首都の大停電

昨日の大停電には驚いた。
朝食も済ませた朝7時半頃、突然電気が消えた。
色々と電気器具を使用していたわけでもないのに、ブレーカーが落ちたのかと
調べたがそうでもなく、水道も出なくなり、どうしたのだろうかと外に飛び出したり。
10分ほどで電気がついたので、その時はほっとした。
所が、あとでTVのニュース番組を観たら、東京の主要地域から横浜、川崎の
一部や市川など一帯が大停電となり、電車が止まり、エレベーターが止まり、
信号が消えてと、大変な事態になっていたのを知った。

1977年の7月にニューヨークで大停電に遭遇している。
当時住まいはニュージャージー州のフォートリーで、勤務先はニュージャージーの
新社屋に移転する直前で、マンハッタンのミッドタウンにあり、
当日、丁度日本から客があり、仕事を終えた後、マージャンをやっていた。

夜9時過ぎ、突然の停電。
すぐ電気が点くだろうと高をくくり、たまたまあった大きなローソクに火をつけ、
しばらくゲームを続けていたが、どうも回復しそうもないと判断。
真っ暗な非常階段を9階から手探りで降りる羽目となった。
やっとの思いで道路に出る。

駐車場から車に乗ったものの、あたりは真っ暗、信号も消えており、
大変な事になっていることを改めて実感。
何とかハドソン川下を抜けるリンカーントンネルに来ると、トンネルの中は灯りが
点いておりほっとする。
後で知ったのだが、マンハッタン側とニュージャージー側の両方から送電されており、
バックアップ体制がとられていたので、トンネル内は問題なかった。

このニューヨーク大停電の原因は落雷が送電線に落下したもの。
この後復旧に3日ほど要した。
闇にまぎれて、店から品物を強奪したりとか大変な事態も発生した。
ただこの後ベビーブームが起きたというのは有名な話である。
by toshi-watanabe | 2006-08-15 10:49 | 一般 | Comments(0)