折々の記

tnabe.exblog.jp

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする

ブログトップ

澤田 瞳子著「与楽の飯」を読み終える

d0037233_09091909.jpg


澤田瞳子さんの新作「与楽の飯」を読み終える。
一昨年末から今年初めにかけて、「小説宝石」に
掲載された作品を纏めて、この度単行本として出版された。
サブタイトル「東大寺造仏所炊屋私記」とある通り、
時は奈良時代、聖武天皇が命じた東大寺大仏造営事業の話である。

普段見慣れない言葉や人名が次から次に登場し、
最初読み始めても、なかなか物語に入り込めない。
労役に当たるため、故郷から造仏所に徴発されてきた、
主人公の若者の名前は真楯(またて)という。
また造仏所炊屋(かしきや)の炊男(かしきおとこ)は
宮麻呂(みやまろ)という。
他に登場する人物には、馬馗(うまくび)、鮠人(はやと)、舎薩(しゃさつ)、
乙虫(おとむし)、小刀良(ことら)、小槻(おづき)、猪養(いのかい)、
牟須女(むすめ)、若狭売(わかさめ)、朱元珞(しゅのげんらく)、等々。
奈良も寧楽が使われている。

大仏造営にあたり諸国各郷から3年に1度、50戸ごとに2人づつ、
なるべく体力のある若者が作業場に招集されて来る。
近江国高島郡角野郷から選ばれて召集されたのが21歳の真楯である。
こうした役夫(えきふ)を仕丁(しちょう)と呼び、
仕丁頭の指示のもとに作業にあたる。

きつい作業をしながら楽しみなのが飯場でとる食事。
飯場を炊屋(かしきや)と呼び、料理人を炊男(かしきおとこ)という。
真楯たちの働く作業場の炊屋の炊男である宮麻呂は料理の腕がよく、
すっかり評判になっている。

物語は真楯とその仲間、仕丁頭の猪養、そして炊男の宮麻呂を
軸に進行し、最初から終わりまで、造仏作業場で繰り広げられる。
最初読みづらい物語も、途中からがぜん面白くなる。
大仏、毘盧遮那仏の鋳造が当時いかに大変な大事業であったかと、
今更ながら痛感する。
主人公も次第に仏とは何かに気付いて行く。
最後の場面の描写は感動的で、秀逸である。

前回読んだ「若冲」同様、非常に丁寧に書き込まれていると思う。



by toshi-watanabe | 2015-08-30 09:09 | 読書ノート | Comments(0)