迎賓館(赤坂離宮)見学

今日は7月末日。
朝のうち降っていた雨も上がる。
元赤坂にある、迎賓館を見学する。
7月末から8月初めにかけて10日間、
迎賓館ご公開されている。

江戸時代、紀州徳川家の江戸中屋敷があった
広大な敷地の一部に、明治42年(1909年)に
当時の一流建築家や美術工芸家を集め、
総力を結集して東宮御所が建設される。
日本における唯一のネオ・バロック様式の洋風建築。
その後赤坂離宮となる。

昭和43年(1968年)から5年余りを費やし、
総額108億円の経費をかけて改修工事があ行われ、
昭和49年(1974年)に完成。
和風別館も増築される。

現在は海外から来日される国王、大統領、首相などの
国賓、公賓が宿泊し、レセプションの場として使用されている。
平成18年から約3年かけて、大規模改修工事が行われ、
本年平成21年4月に再開の運びとなっる。

正面入り口。
賓客が来られた時にのみ開かれる。
閉じられた正門から迎賓館の建物を望む。
我々見学者は西門から入る。

d0037233_16505628.jpg
d0037233_16512360.jpg
d0037233_16514682.jpg


身分証明書を提示して受付を終了。
バッジを胸につけ、
各コーナーに立っている案内人の指示に従って、
迎賓館の中を見学する。
自分のペースで見て回れるのがいい。

今回の見学場所うは4部屋に通る、中央階段など。
中央階段の使用は賓客に限られる。
見学者は横の入り口から建物に入る。

d0037233_16555334.jpg


建物の内部は写真撮影禁止。
いただいたパンフレットに載っている写真を転載させていただく。

彩鸞(さいらん)の間。
「鸞」という架空の鳥をデザインした金色の浮き彫りがある。
来客の控えの間、晩さん会の招待客との謁見などに使用される。

d0037233_171639.jpg


花鳥の間。
天井に描かれた36枚の絵、欄間に張られたゴブラン織風綴織、
壁面に飾られた30枚の楕円形の七宝に、花や鳥が描かれている。
公式晩さん会が催される大食堂。

d0037233_1741831.jpg


朝日の間。
「朝日を背にして女神が香車を走らせている」の絵が天井に描かれている。
16本の太い円柱はノルウェー産の大理石。
賓客用のサロン。

d0037233_1771997.jpg


羽衣の間。
謡曲の「羽衣」の景趣を描いた300㎡の曲面画法による大型絵画が
天井いっぱいに描かれている。
3基の大シャンデリアはおよそ7千個の部品で組み立てられ、
高さが3メートル、重さが約800kg。
雨天の際の歓迎行事、レセプション、会議などに。

d0037233_1712176.jpg


建物内の見学を終えると、南面の庭園に出る。
見事な噴水がある。

d0037233_17133672.jpg
d0037233_17141358.jpg
d0037233_17144212.jpg
d0037233_17151271.jpg


迎賓館の建物を正面から。
d0037233_1716135.jpg
d0037233_17163328.jpg
d0037233_17165360.jpg
d0037233_17171194.jpg


More パノラマ写真で
by toshi-watanabe | 2009-07-31 17:19 | 一般 | Comments(4)

伊吹山の高山植物(その3)

深山小薊(みやまこあざみ)

d0037233_16104320.jpg
d0037233_1611755.jpg


大葉擬宝珠(おおばぎぼうし)

d0037233_1613586.jpg


小鬼百合(こおにゆり)

d0037233_1614841.jpg


伊吹豌豆(いぶきのえんどう)

d0037233_16153013.jpg


猪独活(ししうど)

d0037233_16163229.jpg


白花の群生

d0037233_1617202.jpg


吾亦紅(われもこう)

d0037233_1618492.jpg


黄花の連理草(きばなのれんりそう)

d0037233_16191729.jpg


金梅草(きんばいそう)

d0037233_162092.jpg
d0037233_16202938.jpg


河原撫子(かわらなでしこ)

d0037233_16211966.jpg
d0037233_16213921.jpg


一面のお花畑

d0037233_1622339.jpg


鶯が鳴いている。

d0037233_1623649.jpg



残念ながら、瑠璃虎の尾(るりとたのお)、巴草(ともえそう)、弟切草(おとぎりそう)などを
見ることができなかった。
見つけられなかったのか、まだこれから咲き始めるのだろうか。

伊吹山のお花畑を堪能した後、
関ヶ原の薬草の湯につかり、疲れを癒し、
東名高速道を通って帰途に就く。
by toshi-watanabe | 2009-07-25 16:25 | 草花 | Comments(4)

我々が伊吹山に到着した頃は、
まだ朝早い時間のため、人の姿もちらほらと少ない。
運よく青天に恵まれる。
南北からの風があたり、時折り濃い霧が発生する。
琵琶湖も霧にさえぎられて見ることはできず。

ここでは昼の弁当時間を含め、
3時間半たっぷりと過ごせる。
山頂までの登り標準は1時間ばかり。

赤麻(あかそ)

d0037233_1543324.jpg


伊吹風露(いぶきふうろ)

d0037233_1544282.jpg
d0037233_15442243.jpg


車花(くるまばな)

d0037233_15485175.jpg


白山風露(はくさんふうろ)

d0037233_1550381.jpg


伊吹麝香草(いぶきじゃこうそう)

d0037233_15513240.jpg
d0037233_15515435.jpg


伊吹麝香草と黄花河原松葉)の群生

d0037233_15531531.jpg


棕櫚草(しゅろそう)

d0037233_15542210.jpg
d0037233_155441100.jpg


下野草(しもつけそう)

d0037233_15554298.jpg
d0037233_1556180.jpg


藤袴(ふじばかま)

d0037233_15565424.jpg


靫草(うつぼぐさ)

d0037233_1558452.jpg
d0037233_1559468.jpg

by toshi-watanabe | 2009-07-25 15:59 | 草花 | Comments(0)

伊吹山の高山植物(その1)

23日の朝7時50分、大垣のホテルを出発。
9時には伊吹山の頂上駐車場に着く。
駐車場から山頂へは3つのコースがあるが、
西側のコースを登り、下りは東側のコースをとる。
今回は通らないが、いちばん短距離の中央コースもある。
ただこの中央コースはあまり高山植物がみられない。
やはり、東西の登山道と山頂が一面のお花畑。
東側のコースは道幅も狭く、滑り易く、
下山専用になっている。

今が夏の花の盛りである。
少なくとも40種類以上の高山植物が開花。
特に伊吹山にしかない植物も多い。

3部に分けて紹介したい。

d0037233_1565811.jpg


伊吹虎の尾

d0037233_1594426.jpg
d0037233_1510355.jpg


草牡丹(くさぼたん)

d0037233_15105914.jpg


砧草(きぬたそう)

d0037233_15334220.jpg


雌宝香(めたからこう)

d0037233_15153236.jpg


山紫陽花(やまあじさい)

d0037233_15163110.jpg
d0037233_15164838.jpg


糊空木(のりうつぎ)

d0037233_1518757.jpg
d0037233_15182597.jpg


山蛍袋(やまほたるぶくろ)

d0037233_151921100.jpg


黄花河原松葉(きばなかわらまつば)

d0037233_15204133.jpg


下野(しもつけ)

d0037233_15215654.jpg


九蓋草(くがいそう)

d0037233_15233185.jpg
d0037233_15235234.jpg


山吹升麻(やまぶきしょうま)

d0037233_15253150.jpg


姫風露(ひめふうろ)

d0037233_15353014.jpg

by toshi-watanabe | 2009-07-25 15:27 | 草花 | Comments(0)

7月22日から23日にかけて、1泊バスツァーに参加。
初日、木曽路の馬籠~妻籠を歩き、大垣に宿泊。
二日目は花の名山、伊吹山に登るコース。

22日朝8時40分、バスは町田を出発。
参加者は39名、そのうち男性は6名ばかり。
それに添乗員がつく。
バスガイドは乗車せず。
強く降っていた雨も次第に小降りになり、
10時5分、談合坂SAに着く頃には雨も上がる。
15分の休憩後、さらに中央自動車道を進み、
11時40分に諏訪湖SAに到着。
15分休憩し、諏訪湖を通りすぎ南下。

バスの中で、昼食の握り飯を食べる。
バスガイドがいないので、余計な話に耳を傾けることもなく、
この方が気分も落ち着く。
必要事項は添乗員から連絡があるので、これで十分。
中央自動車道を中津川ICでおり、
最初の目的地、馬籠には午後1時半到着。
アクセス時間がかなりかかる。

馬籠宿は中山道43番目の宿場、木曽11宿の最南端である。
長野県だと勘違いしていたが、
岐阜県中津川市である。

馬籠宿はかなり急な坂道で、その両側に古い家屋が並んでいる。
今回は峠を越えて妻籠宿へ向かう中山道を歩くので、
「清水屋資料館」や「藤村記念館」には寄らず。
幸い薄曇りの天候で、時折り日が射す程度、
山歩きには快適である。

d0037233_14185142.jpg
d0037233_14192822.jpg
d0037233_1420357.jpg
d0037233_14203692.jpg
d0037233_1421340.jpg


石畳の道から次第に山道に。
1時間ばかり登り道が続き、やがて馬籠峠に。
岐阜県から長野県に入り、峠はもう長野県。
妻籠宿は長野県南木曽町である。

d0037233_14252156.jpg


峠からは長い下り道になる。
高低差400メートル近い。
途中にある男滝・女滝に立ち寄る。
雨の降った後なので、水量が多く、
滔々と流れ落ちる滝を真近かに観ることができる。
かって宮本武蔵がここで修行したといい伝えがある。

d0037233_14311975.jpg
d0037233_14314081.jpg
d0037233_1432636.jpg


山中の小さな集落に出る。
旅籠だった家屋がそのまま残っている。

d0037233_14363964.jpg
d0037233_14370100.jpg


途中ほとんど他の登山客に合わず。
若い外国人のカップルが同じ方向に歩いている。
山の支度を全くしていないが、若さだろうか元気に馬籠まで歩きとおす。
ほぼ3時間の行程を歩き終え、妻籠宿に着く。

d0037233_14383778.jpg
d0037233_1439122.jpg


途中39名の仲間、だいぶバラバラになったが、
添乗員さんがうまくまとめ、
予定時間内に全員無事妻籠宿の目的地に到着。
これだけの人数だと、添乗員一人では大変、
最低二人必要なのではと思った。
午後4時45分、バスに乗り込み、
宿泊地の大垣へ向かう。
大垣までは2時間の行程。

More 道路わきで見られた草花
by toshi-watanabe | 2009-07-25 14:46 | 旅行 | Comments(0)

夕やみに開く花

秋には真っ赤な実のなるカラスウリ。
夏に白い花を咲かせるものの、日中はしぼんでしまい、
見ることができない。
昨日朝ウオーキングの途中、蕾をたくさんつけた
カラスウリの蔓を見つける。

夕食の途中、夕やみも迫るころ、
デジカメを持参して、目的地に向かう。
想像以上の素晴らしさに目を奪われる。
蕾から5弁の純白な花が開き、
その後、白い絹糸を紡ぐように次から次と
糸状のものが伸びてくる。
撮影時間は6時半から7時にかけて。
自然の魔術を見ているよう。

d0037233_9523925.jpg
d0037233_953725.jpg
d0037233_9533046.jpg
d0037233_9535418.jpg
d0037233_9541661.jpg
d0037233_95448100.jpg
d0037233_955962.jpg
d0037233_9553485.jpg
d0037233_9555319.jpg
d0037233_9561558.jpg
d0037233_9563771.jpg
d0037233_95726.jpg


柳宗民さんは、こう述べられている。

「宵闇とともに開いて、明け方には萎んで終わる一夜花。
五枚に開く大きな純白の花は、弁周から翁の鬚のように、
長く糸状に裂けて、ふんわりと垂れる。
夜目にも白く浮かび上がるように咲くその花は、
まさに夢心地の世界。
幽玄の花とは、このカラスウリのことであろうか。」

近くに薄紫の花が咲いている。

d0037233_104752.jpg
d0037233_1042758.jpg


素晴らしい開花の瞬間が見られたが、
写真撮影に熱中、
この時とばかり、藪蚊に見事にやられてしまう。
ビールを飲んできたばかりだし、
半袖シャツだったので、両腕10数か所、
あっという間に赤くはれる。
その痒いことたまらず、家路を急ぐ。
by toshi-watanabe | 2009-07-21 10:07 | 草花 | Comments(6)

梅雨空の倉渕へ

7月1日より1週間ほど、群馬の倉渕へ出かける。
あいにくの梅雨の最中、天候には恵まれず。
小雨の降る中、ジャガイモ掘りに精を出す。
すぐ隣の空き地を土地の所有者から借用し、
初めてジャガイモを植え付けた。
植え付けたばかりの頃、野生の猿にいたずらされたが、
何とか実り、収穫にこぎつける。
同時に植えたエンドウ豆と枝豆も実る。
大根も小ぶりながら成長し、食べられるほどに。
普段全く手間をかけていないのに、これだけ収穫とは上々。

d0037233_11312815.jpg


蛍袋が満開に。
赤紫色の花の中に、白花も見られる。

d0037233_1162737.jpg
d0037233_1112215.jpg
d0037233_11122471.jpg


河原撫子(かわらなでしこ)、ピンク色と白花。

d0037233_11134461.jpg
d0037233_1114233.jpg


早くも吾亦紅(われもこう)が。

d0037233_1115676.jpg


虎の尾も満開。

d0037233_11174647.jpg


黄花の山の苧環(おだまき)がひっそりと。

d0037233_11184578.jpg


都忘れがまだ咲いている。

d0037233_11192740.jpg


酔仙翁(すいせんのう)、別名フランネル草、薄いピンクと赤と白花。

d0037233_11214135.jpg
d0037233_11215981.jpg
d0037233_11221829.jpg


下野(しもつけ)と下野草(しもつけそう)も終わり。

d0037233_112339100.jpg
d0037233_1124486.jpg


More 他の草花も
by toshi-watanabe | 2009-07-08 11:31 | 草花 | Comments(5)