ニューヨーク・メッツ

かってニューヨーク市クイーンズ区のフラッシングに
3年ばかり住んだことがある。
マンハッタンのタイムズスクエアからフラッシングまで
地下鉄7号線(通称、フラッシングライン)が通っている。
マンハッタンを通る間は地下を走るが、
イーストリバーを渡ると地上に出、
あとは高架線を走る。

終点フラッシングの一つ手前の駅前に、
ニューヨークメッツの本拠地、シェイ・スタジアムがある。
この辺りフラッシング・メドーズと呼ばれ、
ニューヨーク万国博覧会の跡地。
万博の開催に伴い、地下鉄7号線も建設されたようだ。
野球場の他は広い駐車場、
フォーレストヒルから移ってきたUSオープンが
開催されるテニスセンター、あとは緑地帯である。
住宅も商業施設も見当たらない。

因みにNYメッツ、ナショナルリーグの東部地区、
5チームの中で現在4位と低迷している。

このシェイ・スタジアムは1964年からメッツの球場として
使用されてきた。
シェイとはメッツ開設に貢献した弁護士、ウイリアム・シェイの
名をつけている。

d0037233_952810.jpg



外野センターのフェンス後方に変わった代物が置かれている。
ひっくり返した大きなシルクハット(Magic Top Hat)がある。
メッツの選手がホームランを打つと、帽子部のディスプレイの中から
メッツのロゴマーク入りの大きなリンゴのオブジェが現れる。
この大きなリンゴ、NY市のニックネーム、
Big Apple から来ているようだ。
Big Apple の由来はいろいろ説があるようではっきりしない。

d0037233_9594678.jpg


さて、このシェア・スタジアムも、
現在建築中の新スタヂアムがほぼ完成、
来シーズンからは新しいスタジアムが使用されることになり、
45年の幕を閉じ壊される予定。
新球場は金融大手のシティグループと命名権の20年契約がまとまり、
シティ・スタジアムの名でスタートする。
何と年に2千万ドルが球団側に支払われる。
実はこのスタジアム、当初は2012年のオリンピック開催を期待して
計画されたもの。
残念ながら2012年のオリンピックはロンドン開催に決定。

d0037233_1065715.jpg



NYヤンキースも来シーズン、新球場となる予定。
NYの2つのメジャー球団が同時に新球場を使用開始。
ヤンキースは命名権は考えていないらしい。
Commented by kyu-mama-etegami at 2008-05-24 10:44
おはようございます♪きゅうママです。

アメリカは何でも規模が大きいのですね・・・。
お国柄なのでしょうか・・。

ログインして、こちらにお邪魔しているのに・・Linkの文字が見当たりません・・・。何故でしょう・・・。
パソコン持って、誰かに聞きたいです(TT)
Commented by toshi-watanabe at 2008-05-24 14:51
きゅうママさん、

すみません。
私の方の環境設定に不備があったようです。
もう一度試してください。
Add linkというのが出てくるはずです。
よろしく。
Commented by kyu-mama-etegami at 2008-05-25 08:58
おはようございます♪

わーい\(^^)/リンク出来ました♪
ありがとうございます。
Commented by semineo at 2008-05-29 10:29
昨日はお世話になりました。
楽しい話は尽きる事はありませんでしたね~

さすが海外生活の長いwatanabeさんは何事も詳しいですね。
命名権の20年契約、これもアメリカらしい名前と契約金ですね。
Tvで観戦で楽しませてもらいましょう♪
Commented by toshi-watanabe at 2008-05-30 15:12
semineoさん、

こちらこそお世話になりました。
最近は覚えるよりも忘れることの方が多く、
多少思い出したことも書いておこうかなと
考えたり。
日本でも最近、この命名権を使った野球場や
サッカー場が増えてきていますね。
by toshi-watanabe | 2008-05-24 10:13 | Comments(5)