内田康夫著「平城山を越えた女」を読む

実は、この文章は別のSNS(ミクシィ)に昨日書き込んだものです。
ご了承願います。

d0037233_10234569.jpg


ご存知、素人名探偵、浅見光彦シリーズである。
この作品は平成2年(1990)10月に既に出版されている。
今回文春文庫として再新刊されたのを機に読んでみる。
書名にある「平城山」は「ならやま」と読み、歌にもなっている。
大和の国と山代の国の境に位置する山というより低い丘で、
JR大和路線(関西本線の一部)に沿って通る
国道24号線(奈良街道)の峠付近を言う。

国宝の九体阿弥陀如来で名高い浄瑠璃寺から岩船寺に至る
地域は石仏群が多く、ハイキングコースとなっており、
当尾(とうの)の里と呼ばれている。
磨崖仏も見られ、最も大きいのが
大門仏谷阿弥陀磨崖仏である。
著書ではホトケ谷と書かれ、
ハイカーの若者達がホトケ谷の谷底に
若い女性の遺体を発見。
これが殺人事件の発端となる。

浅見探偵シリーズには必ずと言っていいほど、
若い綺麗な女性が登場する。
この著書では、寺と仏像巡りが大好きな女性、
阿部美果が登場。
二人の出会いは、京都大覚寺(正確には旧嵯峨御所大覚寺門跡)、
お堂の広間で写経をする場面。
そして二人はホトケ谷殺人事件に巻き込まれて行く。

浅見光彦が奈良に出かけた目的は、古くから文士等に愛されてきた
「日吉館」が取り壊しになるのではとの噂があり、
その実情を調査するため。
「日吉館」は奈良国立博物館の北側に実在した。
會津八一、和辻哲郎、小林秀雄等々がこの2階建ての木造の宿を
定宿としてきた。
確かにこの作品が書かれた当時、名物女将の
田村キヨノさんはご高齢、一度は廃業を決意したものの、
なじみ客のボランティアの支援を受けて営業をしていた。
その後、平成7年(1995)遂に廃業、
その3年後の平成10年(1998)女将は88歳で他界。
建物はそのままになっていたが、
平成21年(2009)建物は取り壊された。
著書の中で、この宿が何度も登場する。

事件のカギとなるのが仏像である。
奈良市高畑にあるのが新薬師寺。
創建当時は七堂伽藍のお堂が並び立つ壮大な寺院だったが、
火災で焼失、唯一残るのが現在の本堂(国宝)のみ。
元来の本堂である金堂には、7躯体の薬師像が
本尊として祀られていたと記録に残る。
現在の本堂には国宝の薬師如来像が本尊として祀られ、
本尊を取り囲むように国宝の十二神将立像が祀られている。
本堂の横には香薬師堂があり、
5角形をした珍しい形の厨子の中におさめられているのが
薬師如来立像(香薬師)。
像高わずか78.4センチの小型の仏像である。

白鳳時代の仏像の特色を示しており、
深大寺(東京調布市)の釈迦如来、法隆寺の橘夫人念持仏
とともに白鳳の三大美作と称されている。
この香薬師像は国宝だったが、昭和に入り2度盗難に遭い、
無事戻ったものの、昭和18年(1943)盗難に遭って、
その後行方知れずのまま。

盗難に遭う前のオリジナルの香薬師像。

d0037233_10253750.jpg


今から70年前に仏像盗難にかかわりを持った人物が、
物語に登場し、厄介な殺人事件に発展。
浅見光彦が事件の背景を解明し、
事件の解決へと向かう筋書きである。

仏像の話でもあり、場面も京都、奈良と、
個人的にも興味があり、
面白く読めた。
ただ終盤が少々端折りすぎた感もある。
現実問題として、この香薬師像、いったいどこへ消えてしまったのだろう。
因みに、著書では厨子が空のまま本尊の薬師如来の
前方に置かれていると書かれているが、
幸いなことに、石膏型が保存されていたので、
レプリカを作成し、現在はそのレプリカが
厨子の中に安置されている。
両方を目にされている年配者の話では、
「あごの下の肉付きが幾らか甘くなっている感じだが、
殆ど遜色ない」とのことで、
香薬師堂で拝観できる。
by toshi-watanabe | 2013-12-31 10:25 | 読書ノート | Comments(0)