半沢直樹が再び登場

d0037233_91059.jpg



史上最大の倍返し、巨大権力に立ち向かう
半沢直樹シリーズの最新作が登場。
池井戸潤さんの新作「銀翼のイカロス」を読み終える。

東京中央銀行の営業第二部次長となった半沢直樹。
直属の上司、内藤寛部長から帝国航空の担当を
突然命じられる。
本来審査部が担当していた案件だが、
頭取・中野渡謙の特命である。
巨大航空会社である帝国航空は経営危機に瀕している。

与党・憲民党政府により、すでに帝国航空の再建案が出され、
債権者である金融業界も了承していた。
ところが、総選挙で憲民党が敗れ、
新たに進政党政府がスタート、
新政府の旗手とも称され、閣僚入りに抜擢された
白井亜希子国土交通大臣が私的諮問機関
「帝国航空再生タスクフォース」を立ち上げる。
先の帝国航空再建案の破棄を宣言、
債権者の銀行を慌てさせる。

特に高額の債権を有する東京中央銀行には
圧力がかかり、帝国航空への債権放棄を迫る。

一方では過去に起きたと推測される20億円に上る
融資の使途不明金問題を半沢達が見つける。
東京中央銀行は旧産業中央銀行と旧東京第一銀行とが
合併して発足した銀行。
債権監理担当常務の紀本平八は旧東京第一銀行の出身、
合併時には負債や不明金をすべて清算したはずだったが、
紀本常務が個人的に融資をし隠蔽していたことが発覚。
隠されていた書類探しに活躍するのが、
検査部の部長代理をすでに7年勤める
富岡義則、通称トミさん。
検査部とは”象の墓場”と揶揄されている部署、
出世コースを外された、出向待ちのポスト。

途中では、おなじみの金融庁検査官、
黒崎駿一も登場する。
せめぎあいが続き、
最終的には、東京中央銀行は
帝国航空の債権放棄をしないと宣言。

因みにトミさんは傍系会社、東京中央クレジットへ
審査部長として出向する。

いずれテレビ化され放映されるだろう。
Commented by banban0501 at 2014-08-27 11:21
ロスジェネの逆襲を面白くよみました

その続編ですね

経済の勉強にもなるし 内容は
とても スリリングで楽しめます

是非読んでみたくなりました
Commented by toshi-watanabe at 2014-08-28 09:55
banbanさん、
コメント有難うございます。
半沢直樹シリーズ、本当に面白いです。
ある程度現実の世界でしょうから、勉強にもなりますね。
それにしても銀行内での血みどろの戦い、業界、政界との結びつき、まさに生き残りを懸けた戦いです。
by toshi-watanabe | 2014-08-27 09:01 | 読書ノート | Comments(2)