折々の記

tnabe.exblog.jp

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする

ブログトップ

「フェルメール 光の王国展」を見学する

d0037233_14345296.jpg


銀座松坂屋のすぐ裏手、みゆき通りとの角に
銀座ソトコトロハス館という建物がある。
このビルの中にある「フェルメール・センター銀座」において、
開催中の「フェルメール 光の王国展」を見学する。
この特別展は本年1月20日にスタートし、7月22日まで開催。

フェルメールに魅せられた分子生物学者の福岡伸一さんが、
監修の任に当たられたプロジェクトである。
足かけ4年にわたって世界中を旅し、フェルメールの作品を
つぶさに観て来られた。
その都度、痛切に感じられたのは、フェルメール自身の旅路を
時間の軸に沿って追体験することなしには、
フェルメールを本当に理解できないということ。
全作品を制作順に並べて、その場を行きつ戻りつしながら
観賞することができればどんなに素晴らしい事かと思い至った。

現存する全フェルメール作品を最新のデジタルマスタリング技術により
彼が描いた当時の色調とテクスチャーを推測して、
原寸大で、所蔵美術館と同じ額装を施して、
一堂に展示する場所を作ろうと考えられた。
それを可能にしたのが、リ・ウリエイト(再生)画像技術であり、
それを実現したのが「フェル・メールセンター銀座。

フェルメール作品と認識されている全37点の作品を、
描いた当時の色彩を求め、原寸大で鮮やかに再現されている。

ほとんど作品は室内の人物を題材にして描かれているが、
2点だけ風景画がある。

フェルメールの故郷、デルフトを描いた「デルフト眺望」j。

d0037233_14394642.jpg


「小路」。

d0037233_14422363.jpg

生まれ育った街の一角を切り取っている。
写真では小さく見難いが、夕方のひと時、縫物をしたり、
掃除をしたりという日常の女性の姿が描き込まれている。
アムステルダム国立美術館蔵。

「ヴァージナルの前に座る女」と「ヴァージナルの前に立つ女」。

d0037233_144829.jpg
d0037233_14481321.jpg

どちらも同じ楽器に向かってはいるが、
陰影の付け方や表情はまるで違う。
座っている方の女性は今一つ表情がさえない。
作者最晩年の作。
いずれもロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵。

「牛乳を注ぐ女」。

d0037233_1451432.jpg

左側の窓から注ぐ光の中で、ふくよかな体型の女性が
壷から牛乳を注ぐ。
フェルメール・ブルーの衣装が印象的。
パンやカゴの描写もきめ細かい、精緻。
アムステルダム国立美術館蔵。

フェルメールの代表作で最も人気の高い作品「真珠の耳飾りの少女」。

d0037233_14565746.jpg

青いトルコ風のターバンや耳元の真珠の輝きが、
異国情緒を駆り立てる。
少女の表情が生き生きとするように、
瞳や唇に白い点(ハイライト)が描き加えられている。
マウリッツハイス美術館蔵で、
6月30日より上野の東京都美術館でオリジナル作品が観賞できる。
「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」。
この作品の少女は、フェルメール家に雇われた、
貧しいメイドだったという説もあるが、
謎の多い作品である。

「紳士とワインを飲む女」。

d0037233_1544340.jpg

ワイングラスが空になったその瞬間が描かれている。
ステンドグラスの精緻さ、ドレスの光沢の表現には、
目を奪われる。
男に見つめられている女は、顔色を悟られぬよう
ワイングラスを傾けるが、その表情が窺えぬ謎を残す。
ベルリン国立美術館蔵。

「二人の紳士と女」。

d0037233_158775.jpg

同じ衣装の男が二人描かれている。
時間を超えた、同一人物が描写されたのではと言われる。
ブラウンシュヴァイク、アントン・ウルリッヒ公美術館蔵。

「真珠の首飾りの少女」。

d0037233_1515991.jpg


真珠の首飾りに付いたリボンをつまんで、
鏡の前でポーズをとる少女。
彼女の着るサテン地の服は、外からの日差しを浴びて、
揺らめくように輝く。
真珠は東洋との貿易でもたらされたもので、
海洋国家オランダの富の象徴といえる。
ベルリン国立絵画館所蔵。

「ディアナとニンフたち」。
ハーグ、マウリッツハイス美術館所蔵。

d0037233_1519238.jpg


「取り持ち女」。
ドレスデン、アルテマイスター美術館所蔵。

d0037233_1520318.jpg


「窓辺で手紙を読む女」。
ドレスデン、アルテマイスター美術館所蔵。

d0037233_15211052.jpg


「音楽の稽古」。
英国王室コレクションで、バッキンガム宮殿内ステート・アパートメントに
掲げられており、通常は非公開。

d0037233_15215677.jpg


「青衣の女」。
アムステルダム国立美術館所蔵。

d0037233_15222969.jpg


「天秤を持つ女」。
ワシントン・ナショナル・ギャラリー所蔵。

d0037233_15234517.jpg


「窓辺でリュートを弾く女」。
ロッテルダム、ボイマンス・ファン・ベンニンゲン美術館所蔵。

d0037233_15242538.jpg


「合奏」。
1990年、ボストン美術館で盗難にあい、その後行方不明。

d0037233_15245416.jpg


「手紙を書く女」。
ロッテルダム、ボイマンス・ファン・ベンニンゲン美術館所蔵。

d0037233_15251816.jpg


「絵画芸術」。
ウイーン美術史美術館所蔵。

d0037233_15254210.jpg


「少女」。
ニューヨーク・メトロポリタン美術館所蔵j。

d0037233_1526470.jpg


「女と召使い」。
ニューヨーク、フリック・コレクション所蔵。

d0037233_15263276.jpg


「天文学者」。
パリ、ルーブル美術館所蔵。

d0037233_1527339.jpg


「レースを編む女」。
パリ、ルーブル美術館所蔵。

d0037233_15273763.jpg


「手紙を書く女と召使い」。
ダブリン国立美術館所蔵。

d0037233_15282472.jpg


「信仰の寓意」。
ニューヨーク・メトロポリタン美術館所蔵。

d0037233_1529356.jpg


「ギターを弾く女」。
ロンドン、ケンウッド・ハウス所蔵。

d0037233_15294163.jpg


技術的に大変優れた、非接触式高精度のスキャニング装置があるものの、
世界各地の収蔵美術館へ機器を運び込み、
データを採取することは現実には不可能であろう。
運よくオランダの「フェルメール・センター・デルフト」が保管する
画像データの提供が受けられることになッた。
この画像データをベースにデジタル化を進める。

描かれて350年余り、時間の経過により、
作品も大きく経年変化を来している。
今日のオリジナル作品はフェルメールの描いた
当時の状況とは当然異なる。

大胆に350年前のオリジナル追求をしようと、
「Re-create(リ・クリエイト)」、再創造と名付けて、
作業を開始した。

福岡伸一本人が実見した34点の作品については、
福岡の印象、意見を加味した。
因みに2点は個人の所蔵、1点は盗難に遭って以来行方不明。

プリント方法は、「UVキャンパスプリント」という技法を採用。
フナオカ・キャンパス製の生地を取り寄せ、再三の出力テストを
行った結果をみて、
特注でキャンパス制作を同社に依頼し、
さらに微調整を行いながら、
設計通りの素晴らしい作品が完成した。
by toshi-watanabe | 2012-06-30 15:45 | 一般 | Comments(0)