キルト展見学記の最後のパートである。
ジュニアキルトの作品の一部。

d0037233_15205480.jpg
「ウイリアム・モリス 地上の楽園」というコーナーが設けられている。
ウイリアム・モリスは19世紀の英国で、
詩人、装飾芸術家、思想家として活躍した人物である。
モリスの布を使って、日本の第一線で活躍する作家がキルトを制作した。

d0037233_15210351.jpg

いくつかのモリスの布のパターン。



d0037233_15211207.jpg
d0037233_15211933.jpg
日本のキルト作家が製作した作品。
「心を装う」をテーマに、振袖に刺しゅうを施した作品は、
草乃しずかさんが制作したもの。

d0037233_15212784.jpg
d0037233_15213474.jpg
d0037233_15301517.jpg
d0037233_15302445.jpg
d0037233_15303487.jpg
d0037233_15304449.jpg
三浦(山口)百恵さんの作品も。

d0037233_15314419.jpg
黒羽志寿子さんの作品。

d0037233_15324855.jpg
斎藤瑤子さんを中心に制作された、
「ピーターラビットの世界」。
ピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターの生誕150周年になる。

d0037233_15325860.jpg
d0037233_15331259.jpg
「わたしの”手仕事”スタイル」という小さなコーナーがあり、
三人の方が出品されている。
秋野瞳子さん、安達祐実さん、そして東儀秀樹さんである。

d0037233_15332596.jpg
d0037233_15415546.jpg
d0037233_15420409.jpg
最後に、「鷲沢玲子の全仕事~師弟のきずな~」という
特別コーナーがあり、鷲沢玲子さんと三浦(山口)百恵さんの
作品が並べて展示されている。
鷲沢玲子さんの作品は「アーモンドの枝」、
三浦百恵さんの作品は「冬のブーケ」。

d0037233_15421174.jpg
d0037233_15423685.jpg
d0037233_15422049.jpg
d0037233_15424572.jpg
以上。



by toshi-watanabe | 2016-02-02 15:48 | 一般 | Comments(6)

キルト展 Part-2 の続きである。
創作部門の作品。

d0037233_15081351.jpg
d0037233_15082454.jpg
d0037233_15083499.jpg
d0037233_15084228.jpg
d0037233_15085062.jpg
d0037233_15101943.jpg
d0037233_15102896.jpg
d0037233_15103745.jpg
d0037233_15104598.jpg
d0037233_15105666.jpg
d0037233_15085982.jpg
「ログキャビン」のコーナーには、日本を代表する、
64人のキルト作家の新作が展示されている。

d0037233_15140076.jpg
d0037233_15141027.jpg
d0037233_15141965.jpg
d0037233_15142999.jpg
d0037233_15150410.jpg
d0037233_15151504.jpg
d0037233_15152509.jpg
d0037233_15153624.jpg
d0037233_15154402.jpg
                キルト展 part-4 へ続く


by toshi-watanabe | 2016-02-02 15:16 | 一般 | Comments(0)

キルト展を見学 Part-2

キルト展 Part-1 の続きである。
トラディショナル部門の作品。
d0037233_14480982.jpg
d0037233_14481741.jpg
d0037233_14482730.jpg
d0037233_14483472.jpg
d0037233_14484449.jpg
d0037233_14493411.jpg
d0037233_14500607.jpg
d0037233_14501611.jpg
d0037233_14502570.jpg
d0037233_14485318.jpg
d0037233_14495583.jpg
d0037233_14494505.jpg
額絵キルトの作品。


d0037233_14542123.jpg
d0037233_14543057.jpg
d0037233_14543909.jpg
d0037233_14561889.jpg
d0037233_14563417.jpg
d0037233_14565668.jpg
d0037233_14571059.jpg
d0037233_14574785.jpg


d0037233_14541023.jpg
和の部門の作品。

d0037233_15003612.jpg
d0037233_15004571.jpg
d0037233_15005417.jpg
d0037233_15013461.jpg
d0037233_15014422.jpg
d0037233_15015187.jpg
d0037233_15015831.jpg
d0037233_15010341.jpg
                 キルト展 Part-3 へ


by toshi-watanabe | 2016-02-02 15:03 | 一般 | Comments(0)

キルト展を見学 Part-1

1月25日、東京ドームで開催中のキルト展を見学する。
正式名称は「第15回東京国際キルトフェスティバル」。
プロ作家の作品とともに、キルトコンテスト「日本キルト大賞」の
入賞作品が展示される。

朝ゆっくり出かけたため、会場の東京ドームに着いたのは11時ごろ、
すでに大勢のご婦人たちで会場はいっぱい。
あてにしていたコインロッカーはすでに満杯、空きは全くなし。
致し方なく、厚手のコートを抱えながらの見学と相成る。

d0037233_10591715.jpg
d0037233_10593723.jpg
キルトコンテストは、「トラディショナル部門」、「創作部門」、「和の部門」、
「額絵キルト部門」、「バッグ部門」、そして「ジュニア部門」の6部門に分かれ、
今回の応募作眞総数は、1,459点(海外からの応募、51点を含む)。
最終審査の結果、374点(海外16点)が選ばれ、展示されている。

日本キルト大賞は「WOW,BANANAS!」で、神奈川県の最上美和子さんの作品。
d0037233_11000766.jpg

d0037233_11065996.jpg
準日本キルト大賞は「野の花」で、埼玉県の中澤宏子さんの作品。
d0037233_11071526.jpg
ハンドメイキング賞は「i love 『紗』」で、茨城県の泉洋子さんの作品。
d0037233_11072776.jpg
フレンドシップ賞は「お母さんと一緒!」で、大阪府の田中裕美さんの作品。
d0037233_11073597.jpg
創作部門の1位、2位、3位の作品。
d0037233_11074343.jpg
d0037233_11075333.jpg
d0037233_11080444.jpg
トラディショナル部門の1位、2位、3位の作品。
d0037233_11081226.jpg
d0037233_11082363.jpg
d0037233_11083315.jpg
和の部門の1位、2位、3位の作品。
d0037233_11164253.jpg
d0037233_11165489.jpg
d0037233_11170574.jpg
額絵キルト部門の1位、2位、3位の作品。
d0037233_11171419.jpg
d0037233_11172274.jpg
d0037233_11173782.jpg
ジュニア部門の1位、2位、3位の作品。
d0037233_11174699.jpg
d0037233_11175566.jpg
d0037233_11181032.jpg
ジュニア部門2位の作品「恐竜の森へ探検に行こう!」は、
東広島市立黒瀬中学校家庭科部の皆さんが製作されたもの。

審査員賞、優秀賞、企業賞の作品。
d0037233_11340124.jpg
d0037233_11334716.jpg
d0037233_11275454.jpg
d0037233_11280695.jpg
d0037233_11282283.jpg
d0037233_11283747.jpg
d0037233_11284537.jpg
d0037233_11285506.jpg
d0037233_11290687.jpg
d0037233_11291580.jpg
d0037233_11292436.jpg
d0037233_11293327.jpg
d0037233_11181855.jpg



Part-2へ続く





by toshi-watanabe | 2016-02-02 11:39 | 一般 | Comments(0)