d0037233_09180920.jpg

内田康夫さんの著書「龍神の女(ひと)」を読み終える。

「内田康夫と5人の名探偵」とサブタイトルがついている。

最近、福間文庫として出版、650円+税。

200310月に有楽出版社より刊行されたものの再販。

内田さんご本人は短編小説を書くのは嫌いで苦手だと言われているが、

この著書は5編の短編小説から成っている。

いずれの作品も1980年代から90年代初期にかけて

書かれたもので、一部は2003年出版時に初めて公開された。

これらの短編が書かれたころは、浅見光彦シリーズが確立する前の時代で、

浅見光彦の他に幾人かの名探偵が登場していた。

書名になっている「龍神の女」では、和泉教授夫妻が和歌山県の

高野山にほど近い龍神温泉へ向かう途中で事件に巻き込まれる。

龍神温泉は古く、紀州徳川家藩主の湯治場と知られる。

日本三美人湯の一つでもある。

和泉夫妻はその後、気になる女性の後を追って和歌山市加太にある

淡嶋神社へ向かう。

この神社は人形供養の寺として名高く、数十万体にも及ぶ無数の

人形が境内一円に奉納されており、偏に壮観である。

気味の悪い風景ですらあるとも言われる。

和泉教授は素人探偵を装うものの危ない目にも遭ってしまう。

「鏡の女」はこの作品集の中では最も長編で、最も面白く読んだ。

1987年に発表されており、ご存知浅見光彦が登場する。

居候の光彦のところに宅急便で、姫鏡台が届く。

差出人は田園調布の文瀬夏子となっているが見当もつかない。

宛名が書き直されており、最初に書かれた宛名から

文瀬は結婚後の苗字で、元は浅野夏子と判明する。

夏子は光彦が小学校に通っていた時の同級生、

淡い恋心を抱いた女性だった。

夏子は恵まれた結婚生活は送れず、不慮の死を遂げる。

夏子の夫の文瀬には付き合っている別の女性がおり、

夏子の亡くなった後、夫婦約束をしているのだが、

その女のところに宅急便で姫鏡台が送られてくる。

差出人がすでに亡くなっている夏子、差出人の住所が、

夏子の眠る多磨霊園となっている。

光彦のところに届いた姫鏡台は夏子の姉のところで保管されている。

余りのことにその女は狂気となり、病院から飛び降り自殺。

「少女像(ブロンズ)は泣かなかった」は1988年に発刊された。

美人の橋本千晶は車椅子の生活。

静かな住宅地なので、時折車椅子で近隣を散策する。

直ぐ近くに住む牧田家の夫人、美登子と知り合うのだが、

美登子夫人は睡眠薬を飲んで亡くなる。

警察では自殺と処理するものの、千晶は不審に思う。

美登子はいつも一人で自分の部屋に閉じこもり、

飾り棚にはブロンズの少女像を置いている。

お手伝いさんは毎朝、美登子の部屋へ掃除のために入り、

いつも少女像が涙を流したかの如く濡れているのを目にしていた。

所が亡くなった朝、少女像は涙を流していなかった。

それを聞いて、千晶は推理を働かせ、
やがて殺人事件であることを突き止める。

「優しい殺人者」では、奥多摩の美人ママ殺しがテーマ。

登場するのが、警視庁捜査一課の福原太一警部。
警部の姿を見て、「豚腹(ぶたばら)」と揶揄する人も。

いつも半分眠ったような恰好で、担当刑事が報告するのに

耳を傾けているのだが、外目には何を考えているのかさっぱりわからない。

ところが的確に指示を与え、最終的には事件の本筋を突き止めてしまう。

福原警部という、一つのモデルを作り上げている。
似たようなケースでは、「信濃のコロンボ」も何度か内田作品に登場する。

「ルノアールの男」は1984年に発刊された。

学校時代成績が悪く、大学を出たものの、真面な職に就けず、

ふらふらしていた鴨田が探偵事務所を立ち上げる。

学校時代のグループに優秀な仲間たちがおり、

彼らが協力して、鴨田探偵事務所を開設するにあたり、

お化けパソコン「ゼニガタ1号」を作って寄贈してくれる。

問題の解決に、このパソコンが手助けしてくれる仕組みだ。

或る時、鴨田は依頼人と喫茶店の「ルノアール」で落ち合うのだが、

とんでもない事件に巻き込まれてしまう。

いずれも内田さん初期の時代の作品、短編小説なので

多少物足りなさもあるが、素人探偵の活躍を含めて、
それなりに興味深い作品集だ。









by toshi-watanabe | 2017-12-02 09:19 | 読書ノート | Comments(0)