折々の記

tnabe.exblog.jp

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする

ブログトップ

上田秀人著「峠道 - 鷹の見た風景」を読む

引き続き「読書ノート」です。

d0037233_9324430.jpg




上杉鷹山を主人公にした、
上田秀人さんの最新作品「峠道 - 鷹の見た風景」を読み終える。
童門冬二さんの「上杉鷹山」とはまた異なる視点から
鷹山を取り上げており、興味深く読む。

第八代米沢藩主となって十六年、齢も四十をこえた
上杉重定には跡継ぎとなる男子がおらず、
かって三代藩主綱勝が跡継ぎのないまま急死、
危うく家名断絶となりかかった経緯もあり、
遠縁にあたる秋月種美の次男松三郎を迎えることになった。
内々の約束をしたのが宝暦十年(1760)二月のこと。
その直後に重定の側室勢が懐妊し、
宝暦十一年三月、男子を出生した。
これで一騒動起きることになるのだが、
宿老たちの決意により重定が折れて決着したものの、
その恨みは深く残った。

麻生百姓町の秋月家上屋敷から
松三郎が外桜田御堀通りの上杉上屋敷に移る。
名前を改め直丸と名乗る。
上杉家の世子となった直丸は、上杉家の歴史を叩き込まれる。
その後、上杉治憲と名乗り家督を継ぎ、米沢藩九代藩主となる。
竹俣当綱(童門の作品でも登場する重要人物)とともに、
細井平洲の講義を聴講し、
破綻寸前の米沢藩に目を向け、どう改革するかを考える基盤となる。

重定公の娘、幸姫と夫婦となるものの、
生まれつき障碍のある幸姫は体も心も幼時のまま、
夫婦生活は営むことはできず、
治憲は妹のように遊び相手になり、かわいがる。

数年後江戸から米沢に初めてお国入り。
この辺りからの筋道は童門上杉鷹山とほぼ同じである。
童門上杉鷹山にはほとんど登場しなかったが、
この作品では重要人物として登場する女性がいる。
治憲の側室となる琴(のちに豊の方と呼ばれる)である。
治憲より十歳年上だが、初めは姉のごとく接し、
正室の代わりとしての役目を果たすことになる。
孤独になりがちの治憲を励まし、
大きな力の支えとなる。

二人の男子に恵まれるものの、二人とも若くして亡くなる。
とくに長男は十一代藩主となるはずだった。

米沢藩の改革に取り組んで行くが、
なかなか思うようには進まない。
災害や災難の連続、それでも藩を守らねばならない。
重定の長男に家督を譲り、隠居となり鷹山を名乗る。
隠居の身ながら、その後の藩主や藩の中枢となる
若者の教育に力を入れる。

鷹山が手を付けて初めた改革の火は燃え続け、
十一代藩主の時代になって、
藩の抱えていた借金がゼロに。
それだけの年数がかかっている。

名君の苦悩と孤高が見事に描かれている。
by toshi-watanabe | 2014-04-24 09:34 | 読書ノート | Comments(0)