折々の記

tnabe.exblog.jp

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする

ブログトップ

小前亮著「月に捧ぐは清き酒」を読む

d0037233_92433.jpg






初めて小前亮(こまえりょう)さんの作品を読む。
書き下ろしの著書で、最近出版されたばかりの
「月に捧ぐは清き酒」、副題として「鴻池流事始」とある。
小前さんは東大大学院時代から歴史コラムの執筆をされ、
小説の処女作を出したのが2005年とのこと。

最近は講談を聴く機会もほとんどないが、
講談では悲運の英雄として取り上げられたのが
「山中鹿之介」。
尼子十勇士の筆頭に上げられ、
尼子家再興のために、
「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と
三日月に祈った逸話はよく知られている。

山中鹿之介とか山中鹿之助と呼ばれているが、
正しくは山中鹿介らしい。
この山中鹿介幸盛が尼子再興の望みを絶たれ、
無残の死を遂げた後、残された嫡男である
山中幸元の物語がこの作品である。

幸元は幼少の頃は新六と呼ばれていた。
父親の鹿介は、「月山富田城に尼子の旗を立てたら、
この子を迎えに来よう」と、
赤子の新六に乳母をつけて、叔父の信直に預ける。
生涯鹿介は新六の前に姿を表わす仕舞いとなる。
新六は両親の顔を全く知らずに、大叔父の信直夫妻に
大事に育てられる。
特に信直は武士としての文武の基本をしっかり教え込む。

やがて新六は立派に成長し、鹿介縁の大名の家筋から
誘いを受けるものの、武士への道を断る。
幼馴染のはなと所帯を持ち、商人への道へと着実に進む。
新右衛門と名を改める。
茶道用の炭、菊炭を考えだし、
炭焼き業者に製造を依頼、これが見事成功し
商売の軌道に乗ったところで、横やりが入り、
商売を横取りされてしまう。

次に考え出したのが日本酒である。
摂津国川辺郡鴻池村(現在の兵庫県伊丹市)で醸造を始める。
従来の濁酒風の酒から、現在流通している清酒を作り上げる。

さらに酒の味を損なわずに江戸までの輸送を工夫する。
鹿介の嫡男であることを隠す意味もあり、山中でなく鴻池を名乗る。

江戸時代以降続く豪商鴻池財閥の祖となる。
新右衛門とはなの夫妻は八男二女に恵まれ、
80年の長寿を全うする。
子供たちが鴻池財閥をその後築いて行く。

若手のこれからの作家だと思うが、
筆力も優れ、読み手を夢中にさせてしまう。
素晴らしい作品である。
Commented by banban0501 at 2014-06-26 12:01
今年の冬に 鴻池会所を訪れた際に
学芸員の方から この人の話をききました

鴻池家の基礎を作った人物
興味がありますね

こういう人を題材にする作家さん
歴史を面白く紹介してくれていいですね
Commented by toshi-watanabe at 2014-06-26 14:48
banbanさん、

コメントいただき有難うございます。
鴻池会所というのがあるのですね。
一度訪れてみたいです。
大変興味深い内容の作品です。
by toshi-watanabe | 2014-06-26 09:23 | 読書ノート | Comments(2)