「若冲と蕪村」展を見学する

3月27日の午後、サントリー美術館に出かける。
六本木の東京ミッドタウン、ガレリアの3階にある。
同い年の天才絵師、伊藤若冲と与謝蕪村の
生誕三百年記念の特別展「若冲と蕪村」展が
3月18日から始まり、5月10日まで開催中である。

午前中、芝公園の方に用事があり、
赤羽橋に出て、地下鉄の都営大江戸線に乗車する。
赤羽橋方面からは真正面に東京タワーが見える。
春爛漫の青空にタワーは美しく映える。
d0037233_10512237.jpg
d0037233_10514715.jpg
大江戸線の駅ホームは非常に深く、階段を降りるのもしんどい。
六本木駅の改札を出ると、ミッドタウンに直結。

若冲と蕪村が同年に生まれていたのを初めて知る。
江戸時代中期の1716年、7代将軍家継がなくなり、
吉宗が徳川8代将軍に就いた年である。
元号が正徳6年から享保元年となる。
この年にはまた尾形光琳が亡くなっている。

若冲は京都錦小路の青物問屋「桝屋」の長男として生まれる。
23歳の時に家業を継ぐものの、30代中頃には参禅して
「若冲居士」の号を与えられる。
40歳になると、家業を弟に譲り隠居の身に。
絵を描くことに本格的に専念する。

一方、蕪村は大阪東成郡毛馬村の農家に生まれる。
20歳ころには江戸へ出て、俳諧を学ぶ。
27歳の時、俳諧の師匠の逝去を機に、
北関東や東北地方を、およそ10年間遊歴する。
40歳になると、京都へ居を移し、俳諧と絵画の両分野で
活動をする。

若冲と蕪村は、40歳ごろからは、京の都に住み、
しかもお互いの住まいは極めて近かったと思われるのだが、
直接の交流を示す作品も資料も見つかっていない。
両者とも優れた絵師として活躍し、
共通の友人、知人と交流しており、
実際、同じ禅僧、学者から作品の絵画に賛を得ている。
当時、活動していた池大雅、上田秋成、円山応挙などと
二人とも交流しているのは事実。
お互いの作品を目にしているのは間違いない処だろう。

先達の松尾芭蕉からは学ぶところがあり、影響を受けているのだろう。
若冲は芭蕉の自画像を描いており、今回も出展されている。
最も興味深いのは、
蕪村の「奥の細道図鑑」(重要文化財に指定)
巻物に芭蕉の「奥の細道」をそっくり書き写し、
要所要所に蕪村が絵を描き添えている。
素晴らしい作品である。
今回の展示会で目にすることができる。

d0037233_08313087.jpg

今回の展示会は7章の構成となっている。

第1章: 18世紀の京都ルネッサンス

第2章: 出発と修行の時代

第3章: 画風の確立

第4章: 新たな挑戦

第5章: 中国・朝鮮絵画からの影響

第6章: 隣り合う若冲と蕪村・交差する交友関係

第7章: 翁の時代

幾つかの作品を紹介したい。
(展示会チラシよりスキャンしたもの)

若冲の作品から。
「象と鯨図屏風」
d0037233_11301005.jpg
「白象群獣図」
d0037233_11300094.jpg
「猿猴摘桃図」
d0037233_11294341.jpg
「寒山拾得図」
d0037233_11292270.jpg
「櫟に鸚哥図(「花鳥版画」のうち)
d0037233_11291016.jpg
蕪村の作品から。
「山水画屏風」
d0037233_11413068.jpg
「学問は(自画賛)」
d0037233_11411897.jpg
「蜀桟道図」
d0037233_11410653.jpg
「夜色楼台図」
d0037233_11405279.jpg
「鳶・鴉図(一部)」
d0037233_11403273.jpg
「奥の細道画巻(部分)」
d0037233_11402028.jpg
大変興味深い展示会である。
最後の章が「翁の時代」となっているが、
米一斗で一枚絵を描くとして、若冲は「米斗翁」と名乗り、
夜半亭の二世を継いだ蕪村は「夜半翁」と名乗る。
若冲は彩色あざやかな花鳥図や動物を描いが水墨画が多く見られるが、
蕪村は中国の文人画の技法による山水画を描き、
簡単な筆遣いで、俳句と絵が響き合う俳画を得意とした。

若冲が世に広く知られるきっかけとなったのは、
伊藤若冲没後二百年記念展示会が平成12年(2000年)、
京都国立博物館で開催されたことによる。
その後、平成18年(2006年)には全国各地で巡回展示。
平成19年(2007年)、宮内庁所蔵の動植綵絵三十幅が
若冲ゆかりの京都の相国寺内にある承天閣美術館にて
釈迦三尊像などとともに展示され、
この展示会は見学している。
そのスケールの大きさと、斬新な意匠には圧倒される。

若冲ファンはこれからも増えて行くと思う。







Commented by Jun at 2015-03-30 13:36 x
いつも素晴らしい写真の数々を見せてくださってありがとうございます。(仏像の後ちょっと拝見しないでいたら花の写真が沢山!本当に素晴らしいです。)

東京タワーが青空に映えていますね~~♪

与謝蕪村という名前を聞くと、「牡丹散って うち重なりぬ 2、3弁」と言うのが頭に浮かびます(多分小学の国語で習った^^)。

ところで4月でブログ10周年とのこと。
おめでとうございます!
日に平均55人以上の訪問とはすごいですね!これだけ素晴らしい写真が沢山あるから当然とも言えますが^-^
Commented by toshi-watanabe at 2015-03-30 14:04
Junさん、
コメントいただき有難うございます。
仏像の会が解散したものですから、仏像参観の機会が減っております。
お陰様で、このブログを始めて10年がたち、同時にアクセス10万件を達成いたしました。
これからも何かのご縁、宜しくお願いします。
by toshi-watanabe | 2015-03-29 13:59 | 一般 | Comments(2)