折々の記

tnabe.exblog.jp

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする

ブログトップ

<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

わが友の逝去を悼む

平成23年、年の瀬も迫った11月25日、Oさんの訃報が届く。
その前日の夜、病院で息を引き取ったと聞き、唖然とするばかり。
ここ数年肝臓を悪くして、外出も間々ならない状態にあるとは
聞き及んでいたのだが、あまりにも突然の知らせに声を失う。

Oさんとは、仕事をしていた現役時代、社内で最も親しい間柄にあった。
同じ丑年生まれで気が合い、20代の若いころ数年は、
会社の定時後には近場の飲み屋に出かけて、
一献傾けながら、文学の話から世情諸々の話まで幅広く、
時間がたつのを忘れる程、話し込んだものである。
時にはお互いの家に泊まり込んだことも。

私が米国出向となり、その後10数年は没交渉となる。

時は移り、私が日本の本社へ帰任後、
長年のブランクもなきが如く、付き合いが再び始まる。
定時になると、どちらからともなく合図し、飲み屋へ向かう日々。
食べ物にはうるさく、板前さんと丁々発止と料理の話が始まる。
Oさん、好きなことはよく研究しているなと感心するばかり。
料理に使う包丁に関心を示したかと思うと、
包丁を研ぐ道具、砥石に興味を示し、とにかく詳しい。
話は天然砥石の産地にまで及ぶ。

60歳を前にOさんは定年退職し、悠々自適の生活に入る。
私のほうは顧問として、しばらく仕事を続ける。
Oさんは、自宅の庭にビニールハウスを設け、
その中に鉢を載せる棚をこしらえる。
鉢植えの東洋ランがあっという間に棚に並ぶ。
いずれも珍しい品種で値打ちものである。
手入れがとにかく大変らしい。
東洋ランの育成に関する薀蓄を聴かされる。
何鉢か分けてもらうが、我が家のベランダでは無理で、
説明書のコピーを頂きながら結局駄目にしてしまう。

その一方で、始めれれたのが篆刻。
研究熱心、独学で見事な腕前となって行く。
篆刻用石材の買物にも付き合わされる。
そのうちに中国人の専門家を見つけ、
篆刻した作品を見てもらうように。
この専門家も太鼓判を押してくれたと大喜び。
篆刻された石をいくつかいただき、
一つは落款として使っている。
篆刻用漢字の字典も手元に置き、
般若心経の全文字も篆刻したと聞いている。

読書も幅広い分野にわたっていた。
驚くほど記憶力がよく、書物の内容など、
すらすらと口をついて出てくるのがすごい。
話も上手で、なかなか説得力もあった。

ただその一方で、スポーツには関心がなかったのか、
あまり話を聞かない。
幼いころに、ちょっとした事故で片目を痛め、
片目はほとんど見えなかったようで、
そのあたりが原因で運動は苦手だったのかも知れぬ。
それでも20代のころには、オートバイを乗り回していたと聞く。
またマウンテンバイクにも詳しく、
元気な時にはギアを駆使して乗っていたらしい。

元気なころには、飲み屋で酔いも回ってくると、
場所をかえて、カラオケに付き合うこともしばしば。
銀座裏通りのAが定席で、終電近くまでと相成る。
個人タクシーの馴染みが出来て、タクシーでご帰還。
あとで奥様に聞くと、遅い時はタクシー代を入れた封筒を
玄関先に吊るしておいたそうだ。

カラオケで歌うのは、「函館の女」、「加賀の女」、「長崎の女」、
「薩摩の女」など、シリーズものだったり、色々と得意な曲があった。
どこで覚えるのか、新しい歌謡曲も聴かせてくれた。
彼がよく歌った、都はるみの「千年の古都」などは、
聴いているうちに、いつの間にか私の十八番にも。

11月27日、斎場にて告別式と初七日の法要が営まれる。
僧侶の読経に耳を傾けながら故人の思い出にふける。
焼香をして故人の冥福を祈る。
法要の後、奥様、二人の息子さん、ご兄弟や親族の皆さんと
一緒に火葬場に出かける。
待合室で待つ間、弟さんたちと酒を酌み交わしながら
故人の在りし日の様々なことに、
しばし花を咲かせる。
せめてもの故人の供養になったのではと思う。

どうしても書き加えておきたいことが一つある。
私と家内の縁結びとなってくれたことで、
Oさんには感謝しても感謝しきれない。
頭の上がらない存在であった。

Oさんとは実に呆気ない永久の別れとなってしまった。
もう一度酒を酌み交わしながら談笑したかった。
「おい」という声が耳元に聞こえそうだ。
手土産を持って行くので、あの世で元気で待っていて欲しい。
Oさん、どうか安らかにお眠りください。

                       合掌
by toshi-watanabe | 2011-12-25 12:34 | 一般 | Comments(4)

熱海で冬の花火大会

12月4日に熱海の海辺で花火大会があり、
以前から誘われており、熱海へ出かける。
今年、熱海は3度目となる。

宿に入る前にどこか、立ち寄ろうと家を早目に出る。
相模大野から小田原までは小田急を利用。
途中新松田駅に来ると、白雪をいただいた富士山が
目の前に現れる。
思わず車窓からカメラのシャッターを切る。

d0037233_13231827.jpg


今シーズン一番の富士の雄姿である。

小田原で下車し、蕎麦屋で昼食を済ます。
JR東海道線で熱海へ。
今まで訪れたことのない、「起雲閣」へ向かう。
徒歩20分と紹介されていたので気候もよいし歩くことにする。

一本道なので分かりやすい。

d0037233_13273939.jpg


ここは1919(大正8)年に別荘として築かれ、
非公開の岩崎別荘、今はなき住友別荘とならび、
「熱海の三大別荘」と賞賛された名邸が基となる起雲閣。

1947(昭和22年)には、旅館として生まれ変わり、
太宰治・山本有三などの多くの文豪たちにも愛されてきた。
多くの文人墨客が訪れている。

市街地とは思えない緑豊かな庭園である。
日本家屋の美しさをとどめる本館と離れ、
日本、中国、欧州などの装飾、様式を融合させた
独特の雰囲気を持つ洋館。

2000(平成12)年より、熱海市の所有となり、
当市の文化と観光の拠点として多くの客が訪れている。
市民の各種活動にも貸し出されている。
敷地は約3000坪。
一時所有者であった根津嘉一郎が洋館を立てている。

玄関を上がると正面には麒麟の間、庭園が見渡せる。
二階には大鳳の間がある。
麒麟の間を出ると、左手方向に進み、時計と逆回りに
庭園を囲んで一周できる。

会食用の玉姫(洋室)とリビングルームの玉渓(洋室)、
それに庭園側のサンルームを見学。
暖炉に欄間の飾りやステンドグラスが目につく。
木の柱は奈良の寺院から移築したものとか。

d0037233_13371395.jpg


さらに進むと、3部屋の和室があり、
かっては宿泊者用の部屋だったところ。
現在は展示用に使われている。
続いて金剛(洋室)に。
庭園に面したガラス戸には文豪の作品の一部が見られる。

d0037233_13395254.jpg
d0037233_1340740.jpg
d0037233_13401467.jpg


ローマ風呂の浴室。
一部を除いて改築されている。

d0037233_13405489.jpg


一回りすると、喫茶室「やすらぎ」があり、
抹茶のセットをいただく。
渇いたのどに心地よい。

建物を出て、庭園を散策する。
千両と万両の実に藪柑子の実が目に留まる。

d0037233_13467100.jpg
d0037233_13461553.jpg
d0037233_13462318.jpg


今回の宿は「かんぽの宿・熱海」。
熱海市街地からはちょっと離れ、来宮駅近くの山の中腹にある。
部屋からは熱海の海が見下ろせる。

花火大会は夜8時20分から開始し、30分ほど休みなく
花火が打ち上げられる。
少々風が冷たいが部屋のベランダに出て、打ち上げ花火を楽しむ
花火の写真はなかなかうまく撮れない。
ひどい写真と相成る。

d0037233_13495981.jpg
d0037233_1350619.jpg
d0037233_1350133.jpg
d0037233_13502143.jpg
d0037233_13502979.jpg
d0037233_13503869.jpg
d0037233_13504547.jpg
d0037233_13505393.jpg
d0037233_1351268.jpg


この宿はロビーが広く、吹き抜けになっているので、
明るい雰囲気だし、圧迫感がなくて落ち着く。

d0037233_13524019.jpg


ホテルを出たところから山の紅葉。

d0037233_1353739.jpg


熱海では夏の花火大会も見学したが、
この冬の花火もなかなか楽しめるイベントだと思う。
おかげさまで楽しい時を過ごすことができた。
by toshi-watanabe | 2011-12-06 13:54 | 旅行 | Comments(4)

松戸市小金の本土寺へ

11月28日、パソコン勉強会「いちえ会」のメンバーで
紅葉の撮影会ということで、松戸市小金の本土寺へ出かける。
当日朝9時過ぎ、常磐線の北小金駅で集合。
今回は8名が参加する。

駅の北口を暫く行くと、すぐ参道となる。
松や杉の古木の並木道で、歩きやすい。
仁王門がある。

d0037233_14135578.jpg
d0037233_14141388.jpg


参拝券を買い求めて境内に入ると、左手に鐘楼と五重塔が目に入る。
梵鐘は国の重要文化財に指定されている。

d0037233_14162618.jpg


長谷山本土寺は日蓮宗の寺院。
日蓮上人により、寺号を授けられたと記されている。
池上本門寺、鎌倉妙本寺とともに、日朗上人開基の三大寺で、
「朗門の三長三本」と呼ばれている。
境内にはモミジ1000本が植えられている。
その他、桜100本、花ショウブ5000株、紫陽花10,000株と、
花の寺である。

寺に到着したころは人もまばらだったが、
時間が経つにつれて、どこから湧いたかと思うくらいに
参拝者というか見学者が増えて来る。
カメラ持参の人も大勢見える。
素晴らしい撮影ポイントであることに間違いない。

d0037233_14262429.jpg
d0037233_14263131.jpg
d0037233_14263814.jpg
d0037233_1426449.jpg
d0037233_14265111.jpg
d0037233_14265780.jpg
d0037233_1427495.jpg
d0037233_14271021.jpg
d0037233_14271628.jpg
d0037233_14272247.jpg
d0037233_14273037.jpg
d0037233_14273721.jpg
d0037233_14274821.jpg
d0037233_1428041.jpg


昼を回り、駅前に出て昼食となる。
咽喉も渇き男性軍は生ビールを一杯。
食事をしていると、
店の女将さんが、近くの東漸寺でも、
紅葉が楽しめるので行かれてはと奨めてくれる。

食後まだ時間もあり、東漸寺へ。

d0037233_1431155.jpg
d0037233_14311484.jpg


佛法山東漸寺は浄土宗の寺院で、
徳川家康が関東十八檀林を制定した時に、その一つに選ばれた、
由緒ある寺である。
徳川家の家紋が見られる。
家康ゆかりの宝物もあるようだ。

d0037233_14344456.jpg
d0037233_14345738.jpg
d0037233_1435315.jpg
d0037233_14351572.jpg
d0037233_14352192.jpg
d0037233_14353311.jpg


すっかり観光寺化した本土寺に比べると、
東漸寺の境内は、訪れる人影も少なく、静かである。
すぐ横には寺が経営している幼稚園があり、
子供たちがにぎやかに飛び回っているのが見える。

東日本大震災の直後、
東北の被災者を一時期この寺でも引き受けていたと聞く。
by toshi-watanabe | 2011-12-02 14:40 | 寺院・仏像 | Comments(1)
京都ハイキングツァーの3日目は、
鞍馬の山登りで始まる。
ガイドさんの提案で、当初の予定とは逆コースをとる。

ケーブルカーの山門駅を横目に登り始める。
鞍馬の火祭で知られる由岐神社に立ち寄る。
神社にはご神木が立っている。

d0037233_13432191.jpg
d0037233_13434033.jpg
d0037233_13434736.jpg


由岐神社を通り過ぎると、九十九折り(つづらおり)の参道となる。
清少納言は枕草子で、「近うて遠きもの」の一つに数えた。

本殿金堂、内陣須弥壇には毘沙門天像が中央に、
左右に護法魔王尊像、千手観音菩薩像が祀られており、
三身一体の「尊天」と呼ばれている。

d0037233_13505458.jpg


残念ながら霊宝殿には寄らず。
国宝の毘沙門天立像が参拝できず。
四天王のうち、北方を守護する多聞天が独尊の場合、毘沙門天となる。
鞍馬寺の毘沙門天立像は、右手に戟(げき)をもち、 左手を額に掲げrて
遠望するという特異な形姿をしている。

霊宝殿入口の正面に「冬柏亭」という小さな建物がある。
東京荻窪の与謝野家で晶子の書斎として使われていた
冬柏亭を、そのまま鞍馬に移築したもの。
昭和22年、鞍馬弘教が新しい時代の動きに応じて立教開宗
されたときの初代管長、信楽光雲師が与謝野晶子の直弟子だった。

貴船神社への長い山道を下る。
木の根道はよく知られている。

d0037233_1442691.jpg
d0037233_1443441.jpg


貴船神社辺りは観光客で一杯。
貴船神社奥宮、本宮、
夏のシーズン中は人でにぎわう川床料理の川沿いに。

d0037233_1472991.jpg
d0037233_1474231.jpg
d0037233_1475181.jpg


バスの中で昼食の弁当を済ませ、
洛北の大原へ向かう。
どうやら大原での時間を考慮して、コースを変更したらしい。
大原では自由時間となり、
寂光院方面に出かける人もいるが、
我々は三千院を訪れる。

d0037233_14113387.jpg


客殿、宸殿を見学する。
ご本尊は伝教大師作と伝えられる秘仏、薬師如来。
三条実美公の扁額「研精不倦」が見られる。

d0037233_1421196.jpg


木立の中、靑苔の庭に立つのが往生極楽院。
入母屋造りで杮葺きで、間口3間、奥行4間の小さな阿弥陀堂である。
堂がそのまま須弥壇となっているため、中へ入ると
仏像とほぼ同じ高さになり、まるで自らも須弥壇の中に
入ったような感じがする。
平安時代後期を代表する阿弥陀三尊像が安置されている。
今回の旅で唯一間近で参拝できた仏像。

参拝者というか観光客がぎっしりと座り込み、
僧侶のお話に熱心に聞き入っている。
前回もそうだったが、砕けた話ぶりで、
分かりやすい説教をされ、時折笑いを誘ったり、
実に話し上手である。

中尊は来迎印の丈六阿弥陀如来。
興味深いのは、両脇侍の観音・勢至菩薩像で、
中尊よりやや前の位置にあり、
ひざまづき、心持腰を浮かせて前へかがんだ姿勢をとっている。
正座しているような感じである。
これを「大和座り」と呼ぶ。

d0037233_14353090.jpg
d0037233_14354242.jpg
d0037233_14354993.jpg


庭を散策する。

d0037233_14374149.jpg
d0037233_14374992.jpg
d0037233_1438141.jpg
d0037233_1438793.jpg
d0037233_14382444.jpg


三千院へ通じる坂道には漬物、和菓子、土産物の店が並んでいる。

d0037233_1440523.jpg


大原からバスに乗り、京都駅へ向かう途中、
西本願寺前にある京漬物の名店「西利本店」に立ち寄る。
店の二階に案内されると、紙皿が渡され、
漬物の試食が始まる。
赤ワインも飲み放題、紙皿には穴があいていてワイン用紙コップが
収まるようになっている。
結局何種類かの京漬物を買う破目になる。

天候にも恵まれ、かなりの強行軍だったが、
楽しいハイキングが楽しめた。

最後に舞妓さんの写真を。

d0037233_14444311.jpg

by toshi-watanabe | 2011-12-01 14:44 | 旅行 | Comments(2)
ハイキングツァーの2日目、宿から京都市内を通り、
周山街道を北上し、栂ノ尾に到着。
この山道の両側には自生のモミジの木が多く、
紅葉したモミジのトンネルとなっている。
最初の訪問先は高山寺。
裏参道からすぐのところに石水院がある。
一重入母屋造りの建物は国宝に指定されている。
明恵上人が後鳥羽上皇より学問所として賜った建物で、
上人時代の唯一の遺構である。

d0037233_10203112.jpg


西正面、廂の間の欄間には、富岡鉄斎筆の「石水院」の横額がかかる。
落板敷の中央には、可愛らしい木造の善財童子(ぜんざいどうじ)像が置かれている。

d0037233_10251756.jpg
d0037233_10252862.jpg


南面は庭園となっており、清滝川を越えて向山の景色が望める。

d0037233_10264735.jpg


世に名高い「鳥獣人物戯画」のレプリカが見られる。
本物は東京と京都の国立博物館に保存されている。
欄間には後鳥羽上皇直筆の勅額「日出先照高山之寺」。
志賀直哉が持ち帰りたいとつぶやいたといわれる、木彫狗児(くじ)も。

石水院のすぐ前には、日本最古の茶園がある。

高山寺内をめぐり、表参道を下り、周山街道に出る。
次の目的地、槙尾の西明寺へ向かう。
途中の紅葉が素晴らしい。

d0037233_10351578.jpg
d0037233_10352274.jpg


西明寺は高山寺、神護寺とともに三尾の名刹の一つして知られる。

d0037233_1040711.jpg


紅葉が素晴らしい。
樹齢約700年と言われる高野槇も見られる。

d0037233_10414796.jpg
d0037233_10415883.jpg


西明寺をあとにして、次は神護寺へ。
紅葉したモミジのトンネルのようである。

d0037233_10453085.jpg
d0037233_1045446.jpg


神護寺に着くころには、祝祭日のこともあり、
観光客がどっと押し寄せている。

d0037233_10465329.jpg


国宝、金堂の内陣、須弥壇中央にはご本尊の薬師如来坐像(国宝)。
両脇侍の日光・月光菩薩像は重要文化財。
四天王像、十二神将像、毘沙門天立像などが並ぶ。
脇壇には如意輪観音、地蔵、大黒天、弁財天などの坐像。

また絹本着色の伝源頼朝、伝平重盛などの肖像画、いずれも国宝。
国宝の両界曼荼羅図(高尾曼荼羅)も。
神護寺には国宝、重要文化財が数多くある。
残念ながら、国宝の多宝塔には寄れず、
国宝の五大虚空蔵菩薩像は拝観できなかった。

神護寺はかわらけ投げでも知られる。
広い寺域では紅葉が真っ盛り。

d0037233_1104195.jpg
d0037233_1105586.jpg
d0037233_111985.jpg
d0037233_1112281.jpg


いよいよ清滝川に沿って、嵐山までのハイキングが始まる。
心配された雨も降らずに済む。
すっくと立つ北山杉が美しい。

d0037233_113178.jpg
d0037233_1132182.jpg


途中、滑りやすい道もあるか、下りが多く、
快適な歩きである。
行き合う人も少なく、静かな森林浴を楽しむ。
清滝川のせせらぎを耳にしながら、持参した弁当を広げる。

やがて清滝の町に入る。
アユ料理で名高い平野屋。

d0037233_1155489.jpg


やがて嵯峨野に入る。
化野の念仏寺に立ち寄る。

d0037233_1173089.jpg
d0037233_1174032.jpg
d0037233_1175012.jpg
d0037233_1181240.jpg


竹林も素晴らしい。

d0037233_1184280.jpg


落柿舎の前を通り、祇王寺に行く。
青々とした苔と紅葉が素晴らしいマッチングを示す。
この寺にも竹林。

d0037233_11104772.jpg
d0037233_1111045.jpg
d0037233_1111714.jpg
d0037233_11112081.jpg
d0037233_11112680.jpg


祇王寺の手前にある、壇林寺。

d0037233_11121948.jpg


嵯峨野を嵐山に向かう途中には素敵な竹林、
よく知られているポイントである。

d0037233_11133498.jpg


展望台から保津川を眺め、嵐山に下る。
一番歩行距離の多い2日目のハイキングが終わる。
夕やみ迫る頃、バスで宿に向かう。

d0037233_11214666.jpg

by toshi-watanabe | 2011-12-01 11:15 | 旅行 | Comments(0)