<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

つい先日、プラザ合意から丁度20年を迎えたと報道された。
私自身米国出向から帰国した翌年のことで、この先進5カ国の
財務担当者による合意により、急激な円高が進み、日本の輸出企業
にとっては大変厳しい時期を迎えた。
これがきっかけで、多くの製造業が海外への進出を始めた。

この会議が開催されたニューヨークのプラザホテルは
セントラルパークのすぐ南側で、東側は五番街と、大変立地条件もよく
観光スポットの一つであった。
勿論ニューヨーク屈指の高級ホテル。

ところが今年の5月に閉鎖され、商業とコンドミニマムの複合施設に
改装される。
一部宿泊施設も残るようだが。

現地に駐在していた頃、週末などによくマンハッタンに出掛け、
プラザホテルの辺りも時折り通り、お茶を飲みに立寄ったこともある。

ニュージャージーの事務所に勤めていたナンシーという女性の父親は
チェコからの移住者で、このプラザホテルのドアマンをしていた。
ホテルからの収入はわずかで、ほとんどが顔なじみの常連客から
いただくチップが主な収入源との話を聞いたことがある。
ドアマンの権利を入手するのは大変らしい。
by toshi-watanabe | 2005-09-27 09:33 | 米国 | Comments(0)

中秋の名月

9月18日は中秋の名月。
午後8時過ぎ、夜空に現れた月を撮っては見たものの、
月だけでは何となく納まらない。
少しばかり加工を施してみた。

d0037233_1058555.jpg

by toshi-watanabe | 2005-09-23 10:58 | 一般 | Comments(0)

金沢八景を訪れる

昨日は日差しの強い中、「仏像を学ぶ会」のメンバーで金沢八景に出掛ける。
広重の描いた「金沢八景」の一つ、「称名晩鐘」で有名な称名寺へは
今回の予定にはなく、11月に訪れることになっている。

9時半に京急の金沢八景駅前に集合し、大道へ向かう。
宝樹院の阿弥陀三尊像と光伝寺の地蔵菩薩像の拝観が主要目的。
宝樹院へは60段の急な石段を登る。
宗派は真言宗、御室仁和寺の末寺である。

本堂の横奥に阿弥陀堂があり、その中に阿弥陀三尊像が安置されている。
三尊像は平安末期に制作され、鎌倉時代に大幅に手を加えられたようで、
いずれも檜材の一木造りの像、彫眼が玉眼に改変されている。
中尊像の阿弥陀如来像は等身の坐像で高さは約84cm。 
額の生え際にうねりを持たせ、上瞼付近にも手を加えられた様子がうかがえる。

当初は常福寺に建立されたとあるが、その存在は不明。
本堂から阿弥陀堂へ向かうすぐ左側に、小泉家の立派な墓が目に付く。
総理大臣就任を記念して植樹された木もあり、ここは小泉家の菩提寺なのだろう。

バス通りに出ると「小泉又次郎誕生地」の石碑が立っている。


d0037233_1021312.jpg
d0037233_10213183.jpg


バス通りを歩いて光伝寺に向かう。
宗派は浄土宗、本堂の前にはビャクシンの古木が一本立っている。

本堂の本尊の右横に安置されている地蔵菩薩像は像高165cmと
等身大の木像で、堂々とした立派な菩薩像である。
檜材の寄木造り、玉眼を嵌めで、肉身部が漆箔、着衣は
漆地に彩色の古色仕上げが施されている。
鎌倉時代の作とされる。

因みに地蔵菩薩は地獄に落ちようとする人々を救う菩薩である。
by toshi-watanabe | 2005-09-13 10:25 | 寺院・仏像 | Comments(0)

東御苑

来年5月末に開催予定の中学同期会の下打ち合わせで、
昨日神田一ツ橋の如水会館で会食の場を持った。
食事の後、5人の仲間ですぐ近くの東御苑へ出掛ける事になった。
東御苑の存在は前から知っていたものの、私にとってははじめて、
他の3人も東御苑に入るは初めてだった。

平川門から入園、入場料は無料、想像以上に広大で、起伏もあり、
古木も多く、ゆっくり散策していると1時間半ほどがあっという間に
過ぎてしまった。

二の丸跡付近にある雑木林は昭和天皇のご発案により武蔵野の
雑木林をそっくり移築して造成されたとか、今ではすっかり
武蔵野の面影をとどめている。
雑木林の中に入ると、ヤマハギ、キンミズヒキなどが咲いている。

二の丸池の周囲にはサルスベリの木々があり、白、ピンク、赤など
色々の種類の花が咲いている。

残念ながらカメラを持参しておらず、写真に収められず。

秋の紅葉、早春から春に掛けての梅、桜、躑躅の満開時は
素晴らしい景色が楽しめそうで、次回はぜひともカメラ持参で
来て見たい。
by toshi-watanabe | 2005-09-09 09:32 | 同期会 | Comments(0)

総選挙

いよいよ衆議院議員総選挙の投票日も後3日となりました。
ご多分に漏れず、今回の総選挙には私も強い関心を抱いております。
小泉総理の主張する郵政民営化は非常に重要なテーマだと思いますし、
国民の判断がどう出るか見守っています。

ここ神奈川8区では、民主党から立候補しているものの、
知名度の高い岩国さんが本命といった感じで俄然強く、さらには昨日、
横浜市長が一緒に車に乗って回っており、どうやら当確ではとの
話も耳にします。

2番手は、無所属から出ている江田さんで、こちらも知名度があり、
郵政民営化賛成を訴えています。
岩国さんを追いかけ、自民党と共産党の候補に差をつけているようです。

政党で選ぶのか、人で選ぶのか、いずれにしても国民として、
皆、選挙権を必ず行使して欲しいものです。
by toshi-watanabe | 2005-09-08 09:29 | 一般 | Comments(0)

ニューオーリンズ

ここ数日間、毎日TVの画面に米国ニューオーリンズの悲惨な姿が
映し出されています。
これが世界一豊かな国のことかと眼を疑ってしまいます。

ニューオーリンズは米国南部、ルイジアナ州の中心をなす大都会です。
色々なニックネームが付けられています。
米国で最も欧州的な都会、南部の巴里、或いはジャズ発祥の地等々。

その中で最も有名なのが、一つは "Big Easy"、もう一つは "Crescent City"。
ニューヨークが Big Appleと呼ばれるのに対して、こちらは Big Easyと
呼ばれるのは、大都会で、ゆったりしたペースで皆暮らしているという所らしい。
以前、 "Big Easy" という有名なダンスホールがあったそうです。
とは言え現状は Easy どころか、Difficult ですが。

現在、French Quarter と呼ばれる中心地 (ここは水害でどんな状態に
今なっているのでしょうか心配) から大きく曲がって流れるミシシッピ川に
沿って町が広がって行き、三日月形の都市に発展した為、"Crescent City" と
呼ばれています。

1日も早く救済が進み、復興できるよう祈るばかりです。

d0037233_1624679.jpg

by toshi-watanabe | 2005-09-05 16:28 | 米国 | Comments(0)