2泊3日の小旅行(その4)

長門湯本温泉は山間の静かな温泉地。
宿泊したのは、「湯元観光ホテル西京」、大規模な旅館のようだ。
部屋からは一面の緑が広がる。
くせのない温泉の湯で、大浴場の広いのがいい。
大浴場に行くのにエスカレーターがある。
エスカレーターのある温泉場は鹿児島の林田温泉もそうだった。
露天風呂も広くていい。
掛け湯などもある。

ツァーの仲間と広間に集まり会食。
どういうわけか添乗員さんは見えず。
だいぶ酒も回ってきたところで、一人が立ち上がり、
簡単に自己紹介をしようということに。
名前とどこから来たのか程度、他に言いたいことあれば追加して。
これでやっと、東京、神奈川、千葉、茨木、埼玉各地からの
参加者の集まりと判明。
本来添乗員がすべきことなのだが。
私と同じ神奈川県からは4組の夫婦。


最終日、3日目は岩国の錦帯橋へ向かう。
観光バスは錦川の河原に駐車。
名勝の錦帯橋を渡る。
数年前修理工事が終わったばかり。
山の上には小さな山城、岩国城が見える。

錦帯橋を渡ると吉香公園。
岩国も城下町、長屋門なども残っている。
花菖蒲園の花菖蒲はすでに盛りを過ぎている。
大噴水があったり、天然記念物の白蛇も観覧できる。
佐々木小次郎のツバメ返しの銅像も。

d0037233_16152114.jpg
d0037233_16154276.jpg
d0037233_16161047.jpg
d0037233_16163223.jpg
d0037233_1616544.jpg



岩国を後にし、最後の観光地、安芸の宮島に向かう。
日本三景、安芸の宮島、私にとっては何度も訪れている場所。
現役時代、海外からの客と広島に来るたびに、
宮島を案内してきた。

海上に立つ朱塗りの木造鳥居、懐かしい風景である。
20分ほどで船は島に到着。
鹿の出迎え、観光客が大勢来られている。

島のガイドが厳島神社を案内してくれる。
太い柱はヒノキに麻布を巻いて漆塗りしたものと初めて知る。

d0037233_16243343.jpg
d0037233_16245574.jpg
d0037233_16252124.jpg
d0037233_16254373.jpg
d0037233_1626764.jpg
d0037233_16263464.jpg


神社の裏山へちょっと登ったところに千畳閣(豊国神社)と
五重塔が建っている。
千畳閣は入母屋造りの大経堂で、床に畳を敷くと857畳にもなることから
千畳閣と呼ばれるように。
建立を命じた豊臣秀吉の死によって、天井や入口などが未完成のまま、
現在にいたっている。
とにかく広い床の上にいると、周りは吹き抜け、高い天井、
太い柱と梁、通り抜ける風が心地よく肌に当たる。
瞑想にふけりたくなるような気分になる。

d0037233_16325674.jpg
d0037233_16332249.jpg
d0037233_16334335.jpg



旅程を予定通りすべて終え、広島空港へ向かう。
以前は広島市内の狭い空港だったが、今は東広島の方の新空港。
広々とした敷地にモダンな空港ビル。
ところがトラブル発生。
ゲートの待合室で搭乗を待っていると、
突然のアナウンス、整備トラブルで予定の日航機は飛ばないことに。
すぐ後に出発予定の全日空機に乗るよう、変更手続きを
してくれとの案内。
乗客は一斉にJALのカウンターへ走り出す騒ぎ。
あっという間に長蛇の列。
JALで手続きを終えると今度ANAのカウンターが長蛇の列。
幸い我々の場合は、ツァー添乗員がすべて手続きを代行。
無事手続きも終わり、満席の全日空機で1時間弱の遅れで羽田到着。
無事今回の旅行を終えることができる。
by toshi-watanabe | 2009-06-30 16:42 | 旅行 | Comments(4)

2日目の最後は萩である。
毛利36万9千石の城下町で、古い家並みが残っている。
萩も2度目、今回はまず松陰神社を訪ねる。
吉田松陰の松下村塾と、松陰が囚われの身のまま学んだ旧宅を見学。

d0037233_13562341.jpg
d0037233_13565353.jpg
d0037233_135798.jpg
d0037233_13573419.jpg


かって毛利藩の藩士が住んでいたあたり、
武家屋敷のある城下町へ移動する。
木戸孝允誕生地(旧宅)、高杉晋作誕生地(旧宅)など。

d0037233_143484.jpg
d0037233_1432381.jpg
d0037233_1434082.jpg


萩随一の豪商だった菊屋の大邸宅の一部が一般公開されている。
グループの仲間数人と一緒に中を見学する。
主屋、本蔵、金蔵、釜場、米蔵の五棟が国の重要文化財指定を受けている。
美術品、民具、古書籍など500余点がそれぞれ部屋に常設展示。
往時の御用商人の暮らしぶりがしのばれる。
初期の電話ボックスも見られる。

司馬遼太郎は、
「長州人の持つ品のいい軽快な美意識を存分に感じた。
向日性の高い庭園を含めて屋敷の構造を抽象化してゆくとき、
そのまま長州藩というものの藩財政を感じとれるのではあるまいかと
いうことも思った。
さらに、今感ずることは、偶々代々の菊屋家の努力で遺されてきた
この造形世界こそ、長州という地域性をはるかに離れて、
日本人の様々な分野の意識史を感得するうえで
かけがえのない遺産ではないかという事である。」
と書いている。

d0037233_14163360.jpg
d0037233_14164890.jpg
d0037233_1417642.jpg
d0037233_14172445.jpg


有名な萩焼の窯元を見学する。
登り窯と、かけらが貼られた壁。

d0037233_14183466.jpg



萩を後にし、2日目の宿泊地、長門湯本温泉へ向かう。
by toshi-watanabe | 2009-06-30 14:20 | 旅行 | Comments(2)

初日の姫路と神戸のツァーを終え、
神戸港に向かう。
神戸の六甲アイランドと北九州の新門司を結ぶ瀬戸内海航路の旅。
阪九フェリーの大型客船、「つくし」に出港の1時間前5時20分に乗船。
「つくし」は13,353トン、全長が195m、全幅が26.4mある。
7階まであり、乗客はタラップから5階部分に。
収容乗客数は667名に、トラック229台、乗用車138台が収容できる。

d0037233_10562445.jpg
d0037233_10565278.jpg


我々は6階のオーシャンビュー1等船室に。
7階に特等船室があり、今回のツァーでは1組だけ特等船室利用。
バスの中で抽選を行ったが、残念ながら外れ。
偶々当たったカップルが室内を案内してくれ、特等船室を見学。
部屋の広さもほぼ倍あり、風呂トイレつき、冷蔵庫もありと、
1等船室とはずいぶん差がある。
それでも1等船室すべて海側で、それなりの広さが確保されており、
2等船室に較べたらよい方なのだろう。
6階と5階には、2等船室と団体用の船室が配列されている。
我々の船室には洗面の設備はあるものの、
トイレやシャワーは共同使用となっている。
ただ7階に展望大浴場があり、海を見ながら大風呂に入れる。

乗船後、1日の汗をシャワーで洗い流すと、
出港の時間になり、我々ツァーの夕食時間の呼び出し。
個室のレストランで夕食となる。
最初の1杯の生ビールが実に美味しい。
一日の疲れが吹き飛んでしまう。
肝腎の食事だが、期待したほどの料理ではなく、
スープも冷めていたりで、不満が残る。

未だ空は明るく、神戸の夜景を観るには時間的に少々早すぎる。
しばらく休んでいると、明石海峡の上にかかる大橋が見えてくる。
展望大浴場に行き、ゆっくり湯につかり、疲れをとる。
さて床に就いたものの、エンジンの小刻みな振動が
気になり始め、眠りのリズムとどうも合わない。
内海で大きな波の揺れはないのだが、
ベッドを通じて感じるこの振動のため、
どうにも熟睡と行かず。
朝も早々と起きだす。

朝6時30分には新門司港に入る。
6時40分に下船が始まるが、我々ツァーのメンバーのみ残り、
レストランに向かい、朝食となる。
朝食後7時20分に下船する。

d0037233_11211762.jpg




2日目は門司から関門橋を渡り、秋吉台へ向かう。
山口県美祢市に広がる秋吉台は2度目の訪問。
54K㎡と日本最大の広さのカルスト台地。
昨年3月美祢市に合併される。
一時合併後の市名として秋吉台市が上がり、合併問題が挫折。

今回は秋芳洞には行かず、秋吉台の展望台から一帯を望む。
朝早いせいか、他には全く観光客が見えず、
土産物屋も店開きしたばかり。

d0037233_11265976.jpg
d0037233_11272260.jpg


秋吉台から県庁所在地、山口市へ向かう。
曹洞宗の瑠璃光寺にある国宝の五重塔を見学する。
残念ながら、この季節、塔の中には入れない。
均整のとれた、実に美しい五重塔である。
本来は大内氏の菩提寺、香積寺の境内に建てられた五重塔。
江戸時代初期、香積寺は萩に移設されたが、
地元の領民の願いを受け入れ、五重塔は残された。
その後、瑠璃光寺が移転してきて、瑠璃光寺の塔と呼ばれるように。
屋根は桧皮葺、軒の出が深く、軒反りの曲線が美しい。
二層のみ勾欄がある。
層が上に行くほど屋根の反りが大きくなっているのも
見た目のバランスをよくしている。
塔の竣工は嘉吉2年(1442年)とされている。

d0037233_1146889.jpg

d0037233_11422413.jpg
d0037233_11424912.jpg


大内弘世の銅像。
d0037233_11431339.jpg


鴬張りの石段。
d0037233_11433943.jpg


ヤマモモの木と地面のたくさん落ちているヤマモモの実。
百日紅の木の幹から出ている松の枝。
d0037233_11442062.jpg


枕流亭は移築されたもの。
幕末、薩長同盟が結ばれる会談の場となった建物。
d0037233_11443794.jpg
d0037233_1145476.jpg


池の蓮。
d0037233_11452633.jpg


More そして津和野へ
by toshi-watanabe | 2009-06-30 12:02 | 旅行 | Comments(2)