウマ)。
白い小さな5弁花が泡を盛るように咲く。

d0037233_9213413.jpg


エーデルワイス。
スイス・オーストリアの国花。

d0037233_9221078.jpg


深山嫁菜(ミヤマヨメナ)。
春から夏にかけて咲く野菊の一種。

d0037233_9225075.jpg


一人静(ヒトリシズカ)。

d0037233_923199.jpg


草橘(クサタチバナ)。

d0037233_9243073.jpg


下野(シモツケ)。
木下野(キシモツケ)とも呼ばれる。
下野草(シモツケソウ)とは別の植物である。

d0037233_9254298.jpg


九輪草(クリンソウ)。
花茎を中心に花が筒状につき、
数段に重なる形が寺院仏閣の塔の九輪に
似ているところから、九輪草と呼ばれる。

d0037233_9302644.jpg


鬼下野(オニシモツケ)。
下野草(シモツケソウ)である。

d0037233_9314815.jpg


丁字草(チョウジソウ)。
横から見ると、丁の字に見えるところから。

d0037233_933116.jpg


河骨(コウホネ)。

d0037233_9333571.jpg


桧扇菖蒲(ヒオオギアヤメ)。

d0037233_940420.jpg


日光黄萓(ニッコウキスゲ)。
禅庭花(ゼンテイカ)ともいう。

d0037233_9424358.jpg


伊吹虎の尾(イブキトラノオ)。
花穂が虎の尾に似ている。

d0037233_9433182.jpg


白山大戟(ハクサンタイゲキ)。
深山漆(ミヤマノウルシ)ともいう。

d0037233_9451489.jpg


姫小百合(ヒメサユリ)。
乙女百合(オトメユリ)とも呼ばれる。

d0037233_9465575.jpg


深山金鳳花(ミヤマキンポウゲ)。

d0037233_94730100.jpg


ムラサキメンヅル。

d0037233_948418.jpg


朝霧草(アサギリソウ)。
白い毛をまとったような葉が
煙る朝霧を思わせる。

d0037233_949232.jpg


早池峰薄雪草(ハヤチネウスユキソウ)。

d0037233_9501195.jpg


駒草(コマクサ)。
「高山植物の女王」と言われている。
花の形が駒(馬)に似ている。
学名の一部にMakinoとつけられているが、
植物学者の牧野富太郎からとっている。

d0037233_9522852.jpg


利尻雛罌粟(リシリヒナゲシ)。
北海道最北の利尻島、利尻岳(利尻富士)の
山頂付近、岩礫地に自生している。

d0037233_9543227.jpg


蝦夷瑠璃草(エゾルリソウ)。
北海道に自生。

d0037233_955198.jpg


深山曙草(ミヤマアケボノソウ)。

d0037233_9561437.jpg


金鈴花(キンレイカ)。
白山女郎花(ハクサンオミナエシ)の変種。

d0037233_9581121.jpg


蝦夷薄雪草(エゾウスユキソウ)。
礼文薄雪草(レブンウスユキソウ)とも呼ばれ、
北海道礼文島などで自生している。
エーデルワイスは同じ仲間。

d0037233_1001626.jpg


朱鷺草(トキソウ)。

d0037233_101018.jpg


野花菖蒲(ノハナショウブ)。

d0037233_1013936.jpg


未草(ヒツジグサ)。
未の刻(午後2時)頃に花を開くところから
名付けられたと言われるが、
実際は朝から夕方まで咲いている。

d0037233_104132.jpg


樊噲草(ハンカイソウ)。

d0037233_1043022.jpg


蝦夷麒麟草(エゾノキリンソウ)。

d0037233_1052488.jpg


入園料、シニア割引で600円。
平日でも女性を中心に大勢見えられている。
園の先には仙石原が広がる。
by toshi-watanabe | 2013-06-13 10:12 | 草花 | Comments(0)

熱海で小学校の同期会

先月の中学同期会に続き、
今週日曜日から月曜日にかけて
小学校の同期会に参加する。
例年恒例となっているが、
会場は熱海温泉のK荘である。
宿に泊まってゆっくりできる企画となっている。

3時に現地集合なので、
途中、小田原で下車、「小田原城址公園」に立ち寄る。
もう何度目になるだろう。
丁度花菖蒲と紫陽花が見ごろを迎えている。

菖蒲園を囲むように紫陽花が咲き誇っている。

d0037233_942249.jpg
d0037233_9423596.jpg


休日とは言え、大勢見学者が来られ、花を楽しんでいる。
イベントも行われている。

花菖蒲の花々。

d0037233_9434862.jpg
d0037233_9435521.jpg



d0037233_944980.jpg
d0037233_9441792.jpg
d0037233_9442489.jpg
d0037233_9443034.jpg


d0037233_9444322.jpg
d0037233_9444946.jpg
d0037233_9445689.jpg
d0037233_945263.jpg



d0037233_9452160.jpg
d0037233_9452758.jpg
d0037233_9453427.jpg
d0037233_9454330.jpg
d0037233_946367.jpg



紫陽花。

d0037233_9462952.jpg
d0037233_9463798.jpg
d0037233_9464517.jpg
d0037233_9465549.jpg


d0037233_947986.jpg
d0037233_9471726.jpg
d0037233_9472756.jpg
d0037233_9473560.jpg



d0037233_9475582.jpg
d0037233_948480.jpg
d0037233_9481250.jpg


白花の蛍袋が群生している。

d0037233_9485422.jpg


宿に着くと、ほとんどの仲間がすでに見えている。
恩師のT先生を含め、18名の参加である。
2クラス80人ぐらいの同期生だから、まあまあの参加者数だろう。

女学校を卒業したばかりで、学童疎開の児童を引率された、
T先生、80代半ばを過ぎておられるのに、
毎回元気なお姿を見せてくれるのは、
実に有難い事。

温泉で疲れをとり、
参加者全員で記念撮影後、
夕方6時からは大宴会となる。
宴会が終わると、カラオケルームに移動し、
さらに部屋に集まり、話はいつ果てるともなく続く。

今年から来年にかけて喜寿を迎える。
来年はまた賑やかな集まりとなるだろう。

翌日は、みなと別れ、「箱根湿生花園」に向かう。
by toshi-watanabe | 2013-06-12 09:56 | 旅行 | Comments(2)

群馬倉渕の山里も、今年は早々と梅雨入りしたものの、
雨はさっぱり降らず、地面はすっかり乾ききっている。
それでも季節の変化に敏感にj反応し、
木々は新しい枝を伸ばし、草花も目を楽しませてくれる。

深山苧環の花はすでに終わり、
黄花の山苧環がひっそりと咲いている。

d0037233_15115230.jpg
d0037233_1512046.jpg


白花紫蘭と紫蘭が今を盛りと。

d0037233_15124272.jpg
d0037233_15125011.jpg


深山金鳳花の可憐な花。

d0037233_15133363.jpg


独特の形をした蝮草(マムシグサ)。

d0037233_15135373.jpg
d0037233_15135995.jpg


靫草(ウツボグサ)。

d0037233_15145449.jpg


鳥足升麻(トリアシショウ)と鋸草(ノコギリソウ)(羽衣草とも呼ばれる)。

d0037233_15173594.jpg
d0037233_15174383.jpg


これもひっそりと咲く二人静。

d0037233_15181625.jpg


都忘れがまだ咲き続けている。

d0037233_1519385.jpg


八重咲蕺(ヤエザキドクダ)jと五色蕺(ゴシキドクダミ)(カメレオンとも呼ぶ)が群生。

d0037233_1520774.jpg
d0037233_15201335.jpg
d0037233_1520193.jpg


ジャーマンアイリス、すでに花の時期を終えているが、
一輪だけが咲き残って。

d0037233_1522364.jpg


香りを辺り一面に立ち込めている忍冬(スイカズラ)。

d0037233_1523227.jpg


昼顔と露草。

d0037233_1522536.jpg
d0037233_1523124.jpg


咲き終えた翁草の果実。

d0037233_15233592.jpg


ヤマアジサイの蕾。

d0037233_15241361.jpg


半鐘蔓(ハンショウヅル)。

d0037233_1525031.jpg
d0037233_152582.jpg


エゴノキの白い花は綺麗だ。

d0037233_15273534.jpg


素心蝋梅(ソシンロウバイ)の実が鈴なりに。

d0037233_15283548.jpg


夕方、散水すると、植物も生き返ったように、
元気を取り戻してくれる。
こちらも何となくほっとさせられる。
by toshi-watanabe | 2013-06-07 15:29 | 草花 | Comments(4)