カテゴリ:一般( 143 )

和のキルト部門、入選作品。

d0037233_14482084.jpg
d0037233_14482851.jpg
d0037233_14483857.jpg
d0037233_14484523.jpg



d0037233_1449334.jpg
d0037233_14494022.jpg
d0037233_14494768.jpg
d0037233_14495389.jpg


d0037233_14503487.jpg
d0037233_14504587.jpg


トラディショナルキルト部門の入選作品。

d0037233_14513117.jpg
d0037233_14514046.jpg
d0037233_14514973.jpg
d0037233_14515942.jpg
d0037233_1452421.jpg


プロ作家の創作作品。

d0037233_14525793.jpg
d0037233_1453755.jpg
d0037233_14531875.jpg
d0037233_14532892.jpg



d0037233_14535364.jpg
d0037233_1454338.jpg
d0037233_14541151.jpg
d0037233_14542120.jpg



d0037233_14551918.jpg
d0037233_14552930.jpg
d0037233_14553998.jpg
d0037233_14595773.jpg



d0037233_1502049.jpg
d0037233_1503074.jpg
d0037233_1503910.jpg
d0037233_1504833.jpg



d0037233_1511791.jpg
d0037233_1512772.jpg



。。。。。。 続く
by toshi-watanabe | 2014-02-08 15:01 | 一般 | Comments(2)

1月末、東京ドームにて開催中の
「第13回東京国際キルトフェスティバル」を見学する。
すっかり毎年1月には見学する恒例となっている。

d0037233_13433917.jpg


一塁側が正面入り口、スタンドの一番高いところから観客席の
長い階段を下りて会場へ。
例年通り、圧倒的に中高年のご婦人で会場は溢れている。
「トラディショナルlキルト部門」、
「和のキルト部門」。
「バッグ部門」、
「創作キルト部門」、
「ジュニア部門」、
「額縁部門」と
全国より応募された数多くの作品の中から、
第一次、第二次審査を通って入選を果たした作品が出展されている。

特別出展として、
「キルトでつむぐムーミン物語」、
「北欧の至宝 ウール刺繍」、
「黒羽志津子の全仕事(布が教えてくれたこと)」
のコーナーが設けられている。

一番中央部には、
キルトコンテスト「日本キルト大賞」の作品が掲げられており、
その周りには、60名の代表的なキルト作家による
創作キルトが展示されている。
また著名人による
「わたしの布遊び」と「すてきにハンドメイド」のコーナーも。

更に展示コーナーを囲んで、
二百数十の小間が並び、キルト用の布地、材料や
関連の品が販売されている。

日本キルト大賞 「コットン ストーリー」、
岡山県の赤堀満里子さんの作品。

d0037233_140129.jpg

d0037233_1402591.jpg


準日本キルト大賞 「Mysterious Letter」、
千葉県の野沢典子さんの作品。

d0037233_1415071.jpg
d0037233_142045.jpg


ハンドメイキング賞 「ミスティ フローラル」、
三重県の石田実乃里さんの作品。

d0037233_1434841.jpg
d0037233_146154.jpg


フレンドシップ賞 「Snow angel 舞い降りる時!」、
大阪府の工藤和代さんの作品。

d0037233_1473892.jpg
d0037233_1475199.jpg


トラディショナルキルト部門の第1位~第3位作品。
「平和」、茨城県の遠藤由利子さんの作品。

d0037233_14114544.jpg


「夏景色」、東京都の小田島由美さんの作品。

d0037233_14123242.jpg


「Anniversaire (記念日)」、埼玉県の大岡順子さんの作品。

d0037233_1414146.jpg


創作キルト部門の第1位~第3位作品。
「Fishing?」、兵庫県の赤藤洋子さんの作品。

d0037233_14161257.jpg


「オリエンタルパズル」、兵庫県の金澤比人美さんの作品。

d0037233_14171818.jpg


「さぁ!銀河へ出発」、鳥取県の河瀬かず江さんの作品。

d0037233_14184741.jpg


和のキルト部門、第1位~第3位、
「蛍」、埼玉県の横井芳子さんの作品。

d0037233_14204968.jpg


「時を紡ぐ」、兵庫県の安達澄子さんの作品。

d0037233_14225724.jpg
d0037233_14233356.jpg


「いろは紅葉」、岩手県の渡邊麗子さんの作品。

d0037233_14245993.jpg
d0037233_14251859.jpg


ジュニア部門、第1位~第3位、
「たのしい りょこう」、千葉県の皆川まゆなさんの作品。

d0037233_14271444.jpg


「はらぺこ おべんとう ランド」、東広島市立松賀中学校、
家庭科部Aの皆さんの作品。

d0037233_14285840.jpg
d0037233_14293762.jpg


「永遠の黄昏」、埼玉県の福場博文君の作品。

d0037233_1433061.jpg

d0037233_14445176.jpg


額縁キルト部門、第1位~第3位、
「赤い月」、大阪府の彦阪泉さんの作品。

d0037233_1434114.jpg


「「マダムふじ子」、青森県の小山内悦子さんの作品。

d0037233_14352132.jpg


「思い出の棚田」、岡山県の鹿田富美子さんの作品。

d0037233_1436910.jpg
d0037233_14362691.jpg


バッグ部門、第1位~第3位の作品。

d0037233_14373045.jpg
d0037233_14374183.jpg
d0037233_14375247.jpg


。。。。。。。。続く
by toshi-watanabe | 2014-02-08 14:38 | 一般 | Comments(0)

1月29日、江戸東京博物館で開催中(3月2日まで)の
「大浮世絵展」を見学する。
世界各地で保存されてきた浮世絵の傑作が展示されている。

d0037233_9114254.jpg


「浮世」とは、この世の中のこと。
浮世絵は、その時々の世間の流行や風俗を
描いた絵を意味する。
今風に言えば、コンテンポラリ・アーツと言える。
江戸初期に誕生し、その時々の流行の風俗を
写しながら発達した浮世絵。
作り手は、人々の関心を引くために、
様々な工夫を凝らした。
それはまさに江戸という都会が生んだ絵画である。

今回の浮世絵展は国際浮世絵学会創立50周年と
江戸東京博物館開館20周年を記念する特別展。
約300年の浮世絵の歴史が一望できるように展示。
第1章は浮世絵前夜、
第2章は浮世絵のあけぼの、
第3章は錦絵の誕生、
第4章は浮世絵の黄金期、
第5章は浮世絵のさらなる展開、
そして第6章が、新たなるステージへ、
と順番にコーナーが設けられている。

約440点が国内外から集められているが、
実際の展示は入れ替えがあり、その半数程度。

江戸東京博物館は、両国駅前にあり、
両国国技館に隣接している。
平日にもかかわらず、大勢の見学者で一杯。
入場料が1300円のところ、
シニアは半額である。
観光バスが何台も駐車、
観光コースにも入っているのだろう。

常設展示場では、江戸時代の風物を楽しむことができる。
今回は特別展のみ入場する。
それでもじっくり見学していると、あっという間に2時間経過。
浮世絵によって、当時の江戸の流行が庶民に知れ渡り、
いわばファッション雑誌でもあったのだと思うと、
興味も倍増する。

展示品の少ない第1章コーナーでは、
国宝の「風俗図屏風(彦根屏風)」、寛永期(1624~44).
残念ながら展示はすでに終了し、見られず。

d0037233_9111052.jpg


第2章コーナーでは、
菱川師宣の「見返り美人図」。元禄前期(1688~1704)。
切手にも登場。

d0037233_9125429.jpg


懐月堂安度の「立美人図」。

d0037233_9531873.jpg


第3章コーナーでは、
鈴木春信の「雪中相合傘」、明和4年(1767)頃。

d0037233_10102536.jpg


第4章コーナーでは、
鳥居清長の「大川端夕涼」、天明4年(1784)頃。

d0037233_10105374.jpg


喜多川歌麿の「婦人相学十鉢 浮気之相」、寛政前期(1769~1801)。
「高名美人六家撰 辰巳路考」
「当時三美人}

d0037233_10111252.jpg
d0037233_10112843.jpg
d0037233_10113894.jpg


東洲斎写楽の「市川蝦蔵の竹村定之進」、寛政6年(1794).

d0037233_10143696.jpg


第5章コーナーでは、
菊川英山の「菁楼美人合 松葉屋内 粧ひ 華妻」。

d0037233_1017501.jpg


葛飾北斎の「富嶽三十六景 凱風快晴」、
「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」、
「富嶽三十六景 山下白雨」
「富嶽三十六景 尾州不二見原」、

d0037233_10233746.jpg
d0037233_10235316.jpg
d0037233_10241836.jpg
d0037233_10242848.jpg


歌川広重の「東海道五十三次之内 日本橋 朝之景」、天保4年(1833)頃。
「東海道五十三次之内 庄野 白雨」。
「東海道五十三次之内 箱根 湖水図」。
「不二三十六景 東海道大森縄手」。
「名所江戸百景 大はしあたけの夕立」。
「名所江戸百景 亀戸梅屋鋪」。

d0037233_1027255.jpg
d0037233_10304351.jpg
d0037233_1030554.jpg
d0037233_10354211.jpg
d0037233_10381478.jpg
d0037233_10382720.jpg


歌川国貞の「江戸自慢 四万六千日」。

d0037233_10432881.jpg


歌川国芳の「相馬の古内裏」、弘化2~3年(1845~46)頃。

d0037233_1046244.jpg


第6章コーナーでは、
月岡芳年の「奥州安達がはらひとつ家の図」。

d0037233_10483050.jpg


数点写真の入手できた作品を紹介した。

なおこの特別展は、江戸東京博物館での展示後、
下記の予定となっている。

名古屋市立博物館     3月11日(火) ~ 5月6日(火)

山口県立美術館       5月16日(金) ~ 7月13日(日)

因みに名古屋ボストン美術館にて開催中(~ 3月23日)の
「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」も全国で展示される予定。

神戸市立博物館       4月26日(土) ~ 6月22日(日)

北九州市立美術館文館  7月12日(土) ~ 8月31日(日)

東京・上野の森美術館   9月13日(土) ~ 11月9日(日) 
by toshi-watanabe | 2014-02-02 11:04 | 一般 | Comments(0)

12月初め、両国国技館へ

12月8日、両国国技館へ出かける。
新潟県在住の親戚の家のK君、
小学4年生が「第23回全日本小学生相撲優勝大会」に出場が決まり、
親戚一同、K君の応援に出かける。

当日の国技館、メインのイベントは
「天皇杯 第62回全日本相撲選手権大会」である。

d0037233_9194520.jpg


11時から開会式が始まる。

d0037233_920312.jpg
d0037233_9204427.jpg


前年度優勝者で、若手幕内力士として今後の活躍が期待されている
遠藤が優勝杯返還のために顔を見せている。

d0037233_9434160.jpg


全国からの代表選手68人による予選会が始まる。
社会人と大学生の相撲部の猛者たちがほとんどだが、
中には高校生も数人。
いずれも有段者である。
全選手が3回ずつ取り組みを行い、
成績順に32名が選ばれ決勝トーナメントに進む。

この予選会と決勝トーナメントの間の時間を利用して、
小学生の優勝大会が行われる。

d0037233_930369.jpg


小学4年生の部、5年生の部、6年生の部の3部門ごとに
優勝がトーナメント方式で争われる。
わがK君は、北信越地区で勝ち抜いて、
地区代表で晴れの全国大会出場を果たす。
4年生の部に登場。
1回戦は見事押し出して勝ち名乗りを受けるが、
2回戦で上手投げがうまく決まらず、逆転負けを喫す。
ベスト8に残れず、本人は悔し涙。
5年生となる来年もあるので、精進して頑張ってもらいたい。

d0037233_9364111.jpg
d0037233_9364856.jpg
d0037233_9365544.jpg
d0037233_937226.jpg
d0037233_937873.jpg


東京農大相撲部のOBとして、
時天空も応援に来ている。

d0037233_9375589.jpg


真剣な熱戦が続き、相撲を大いに楽しむ。
長時間桟敷に座っているのはかなりしんどい。
全日本選手権の決勝トーナメントは観戦せずに、
国技館を後にする。
by toshi-watanabe | 2013-12-28 09:45 | 一般 | Comments(2)

我が地元の山内地区センターで、
地区センター祭りが今年も11月9日(土)、10日(日)の
2日間開催され、家内が参加している
「人形の会」でも、例年通りメンバー手作りの
傑作を出展する。

どうかご覧いただきたいと思います。

d0037233_15264854.jpg
d0037233_15265727.jpg
d0037233_15271342.jpg
d0037233_15272815.jpg
d0037233_15274310.jpg



d0037233_1528633.jpg
d0037233_15281581.jpg
d0037233_15282543.jpg
d0037233_15283489.jpg
d0037233_15284815.jpg



d0037233_15291144.jpg
d0037233_15292188.jpg
d0037233_15293424.jpg
d0037233_15294620.jpg
d0037233_15295994.jpg



d0037233_1530159.jpg
d0037233_15302345.jpg
d0037233_15303138.jpg
d0037233_15303911.jpg
d0037233_15304619.jpg



d0037233_1531133.jpg
d0037233_15311259.jpg
d0037233_15312264.jpg
d0037233_15313514.jpg



d0037233_15315437.jpg
d0037233_1532119.jpg
d0037233_15322993.jpg

by toshi-watanabe | 2013-11-24 15:31 | 一般 | Comments(0)

最近続けて、、降旗康男監督の作品を2本観、大いに感動する。
1本はちょうど1年前に公開された「あなたへ」。
テレビで放映されたのを録画しておいた。
今年第36回日本アカデミー賞の昨j品賞、監督賞、脚本賞、
そして佐藤浩市と大滝秀治が助演男優賞、
余貴美子が助演女優賞を受賞。

2本目は現在上映中の「少年H」。
近くにショッピングセンター・グランベリーモールにある映画館で観賞。
これまた素晴らしい作品である。



d0037233_1048141.jpg
d0037233_10484279.jpg
d0037233_10485719.jpg


高倉健、6年ぶりの映画出演となった「あなたへ」はオリジナルストーリー。
北陸のある刑務所の指導技官として勤務する倉島英二(高倉健)のもとに、
ある日、亡き妻、洋子(田中裕子)が残した2枚の絵手紙が届く。
絵手紙には一羽のスズメが描かれ、”故郷の海を訪れ、散骨して欲しい”
との想いが綴られていた。
もう1枚は、洋子の故郷、長崎県平戸市の郵便局への局留め郵便、
その受け取り期限まで、あと10日。

キャンピングカーを運転して、遺骨壷を抱え、洋子の故郷へ向けて
主人公は1200キロの旅を始める。
富山からスタートし、飛騨高山、京都、瀬戸内、北九州、門司を通り、
長崎県平戸市の漁港、薄香へたどり着く。
途中で巡りあうのが、ビートたけし演じる車上荒らし、
各地で店頭販売をしている若者を演じる佐藤浩市や草彅剛、
一期一会の旅である。

平戸の漁港では、
大滝秀治(漁船のオーナーで、海での散骨の為に
漁船を出してくれる)、三浦貴大《三浦友和、山口百恵夫妻の息子で、
映画では大滝秀治の息子役を演じる)、
「八重の桜」で八重を演じている、綾瀬はるか、
余貴美子等が登場する。

巡りあった人たちと心を通わせ、
彼らの家族や夫婦の悩みや思いに触れていくゆちに、
蘇る洋子との心温かくも何気ない日常の記憶の数々。
さまざまな人生に触れ、さまざまな想いを胸に、
目的の地に辿り着いた英二は、遺言に従い散骨する。



d0037233_11192130.jpg
d0037233_11193599.jpg
d0037233_11194421.jpg
d0037233_1120579.jpg
d0037233_11202366.jpg
d0037233_11203532.jpg
d0037233_11211358.jpg


「少年H」は、妹尾河童の自伝小説を映画化したもの。
時代は昭和初期にさかのぼる。
神戸で洋服を仕立てる父親とその家族の物語。
父と母を演じるのは、水谷豊と伊藤蘭、実際の夫婦である
二人が、映画でも見事に夫婦役を演じている。
父親像、母親像のあるべき姿が描かれているように感じる。
水谷演じる父親は、自分の眼で見て、自分の頭で考えて、
自分の言葉で語ることの大切さを教えている。
伊藤演じる母親は、どんな苦境の中でも「愛」を忘れず
夫を信じ、子供を慈しむ母親の強さを映し出している。

そんな両親のもと、好奇心旺盛に育つ肇(頭文字をとって、H)、
そして妹の好子と4人で平和な暮らしをしていたが、
太平洋戦争が勃発、近所のお兄ちゃんが政治犯として、
逮捕されたり、召集令状を受けた男が入隊せずに脱走し、
憲兵に追われたりと、次第に不穏な空気が漂っていく。
少年H自身も、軍事教練を受け、
不満や疑問を公に言う自由が失われて行く。
息子が周囲に翻弄されることなく、
「おかしい」、「なんで?」と聞くたびに、
父親は、しっかりと現実を見ることを教え育てる。

やがて戦争は終わり、少年Hは15歳になり、
独り立ちを決意する。

少年Hを演じた吉岡竜輝が好演。
by toshi-watanabe | 2013-08-23 11:45 | 一般 | Comments(0)

白内障の手術入院体験記

写真は、我が家のベランダで、
やっと咲き始めた朝顔。

d0037233_9524290.jpg


2ヵ月ほど前、通院しているK眼科医と相談し、
白内障の手術入院をすることになり、
紹介状を書いていただく。
早速紹介された、S大学F病院の眼科へ。
3度ほど事前の検査と診察を受けた結果、
7月22日の昼すぎ入院する。
この病院は我が家から5分ほどの距離、
近くなので助かる。

4人部屋にしていただく。
同日、ほかにも何人も入院され、
お二人が同じ部屋に入られる。
初日は、担当医師の診察、視力検査などがある。

二日目、いよいよ右目の手術。
看護師に聴いてみると、この日には15人が手術を受けられる由。
朝から夕方まで、次から次に手術ということか。
多い日には20人を超える事もあるようだ。
順番が午後になり、2時半ごろ手術室に案内される。
眼鏡はもちろん、入れ歯も指輪も外す。
重々しい二重の扉の奥に手術室。
天井が高く広々としたスペース、奥の方に手術用の大型機械。
ドイツのツァイス製である。
何度もしつっこいぐらい、名前とどちらの眼を手術するのか、
確認を行う。

点滴、血圧計などのセッティングその他の準備を終え、
麻酔用の目薬を点し、いよいよ右眼の手術開始。
眼は大きく開いている状態で、動きのある幻想的な
景色が目に入る。
ときには赤い色のかたちをしたものも。
痛みは全くないし、違和感もほとんど感じない。
正味5~10分くらいの時間ではなかったかと推測する。
事前のセッティングを含めても、せいぜい30分程度。

無事手術は終了、眼帯をかけられる。
点滴は付けたまま車いすに乗せられ、部屋へ戻る。

初日はお互い遠慮気味だった、相部屋の3人、
次第に打ち解けて会話が始まる。
越後長岡出身のFさんは昭和6年生まれ、
坊主頭で大きな目、立派な体格で、
ちょっと近寄りがたい雰囲気だが、
話してみると、気軽に話に乗ってくる。

もう一人のYさんは、驚いたことに大正13年生まれ、
米寿の祝いをしたところだと聞き、その若さにびっくり。
無駄な肉はついておらず、背筋も真っ直ぐ、
全く老人くささを感じさせない。
話を聞いてみると、長年にわたり馬術と合気道をされて
来られたとのこと。
仕事も72歳までされたと聞いて、納得する。

ベッドもどちらかといえば固めで身体も沈まず、
枕も頭によくフィットし、9時の消灯後、よく眠れる。
看護師さんが定期的にチェックや様子を見に来られる。
朝食は8時、昼食は12時、夕食は6時。
結局1週間禁酒となる。

3日目の早朝、眼帯をはずしてくれる。
その瞬間、周りはぱっと明るく、本当に目が覚めたのを実感する。
正に感動の一瞬である。
テレビ画面を見てみると、手術後の右眼と手術前の左眼とでは、
歴然とした違いを認識。
今までくすんで見えたブルーが、明るく目の覚めるようなブルーに。
診察した医師も、とても良い状態だと教えてくれる。

家内は着替えなどを持参して、毎日来てくれる。
命に係わる手術でもないので、
兄弟や親せき、友人にも知らせていない。
事後報告するつもり。

5日目午前中に左眼の手術。
右眼の時より、若干時間がかかったような気がする。
準備時間を含めて40分くらいか。
これで無事両目の手術が終了。
その後の経過もよく、
予定より1日早く、28日に退院となる。
晴れ晴れとした気分で家路につく。

Fさんは、右眼は10年ほど前に白内障手術を受け、
今回は左眼だけの手術、26日に退院される。
家内が越後湯沢出身ということで、
すこしばかり家内とも話を交わす。
Yさんは、予定通り29日に退院。

退院後1週間は、入浴、シャワーはOKだが洗顔洗髪ができない。
飲酒も1週間は我慢。
尚1ヵ月位は、汗をかくような運動も控えねばならない。
いましばらくの辛抱である。

ゴロゴロした感じも、違和感も今はなく、快調である。
3種類の目薬はまだ続く。
by toshi-watanabe | 2013-07-30 09:58 | 一般 | Comments(8)

過日、「ファインバーグ・コレクション展ーー
江戸絵画の奇跡」を見学する。
会場は大相撲でおなじみの両国国技館の
すぐ隣り、「江戸東京博物館」。
この博物館の開館20周年を記念する
特別展として開催されている。
既に5月21日から始まり、7月15日に終了する。
このあと地方にて開催予定。

d0037233_11171212.png


米国メリーランド州にある「ファインバーグ・コレクション」は、
米国屈指の日本美術コレクターであるファインバーグ夫妻が
一代で蒐集した、江戸絵画を中心とする日本美術コレクション。
狩野派や土佐派など官画派の保守的な作品が
ほとんど含まれず、江戸時代の民間画派の自由で
活気に満ちた肉筆画の作品が中心。

尾形光琳、酒井抱一らの琳派、
池大雅、与謝蕪村、谷文晁らの文人画、
円山応挙、呉春らの円山四条派、
伊藤若冲、曾我蕭白らの奇想派、
そして菱川師宣、葛飾北斎らの浮世絵と、
内容は実に多彩、質が高い作品、90件が
選び抜かれ、まさに百花繚乱の
江戸絵画の世界を繰り広げている。

会場に入ると、
ファインバーグ夫妻ご挨拶のボードが目に入る。
その中にこんな一文がある。

 「日本の皆様へ
  1970年代にニューヨークに住む二人の若いアメリカ人
  であった妻のベッツィーと私の目を開いてくれたものは、
  日本の江戸絵画でした。
  私たちには、わずかなお金しかなく、市内にある
  メトロポリタン美術館という、素晴らしい美術館は
  無料で入ることができました。
  この美術館で初めて日本美術に出合い、
  目が奪われ、心が震えるほど美しく、
  魅力的なまったく新しい世界を発見することができました。
  それから40年あまり、私たちは江戸絵画や屏風の
  研究と蒐集を通して、日本の歴史、文化、芸術に
  至るまで開眼させられました。
  今回、日本の皆様と私たちのコレクションの一部を
  分かち合うことができ、大変嬉しく思っています。
  皆様が自国の江戸時代の絵画を楽しまれ、
  私たちと同様に、喜びと感動を感じて
  頂けますと幸いです。
  (ロバート&ベッツィー・ファインバーグ)」

第1章は「日本美のふるさと 琳派」

「虎図」 (俵屋宗達)

d0037233_11404992.jpg


「十二ヶ月花鳥図」 (酒井抱一)
5月と7月

d0037233_11415648.jpg


「群鶴図屏風」 (鈴木其一)

d0037233_11434040.jpg


第2章は「中国文化へのあこがれ 文人画」

「孟嘉落帽・東坡載笠図屏風」 (池大雅)

d0037233_1151134.jpg

d0037233_1435921.jpg


与謝蕪村の先品に目を奪われる。
「寒林山水図屏風」二曲一隻

d0037233_1438156.jpg


蕪村の「竹斎訪隠図屏風」も素晴らしい。

「秋夜名月図} (谷文晁)

d0037233_11533887.jpg


谷文晁の「富士真景図」も素晴らしい。
また山本梅逸描く山水画「畳泉密竹図」がいい。

第3章は「写生と装飾の融合 円山四条派」

「孔雀牡丹図」 (円山応挙)

d0037233_1157379.jpg


円山応挙の「鯉亀図風炉先屏風」が素晴らしい。
特に鯉が生きているよう。

「滝に松樹遊猿図」 (森狙仙)

d0037233_11574516.jpg


例外的に明治以降の作品が数点。
一点は竹内栖鳳の「死んだ鶴図」。

第4章は「大胆な発想と型破りな造形 奇想派」

「鯉図」 (葛蛇玉)

d0037233_13564247.jpg


「松図」 (伊藤若冲)

d0037233_13572042.jpg


若冲の作品、「菊図」三幅も展示されているが、
二幅はコレクションからの出品で、一幅は日本国内の個人所有物、
今回特別に出品される。

「宇治川合戦屏風図」 (曽我蕭白)

d0037233_1422338.jpg


長沢蘆雪の「拾得・一笑・布袋図」三幅は微笑ましく、
楽しく、素晴らしい傑作である。

第5章は「都市生活の美化 理想化 浮世絵」

「松風村雨図」 (磯田湖龍斎)

d0037233_14565.jpg
d0037233_1451741.jpg
d0037233_145263.jpg


「遊女と蛍図」 (鳥文斎栄之)

d0037233_146541.jpg


20代のころの酒井抱一描く浮世絵も一幅、出品されている。

「源頼政の鵺退治図」 (葛飾北斎)

d0037233_147296.jpg


江戸時代の絵画をゆっくり見学できる。
米国のコレクションが、こうして里帰りし、
一般公開されるのは、実に有難い事。
ファインバーグご夫妻に感謝したい。
by toshi-watanabe | 2013-06-29 14:20 | 一般 | Comments(6)

K君の逝去を悼む

6月12日夜、病気療養中のK君が
入院先で息を引き取る。
享年、確か68歳。
翌日、知らせのメールが届く。

現役時代、勤務先では同じ部門で働いていた
同僚の一人。
私の入社より3年ほど後に、高卒で入社、
年齢的には8歳ほど下になる。
当時、一日の仕事を終えると、
我々は事務所の近くの雀荘に出かけ、
麻雀に熱中していたが、
未だ麻雀を知らないK君はうしろから見学。
そのうちに仲間に加わるように。

数年後、私自身は海外出向。
長年の海外生活を終え、
18年ぶりに元の古巣へ帰任すると、
業務関連一筋のK君はすっかり大黒柱に成長、
頼もしい存在となっていた。

部門内だけでなく、他部門との交流も十分に果たし、
誰からも好かれているのが見て取れる。
嫌な顔一つせず、頼まれた仕事をこなしていた。

18日夜、世田谷の九品仏浄真寺にてお通夜が営まれる。
浄土宗の寺院である。
この寺には、三仏堂があり、
九体の阿弥陀如来像が安置されている。
4年ほど前に「仏像を学ぶ会」で訪れている。

K君のお宅は檀家になっていたのだろうか。
父親が亡くなってから、兄と二人暮らし、
二人とも独身、数年前に兄上が他界したと聞く。
直接の家族は誰もおらず、親戚の方が
喪主を務められ、さびしい葬儀となるが、
勤務先の上司先輩OBはじめ、多くの現役組が、
弔意のため駆けつけてこられ、
立派な葬儀となる。

僧侶がお経を唱える中、祭壇に頭を垂れ焼香する。
K君の遺影は、ちょっと横向きの笑顔で、
煙草を美味しそうにふかしている写真で、
元気なころの姿を彷彿させる。

K君、安らかに眠られますよう、
心よりご冥福をお祈りします。

            合掌


K君と同期のB君が翌日、告別式に参列。
B君のブログをそのまま掲げたい。

「陽はまた昇る」

お天道様はまた昨日と同じ様に朝に出、夕に沈んだ。
当り前のことだが何が有ろうともまた陽は昇る。

昔、単身赴任する前は毎日電車に揺られ
片道2時間10分を掛け都心へ通勤をしていた。
昨日、今年3回目の電車にモバイルSUICAで乗り、
東京の外れまで行き、同期入社の同僚の
告別式に参列して来た。

まだまだ若いのに至極残念、2年ほど前に
法事で我が家に呼び、元気に飲み食いしたのに
また1年程前には電話で現況
を確かめあったのに非常に残念である。

喪主の挨拶で「本人は悔いのない
人生だったと申しておりました」との事
果たして私はそう言う崇高な言葉が出るだろうか?
帰りは自問自答しながら家の近くに
停留所のある高速バスで帰って来た。

せめて、もう10年は元気に健康で生きたい、
106歳のお袋より先には逝けないだろう。
by toshi-watanabe | 2013-06-22 11:07 | 一般 | Comments(0)

横浜みなと方面へ

水墨画の展示会「墨舟会展」の案内をしたばかりだが、
この展示会に2点水墨画を出展する。
裏打ちをしていただくために、
作品と額縁を持参して、
関内の画材店「絵具屋三吉」へ過日出かける。

帰りは身軽になり、
好天でもあり、すぐ近くの横浜公園に出かける。
今シーズン出だしが好調な「横浜DeNAベイスターズ」の
本拠地、横浜スタジアムに隣接した公園である。
秋に植えられた球根が見事に花を咲かせている。
一面チューリップの花園となっている。

d0037233_115041.jpg
d0037233_115772.jpg
d0037233_1151326.jpg
d0037233_1152148.jpg


d0037233_1153128.jpg
d0037233_1153786.jpg
d0037233_1154497.jpg
d0037233_1155092.jpg


d0037233_116269.jpg
d0037233_116795.jpg
d0037233_1161512.jpg
d0037233_1162297.jpg


d0037233_1164640.jpg
d0037233_1165684.jpg
d0037233_117563.jpg


まさに春は酣、グループや家族連れで大勢散策を楽しんだり、
ベンチに座って軽食を食べたりしている。
近くの保育園の園児だろうか、
幼い子供たちも歓声をあげながら飛び回っている。
平和で平安な景色である。

枝垂れ桜もだいぶ散り始めている。

d0037233_1195540.jpg
d0037233_1110878.jpg


木陰には射干(しゃが)の花も見られる。

d0037233_11105274.jpg


さらに足を延ばして、山下公園まで。
海からの潮風が心地よい。
港に面し、広い明るい空間を形作っている。
この公園でも大勢の人たちが、
のんびりと景色を楽しんでいる。

大島桜も地面に花びらの絨毯を。

d0037233_11135729.jpg


噴水からの眺め。
マリンタワーが望める。

d0037233_11143142.jpg


気分一新、のんびりと散策を楽しんだ昼であった。
by toshi-watanabe | 2013-04-07 11:15 | 一般 | Comments(6)