カテゴリ:一般( 143 )


横浜そごう美術館で開催中の「没我20年 司馬遼太郎展」を昨日見学する。
副題として「21世紀”未来の街角”で」。
この特別展は全国を巡回しているようだが、
首都圏での開催は、現在開催中の横浜だけとのこと。
また「横浜開港158周年」にもあたり、横浜関連のコーナーもある。

d0037233_11054905.jpg

展示は、「戦国動乱 16世紀の街角」に始まり、
「維新回天 19世紀の街角」、そして「裸眼の思索 21世紀の街角」と
大きな時代の流れに沿っている。
「あなたが今歩いている21世紀とは、どんな世の中でしょう」と
問いかけているかのようである。

関東大震災が起きた大正12年(1923)に大阪で生まれた
司馬遼太郎さんは平成8年(1996)に72歳で亡くなられている。
秀吉の時代の伊賀忍者を主人公に描いた
「梟の城」が昭和35年(1960)(私が社会人になった年)に
「直木賞」を受賞される。
その後約36年間、戦国時代から明治に至る時代に登場した
人物に光を当てて数々の作品を書かれてきた。

初版本が並べられ、作品のテーマとなっている人物や時代背景に関連する
資料が作品の自筆原稿と共に見る事が出来る。
因みに、幻の自筆原稿と言われる「竜馬がゆく」の全自筆原稿と
「坂の上の雲」の欠落自筆原稿が最近見つかり、
「司馬遼太郎記念館」で期日限定で公開されると報じられている。
またいくつかの作品の挿絵の原画も見られる。
司馬遼太郎記念館は東大阪市にあり、安藤忠雄さんの設計による。

司馬遼太郎さんは、資料集めへの執念がすさまじく、
一度に何千万円単位という巨額を投じて買い集めたと言われる。
司馬さんが資料を集め始めると、関連する古書が業界から払底したという逸話。
同じ題材の戯曲を書いていた井上ひさしさんが古書店に出かけたところ、
資料がすべてなかったという逸話もある。

数多くの作品の中から、皆さんもよくご存じのものを列記すると、

「竜馬がゆく」 坂本龍馬と中岡慎太郎(坂本龍馬が世に知られるきっかけとなる)
「燃えよ剣」 土方歳三
「功名が辻」 山内一豊と妻の千代
「国盗り物語」 斎藤道三、織田信長、明智光秀
「関ケ原」 島左近 石田三成 徳川家康(屏風絵巻が展示)
「峠」 長岡藩の河井継之助
「坂の上の雲」 秋山好古・真之兄弟と正岡子規
「世に棲む日日」 吉田松陰 高杉晋作
「城塞」 大坂冬の陣 大坂夏の陣(屏風絵巻が展示)
「花神」 村田蔵六のちの大村益次郎
「覇王の家」 徳川家康
「播磨灘物語」 黒田官兵衛のちの黒田如水
「翔ぶが如く」 西郷隆盛 大久保利通(西南戦争)
「胡蝶の夢」 司馬凌海 松本良順 関寛斎
「菜の花の沖」 高田屋嘉兵衛
「箱根の坂」 北条早雲

いずれも司馬さん好みの人物なのだろう。

「歴史を紀行する」「街道をゆく」など、
散歩・街道シリーズも数多くの作品を書かれている。
横浜も取り上げている。

d0037233_11065368.jpg
d0037233_11062473.jpg

海外もニューヨークや欧州にも。
台湾では、学徒出陣の同期生という縁もあって、
元台湾総統の李登輝さんが、現地を案内されている。

子供たちのために書かれた「二十一世紀に生きる君たちへ」が
全文パネルになって展示されている。
胸を打つ、非常に素晴らしい文章である。

(会場内は撮影禁止)






by toshi-watanabe | 2017-07-01 11:08 | 一般 | Comments(2)

過日、写真展を見学する

家内の現役時代にお世話になったAさんから
写真展のご案内をいただく。
秦野市にお住まいで、定年後カメラを始められたようだ。
会場は小田急の鶴巻温泉駅前にある、
「秦野市立宮永岳彦記念美術館」。
その葉書を見て驚いた。
出品者の名前の中に、もうひとりのAさんのお名前を発見。
このAさんは、我々夫婦が15年前の7月、12日間のスイスツアーに
参加したときのお仲間である。
住所を確認してみたら、秦野市にお住まい、間違いなく本人だ。

14日は夕刻にOB会の飲み会が中央林間で予定があり、
その時間に間に合うよう、午後鶴巻温泉まで足を延ばす。
駅を降りると、すぐのところにあり、迷うことなく美術館に到着。
ところが、残念なことにお二人のAさん、いずれも今日は来られない、
お二人とも16日には来る予定とのこと。
致し方無し。 こちらの都合できたのだから。
15年ぶりの再会を期待していたのだが。。。。。。

宮永岳彦さんは当初は松坂屋に勤務されていた。
兵役から戻られた宮永さんは、戦後実家のある秦野市にお住まいになられる。
多方面で画家として活躍され、地元を通る小田急からの依頼で、
小田急ロマンスカーのカラーリングを依頼される。
オレンジバーミリオンにシルバーグレーのツートンを基調に、
白帯を配した色調を考案され、現在も此のカラーリングがベースとなっている。

美術館には、宮永さんの作品を展示している常設場の他に、
市民ギャラリーがあり、今回の写真展も、このギャラリーで開催。
16人ほどのメンバーによる、およそ50点の素晴らしい写真が見られる。
二人のAさん、それぞれ3点づつ作品を出されている。
じっくりと観賞させていただく。

美術館と並んで、市営の日帰り温泉施設「弘法の里湯」があり、
美術館の正面入り口を出たところには、
足湯の施設が見られる。
地元の方だろうか、数人が足湯を楽しんでおられる。
この辺りに来ると、大山など山並みがすぐ近くで、
田んぼや畑が広がり、都会を離れて、のんびりとした環境である。
山の一つが「弘法山」のようだ。


夕方6時からは、中央林間駅近くの居酒屋チェーン「魚民」で飲み会。
先月函南の伊豆は岳温泉にて開催されたOB会の
幹事役の反省会という名目でこの近辺侍従の6人が集まる。

それから、昨16日には、別のOB会があり、参加する。
会場はここ数年お世話になっている、銀座4丁目の「がんこ」。
和風料理が美味しいし、いす席の個室がいい。
皆さんに好評である。
9人ばかり集まる。







by toshi-watanabe | 2017-06-17 09:42 | 一般 | Comments(3)

パート 2からの続きで、額絵キルトの作品から。
d0037233_10001449.jpg
d0037233_10002734.jpg
d0037233_10004084.jpg
d0037233_10005166.jpg
d0037233_10012810.jpg

d0037233_10014445.jpg

d0037233_10015498.jpg

d0037233_10020570.jpg

d0037233_10021595.jpg

d0037233_10010226.jpg

プロのキルト作家のコーナーがいろいろとある。
鷲沢玲子さんの「オズの魔法使い」。

d0037233_10045160.jpg

d0037233_10050198.jpg

d0037233_10051632.jpg

d0037233_10052592.jpg

d0037233_10053684.jpg

d0037233_10055472.jpg

上記の作品は、三浦百恵さんの作品「エメラルド城への小径」。
余りの混雑でそばに近づけない。

プロ作家による新作キルトの競演「四季 花物語り」。

d0037233_10105902.jpg

d0037233_10110859.jpg

d0037233_10111973.jpg

d0037233_10112974.jpg

d0037233_10113907.jpg

絵本キルト「レオ・レオニの世界」。

d0037233_10135872.jpg

d0037233_10141172.jpg

d0037233_10142790.jpg

d0037233_10144318.jpg

d0037233_10145402.jpg

わたしの布遊び「花」。
キャシー中島さんの「アイ・ラブ・ローズ」。
d0037233_10174763.jpg

上田葉子さんの「琳派の庭」。
d0037233_10180154.jpg

小関鈴子さんの「Repair 花を装う」。
d0037233_10182609.jpg

黒羽志寿子さんの「和の花」。
d0037233_10184145.jpg

斎藤瑤子さんの「北欧に魅せられて」。
d0037233_10232081.jpg

d0037233_10233598.jpg

d0037233_10234622.jpg

d0037233_10235669.jpg

d0037233_10240998.jpg

(キルト展、以上で完)








by toshi-watanabe | 2017-01-30 10:25 | 一般 | Comments(5)

(パート 1)からの続き。
多くの出展作品から。
d0037233_09395130.jpg
d0037233_09400281.jpg
d0037233_09401328.jpg
d0037233_09402765.jpg
d0037233_09411970.jpg
d0037233_09413288.jpg
d0037233_09414315.jpg
d0037233_09415393.jpg
d0037233_09420200.jpg
d0037233_09430869.jpg
d0037233_09432105.jpg
 
d0037233_09403894.jpg
d0037233_09434033.jpg
d0037233_09435014.jpg
d0037233_09500217.jpg
d0037233_09433131.jpg
「バッグ部門」の入選作品、1位から3位。
d0037233_09493325.jpg
再びキルト作品。
d0037233_09520865.jpg
d0037233_09522465.jpg
d0037233_09523414.jpg
d0037233_09532772.jpg
d0037233_09534162.jpg
d0037233_09535485.jpg
d0037233_09540611.jpg
額絵キルトの出展作品から。
d0037233_09551286.jpg
d0037233_09552546.jpg
d0037233_09553665.jpg
d0037233_09555022.jpg
d0037233_09562356.jpg
d0037233_09541753.jpg
この後、パート 3に続く。






by toshi-watanabe | 2017-01-30 09:56 | 一般 | Comments(0)

d0037233_08224454.jpg

過日キルト展を見学した。
正式には「第16回 東京国際キルトフェスティバル」、
サブタイトルとして「布と針と糸の祭典」、
1
19日~25日に東京ドームにて開催された。
平日に出かけたのだが、例の如く、ご婦人方で場内は混雑。
特に中高年の方が多い。
外人客の姿もちらほら見受ける。

朝の早いうちに入場したので未だロッカーも空いていた。
会場の中央正面に設けられたコーナーは、「珠玉のガーデンキルト」。
米国ネブラスカ大学リンカーン校にある、
インターナショナル・キルトスタディセンター&ミュージアム
からの特別出展。
残念ながら撮影禁止となっている


d0037233_08225865.jpg
幾分でも空いているうちにと、
キルト大賞の受賞作品コーナーへ向かう。
一般公募された応募総数、1,385点の作品の中から選ばれたもの。

「日本キルト大賞」
島根県の柳澤時子さんの作品で、「牡丹」。
サイズは187㎝x238㎝。
柳澤さんはこう書かれている。

「宍道湖に浮かぶ嫁が島を見ていると、県花である優美な
 「牡丹」の花が目に浮かびました。
 私の大好きな花です。
 思った布が集まらず、悩んだ末、六種類の白布を染め一輪の花を墨絵で表現。
 墨は五彩色を持つと言われます。
 見て下さる方が、紫、赤、ピンク、黄、白と、
 何かの色に感じて頂く事が出来れば幸いです。」



d0037233_08231254.jpg
d0037233_08234238.jpg
「準日本キルト大賞」は奈良県の石橋正美さんの作品、
"Welcome to Martha`s garden"、サイズは194cmx194㎝。
石橋さんはこう書かれている。
「幼い頃、祖母と庭の草取りをした思い出が私の庭好きの始まりです。
 光を浴びながら土に触れていると、疲れも消え、
 花が咲くと喜びを感じ幸せな気分になります。
 花いっぱいの庭を思い浮かべながら、アンティークのガーデンチェアや
 アイアンの棚をモチーフに、ラティスやレンガを
 キルトラインにして私の庭を造りました。」
d0037233_09154763.jpg
d0037233_08422005.jpg
「ハンドメイキング賞」は、兵庫県の森廣啓子さんの作品、
「嫁ぐ日に・・・」、サイズは219cmx219㎝。
森廣さんはこう書かれている。
「親の色々な想いを背負って生まれて来た娘。
 彼女の嫁ぐ日に、オリジナルのダブルウェディングリングにキルトを
 贈りたいと思い作り始めました。
 完成までに約5年。
 今まで制作した作品の中で最も細かい作業の作品です。
 家族の叱咤激励のなか、丸のアップリケの数だけ
 「幸せ」が来る様にと祈りつつ、やっとの思いで完成させました。
d0037233_09155653.jpg
d0037233_08423641.jpg
「フレンドシップ賞」は、長野県の横山惠さんの作品、
"Treasure Box", サイズは185cmx200㎝。
横山さんはこう書かれている。
「退職後、ますます鉄道模型のジオラマに夢中の夫と一緒にスイスを旅して、
 初めて見るたくさんの電車に乗りました。
 記念に彼の大好きな電車たちで宝箱を作りました。
 部屋に飾ることを楽しみにしています。」
d0037233_09165465.jpg
d0037233_08430022.jpg
各部門の入賞作品。
「トラディショナル部門」の1位から3位の作品。
d0037233_09190175.jpg
「創作部門」の1位から3位の作品。
d0037233_09192353.jpg
「和の部門」の1位から3位の作品。
d0037233_09193442.jpg
「額絵キルト部門」の1位から3位の作品。
d0037233_09195411.jpg
「ジュニア部門」の1位から3位の作品。
d0037233_09201075.jpg
その他数多くの出展作品から。
d0037233_09232703.jpg
d0037233_09233885.jpg
d0037233_09235617.jpg
d0037233_09241019.jpg
d0037233_09242638.jpg
d0037233_09243714.jpg
d0037233_09252696.jpg
d0037233_09254069.jpg
d0037233_09255765.jpg
d0037233_09261215.jpg
d0037233_09262665.jpg
d0037233_09270718.jpg
d0037233_09272216.jpg
d0037233_09273993.jpg
d0037233_09290969.jpg
d0037233_09292153.jpg
d0037233_09293451.jpg

バスケットの展示も。
d0037233_09280963.jpg
この後、パート 2に続く。












by toshi-watanabe | 2017-01-30 09:32 | 一般 | Comments(0)

明日は終戦記念日

明日は8月15日、終戦から71年。
俳人の宇多喜代子さんが、昭和20年代のことを書かれている。
「代用食」とか「国防色」という言葉が存在していた。
昭和22年、宇多さんの父上が復員され、俸給生活者として復職された。
まだまだ万端不自由な戦後生活ではあったが、
親子が一つ家に住み、母上が母流の工夫で精いっぱいの献立。

その頃から、母上は自己流で家計簿をつけ始められた。
日々の支出をメモするだけの出費簿、書き込んだのも普通のノートブック。
残された家計簿から、当時の暮らしぶりがありありと浮かんでくると、
宇多さんは書かれている。
その中身をご紹介する。

小包45円、蒲鉾24円、桃160円、薪420円、素麺48円、
糸35円、これが昭和26年8月15日の出費だそうである。
石鹸の配給制度が撤廃されたのが昭和25年12月、
早速に20円で石鹸を購入した。
新聞が朝夕刊セット制になった昭和27年、280円を支払っている。
昭和20年代、医療費がゼロに近かったのだが、
昭和29年の国民健康保険料一期分は1,840円と高額。

ボロボロになったノートに綴られた出費簿だが、
つましい俸給生活者の家族の暮らしぶりが充満した
貴重な時代の記録となった感がある。


さて私自身のことだが、
昭和20年8月15日、以前にも書いたことがあり、 西伊豆の土肥で迎えた。
小学校(当時は国民学校)3年生、夏休みだった。
聴きずらいラジオに耳をつけて聞いたが、よくわからなかった陛下のお言葉。
その後、学校に集まり校長先生から戦争が終わったという話を聞いたように記憶。
翌21年春、疎開先の土肥から焼け野原と化した東京へ。
電気だけは通じていたが、水道もガスもなしの生活。
飲料水は井戸を掘って共同で使用。
燃料は薪、炭、練炭など。

戦中の預金も国債も紙くず同然に。
昭和21年当時、500円生活と言われていた。
新円での俸給者の給与支払いは500円までとされていた。
封書30銭、はがき15銭、都電20銭、たばこピース20本入り7円、
理髪料3円、ビール6円だった。
終戦直後から猛烈なインフレが始まり、年々物価が急上昇する。
因みに、翌年の昭和22年には、
封書1円20銭、はがき50銭、理髪料10円に。

終戦記念日を前に、つらかった戦後の生活が懐かしく思い出される。
この71年で、逆にすっかり日本人は平和ボケしてしまったのかもしれない。






by toshi-watanabe | 2016-08-14 09:15 | 一般 | Comments(2)


過日、映画「海街diary」がテレビで初公開された。
ビデオ録画しておいたのを、のんびりと観賞する。
話題作で、賞も受賞している。

4人姉妹の物語というと、「細雪」や「若草物語」を思い出す。
それぞれ時代も場面も環境が全く異なるので、比較はできない。
いずれも名画で、楽しく観た記憶がある。

「海街diary」の原作は漫画とのこと、
監督は是枝裕和さん、4姉妹を演じるのは、
長女が綾瀬はるか、次女が長澤ますみ、三女が夏帆、
そして四女が広瀬すず。
NHK大河ドラマに出演した綾瀬はるかさん、
そして現在放映中の「真田丸」に出ている長澤ますみさんはよくわかるのだが、
映画をほとんど観ない私にとって、他の2人の女優さんは、初めて見る顔である。

鎌倉の古い家で暮らす3姉妹、父の死が知らされ、
葬儀参列のために山形へ向かう。
子供たちを残して家を出て行った父親に
嫌な思い出しかない長女、少しは父親との思い出のある次女、
まったく父親の顔を覚えていない三女と、三人三様。
葬儀の場で、腹違いの妹と初めて顔を合わせた 3姉妹は、
鎌倉で一緒に住まないかと妹を誘う。
実の母親はすでに亡く、一緒に暮らすのは義理の母。
意を決した4女は鎌倉にやってくる。
4姉妹そろっての生活が始まり、
色々な日常生活にもまれながら、
お互いに心が通い合うようになり、家族の絆を温めて行く。

江ノ電の「極楽寺駅」や七里ガ浜の景色が現れ、
鎌倉は素晴らしい所だなと、あらためて痛感する。
4姉妹の住む古い和風の家も、古都鎌倉の雰囲気をとどめている。

静かに流れる物語を楽しく観る事が出来た。




by toshi-watanabe | 2016-05-28 08:53 | 一般 | Comments(0)

d0037233_14085218.jpg
d0037233_14091231.jpg

昨14日は冷たい雨が終日降り続き、冬に逆戻りのよう。
南町田にある、グランベリーモールの109シネマズまで出かけ、
一般公開したばかりの松竹映画「家族はつらいよ」を観る。
山田洋次監督、久々のコメディタッチの映画である。
開始早々、声を出して笑ってしまい、すっかり楽しくなる。
近くの座席からも笑い声が聞こえたので、
他の観客の皆さんも楽しまれたのだろう。

東京郊外の住宅地で暮らす三世代同居の平田一家。
定年退職し悠々自適の主、周造を演じるのは橋爪功、
これが適役で、実に生き生きと演じている。
周造の妻、富子を演じるのが吉行和子。
同居する長男夫婦、幸之助、史枝を演じるのが西村雅彦と夏川結衣。
長男夫婦の二人の男の子、さらにまだ独身の次男が同居する。
次男、庄太を演じるのが妻夫木聡、庄太の恋人、間宮憲子を演じるのが
蒼井優で役柄は看護師。

独立して税理士事務所を開いているのが、
長女の金井成子で、演じるのは中島朋子(子役の頃のイメージ全くなし)。
成子の夫、泰蔵を演じるのが落語家の林家正蔵、
すっかり成子の尻に敷かれている。

平田家の主、周造は昔の仲間とゴルフを楽しみ、
その帰りは駅前の居酒屋に立ち寄り、
美人女将のかよ(風吹ジュン)を相手に愚痴をこぼしながら一杯やり、
ご機嫌で帰宅する。
さて寝室で、花瓶に入れられたバラの花束を見て、
これはなんだと妻の富子に聞くと、
誕生日には花束を贈ることにしている、
今日は私の誕生日よと言われて、周造はやっと気が付く。
周造は何か欲しいものがあれば言ってくれと富子に尋ねると、
引き出しから1枚の紙きれを出して周造に見せる。
なんと「離婚届」(青葉区役所の書類、わが地元ではないか)、
周造は「冗談だろう」、
富子は「本気です」「署名捺印してください」。
ここから物語は展開して行く。

脇役の方々も芸達者な俳優が登場する。
周造の高校時代の同級生で、今は探偵事務所長をしている
沼田の役を演じるのが小林矜侍で、
周造の身元調査をするうちに、居酒屋でばったり。
次男坊の庄太はピアノの調律師、音楽ホールでピアノの調律を
しながら恋人の憲子とデート、そこへコーヒーを持ってきて くれるのが
ホールの警備員、演じるのは笹野高史。
このホール、日野市のひの煉瓦ホールをロケで使用している。

平田家の家族会議の最中、周造は激昂して倒れてしまう。
救急車で病院に運び込まれるが、憲子の初動対応もよく無事回復する。
病院で診療に当たった医師の役を演じるのが笑福亭鶴瓶。

家族というのは厄介で、時には煩わしく、
無くてもよいと思うこともあるのだが、やはり切り捨てるわけにはいかない。
そのつらさを何とか切り抜けていかなければならない。
その為に、あくせく大騒動となる。
そんな滑稽で不完全な男なり、女なり、人間を表現しようと
したのではないだろうか。

ラストシーンでは、周造は半分眠りながら、ビデオだろうかテレビ画面で
放映される映画「東京物語」を眺めている。
「東京物語」のテレビ画面に「終」が現れ、
同時に映画「家族はつらいよ」も幕を閉じる。
山田監督、小津安二郎へのこだわりだろうか、
「東京物語」のポスターも壁に貼られていたり。

わが地元でロケの一部をされたようで、
地元の町名が出ている住宅地やら
見覚えのある病院などが画面に出てくる。

今回映画鑑賞をしたグランベリーモールの109シネマズでは、
今月20日、出演者が来られて「トークショー」が予定されている。
残念ながら、座席はすでに完売済み。

映画作品としては、高い評価が得られるとは思わないが、
とにかく楽しい映画である。
自分自身、つまされる場面も。

今日のテレビ番組「徹子の部屋」では、林家正蔵がゲストとして登場、
この映画「家族はつらいよ」が話題になる。




by toshi-watanabe | 2016-03-15 14:25 | 一般 | Comments(2)

d0037233_10343387.jpg
d0037233_10343885.jpg

2月12日、午後から村上隆さんの展示会に出かける。
どんよりとした曇り空で肌寒い日だった。
会場は六本木ヒルズの52階にある「森美術館」。
村上隆さんの事は、まったく存じ上げていなかったのだが、
現代美術家として国際的に高い評価を得ており、
圧倒的なスケールと完成度の高さにより
見る人を驚嘆させ、ファンも多いと聞く。

平日とはいえ、場所柄多くの方が見学に訪れている。
皆さん熱心に鑑賞されている。
会場に入り、まず目に入るのが「達磨大師」の絵である。
生憎くカメラを持参せず、スマホで写真を撮る。
フラッシュ、三脚を使わなければ撮影OK。

d0037233_10350084.jpg
続いて、イラストというのか漫画というのか、
楽しくなるような作品が展示されている。
夢の世界である。

d0037233_10352014.jpg
d0037233_10353598.jpg
ロサンゼルス現代美術館を皮切りに世界巡回した回顧展をはじめ、
ヴェルサイユ宮殿やロックフェラーセンター前広場など
様々な場所で大型インスタレーションを発表されているとのこと。

今回の展示の目玉はなんといっても現代版五百羅漢図である。

縦3メートル、横の全長100メートルに及ぶ大作だが、
各25メートルの4面、「白虎」「青龍」「朱雀」「玄武」に、
十六羅漢を中心に五百体の羅漢が描かれている。
奇怪でユーモラスな相貌、大小さまざまな羅漢たち。
とにかく見ごたえがある。
暫く立ち止まって見続けてしまい、その場が離れがたい。

限られた時間内に大作を一人で制作するのは無論無理な話で、
村上さんは、全国の美術大学から200人超の学生を集め、
チームとして制作の協力をしてもらった。
国内で公開されるのは初めてなのだが、
すでに2012年に、カタールのドーハにて公開されている。
東日本大震災の折に、いち早く義援金を贈られた
カタールに感謝の気持ちも込めて、
ドーハの展示会に出品されたとある。

部分的に撮ったものをいくつか紹介したい。

d0037233_10454217.jpg
d0037233_10460440.jpg
d0037233_10461235.jpg
d0037233_10462146.jpg
d0037233_10463289.jpg
d0037233_10464021.jpg
d0037233_10465115.jpg
d0037233_10474959.jpg
d0037233_10480057.jpg
d0037233_10481259.jpg
d0037233_10482636.jpg
d0037233_10484370.jpg
d0037233_10485623.jpg
d0037233_10491625.jpg
d0037233_10492570.jpg
d0037233_10493509.jpg
d0037233_10494469.jpg
d0037233_10505915.jpg
d0037233_10511122.jpg
d0037233_10512101.jpg
d0037233_10512921.jpg
d0037233_10513976.jpg
d0037233_10514980.jpg
d0037233_10515750.jpg
d0037233_10520908.jpg
d0037233_10521879.jpg
d0037233_10522810.jpg
その他の作品も数多く出展されている。
その中から数点。

d0037233_10543338.jpg
d0037233_10544108.jpg
d0037233_10545501.jpg
d0037233_10550632.jpg
d0037233_10551971.jpg

時を同じくして、
芝増上寺の宝物展示室で「狩野一信の五百羅漢図展」が3月13日まで開催中。
江戸時代に制作された実に見事な作品で、増上寺所蔵。
以前、江戸東京博物館の特別展で見学したことがある。




by toshi-watanabe | 2016-02-14 10:57 | 一般 | Comments(3)

先週木曜日、久しぶりに映画を観に出かける。
実はその前日にもでかけたのだが、残念ながら満席、
致し方なく翌日の分を購入、再度出かけた次第。

映画は「ニューヨーク 眺めのよい部屋売ります」。
観客をあまり期待していないのか、
出かけた映画館(109シネマズ二子玉川)では
日に二回しか上映していない。

NYブルックリンに結婚以来40年暮らしている夫婦の話。
夫のアレックスは黒人の画家で、演じるのはモーガン・フリーマン、
「Driving Miss Daisy」に出ている。
妻のルースを演じるのは、私の好きな女優の一人である、ダイアン・キートン。
夫婦に子供はいなく、ワンちゃんが一匹、
10歳になる犬としては高齢、名前はドロシー。

住んでいるのは5階建てアパートの最上階、
屋上では野菜を育てたりしている。
一室はアレックスのアトリエとなっている。
二人とも高齢者となり、エレベーターのない建物の
5階まで昇り降りするのはつらくなってきたし、
住んでいる付近は、時代の変化とともに、
hípster(最新流行のもの敏感とか、新しいものに飛びつく)と言われる、
若い人たちが増加、年老いた二人にはどうも合わない。
そろそろ別の場所へ引っ越そうかという話になる。
ここで活躍するのが、姪のリリー。
彼女は不動産エージェントとして早速活動を開始。
百万ドルの値打ちはあると意気込んで、
オープンハウス(内覧会)を開き、客を呼び込む。
ほぼ決まりそうになったところで、さてアパートを売却した後、
自分たちの新しい住まいを探さねばと、
マンハッタンに出かける。

ドタバタが続くわけだが、お互いに言いたいことを言いあいながら、
夫婦の絆に揺るぎはなく、ほのぼのとした夫婦愛は感動を与える。
愛犬のドロシーが具合悪くなり、動物専門の医院に連れて行くと、
手術が必要と、費用は1万ドル。
ブルックリンとマンハッタンを結ぶ橋は三つあるのだが、
二人のすぐ近くにある橋はウイリアムズバーグ・ブリッジ。
この橋でテロが爆弾を仕掛けていると大騒ぎが起こったり。
事件は同時進行する。

因みに、ほかの二つの橋はマンハッタン・ブリッジと
ブルックリン・ブリッジだが、ブルックリン・ブリッジは
美しい橋で、映画の画面によく登場する。

マンハッタンのアパートメント(エレベーターのある)の契約まで
行くのだが、元の持ち主のいさかいに嫌気がさし、
ブルックリンのアパートを売らずに、そのまま住み続けることに決める。
本当は売り払って引越しをする気はなく、
どのくらいの値打ちがあるのか試してみたのかもしれない。
しかし姪のリリーをすっかり怒らせてしまうのだが。

アレックスがドロシーを連れて、相変らず階段をのろのろと登って行くと、
自分たちの40年前の時のように若いカップルが
仲良く同じアパートに引っ越してきたのに出くわして、
アレックスは思わず笑顔になる場面で映画は終わる。
耳に心地よい音楽が流れ、摩天楼のマンハッタンが映し出される。

この映画の元の題名は「5 Flights Up」という。
どうもぴんと来ない。
日本語名は、まさにぴったりの題名だと思う。
因みに英国での題名は「Ruth & Alex」。

決して五つ星となるような映画ではないと思うが、
とても素敵なコメディ、大いに楽しめる。
英語もとても聞きやすい。







by toshi-watanabe | 2016-02-07 09:53 | 一般 | Comments(2)