1年を振り返る


愈々大晦日、今年も終わり。
この1年、いろいろとありました。
自然災害が次から次へと起り、数多くの大切な命が犠牲に。
食の問題、領土侵犯、偽証、感染病、ドラグと嫌な事件が続き、
とはいえLEDでノーベル賞の受賞やスポーツ選手の活躍など
感動的な嬉しいニュースもありました。
年末には突然衆議院の解散総選挙と余計なことまで。

この中で、いまだに頭から離れないのが、
消費税8%アップの実施とSTAP細胞騒動です。

消費税を上げること自体は、国の財源確保のために必要である
事は十分理解しているつもりですが、
今回の実施のタイミングは悪かったのではないでしょうか。
環境整備をしっかり整えておらず、
一般庶民が消費税アップに耐えられるレベルになる
見通しもまだ立っていない状況だったと思います。
税率低減も当然考慮すべき点でしょう。
歳出の削減についても同時に行う必要があります。
規制緩和や国会議員の定数削減はどうなっているのでしょう。

STAP細胞の論文は、杜撰なままどうして公表されてしまったのでしょう。
一流の研究機関、一流の研究者が行ったにしては
余りにも幼稚すぎます。
実験の実態は何だったのでしょう。
個人的には、STAP細胞の存在が証明されるのを
大いに期待したいのですが。

今年も多くの著名人の方が亡くなられました。
私と同じ年生まれでは山口洋子さんと赤瀬川原平さん。
また作家では、山本兼一さんが60歳にならずで
2月に他界されました。
これから大いに期待されていたのに残念無念である。

私の高校の同級生ではお二人亡くなられた。
C子さんは、地元で世話役を色々やられたり、
海外旅行を楽しんでおられた。
葬儀にはご近所からたくさんのご婦人が参列。
M君は現役時代、NHKの放送記者として全国を飛び回っていた。
定年退職後すぐに食道がんが見つかり手術、
その後は無事回復し、のんびりと過ごされていたはずなのだが。
突然亡くなられ家族葬で済ませていた。
半年後、娘さんとの交信で訃報に接した。
ご自宅に伺い位牌にこうべを垂れ、ご冥福を祈った。

青森への旅行の最中に従兄弟のA君の訃報が届く。
帰宅後、沼津まで出かけ葬儀に参列。
私より3歳ほど年下のA君のことなど、
久しぶりに会う従兄弟たちや叔父と話が弾む。

毎月1回昼食会をしている近所の仲間の一人が突然亡くなる。
午前中、奥様が出かけるときには元気だったのが、
午後帰宅すると、既に意識はなかったとのこと。
ご自宅に伺い、御遺体と最期の別れ、ご冥福を祈った。
奥様とも初めてお会いした。

ことし手元に届いた喪中のはがきは22枚。
故人の皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

合掌



Commented by amtask at 2015-01-01 03:18
今こちらはまだ2014年、後の残すところ10数時間です。
2014年、よくわからないうちに駆け抜けていくような年でした。
消費税増税・スタップ細胞・デング熱・そして突然の解散総選挙、庶民にとっては不可解なことが多すぎました。
私達が日本に滞在している間にも、有名人が突然亡くなられて、驚きました。
それにしても22枚の喪中はがきは、多いですね。
やはり日本は環境汚染が進んでいるのでしょうか。
2015年、色々な面で庶民に優しい年であることを祈りたいです。
Commented by toshi-watanabe at 2015-01-01 15:17
amtaskさん、
明けましておめでとうございます。
今朝の横浜は晴天でしたが、朝日の登るところには厚い雲、初日の出は拝めませんでした。
午後になったら雪が降り始め、2時間ばかり降り続きました。
今年は平安平穏の一年であってほしいと願います。
今年もよろしくお願いします。
by toshi-watanabe | 2014-12-31 10:15 | 一般 | Comments(2)