折々の記

tnabe.exblog.jp

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする

ブログトップ

上野池之端「水月ホテル 鷗外荘」にて中学同期会

昨日は中学同期会があり参加する。
この同期会は毎年最終日曜日に開催と決まっている。
時のたつのは早いもので、
中学を卒業してちょうど60周年を迎える。
エリザベス女王が即位した同じ年に中学を卒業したことになる。

会場は上野池之端にある、森鷗外の旧居跡、
水月ホテル 鷗外荘である。
ここは初めてである。

春も終わりに近づき、陽射しは夏の太陽、
日向はかんかん照り、歩くと汗ばんでくる。
千代田線「根津」駅で下車し、地上に出ると、
同期生の女性お二人と一緒になる。
地図を頼りに歩き出す。
路地に入ったものの少々不案内。
偶々出あった若いカップルに道を尋ねると、
同じ方向に行きますからと、
気軽に道案内をしてくれる。
無事目的地に到着、感謝感謝である。
丁重に若いお二人にお礼を言って別れる。

フロントのある建物を抜けると中庭の通りに出る。
右手の中庭は和風庭園で、手入れがよく行き届いている。

d0037233_1049452.jpg
d0037233_1050117.jpg
d0037233_10501612.jpg


紫陽花の花が咲き初め。

d0037233_10505814.jpg
d0037233_10511278.jpg
d0037233_10513069.jpg


中庭の奥には和風の建物が見える。
森鷗外の旧居がそのまま残っている。
今年は明治の文豪、森鷗外の生誕150年に当たる。
特別の催しが開かれているらしく、
この建物には残念ながら入れず。
処女作「舞姫」などを執筆した部屋も見学できず。

d0037233_1055694.jpg
d0037233_10552099.jpg
d0037233_10554616.jpg


突き当りに新しい建物があり、その地下の部屋が
宴会会場である。
参加者は、同期生35名、恩師4名、合計39名となる。
60年前卒業時には、270名ばかりの同期生がいたのだが、
物故者、行方不明者、案内不要者など、年々増え、
今回案内状を出したのは100名足らず。
昨年の他界者も2名と幹事からの報告もある。

地元の子供も減るばかりで、ついに隣の中学と合併、
新規の中学名となり、
我々が卒業した中学校は名前も建物も今はない。

懐石料理で、順序良く料理が運ばれてくる。
量は決して多くはないが、シニア世代には十分。
美味しくいただく。
食べるほどに飲むほどに座も盛り上がり、
素晴らしい交流の場となる。

d0037233_115438.jpg


最後に記念撮影で会を締めくくる。
希望者15名ばかりは、予約済みの二次会会場の
カラオケに繰り出す。
以前ほど皆さん、目茶苦茶な飲み方もせず、和やかに過ごす。
夕刻まだ明るい内に散会、来年の再会を約して帰途に就く。
by toshi-watanabe | 2012-05-28 11:09 | 同期会 | Comments(0)