折々の記

tnabe.exblog.jp

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする

ブログトップ

重要文化財「関家住宅」を見学

11月29日、風もなく穏やかな秋晴れ。
国指定の重要文化財、「関家住宅」の特別公開があり、
見学に出かける。
場所は横浜市都筑区勝田町にあり、
横浜市営地下鉄の「仲町台」駅から歩いて20分ほどのところ。

現地集合時間は午後1時半。
気候もよいので、早めに家を出て、
仲町台駅付近で昼食をとることに。
市営地下鉄の開通に伴い新しくできた駅の一つ、
仲町台駅前は如何にも新興都市といった雰囲気。
駅前広場が整理され、建物はどこも新しく、
モダンな感じの店の並ぶ通りがある。
一軒蕎麦屋が見つかり、その店に入る。

d0037233_1112863.jpg


蕎麦茶房「楽(RAKU)」の店名通り、
今までのイメージの蕎麦屋とはまったく異なる造り。
しっとりと落ち着いた感じの内装で、
どちらかといえばカフェか喫茶室のようだ。
木の椅子で、冷えてはと座布団代わりに使ってくれと、
布製のものを持ってきてくれる。
因みにトイレには竹炭が置かれている。
店の一角にそば手打ちのコーナーがあり、
蕎麦の手打ちが見られるようにガラス張りになっている。
本日のそばは北海道産と説明書きが。
なめたけそばを注文。
なめたけの香りも良く、これがなかなか美味しい。
ただ値段が少々高め。
店内はほぼ満席になり、皆さんセットものなどを注文されている。

さて腹ごしらえもでき、近くを散策してみることに、
店に面した通りは下り坂になっており、
突き当たりが公園になっている。
「せせらぎ公園」という。
流れがあり、紅葉が見事、散策路が整備されている。
鴨がせっせと動き回っている。
しばらく歩くと、古民家があり、自由に見学できる。

d0037233_112689.jpg
d0037233_1123193.jpg
d0037233_1125293.jpg
d0037233_1131190.jpg


関家住宅に向かう途中できれいな並木道を目にする。

d0037233_114285.jpg


集合時間よりかなり早めに現地に到着。
受付を済ませて時間を待つ。
この特別公開は年に1回行っているそうで、
今回は4度目の公開とのこと。
横浜市教育委員会文化課が見学希望者を募集したところ、
200名の募集に対して250名の応募があり、
全員希望に応じることになったとの説明を受ける。
朝から30分おきにグループをまとめて案内されている。
われわれのグループも25人前後といったところ。
時間になると、文化課の職員が専門のガイドの方か
よくわからぬが、年配の担当者が説明しながら中を案内。
40分以上にわたり細かく説明され、大変ありがたい見学会。

江戸時代から続く旧家で、この土地の名主と代官を兼務されてきた
大変珍しいケースだ。
世襲で、現在の当主は22代目。
22代目当主、85歳の関恒三郎さんが門で出迎えてくれる。
普段ここにご家族がお住まいで、
市民には年に1度だけ特別公開をされている。
国の重要文化財として指定されているのは、
主屋(入母屋造り、茅葺き)。
書院(寄棟造り、茅葺き)。
表門(長屋門、寄棟造り、二階建て、茅葺き)。
それに宅地、山林、畑地および墳墓地(11,548㎡)。
こうした民家で書院のあるのは非常に珍しい。

平成14年11月から17年7月にかけて、
国庫補助(3億円)事業保存修理の大工事が行われた。
主屋は解体修理、書院は半解体修理、表門は部分修理。
耐震構造にするとともに、
江戸初期の姿にできる限り近い形に復元。
東日本でも最古級の民家とされる。

関家入口と表門。
表門の2階部分はかって養蚕に使われていた。

d0037233_11282837.jpg


主屋の正面。

d0037233_11292111.jpg


主屋の土間登板の間。
土間は広く、見事な梁が見える。
囲炉裏には火が赤々と。

d0037233_11303486.jpg


書院と床の間。

d0037233_11314252.jpg
d0037233_1132035.jpg


東屋と東屋からの一望。
手前に見えるのが書院と書院の庭、奥が主屋。
右手が表門となる。

d0037233_1133834.jpg

Commented by banban0501 at 2008-11-30 23:23
京都の吉田家も 住みながらも 公開されている古い町屋ですが
この関家は もっと古さを感じますね
天井の見事な梁と 囲炉裏の奥のお部屋の様子が
その古さを感じさせます
丁寧な写真の解説もあって 参考になりました
それにしても みなさん この公開のことをよくご存じで
たくさんの方が応募されているようなので びっくりです!
Commented by semineo at 2008-12-01 01:15
こんばんは
素晴らしい旧家の見学をなさいましたね~
広々とした敷地に昔のままの佇まい、調度品や置物もさすがに立派ですね。
横浜に、このような家がある事も知りませんでした。

年に1度の特別公開に全員が見学できるなんて行き届いた対応ですね。

お蕎麦屋さんも美味しそうです。
Commented by toshi-watanabe at 2008-12-01 09:16
banbanさん、

さっそくコメントをいただき、ありがとございます。
横浜市の広報紙に小さく載っているのを、
かみさんがたまたま見つけて、
ほかの予定が入っていない日なので、
すぐ応募した次第です。
全く予備知識がなく、今回見学できて
本当によかったです。
Commented by toshi-watanabe at 2008-12-01 09:21
semineoさん、

今回の見学会、わずか1時間足らずでしたが、
大変興味深く過ごすことができました。
部屋の中をゆっくりと拝見でき、説明も丁寧に
行きとどいたものでした。
葵の紋の入った容器がありますが、
これは将軍が鷹狩りに訪れた時に休憩をされ、
その時に使われた弁当箱だそうです。
屋敷内を見学後、裏山も案内してくれ、
東屋へは自由見学でした。

by toshi-watanabe | 2008-11-30 11:47 | 一般 | Comments(4)