朝井 まかて著「眩(くらら)」を読む

d0037233_15031798.jpg



朝井まかてさんの新作「眩(くらら)」を読み終える。
長編小説で、読むのに結構骨が折れるが、
すっかり物語に引き込まれ、感動の余韻を残しつつ読み終える。

本の帯にはこう書かれている。
北斎の娘にして〈江戸のレンブラント〉、
天才女絵師・葛飾応為の全身を絵に投じた生涯。
「眩々するほどの命の息吹を、あたしは描く。」
偉大すぎる父・北斎、兄弟子・溪斎英泉への叶わぬ恋、
北斎の名を利用し悪事を重ねる甥――人生にまつわる面倒ごとも、
ひとたび筆を握れば全て消え去る。
北斎の右腕として風景画から春画までをこなす一方、
自分だけの光と色を終生追い続けた女絵師・応為。
自問自答する二十代から、傑作「吉原格子先之図」に至る
六十代までを、圧倒的リアリズムで描き出す。

死ぬまで筆を握り浮世絵を描き続けた葛飾北斎は
享年90歳の長命を全うした、江戸時代末期の名だたる浮世絵師。
北斎の三女として生を受けたのが、この小説の主人公、お栄である。
お栄は幼いころから、父親のそばにいて、父親の描く姿を目にし、
自らも絵筆を握るように。
母親の小兎(こと)が心配して、お栄は22歳の時に
東神田橋本町で水油屋を営む商家の次男で、
南沢等明という画号を持つ町絵師の吉之助のところに嫁ぐ。
家事が不得手で、子もなさなかったお栄は3年後実家に戻る。

お栄は北斎工房で、北斎の弟子らに交じって、
父親の画業を熱心に手伝う。
下級武士の子だった池田善次郎は絵師を志し、
北斎工房にも顔を出すようになり、お栄とも気心が通じる。
善次郎は浮世絵師とともに狂言の戯作者としても名を成し、
溪斎英泉を名乗り、妻をめとるが、お栄との仲は続く。

北斎は70歳を前にして、酒も飲まないのに中気で倒れる。
柚子の卒中薬で無事回復する。
ところが、その直後看病の疲労もたまったのか、
北斎の11歳年下の妻、小兎があっと言う間に亡くなる。
その後、北斎を杖を突きながらの生活だが、
信州の小布施まで出かけたり、浮世絵を描き続ける。

物語の終盤、お栄は絵師、葛飾応為(おうい)を名乗り、
「吉原格子先之図」を手掛けている。
そこへ突然、溪斎英泉(善次郎)の訃報が届く。
葛飾応為(お栄)は通夜に出かけず。
北斎は野辺の送りには顔を出すように、娘のお栄に強く言う。
親子の言い合いが続き、お栄はやっと重い腰を上げる。
場所もわからず出かけたお栄は、高札場の近くで人に尋ね、
楓川に架かる海賊橋を渡ったものの、走る事が出来なくなり、
足を投げ出し座り込んでしまう。
無様な女で何もかも間に合わないと思っていたお栄の耳元に、
おりんの澄んだ音と僧侶の読経が聞こえ、
白い着物の一行が近づいてくる。
野辺送りだ。
お栄はいつしか、嗚咽しながら笑っていた。
列を見送り、裸足のまま空を見上げると、鰯雲が流れてゆく。
読み手に感動を与える、この場面の情景は圧巻である。

その1年後、北斎を長寿を全うする。
応為は最大の傑作と言われる「吉原格子之図」を完成。
やがてどこへともなく1人旅立つ。

葛飾応為の晩年は記録に残っておらず、
ほとんど知られていない。


カバー表紙絵に使用されているのは、葛飾応為の傑作「吉原格子先之図」そのもの、
東京渋谷区神宮前にある「太田記念美術館」所蔵である。






Commented by banban0501 at 2016-04-30 15:57
粗筋が 本当にうまく描かれて
いるので 読みたくなる本です

三国志の会いまに読もうかな・・・

いつも いい本の記事に感謝です
Commented by toshi-watanabe at 2016-05-06 14:21
banbanさん、
コメントをいただき有難うございます。
「三国志」に挑戦されているのですね。
私の本棚にもありますが、手つかずです。
朝井まかてさんの著書「眩」もなかなか面白いですよ。
by toshi-watanabe | 2016-04-30 15:05 | 読書ノート | Comments(2)