折々の記

tnabe.exblog.jp

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする

ブログトップ

<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年もキルト展へ

東京ドームで開催の東京国際キルトフェスティバル、
「布と針と糸の祭典 2013」を見学に訪れる。

d0037233_13542516.jpg

昼前11時ごろ入場するが、
すでに大勢の見学者で場内は混雑している。

ドームのグラウンドが会場となっている。
アリーナステージでは、会期中毎日、
トークショーが行われ、丁度水前寺清子が登場。
水前寺自身も作品を「わたしの”手仕事”スタイル」の
コーナーに出展している。

メインの会場は日本キルト大賞受賞作品の
展示を中心に、プロのキルト作家の新作を挟んで、
一般応募から入選した作品を、
創作キルト部門、トラディショナルキルト部門、
和のキルト部門、額絵キルト部門、バッグ部門、
ジュニア部門と部門ごとに展示されている。
特別企画として「ふたりの婦人の物語」、
ターシャ・テューダーとルーシー・ボストンの特別展示。
また「わたしの布あそび」と特別企画
「野良着2000つぎ」のコーナーがある。

さらに外側にはNHK主催の「パートナーシップキルト」
の作品がずらっと並んでいる。
一般の方から11,500枚を超えるブロックが寄せられ、
89枚のキルトにまとめられている。
染・織工房、古布などの店がまたずらりと並んでいる。

今回の「キルト大賞」コンテストへの応募昨j品は
総数1,520点に上る。 
海外からの応募は35点。
写真による第一次審査でパスしたのが599点、
さらに実物による第二次審査により、
最終的には384点が入選し、出展されている。


d0037233_13583071.jpg

「日本キルト大賞」受賞作品、
「シャイニング・ツリー(Shininng tree)」
森田圭子(富山県)さんの作品である。
丸裸だった広葉樹が春になり、次第に若葉を身に着け、
大空に向かって逞しく生きる姿に、深い感動を見せて
くれる木を、心で感じ取った色彩で描かれている。

(審査評): 木を下から見た構図に迫力があり、
とても力強さを感じる作品。
グレーの中枠で、ボーダーへとはみ出した枝が、
キルトの境界を越えて真っ直ぐに伸びてゆく、
植物の静かな生命力を感じる。
葉を揺らす風、枝の重なりからこぼれ落ちる
光さえ見えるように見えるのは、
作者の細部にいたるまで計算しつくされた賜物でしょう。
ミシンテクニックも素晴らしく、木にかかる光の変化も
ミシンステッチで色を変えるなど、繊細な表現も素晴らしい。
これだけの大きさにもかかわらず、
作品に歪みもなく凛とした姿勢も気持ちのよい仕上がり。


d0037233_14469.jpg

「準日本キルト大賞」受賞作品、「赤がすき!!(I Love Red!)」
藤田よし子(大阪府)さんの作品。
作り続けられる幸せを感じながら、1年に1枚のキルト製作と
コンテストへの挑戦を楽しみにされている。
今回のテーマは好きな「赤」。
「赤」って目が疲れるし、大きい作品の
キルティングは大変! 
それでも元気と幸せを運んでくれる赤が好き!!
と書かれている。

(審査評): 幾何学的に配された中央部分と、
曲線的でリズミカルにめぐる草木ボーダーが
目に心地よい作品。
誰もが見て美しいと感動する作品。
三色ですっきりした印象の中に、
作者のメッセージが含まれている。
ピースをアップリケするのを忘れているように
見える部分がある。
神様に敬意を表す意味で、
どこか一箇所に欠けた場所を作るという
言い伝えがあるが、これだけ綺麗に
計算された作品に、その部分を見つけて
少しホッとした。


d0037233_14101480.jpg

「ハンドメーキング賞」受賞作品、「花の歌・風の色
(Flowere`s song, Wind`s color)」
古池裕子(神奈川県)さんの作品。
白い色で表現することが多いブティですが、
カメオ細工のように空間に色を加えて、
細やかさが際立つように工夫された。
繊細なのに情熱を秘めている・・・・
そんなブティに魅せられて、十数年作り続けておられる。

(審査評): ブティの作品で、ほのかなグリーンの色に
白く浮き上がるデザインが素晴らしく、
バランスが取れている。
細かい縫い目に、丁寧にひとつずつ詰めていく作業は、
膨大な時間がかかった事と思う。
詰め方の分量で、作品に歪みが出てしまうことがあるが、
そのような事もなく綺麗な仕上がり。


d0037233_14173597.jpg

「フレンドシップ賞」受賞作品、「Heart of Mine」
南久美子《福岡県)さんの作品。
不安な事や暗い話が多い今、思わず笑が出るような
楽しいキルトを作ろうと思われた。
音楽は万国共通、誰もが楽しげな音を感じられるようにと、
心を込め、最後まで楽しいキルト作りになったと書かれている。

(審査評): 楽しそうな奏者たちを見ていると、頬が自然に
ゆるんでくるのがわかる。
聞こえてくる音楽は、見る人にゆだねられるが、
音量はボーダーの細かなピースワークで表現
されているように思える。
また、ボーダーのパターン(ダスティーミラー)が、
中央のデザインとマッチし、変形させた事で
作品に動きが出ている。
このパターンを選ばれた事が素晴らしいと思う。


d0037233_14492589.jpg

「トラディショナルキルト部門」、1位入賞作品。
「庭仕事の愉しみ」で、作者は丹羽純子(愛知県)さん。


d0037233_14511929.jpg

2位入賞作品、「素敵な15才 - sweet fifteen」
作者は浜場美由岐(兵庫県)さん、


d0037233_14532242.jpg

3位入賞作品、「初孫の誕生」。
作者は松村章子(長野県)さん。


d0037233_14543422.jpg

「創作キルト部門」一位入賞作品。
「丸にこだわる」、作者は大野恵子(千葉県)さん。
二枚の布をそれぞれランダムに丸く切り抜き、
重ね合わせた、楽しい模様が全体のデザインにも・・・。


d0037233_14593691.jpg

2位入賞作品、「Believe II」。
作者は野畠玲子(富山県)さん。
人は何をする時にでも、立ち止まってしまう時がある。
そんな時には、自分の中の自分を信じみよう。
勇気をもって進んでみよう。


d0037233_152593.jpg

3位入賞作品、「猫町2丁目1番地」。
作者は鈴木なを子(北海道)さん。
萩原朔太郎の「猫町」がヒント。
クスッと笑える猫町。


d0037233_157313.jpg

「和のキルト部門」1位入賞作品。
「HONO」、作者は加藤玉枝(愛知県)さん。
素地は藍染、絣、絹、ウール、麻といろいろ。
和モダンを意識して。


d0037233_1571568.jpg

2位入賞作品、「残りの春」。
作者は植松章子(山形県)さん。
山形と仙台をつなぐ関山峠、
おそい春、みどり一面の山肌にひっそり咲く山桜。


d0037233_15102075.jpg

3位入賞作品、「こい」。
作者は金森八代子(愛知県)さん。
公園の池で、元気に泳いでいるこい。


d0037233_1516634.jpg

「額絵キルト部門」1位入賞作品。
「土の鼓動」、作者は染野昌子(茨城県)さん。
陶器で名高い益子町で出会った素朴な柿渋染めの糸を
作品に生かした。
土の温かみと力強さをイメージし、
自然への思いを表現。


d0037233_1520497.jpg

2位入賞作品、「白樹林」。
作者は木村恵子(北海道)さん。
厳しい寒さの中、樹林の森の白のまぶしさ。
美しさは荘厳でさえ感じる。
色を使わず、明暗だけで表現。


d0037233_1522259.jpg

3位入賞作品、「朝市」。
作者は森澄子(高知県)さん。
夜明けが遅い、ドイツの冬。
フライブルクの朝市。
所々に縫いのある古い藍染めの布や着物生地の力を借り、
布絵を創り、アクシデントの多かった旅を思い出しながら、
キルティングを加えて仕上げた。


d0037233_15271162.jpg

「ジュニア部門」1位入賞作品。
「Ichigo`s graffiti」、作者は岡村一吾(神奈川県)さん。


d0037233_1529779.jpg

2位入賞作品、「また 行こうネ11」。
作者は竹中菜緒(兵庫県)さん。


d0037233_15304440.jpg

3位入賞作品、「祈り」。
作者は東広島松賀中学校 家庭科部6名」。


d0037233_1533043.jpg

優秀賞作品、「春のめざめ」。
作者は鹿野保子(長野県)さん。
陽光が樹木の芽吹きを誘う頃、
信州の里は梅、杏、桜、桃の花と次々に
辺りをピンク色に染め、心浮き立つ有様。
森や林を吹き抜ける風の様に、
山桜の雄々しく優しい姿を表現。


d0037233_15373380.jpg

片桐好子賞作品、「古代蓮」。
作者は中村ひろ子(埼玉県)さん。
光・風・雨・塵・・・・天の恵みと試練を受けながら、
ダイナミックに葉をまとい
楚々と咲く、この美しい花の魅力を
布にペイントして縫い上げる。


d0037233_15411345.jpg

優秀賞作品、「朝日影の海」。
作者は大塚美枝子(東京都)さん。
朝日の光がさしこんだ海底で泳いでいる蛸を表現。
つぶらな瞳はアプリケ、吸盤はヨーヨーキルトで、
カラフルな色使い、ダイナミックな蛸を表現。


d0037233_1545477.jpg

奨励賞作品、「寿ぎの風 #3」。
作者は古川範子(青森県)さん。


d0037233_15461865.jpg

奨励賞作品、「あなたの思い出の童謡(うた)は何ですか」
作者は木戸文(埼玉県)さん。


上記は入賞作品の一部。

「わたしの布遊び」コーナーには、
キャシー中島や黒羽志寿子など著名作家8人のブースが
設けられている。
その一つ、鷲沢玲子のブースに、三浦百恵の作品が1点
展示され、大勢の見学者で一杯。

d0037233_15521141.jpg
d0037233_15522535.jpg


作品は「花占い」。
「すき」「きらい」をくり返す日本の花占いでなく、
ユーモアとチクリとした毒と真剣さを折り交ぜた
フランス語の花占いを楽しく感じてた。
以前、旅先のフランスで一目惚れした
美しいリボンが、リズム感を出してくれた
と書かれている。

「野良着2000つぎ」などについてはまた纏めてみようと思う。
by toshi-watanabe | 2013-01-31 15:57 | 一般 | Comments(10)
1月21日、日帰りバスツァーに参加して、
伊豆の国市韮山の願成就院を訪れ、
藤枝の観音寺「水月庵」にて精進料理を賞味する。

朝7時半に西新宿を出発したバスは、
順調に首都高から東名高速を西進。
1週間前の雪は路面からは消えている。
足柄SAで休憩する。
雪化粧した、富士山の雄姿が眼前に迫る。

d0037233_14552560.jpg
d0037233_14553584.jpg


韮山の「願成就院」は6年半前、
「神奈川の仏像を学ぶ会」のメンバーで一度訪れている。
この寺院は、天守君山願成就院と称し、高野山真言宗に属す。
「吾妻鏡」によれば、北条時政公が、頼朝の奥州藤原氏討伐の
戦勝を祈願して建立、その後義時、泰時の三代にわたって、
次々に堂宇と塔が建てられた。
奥州の毛越寺に模して、大きな池の周辺に、
一大伽藍が立ち並び、繁栄を極めていた。
ところが、北条早雲の乱で全焼してしまう。
その後再興されたものの、秀吉の小田原攻めの折りに、
ふたたび戦火で全焼。
江戸時代、北条の末裔、北条氏貞が再建するが、
現存する建物は茅葺きの本堂のみである。
現在はこじんまりとした境内。

山門とお堂。

d0037233_15175792.jpg
d0037233_1518849.jpg
d0037233_1518202.jpg


幸い、ご本尊の阿弥陀如来像などは、
僧侶により寺院から運び出され、
現在の姿で残っている。
昭和30年代に建立された大御堂(宝物館)に安置されている、

阿弥陀如来坐像、不動明王二童子像と毘沙門天像の
五躯は、いずれも慶派の大仏師、運慶の作であり、
国の重要文化財に指定されている。

ご本尊の阿弥陀如来坐像、寄木造、像高は143.5センチ。

d0037233_1521581.jpg
d0037233_15221145.jpg


堂々として量感豊かな体躯、
男性的で、慈悲にあふれた面相をしている。
胸の前で両手を組む説法印。
残念ながら度重なる戦火を潜り、
光背も蓮台も失われ、指先が欠けている。
本来あるはずの脇侍像の勢至・観音菩薩像は紛失。

ご本尊の左側に不動明王像と二童子の制吒迦童子像、
矜羯羅童子の三躯は学術調査の為に、
今月16日に東京国立博物館に移送されたばかりとのこと、
残念ながら拝観できず。
5月に戻ってくる予定である。

d0037233_1537910.jpg
d0037233_15372198.jpg


いずれも寄木造、像高は、それぞれ136.5センチ、
82.6センチ、78センチ。
不動明王立像は両肩が張り胸が厚く、腰の太い
たくましく力強い体躯。
仏敵や邪悪に立ち向かう、激しい怒りをあらわに出し、
除災招福の力にあふれた玉眼入りの像。
通常は片目で天、片目で地を睨む天地眼で、
口から2本突き出した牙は、
片方が上向き、もう片方が下向きとなる
牙上下出相で表現されることが
多いのだが、この不動明王像は両目とも真正面を見据え、
牙は2本とも下向き、左右対称の面相となっている。

ご本尊に向かって右側には、毘沙門天立像。
寄木造で像高は、147センチ。

d0037233_8471687.jpg
d0037233_8473397.jpg


重い鎧を身につけ、右足を一歩踏み出し、
暴れまわる邪鬼をしっかりと踏みつけて立つ。
活動的な姿が、きわめて巧みに表現された
玉眼入りの像。

東国に運慶作の仏像が5躯も安置されているのは、
極めてまれな例である。

裏手の宝物館中央には、木造地蔵菩薩坐像が祀られている。
鎌倉初期に造られた像で、寄木造、像高51.5センチ。
北条政子の7回忌追善供養菩提のために、
3代執権、北条泰時公が奉納したもの。
生前の政子を巧みに表現した姿で、
政子地蔵菩薩像と呼ばれている。
重要美術品に指定されている。
そのほかに、毘沙門天像や不動三尊像の胎内より発見された
塔婆形銘札4枚が重要文化財として展示されている。
5躯の仏像が運慶作であることを証明した重要資料。


願成就院をあとに、藤枝の観音寺「水月庵」に向かう。
2時間ばかりかかり、現地に到着。
小高い山の中腹にあり、眺めの良いところにある。
午後1時、ご住職の法話に耳を傾け、
精進料理をご馳走になる。
「水月庵」で供される料理は、ご住職自ら調理され、
肉や魚を一切使わず、すべて植物を材料としている、
本格的な精進料理である。

d0037233_93368.jpg


次から次と料理が運ばれ、
ご飯が出て、最後のデザートが出るころには、
既に3時近くになっている。
料理の種類、また結構な分量で、すっかり満腹状態。
最近評判の「水月庵」の精進料理を
すっかり堪能する。


今回最後の訪問先は静岡市清水区由比にある、「地持院」。
臨済宗妙心寺派の禅宗寺院である。
北田山と号し、明治になる前は、
隣接する「豊積神社」の別当寺であった。

d0037233_9125613.jpg


ご本尊は地蔵菩薩坐像。
ヒノキの一木割はぎ造りで、鎌倉時代初期、
慶派の仏師により彫られた像。
市の文化財に指定されている。

真新しい客殿と枯山水の中庭「彼岸庭」を案内していただく。
手入れがよく行き届いている。

d0037233_9174519.jpg
d0037233_9175850.jpg
d0037233_918742.jpg


本堂と客殿で見られる、襖絵は、地元清水に在住の
女流画家、杉山侃子(すぎやまなおこ)が描かれたもの。
構想に3年、制作に4年を費やした44面の襖絵と衝立の
大作は、「賽の河原」、「彼の岸」、「三個の石」、「
「五十二位の石」など、仏教や禅の教えにちなんでいる。

d0037233_9252187.jpg
d0037233_9253128.jpg
d0037233_9253933.jpg
d0037233_9254737.jpg
d0037233_9255660.jpg
d0037233_926817.jpg


見学を予定通り終了、一路東京へ。
by toshi-watanabe | 2013-01-22 15:37 | 寺院・仏像 | Comments(2)
今年の干支は癸巳(みずのとみ)である。
60年に一度巡ってくる。
この干支の前回の年は昭和28年、
その年に生まれた人たちが今年還暦を迎える。

昭和28年がどんな年であったが調べてみた。

吉田茂のバカヤロウ解散、翌年総辞職後、首相は鳩山一郎に。
海外では、ソ連のスターリン首相が死去し、、
株価が大暴落、スターリン暴落と言われた。
経済審議庁は「日本の国民所得は戦前の水準を回復」と発表。
東京青山に初のスーパーマーケット「紀ノ国屋」が開店。
公衆電話料が5円から10円にアップ。
食パンは1斤30円、理髪料金が140円。

ラジオでは、前年から放送が始まった「君の名は」がヒット、
真知子巻が大流行。
NHK東京地区で1日4時間のテレビ本放送がスタート。

ボストン・マラソンで山田敬蔵が優勝。
ヒラリーとテンジンがエベレスト初登頂に成功。

さて今年はどんな年になるだろう。
何といっても新安倍内閣の動向が気になる。
米国の「財政の崖」の二の舞にはならぬよう祈るばかり。

既に何回か紹介しているが
d0037233_11291633.jpg

小学校の恩師、A子先生から、今年も巳の折り紙が届く。
とうに80歳を過ぎておられるが、元気に過ごされている。
早速折り紙を飾ってみる。
家内は大の蛇嫌いなので、私の手元に置く。
by toshi-watanabe | 2013-01-13 11:36 | 季節 | Comments(8)

謹賀新年

1月もすでに10日ですが、
改めて新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

正月を迎え、3日には赤羽で兄弟姉妹が集まり、
とは言え姉が急に蕁麻疹のため来られずでしたが、
年に一度の新年会を祝いました。

5日には社交ダンス・サークルの仲間と初踊り、
場所を移して、賑やかに新年会。
女性群の酒豪ぶりにびっくり。

6日には明治神宮に初詣。
3が日を過ぎているものの、日曜日でもあり、
原宿駅から長い行列。
風もほとんど吹かず、
こんもりとした神宮の森の中、
玉砂利の参道を歩くと、気も引き締まる思い。
巨大なシートを広げた仮設お賽銭場へは
南神門を潜ったところから整然とした列。
皆静かに、ゆっくりと前へ進む。
全く割り込む人も見かけず、さすが礼儀正しいい日本人。

d0037233_9253750.jpg
d0037233_9254938.jpg
d0037233_92607.jpg


昨9日には、ご近所の仲間と4人で昼食会兼新年会。
近場にしようと、駅前の居酒屋「天狗」にて。
気軽に入れる店なので、グループはもちろん、
1人客も結構おられる。
10人以上のおばさんたちの食事会もにぎわっている。

いただいた年賀状の中から、
素敵な絵、ユニークな内容のものなどを紹介。

d0037233_9293558.jpg
d0037233_9293880.jpg
d0037233_9295259.jpg
d0037233_9295715.jpg


新安倍内閣も経済再生に力を入れると宣言、
為替は円安に動き、日経平均株価も1万円台を回復、
ぜひとも明るい年になってほしいものです。
皆様のご健勝をお祈りします。
by toshi-watanabe | 2013-01-10 09:32 | 季節 | Comments(6)