折々の記

tnabe.exblog.jp

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする

ブログトップ

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

古伊万里を観る

港区白金台の東京都庭園美術館で開催中の
「パリに咲いた古伊万里の華」を昨日観に出かける。
10月10日に始まり、12月23日まで、この展示は続く。

d0037233_9174667.jpg


因みにこの展示会は、来年4月6日から6月13日まで、
九州国立博物館、7月17日から10月3日まで
熱海のMOA美術館、 さらに10月16日から再来年1月10日まで
兵庫陶芸美術館にて巡回展示の予定。

今回展示会場となった東京都庭園美術館は、
1933年(昭和8年)、朝香宮邸として建てられた。
アールデコ様式に日本古来の感性を採り入れた瀟洒な建物。
戦後1947年の皇族離脱まで、
朝香宮(香淳皇后の叔父にあたる)の住まいであった。
その後、外務大臣・首相公邸、国の迎賓館などとして
使われてきたが、1981年に東京都が買い取り、
建築後50年にあたる1983年10月1日、
新しい都立美術館として開業。

朝香宮邸の建築に当たっては、内装について
フランス人の画家・インテリアデザイナーのアンリ・ラパンが担当。
当時の家具・用度品がそのまま残されている。
また正面玄関にある女神像のガラスリリーフや、
大広間と大食堂のシャンデリアは
フランス人装飾デザイナー・ガラス工芸家として名高い
ルネ・ラリックの作である。

庭園から見た美術館の建物。
d0037233_9345797.jpg


庭園は芝生広場、日本庭園、西洋庭園から構成されている。
d0037233_9365856.jpg
d0037233_9372039.jpg
d0037233_9374295.jpg
d0037233_938611.jpg



今年10月5日、日本が磁器をヨーロッパに向けて
公式に輸出し始めて350年目に当たる。
江戸時代前期のころである。
1659年に始まり、約100年後の1757年まで続く。

ヨーロッパに渡った古伊万里を蒐集した碓井コレクション
の中から選りすぐりの名品を今回紹介している。
鑑定士の中島さんに言わせればよい仕事の傑作ばかり。
国内向けとは完全に別に、
ヨーロッパの王侯貴族からの要望に合うよう
作成された磁器で、日本国内では見られない大きさ、
そしてデザインの磁器である。
王侯貴族の宮殿を豊かに飾っていた。

第1章から第4章まで時代別に分けて展示されている。
当時の有田の窯で焼ける最大の大きさは60センチだったようで、
高さが50センチ以上、中にはぎりぎりの60センチに及ぶ壺、
径が60センチに達するような大皿も見られる。
いずれも素晴らしい古伊万里である。

絵葉書からスキャンしたもの。
染付漆装飾花束文蓋付大壺(1690~1730年代)
d0037233_9502079.jpg


染付太湖石花鳥文瓶(1660~1680年代)
d0037233_9504969.jpg


色絵花鳥文蓋付壺(1660~1680年代)
d0037233_9511454.jpg


金彩菊花短冊花束唐草文大皿(1690~1730年代)
d0037233_9513465.jpg


色絵山水菊牡丹文輪花大皿(1700~1730年代)
d0037233_9515490.jpg


1時間ばかりかけて、ゆっくりと鑑賞。
すっかり目の保養になる。
by toshi-watanabe | 2009-10-28 09:59 | 一般 | Comments(4)

倉渕便り(2009-10月)

10月18日から22日にかけて、群馬へ出かける。

この秋、お彼岸に出かけられなかった墓参りで、
18日は朝一番で千葉県松戸の八柱霊園に向かう。
車の流れは順調で、1時間程で霊園に到着。
車用の開門は7時半と聞いていたが、
数分も待たず、予定より早く7時10分ごろ門を開けてくれる。

無事掃除と墓参りを済ませ、持参した朝食を食べ、群馬へ。
三郷南ICから東京外環道に乗り、大泉からは関越道に。
因みにこの大泉から東名の東京につながる予定の
東京外環道は計画が全くストップしたまま。
一時は地下深くに通すという具体案も出たが。
今回も予算に計上されず。

今回は桐生のYさん宅に1日お邪魔することになり、
関越道の高崎JCTから北関東自動車道に乗る。
ここを通るのは初めてである。
現在は北関東自動車道の群馬県側は太田桐生まで完成、
栃木まで連結されれば、水戸まで一本で行ける。

太田藪塚ICで高速を降り、桐生市街地へ向かう。
地図を頼りに行くが、ナビゲータはないので、
目的地の近くまで来ているはずなのに迷子と相成る。
Yさんに電話をかけ、表通りまで出てきてもらう。
すぐ近くに大川美術館がある。
次の機会には訪れてみたい。
桐生では毎月骨董市も開かれているようだ。
今回は時間もなく残念ながら町中を散策出来ず。

一晩お世話になり、翌日は倉渕へ。

滞在中はずっと好天に恵まれる。
まさに秋晴れ。
日中はポカポカ陽気だが、朝晩はぐっと冷え込む。
そろそろ暖房が欲しいくらい。

薄(すすき)が日の光に輝き、
櫨(はぜ)の木の葉が一部、朱色に。

d0037233_14472117.jpg
d0037233_14475378.jpg



無花果(いちじく)の実。

d0037233_14485967.jpg


石蕗(つわぶき)。
鳥取県南西部に位置する、小京都と呼ばれる
津和野町は「石蕗の野」から名づけられたとも言われている。
津和野町の町花は石蕗である。

d0037233_14534045.jpg


杜鵑草(ほととぎす)が満開。
台湾杜鵑(たいわんほととぎす)?も。

d0037233_14545595.jpg
d0037233_14554314.jpg


山茶花(さざんか)と名前の分からぬピンクの花。

d0037233_14564339.jpg
d0037233_14571077.jpg


紫色も鮮やかな竜胆(りんどう)。
群馬県では嬬恋村と高山村の村花。

d0037233_14591232.jpg


藪柑子(やぶこうじ)の実が赤くなる。
別名、十両。

d0037233_1504982.jpg


野菊、竜脳菊(?)。

d0037233_1514927.jpg


遅く種を蒔いたコスモスが咲き始め。

d0037233_1525244.jpg


途中のスーパーでは、
販売されている野菜が豊富で、値段も安い。
地元の農家が自分のコーナーをもっており、
毎朝とり立ての野菜を並べて販売している。

形の変わった人参。
味は甘くておいしい。

d0037233_1553160.jpg

by toshi-watanabe | 2009-10-23 15:10 | 季節 | Comments(4)
過日、千葉にお住まいのKさんからのお誘いで、
家内が「千葉県立柏の葉公園」へ出かける。
秋もたけなわ、花も終わり、
紅葉が始まり、木の実が目立つように。

公園内の池。

d0037233_15343415.jpg


ウニのような形をしているのが鈴縣の実。
ごつごつした梅干し状の形をしているのが落羽松の実。
落羽松(らくうしょう)はスギ科ヌマスギ属の落葉針葉樹で、
沼杉とも呼ばれる。

d0037233_1538505.jpg
d0037233_15391572.jpg


この緑色の実は何の木の実か分からない。
一日たったっら弾けて。

d0037233_15402858.jpg


偶々山野草の展示が開かれており、その一部。
ヒメリンゴ。

d0037233_1543966.jpg


ムラサキツルナス。

d0037233_1545185.jpg
d0037233_15452014.jpg


イワシャジン。

d0037233_15471367.jpg


ムレチドリ。

d0037233_15481868.jpg


サンザシ。

d0037233_15493514.jpg


西洋カラスウリ。

d0037233_15535476.jpg


不明の山野草三種。

d0037233_15553221.jpg
d0037233_15555062.jpg
d0037233_15561680.jpg


この公園のすぐ近くに東大の柏キャンパスがある。
計画中のキャンパスが完成すると、三か所のキャンパスからなる
東大柏総合キャンパスとなる。
つくばエクスプレスの「柏の葉キャンパス」駅から
徒歩で20分ほどのところ。
by toshi-watanabe | 2009-10-13 16:01 | 季節 | Comments(2)

特別展「皇室の名宝」

東京国立博物館の平成館にて開催中の特別展
「皇室の名宝ーー日本美の華」を観に出かける。
明日13日(火)に行こうと予定していたが、
通常月曜休館なのに今日12日(月)は祝祭日のたで開館、
明日が休館と判明、今朝思いたって出かける。

朝9時半開場だが、10時過ぎに到着する。
よく見かける行列は見られない。
待つこともなく、そのまま館内に入れる。
ところが会場は満員、上着を着ていると暑いくらいの雰囲気。
特に若冲の作品の前は身動きできないほど。

d0037233_15561112.jpg


この特別展、1期(10月6日~11月3日)と2期(11月12日~11月29日)に
期間を分け、展示内容はすべて変えられる。
全部観るためには2度行かねばならない。
1期は永徳、若冲から大観、松園まで。
そして2期は正倉院宝物と書。絵巻の名品となっている。

d0037233_15594748.jpg
d0037233_160896.jpg


天皇陛下御即位20年を記念し、皇室ゆかりの名宝を一堂に集めた特別展。
今回特に観たいのは伊藤若冲の「動植綵絵(どうしょくさいえ)」と
狩野永徳の「唐獅子図屏風」「四季草花図屏風」、円山応挙、谷文晁、
それに酒井抱一の「花鳥十二カ月図」などである。

その他にも、横山大観の「御苑春雨」、「朝陽霊峰」、
橋本雅邦の「夏冬山水図」、「春秋山水図」、「龍虎図」、
富岡鉄斎の「武陵桃源・瀛洲神境」、 下村観山の「光明皇后」、
川合玉堂の「雨後」、 松林桂月の「潭上餘春」、
鏑木清方の「讃春」、 上村松園の「雪月花」などの名作も出展。

色柄の花瓶や七宝の素晴らしい作品も見られる。

川島織物の川島甚兵衛(三代)作の
特大の「春郊鷹狩・秋庭観楓図壁掛」2面なども。
いずれの作品も現在、皇居三の丸尚蔵館に保存されている。

若冲の「動植綵絵」は2年前の5月、
京都相国寺・承天閣美術館にて開催された若冲特別展で
始めて鑑賞し、その時の感動が今でも記憶にあり、
今回は前回ほどの感激はない。
若冲は10年の歳月をかけて「動植綵絵」30幅を完成し、
相国寺に納めた。
その後皇室に寄進された。
制作当時1700年代、最高級の画材を使用しており、
現在見ても、素晴らしい色彩を保っている。

最近、西洋から伝えられ間もなかった、
濃青色の人口顔料、プルシアンブルーが使われていることが
調査により確認された。
作品の中の一幅、「群魚図(鯛)」の中で、
左下隅で泳ぐルリハタの体部にこの顔料が用いられている。

数点を資料から転載させていただく。
会場では当然撮影禁止。

d0037233_16462599.jpg

左から、「牡丹小禽図」、「梅花小禽図」、「向日葵雄鶏図」。

d0037233_1648315.jpg

左から、「紅葉小禽図」、「群魚図(鯛)」、「梅花群鶴図」。

因みに「動植綵絵」30幅の大きさは、
それぞれ縦150cm、横80cmである。
by toshi-watanabe | 2009-10-12 16:57 | 一般 | Comments(4)
9月の便り、第3章である。
9月の終わり、霧雨が続く。
濃霧があたり一面を覆い、前方の山並みも見えない。

ピンクと白色の秋明菊。

d0037233_945727.jpg
d0037233_952146.jpg


林の中に山帰来の蔓を見つける。
赤い実もある。

d0037233_965125.jpg


金水引。

d0037233_972135.jpg


これも林の中に見つける、バアソブ。
ほとんど花の終わった中に。

d0037233_99641.jpg
d0037233_9925100.jpg


野菊の一種、ひっそりと咲いている。

d0037233_9102450.jpg


薄暗い林の中に、秋海棠。

d0037233_911297.jpg


庭の杜鵑草が咲き始める。
花の模様が鳥のホトトギスの腹の斑紋に似ているため、
この名前が付けられた。

d0037233_9134556.jpg


彼岸花も終わりの時期に。

d0037233_9143089.jpg


竜胆はまだこれから。

d0037233_91557.jpg


ツワブキは蕾が膨らみ黄色も見える。

d0037233_9163828.jpg


白い茶花。
実もたくさんつけている。

d0037233_9173019.jpg


ヤブコウジが青い実をつけ始める。

d0037233_9182213.jpg


コスモスはまだ花の盛り。

d0037233_919913.jpg


山栗を拾いに出かける。
これは1回分の収穫。
小粒だが、十分実っており、ぽくぽくと美味しい。

d0037233_921581.jpg


10月1日、横浜に戻る。
by toshi-watanabe | 2009-10-03 09:22 | 季節 | Comments(4)