<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

群馬の花(続き)

群馬で過ごした折に撮った花の写真(つづき)です。


むらさきしきぶ(紫式部)。
クマツヅラ科ムラサカイシキブ属。
学名はギリシャ語で「美しい実」の意味。
花が咲き始めたところ。
d0037233_15718100.jpg



ねむのき(合歓の木)。
マメ科ネムノキ属。
夜になると葉を閉ざし、垂れ下がって眠るよう。
d0037233_15111441.jpg



きんしばい(金糸梅)。
オトギリソウ科オトギリソウ属。
5枚の花弁は光沢があって美しい。
d0037233_15144077.jpg



なつつばき(夏椿)。
ツバキ科ナツツバキ属。
花弁のふちには細かい鋸歯がある。
d0037233_15163183.jpg



すいかずら。
スイカズラ科スイカズラ属。
忍冬という名で、薬草として傷の消毒や火傷などに使われる。
初め白色の花が咲き、次第に黄色くなり、
金色と銀色が混じったようになり、別名を金銀花という。
d0037233_1522916.jpg



こおにゆり(小鬼百合)。
ユリ科ユリ属。
別名を萓百合(すげゆり)。
d0037233_15245767.jpg



クロコスミア。
アヤメ科クロコスミア属(またはモントブレチア属)。
別名をモントブレチア、また姫檜扇水仙(ひめおうぎずいせん)とも。
d0037233_1538082.jpg



やぶかんぞう。
ユリ科ワスレグサ属。
八重で、別名を忘れ草。
d0037233_15312815.jpg


ほたるぶくろ(蛍袋)。
キキョウ科ホタルブクロ属。
学名はラテン語で「小さな鐘」。
d0037233_15382423.jpg

by toshi-watanabe | 2007-07-21 15:40 | 草花 | Comments(1)

お盆は上州で

7月8日(日)、1週間ほど早めに松戸の八柱霊園へ墓参りに。
早朝でかけたが、入口はまだ開門時間前で路上には
10台ほど車が並んでいる。

墓地の清掃を済ませ、花を供え香をたいて墓参をし、
そのまま群馬へ向かう。
霊園の近くから高速道路に入れるようになり、
便利になる。

昨日18日までのんびり田舎暮らし。
今回は天候には余り恵まれず、
終日まわり一面、霧の立ち込めたときもあり。

7月に日本に上陸した台風としては
戦後最大級で最強の4号が
沖縄、九州から関東、東北まで縦断。
その直後に新潟中越沖地震。
つい3年前に起きたばかりの地域に。
親戚も何とか無事で一安心。

途中、Yさんが見え、またたびを採りに行く。
またたびの収穫。

d0037233_10564451.jpg


More
by toshi-watanabe | 2007-07-19 11:08 | 草花 | Comments(0)

陶硯のこと

先日古くからの友人、Oさんからはがきが届く。
はがきの裏面には陶硯(とうけん)の裏側の写真が
プリントされている。

d0037233_912463.jpg


陶硯とは陶器の硯(すずり)で、この陶硯は有田焼風、
あるいは中国の景徳鎮のような焼き物。
この友人は篆刻を長いことやっており、
般若心経の全文字を彫ってしまった。
彼が個人的に篆刻の師と仰ぐ中国人から
最近いただいたのが上記の陶硯である。

Oさんはこの裏面に書かれている文章を読み解きたいが、
まったく分からない。
ただ日本製ではないかと推測している。
どなたかお分かりの方がいたら、
ぜひ教えていただきたい。
調べる手立てをご教示いただけるだけでも助かります。
by toshi-watanabe | 2007-07-07 09:15 | 一般 | Comments(0)