カテゴリ:季節( 158 )



大相撲秋場所(9月場所)が幕を閉じた。


初日から3横綱が休場、そして途中から2大関が休場という異常事態。
一人横綱出場の日馬富士が初戦から黒星続きでかわいそうなスタートだった。
秋場所ならぬ空場所と揶揄されたり。
それでも相撲ファンは有難いもので、
入場券発売日にはすべてのチケット完売、当日分も札止め、
15日間「満員御礼」の垂れ幕。



終盤までほぼ独走態勢だった大関豪栄道が、
12日目、13日目と立て続けに平幕力士に敗れ、
あっと言う間に横綱日馬富士と星一つの差に。
千秋楽に持ち込まれた優勝の行方は、
結局、日馬富士が本割、優勝決定戦共に豪栄道を押し出し、
7場所ぶり、9回目の優勝を果たした。
経験豊かな日馬富士が気力でも圧倒していた。
豪栄道は全く相手にならず。



今場所も、アンケート調査が行われ、「敢闘精神あふれる力士」が
毎日発表されていた。
第1位に選ばれた回数を見ると、
阿武咲(敢闘賞を受賞)が5回、豪栄道と嘉風(技能賞受賞)がそれぞれ3回、
貴景勝(横綱大関に土を付けており殊勲賞受賞)が2回、
日馬富士と北勝富士がそれぞれ1回。
日馬富士の1回は千秋楽の相撲に対してである。
1位、2位、3位の合計回数で見ると、
阿武咲の9回、豪栄道の7回、日馬富士の5回と続き、
嘉風と朝之山(新入幕で見事敢闘賞受賞)がそれぞれ4回、
貴景勝、遠藤、北勝富士がそれぞれ3回となっている。
2回選ばれているのが、御嶽海(辛うじて勝ち越しを決めた)、
千代大龍、そして琴奨菊。
幕内筆頭まで落ちた琴奨菊、今場所は1横綱2大関を破り、
殊勲賞の声も上がったようだが、元大関に対しては失礼ではと、
受賞とはならなかった。



11月の九州場所には、4横綱揃って元気な姿を見せて
力の入った相撲を取ってもらいたい。




by toshi-watanabe | 2017-09-26 09:53 | 季節 | Comments(0)

今日は敬老の日

今日は敬老の日、国民の祝日です。
こちらは台風一過青空が広がっています。
台風の通過で大きな被害を受けられた方々には、

心よりお見舞い申し上げます。


こどもの日があり、成人の日があり、それで老人の日も生まれました。
老人の日が敬老の日になり、
それも915日からいつの間にか9月の第3月曜日に。


台風の前触れの雨が激しく降る中、
昨日は地元の町内会主催の「第43回敬老祝賀会」に参加しました。
75
歳以上の高齢者が招待され、
一昨年に続いて、二度目の参加でした。
午前10時から午後2時まで、会場は町内会館。
招待者が60名ほど、主催者側が30名ほどで、会場は満席。

招待を受けた方々のうち、ごく一部の方が参加されたのだと推察。
9
40分から受け付けなのに、その時間に出かけたら、

すでに皆さん来られている。

地元の老人会には参加しておらず、
もともと土地の人間ではないので、地元の人たちとは全く面識がない。
会場ではやっとお一人顔見知りがおられただけ。
隣の席にお座りの方は、90歳とのことだが至ってお元気、
何代も続いている旧家だそうで、可成りの土地をお持ちのようだ。
近所散策の折など、いくつかの苗字をよく目にするが、
この辺りに古くからお住まいの旧家なのだろう。
横浜市でも北のはずれ、農作業も未だ行われており、農協もある。

田園都市線が通る前は、のんびりした緑豊かな土地だったことだろう。

さて敬老祝賀会だが、殆どカラオケ大会である。
踊り、詩吟、コーラスなどもあったが、

のどに自慢のご老体が次から次と歌いまくる。
昼食は、地元のすし屋さんお手製の助六弁当。
飲み物は缶ビールやコーラ。
午後には、私は初めて見る顔だが、

古都(こと)はるみさんという歌手が来られ、
(都はるみさんと同じ京都生まれとのこと)、
1
時間以上舞台を独占、歌ってくれる。
色々な歌手の歌、特に美空ひばりの歌を数多く歌われる。
ご自分のオリジナル曲も1曲、「風花航路」を歌われる。

固い椅子で尻が痛くなる。
午後2時閉会の予定が20分ほどオーバー。
お土産をいただいて、早々に引き上げる。
歩いて8分ばかりの距離だが、すっかりびしょ濡れになる。





by toshi-watanabe | 2017-09-18 10:09 | 季節 | Comments(4)



暑い盛りの名古屋場所が23日の日曜日、幕を閉じる。
終わってみれば、白鵬が39回目の優勝を果たす。
平成の大横綱である。
上位陣が苦戦するなか、平幕の碧山が大活躍、
あわや白鵬との優勝決定戦になるのではとの期待も。
碧山は2度目の敢闘賞を受賞する。
横綱白鵬に唯一の黒星を与えた新関脇の御嶽海が2回連続の殊勲賞。
今場所会場を大いに沸かしたのが、小柄力士でいろいろな手を使う
技巧派の宇良と石浦、特に宇良は人気者。

怪我などで途中休場したのが稀勢の里と鶴竜の両横綱、
大関の照ノ富士、それに人気抜群の遠藤の4力士。
しっかり養生して、次の場所に備えてもらいたい。
完全に相撲を取れる体調でなければ、本場所には出場すべきではない。

恒例の来場者と有料会員による「敢闘精神あふれる力士」が公表されている。
毎日1位、2位、3位の力士が発表されているが、
1位に3回選ばれたのが宇良と北勝富士、2回選ばれたのが嘉風。
1位から3位までの合計回数で見ると、
トップは宇良の8回、次いで御嶽海と北勝富士の6回、嘉風と石浦の4回、
高安と栃ノ心の3回と続く。
因みに横綱の白鵬と日馬富士は1回づつ選ばれている。

新大関の高安は両横綱に敗れたものの、9勝6敗の成績。
新関脇の御嶽海は上位陣を相手に勝ち越しを決める。
その一方で、大関の豪栄道、関脇の玉鷲、小結の琴奨菊は負け越し。

ほぼ毎日テレビ観戦していたが、会場は如何にも暑そう。
とにかく団扇や扇子が目に付く。
登場する力士も汗びっしょり。
今場所会場に姿を見せた有名人をテレビカメラがとらえる。
すっかり名を挙げた将棋の藤井4段や
フィギュアスケートの浅田真央さんなどが映し出される。
テレビ中継のゲストには、宮崎美子さんが登場。

次の場所には、4横綱、3大関揃っての活躍を期待したいもの。



by toshi-watanabe | 2017-07-25 14:42 | 季節 | Comments(0)

紫陽花を観に高幡不動へ

今年4月末に訪れたばかりの高幡不動へ、
今月19日に再び出かける。
日野市在住のパソコン勉強仲間のMさんが企画されたもので、
高幡不動尊境内の裏山で今盛りと咲いている
紫陽花の撮影会である。
メンバー6人ばかりが参加する。
早めのランチを駅前の店で簡単に済ませ、いざ参道へ。
参道を抜けると正面には仁王門、左手には五重塔。
d0037233_10282867.jpg
「あじさい祭り」の看板も出ている。
お堂の前の広場には、鉢植えの山紫陽花が展示されている。
中には、ヒマラヤ産の珍しい種類のものも。
d0037233_10293454.jpg
d0037233_10295071.jpg
d0037233_10300829.jpg
d0037233_10302644.jpg
d0037233_10305263.jpg
早速、裏山を登り始める。

d0037233_10340801.jpg
つづら折りの山道の両側には、満開の紫陽花が
所狭しと咲き誇っている。
規模としては決して大きくはないが、山紫陽花が殆どで、
花の色、形が豊富で、見ていて飽きない。

d0037233_10365722.jpg
d0037233_10371084.jpg
d0037233_10383457.jpg
d0037233_10385348.jpg
d0037233_10390682.jpg
d0037233_10392313.jpg

d0037233_10400371.jpg
d0037233_10401848.jpg
d0037233_10403738.jpg
d0037233_10414497.jpg
d0037233_10420348.jpg
d0037233_10423485.jpg
d0037233_10443306.jpg
d0037233_10444828.jpg
d0037233_10450002.jpg
d0037233_10451242.jpg
d0037233_10452450.jpg
d0037233_10454092.jpg
d0037233_10455552.jpg
木の間から五重塔。
d0037233_10472080.jpg
d0037233_10473057.jpg
撮影会のあとは、Mさんのお誘いをいただいて、お宅にお邪魔する。
すっかり夕刻まで大歓待を受けてしまう。
帰り際に、玉ねぎまでいただく。
この場を借りて、Mさんにお礼申し上げます。







by toshi-watanabe | 2017-06-21 10:50 | 季節 | Comments(8)

銀座へ出かける

初夏の陽気の昨日、銀座へ出かける。

実は先週末の土曜日、中学三期生の同期会が
京橋にある南湖料理の中華料理店「雪園」にてあり、
その帰りに銀座通りを散策したばかり。
その日はちょうど歩行者天国で、銀座通りは車道も歩けた。

ところで、昨日は、銀座松屋8階のイベントスクエアで
開催中の「マミフラワーデザイン展2017」を見学するのが目的。
d0037233_09341765.jpg
知り合いのKさんから招待券を2枚いただいて、
家内と一緒に出掛ける予定にしていたのだが、
家内の二番目の姉が急に胆石で苦しみ入院手術となったため、
その付き添いなどで病院通い、
とても出掛けられる状況ではないので、
展示会最終日の昨30日、1人で出かけた。

見学者はほとんどご婦人、入場するのも少々気後れする。
花をふんだんに使って、作者のイメージを具体化され、
デザインを工夫された作品が数多く展示されている。
「ピンク」、「イエロー」、「オフホワイト」、
そして「グリーン」とコーナーを色分けして展示されている。
ごく一部の作品。
d0037233_09383984.jpg
d0037233_09384978.jpg
d0037233_09385633.jpg
d0037233_09390409.jpg
d0037233_09391359.jpg
d0037233_09392174.jpg

展示会見学後は、今年銀座にオープンしたばかりの、
評判の高いGSIX(銀座シックス)に立ち寄る。
銀座6丁目にあり、一部は以前銀座松坂屋があったところ。

d0037233_09422309.jpg
d0037233_09423644.jpg
d0037233_09432821.jpg
d0037233_09440802.jpg
お店を見てもしょうがないので、屋上へ向かう。
屋上へのエレベーターに乗るのに行列ができているものの、
それほど待たされずに乗車できる。
広々とした屋上、樹木や草花が植えられ、緑も多く気分がいい。

d0037233_09475222.jpg
d0037233_09480189.jpg
紫陽花の花も咲き始めている。
d0037233_09480991.jpg
d0037233_09481920.jpg
d0037233_09482773.jpg
銀座通りの向かい側はユニクロのビル。
窓際に並ぶマネキンさんたちはユニクロ製品を身にまとい、
ゆっくりと回っている。
面白い景色、下の通りからでは見えないのでは。

d0037233_09503283.jpg
360度見晴らしが可能で、東京スカイツリーと東京タワーが望める。
d0037233_09505610.jpg
d0037233_09510991.jpg
下の銀座通りを眺める。
銀座4丁目の交差点から京橋方面。
d0037233_09512268.jpg
そして新橋方面。
d0037233_09513274.jpg
下りのエレベーターは6階止まり、
後はエスカレーターを使って下の階へ向かう。
各階にある店に寄って買い物をしてほしいという店の魂胆なのだろう。
中央部分は吹き抜けになっている。
d0037233_09554126.jpg
新しい東京銀座の名所となりそうである。




by toshi-watanabe | 2017-05-31 09:56 | 季節 | Comments(8)

洗足池を散策する

昨5月2日、蒲田まで出かける。
蒲田駅を降りるのももう何十年ぶりかである。
耳鼻科の紹介で、使用させていただいた補聴器、
遂に買い求めることで、蒲田の補聴器店にお邪魔する。
かなりの額の散財になるが、致し方なし。
初めて知ったのだが、補聴器は非課税、消費税がかからない。

陽気もよく、帰途の途中、池上線の「洗足池」で下車する。
改札を出たところ、中原街道が通っている。
その街道を渡ると、目の前に洗足池が広がる。
何度か電車の窓から眺めていたのだが、洗足池のまわりを歩くのは初めて。

d0037233_10453975.jpg
d0037233_10455498.jpg
d0037233_10461001.jpg
d0037233_10462665.jpg
d0037233_10465284.jpg
古くは千束郷大池と呼ばれていたが、
1282年(弘安5年)、日蓮上人が身延山から常陸の温泉に向かう途中、
この池で足を洗ったという伝説から洗足池と言われるようになった。

池の西側を時計回りに進み、小さな橋を渡ると、
朱塗りの鳥居があり、向かい側の石段の上には千束八幡神社。
すぐ横には名馬池月の像が見える。
源頼朝の前に突然現れた名馬は「池に映る月影のようである」
として池月と呼ばれ、頼朝の馬となる。
八幡神社は「旗揚げ神社」ともいわれる。
頼朝ゆかりの地でもある。

d0037233_10544947.jpg
d0037233_10550625.jpg
船の浮かぶ池を眺めながらしばらく行くと、
水辺に黄色い河骨(こうほね)の花が咲いている。

d0037233_10573283.jpg
池の東、大田区立大森第六中学校があるが、
その地に、勝海舟の別邸、洗足軒がかってあった。
1868年(慶応4年)3月、江戸城明け渡しと15代将軍徳川慶喜の
処分について、三田の薩摩藩蔵屋敷で西郷隆盛と
会見したのちも、勝海舟は東征軍の本営池上本門寺を再三訪ねた。
その途中、西郷と共に洗足池の風光を愛でたことが縁となって、
この地に藁葺きの別邸を構えた。
死後、遺言によって池畔に勝海舟夫妻の墓がつくられた。
夫婦の墓の隣には、西郷隆盛の留魂碑と詩碑が並んでいる。


d0037233_11063079.jpg
d0037233_11064369.jpg
d0037233_11065869.jpg
日蓮上人ゆかりの松の木と銅像が立っている。
d0037233_11082449.jpg
d0037233_11085029.jpg

洗足池の近くには、日蓮宗総本山の池上本門寺がある。
東京では数少ない五重塔が本門寺の境内に立ち、
重要文化財に指定されている。

穏やかな日和で、洗足池のまわりをのんびりと一周する。











by toshi-watanabe | 2017-05-03 11:13 | 季節 | Comments(0)

新宿御苑でお花見

昨4月6日は朝から晴れ間も見え、お花見に出かける。
新宿御苑の新宿口に行くと、入口の門のところには大勢の人たち、
列もみだれて大混雑の様相。
手荷物検査が行われており、特にアルコール飲料の持ち込みは厳禁。
検査が済むと、今度は入場券の販売窓口に長蛇の列。
大人一人、入場料は200円也。

58ヘクタールもの広々とした苑内だが、すでに大勢の見物客が見られる。
皆さん、お花見日和を逃すまいと、やって来られているのだろう。
誰もが思いは同じ。
海外から来られている方たちもずいぶんと目につく。
東京九段、靖国神社のソメイヨシノの開花宣言があったのが、
確か3月21日、すでに2週間を超えている。
桜の花は満開、まさに春爛漫の桜一色である。

d0037233_14411237.jpg
d0037233_14411948.jpg
ソメイヨシノが最も多いが、御苑には60種類以上の桜の樹がある。
満開になったばかりなのが、「アメリカ」。
かって米国に送られたソメイヨシノの実生から生まれた品種で、
ソメイヨシノに比べて花が大きい。
現地では「曙」と呼ばれたが、日本国内にはすでに同名のものがあり、
「アメリカ」とされた。

d0037233_14412738.jpg
d0037233_14413340.jpg
d0037233_14414126.jpg
もう峠を過ぎた感じの「陽光」。
d0037233_14460116.jpg
「シュゼンジカンザクラ」(河津桜のような品種)や「ヒマラヤヒザクラ」
等はすでに花の時期を終えている。
苑内を散策すると、いたるところに「ソメイヨシノ」。
枝を地面に届くほどに伸ばし、数えきれない花をつけている。
d0037233_14461291.jpg
d0037233_14462377.jpg
d0037233_14463314.jpg
d0037233_14464281.jpg
d0037233_14513943.jpg
これから満開の時期を迎える「枝垂桜」や「八重紅枝垂」。
d0037233_14514884.jpg
d0037233_14515626.jpg
d0037233_14520444.jpg
満開の時期を過ぎたと思われる「大島桜」。

d0037233_14521114.jpg
d0037233_14563657.jpg
「太白」。
d0037233_14564558.jpg
「白妙」。
d0037233_14565463.jpg
「朱雀」。
d0037233_14570249.jpg
同じ桜でも、「ウコン」、「関山」、「御衣黄」、「フゲンゾウ」、
「一葉」などは、未だ固い蕾のまま。

桜以外にも、春の花が見られる。
「花海棠」。
d0037233_14571016.jpg
「木瓜」。
d0037233_14594896.jpg
壁面の如く、「深紅の椿」がぎっしりと咲いている。
d0037233_14595737.jpg
「土佐水木」と「支那水木」の黄色い花。
d0037233_15000709.jpg
d0037233_15002182.jpg
「花梨」。
d0037233_15003092.jpg
草花も咲いている。
「射干」。
d0037233_15044288.jpg
「花韮」。
d0037233_15045012.jpg
「クリスマスローズ」。
d0037233_15050075.jpg
ピンクと白色の「踊子草」が群生している。
d0037233_15050871.jpg
d0037233_15051668.jpg
「一輪草」も。
d0037233_15052420.jpg
途中、エコハウスの「レストランゆりのき」にて、昼食をとり、
すっかり苑内の散策を満喫する。












by toshi-watanabe | 2017-04-07 15:08 | 季節 | Comments(0)

3月31日はパソコン勉強会の仲間とお花見撮影会。
午前10時半、JR中央線の武蔵小金井駅の改札口にて集合。
今回は6名が参加する。
駅前からバスに乗車し、5分ほどの距離、
玉川上水を通り越せば、目的地の「小金井公園」である。

私にとっては初めての場所だが、
女性のMさんがご存じで、計画を立てていただいた。
昭和29年(1954)に開園した東京都立の公園、
80ヘクタールほどの広さがある。

d0037233_14133705.jpg
入口を入ると、そこは「桜の園」、
すくなくともソメイヨシノは今頃満開のはずだったのだが。
ちらほら花の咲いている樹木が数本見えるだけ。

d0037233_14140978.jpg
菜の花は今まさに満開である。
d0037233_14143546.jpg
d0037233_14144833.jpg
わずかに咲いているソメイヨシノ。

d0037233_14182780.jpg
d0037233_14184847.jpg
d0037233_14185711.jpg
辛夷の花が咲いている。
d0037233_14193422.jpg
桜の一種「陽光」、ピンク色の花が満開。
d0037233_14211795.jpg
d0037233_14210756.jpg
すでに咲き終えている「大漁桜」。
d0037233_14215482.jpg
これから花の開く桜の樹木。
d0037233_14214694.jpg
d0037233_14243377.jpg
d0037233_14251625.jpg


どんよりとした曇り空で、外は寒い。
公園内にある「江戸東京たてもの園」に入る。
ここは有料となっている。
シニア向けの特別料金もあり。
平成5年(1993)に江戸東京博物館の分館として発足。
江戸東京たてもの園の敷地面積は約7ヘクタールある。
東京の歴史的な建造物が失われつつあるのを防ぐため、
現地保存の難しい文化価値の高い歴史的建造物を移築し、
復元・保存・展示するとともに、
貴重な文化遺産として時代に継承することを目指している。

先ずは腹ごしらえと、
復元建造物の一つ「デ・ラランデ邸」内にある
カフェ「武蔵野茶房」に入り食事をとる。
私自身は、カレーライスと生ビールをいただく。
d0037233_14255296.jpg

食後は、園内の復元建造物を巡る。
「三井八郎右衛門邸」の庭を散策する。

d0037233_14405470.jpg
庭から屋敷を望む。
d0037233_14411517.jpg
見事な枝垂れ桜が満開である。
d0037233_14411974.jpg
d0037233_14413424.jpg
山茱萸も満開。
d0037233_14414413.jpg
蕗の薹と馬酔木。
d0037233_14434102.jpg
「高橋是清邸」の前には、原っぱが広がり、
今を盛りと「紫花菜(むらさきはなな)」の大群生。
d0037233_14432755.jpg
d0037233_14435937.jpg
「高橋是清邸」を見学する。
二階の居間からは手入れの行き届いた庭が見渡せる。
2・26事件の際に高橋是清蔵相が殺害された部屋もそのまま。
硝子戸のガラスは明治時代のもの。
d0037233_14441734.jpg
d0037233_14495942.jpg
d0037233_14500496.jpg
園内の道を歩いていると、山野草などが目に付く。
富貴草、破れ傘、それに朱い色の馬酔木。
d0037233_14503072.jpg
東ゾーンの一角は、昔の商家(荒物屋、乾物屋、醤油店)、銭湯、居酒屋などが立ち並ぶ。
d0037233_14522500.jpg
d0037233_14530370.jpg
d0037233_14532192.jpg
旧自証院霊屋、皇居正門石橋飾電燈、下谷消防署の望楼上部なども見られる。
d0037233_14533485.jpg
未だ見学できなかった建造物も多々あり、
もう一度訪れてみたいと思う。










by toshi-watanabe | 2017-04-02 15:03 | 季節 | Comments(2)

春のお彼岸、墓参りに3月23日早朝出掛ける。
朝6時に出発したのだが、平日でもあり、走る車の量も多い。
東名から首都高3号線に入る用賀料金所手前で先ず渋滞が始まる。
千葉県松戸市にある都営八柱霊園には7時半ごろ到着。
暫く誰も墓参りに来ていないと見えて、だいぶ荒れ放題。
周りをきれいにして、生花を供え、香を焚き、お祈りする。
朝食に持参したサンドイッチなどを食べて、
9時ごろ霊園を発つ。
霊園裏の桜並木のトンネルは未だ固い蕾のまま。

東京外環道から関越道へ。
多少渋滞はしているものの、車の流れはいい方か。
途中の高坂SAでトイレ休憩。
前橋ICで高速を降り、17号線から高崎環状線に入る。
この環状線の両側は、白木蓮の並木が続く。
今ちょうど満開を迎えている。
フルーツ街道と呼ばれる406号線に入る。
榛名町に入り、いつもの通りパワーセンター・ショッピングセンターに
立ち寄り、食料品や雑貨を仕入れる。
長時間のドライブの末、午後1時過ぎに倉渕に到着する。

遅いランチを済ませて外を眺めると、
青空なのに、雪がちらちら舞っている。
まだまだ春には遠い気候だ。
夕方には、薪ストーブに火を入れる。

それでも早春の花が咲いている。

春蘭。

d0037233_15145589.jpg
クリスマスローズ。
d0037233_15154519.jpg
d0037233_15155444.jpg
ロウバイがまだ咲いている。

d0037233_15164673.jpg
d0037233_15165675.jpg
水仙。

d0037233_15173540.jpg
d0037233_15174540.jpg
d0037233_15175439.jpg
ムスカリ。

d0037233_15184617.jpg
菫。
d0037233_15185455.jpg
翁草が早くも咲き始め。

d0037233_15195820.jpg
可憐な雪割草。

d0037233_15202760.jpg
d0037233_15203893.jpg
山茱萸。

d0037233_15212137.jpg
d0037233_15212964.jpg
韮花。

d0037233_15215639.jpg
蕗の薹。
d0037233_15220563.jpg
紅梅と白梅。

d0037233_15225872.jpg
d0037233_15230617.jpg
24日も寒かったが、25日は終日快晴で日中は春の暖かさ、気分もよくなる。
所が翌る26日の朝、起きだして外を眺めると、何と一面の銀世界。
雪が深々と降り続いているではないか。
積雪で車がスリップするようなことにはなっては大変と、
(急な山道の上り下りがあるので)
予定を一日早めて、朝食後に帰ることにする。
d0037233_15274203.jpg
d0037233_15275208.jpg
d0037233_15280155.jpg
思いもよらぬ春の雪だった。








by toshi-watanabe | 2017-03-28 15:28 | 季節 | Comments(4)



(蘭の花の写真がかなりの量になったため、4パートに分けてアップしています)

今年も春に先駆けて、東京ドームの広い会場にて
「世界らん展ーー日本大賞2017」が2月11日から17日にかけて開催された。
正面に設置された「オーキッド・ゲート」。

d0037233_09353803.jpg
まずは今年度の日本大賞の受賞作品の蘭。
d0037233_09354913.jpg
d0037233_09355792.jpg
デンドロビューム グロメラタム ”ロング ウェル”
Den. glomeratum "Long Well"
神奈川県の永井清さんの作品である。

オーキッドゲートの横を飾るディスプレイ。
d0037233_09360672.jpg
d0037233_09361657.jpg
ディスプレイから見学開始。
d0037233_09420719.jpg
d0037233_09421648.jpg
d0037233_09422469.jpg
d0037233_09423339.jpg
d0037233_09424759.jpg
d0037233_09433492.jpg
各部門の受賞作品。
d0037233_09434437.jpg
d0037233_09435703.jpg
d0037233_09440785.jpg
d0037233_09441472.jpg
d0037233_09445480.jpg
d0037233_09450133.jpg
d0037233_09450812.jpg
d0037233_09451580.jpg
d0037233_09452425.jpg
d0037233_09455109.jpg
d0037233_09460093.jpg
d0037233_09461089.jpg
d0037233_09461807.jpg
d0037233_09464085.jpg
d0037233_09482252.jpg
d0037233_09483025.jpg
d0037233_09483831.jpg
d0037233_09484511.jpg
d0037233_09485645.jpg
d0037233_09492501.jpg
d0037233_09493592.jpg
d0037233_09494225.jpg
d0037233_09495029.jpg
d0037233_09495848.jpg
このあとは「パート2」に続く。。。。。













by toshi-watanabe | 2017-02-18 09:51 | 季節 | Comments(2)