「智」 「仁」 「勇」

夕刊のコラムで、聖路加国際病院の細谷副院長が子供の頃、
大切にしなければならないものとして、「智」 「仁」 「勇」の
三つの漢字を、父親が丁寧に教えてくれたと、書かれている。

残念ながら私の父親は十分な教育も受けておらず、
これといった言葉を教えてもらった記憶はない。
細谷副院長の書かれた3文字で思い出した事がある。

昭和18年に東京世田谷の松原小学校(当時は国民学校)に入学、
その年の暮れ、まだ東京への米軍の空爆が始まる前に、
両親の故郷、西伊豆の土肥(現在、伊豆市)へ縁故疎開。
そこで終戦の翌年の春まで学んだ。

転入した学校は1学年が4クラスに分かれ、男子が2クラス、
女子が2クラスであった。
男子のクラスは智組と仁組で、私自身は仁組に入れられた。
因みに女子のクラスは優組と禮組であった。
今ではこんなクラス名を使用している学校はないと思うが。
by toshi-watanabe | 2006-06-15 14:35 | 一般 | Comments(0)