折々の記

tnabe.exblog.jp

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする

ブログトップ

内田 康夫著「汚れちまった道」を読み終える

d0037233_08405057.jpg
d0037233_08410221.jpg


内田康夫の「汚れちまった道」を読み終える。
お馴染み素人探偵、浅見光彦シリーズの一作で、
ちょうど3年前に書き下ろし刊行されている。
今回祥伝社文庫の新装版が出され、上巻・下巻の2冊から成る。

舞台は山口、防府、宇部、美祢、萩と山口県内、
次から次に起こる殺人事件に光彦が挑み解決のカギを探す物語。

以前の事件で知り合った毎朝新聞の黒須からの依頼で、
行方不明となっている山口毎朝新聞、萩支局勤務の
奥田伸二氏を探す手伝いをしてくれないかと言われる。
単身赴任の奥田氏の実家は防府市にあり、こずえ夫人が住んでいる。
黒須夫人の大学時代の先輩を通して依頼があり、
黒須氏は光彦を最適の人物として紹介する。

同時に光彦が記事を書いている雑誌「旅と歴史」の藤田編集長から、
中原中也特集を組むので、現地に飛んで中也史跡を取材して、
レポートにまとめてほしいとの依頼。
ご存知、中也は山口出身である。
二つの目的を抱えて、いよいよ光彦は山口へ乗り込む。

物語の進行とともに、中原中也の詩が登場する。
いくつかをご紹介。

「ポロリ、ポロリと死んでゆく」
ポロリ、ポロリと死んでゆく
みんな別れてしまふのだ。
呼んだって、帰らない。
   何しろ、此の世とあの世だから叶はない。

「妹よ」
夜、うつくしい魂は涕(な)いて、
  ――― かの女(ぢょ)こそ正当(あたりき)なのに
夜、うつくしい魂は涕いて、
  もう死んだっていいよう・・・・といふのであった。

湿った野原の黒い土、短い草の上を
  夜風は吹いて
死んだっていいよう。 死んだっていいよう。と。
うつくしい魂は涕くのであった。

「汚れっちまった悲しみに・・・・」
汚れっちまった悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れっちまった悲しみに
今日も風さへ吹きすぎる

独身貴族連盟を標榜する浅見光彦の仲間の一人、
松田将明に見合いの話が出、そのお相手は山口にいる。
松田が見合い相手の八木康子に会いに山口にやってきて、
たまたま事件に巻き込まれ、光彦と共同作業をする場面も。

大きな社会事件を嗅ぎつけた奥田伸二は結局やくざの手により
殺害されてしまい。奥田に情報を提供したものや協力者も
次々と殺害される運命に。
直接手を下した殺害者は光彦たちの活躍により、
逮捕されるのだが、肝心の大物は闇の中。




by toshi-watanabe | 2015-10-29 08:43 | 読書ノート | Comments(0)