折々の記

tnabe.exblog.jp

日々見たこと、 感じたこと、気づいたことをメモする

ブログトップ

「テーブルウェZ・フェスティバル」を見学

d0037233_10255218.jpg


東京ドームで開催中の第20回「テーブルウェア・フェスティバル」を見学する。
過日見学したキルト展と同じ会場である。
SNSのミクシィで知り合いになった笠間焼の陶芸家の方から、
今回は入場券をいただいた。
「暮らしを彩る器展」とサブテーマが掲げられ、
素晴らしい器とテーブルセッティングを期待して出かける。

11時過ぎ会場に到着、場内はすでに大勢の見学者が来られている。
先日のキルト展に比べると少なめではある。
いくつかのセクションに分かれている。

20周年特別企画は、「華麗なるモナコ~グレース・ケリーとコート・ダジュール~」と
題し、地中海リゾート、モナコ公国の華やかな食卓が紹介されている。
日本初公開の器が並んでいる。

d0037233_10382051.jpg
d0037233_10383257.jpg


特別企画としては、「ロイヤルに愛された器たち」と「ガラスで愉しむワインパーティ」。
英国王朝御用達の称号”ロイヤル”を受けたブランドをはじめ、欧州各国の
ロイヤルに愛されたブランドが、その歴史に基づく伝統と、時代とともに
革新を遂げてきた格調高いデザインで、見事なテーブルセッティングを展示紹介。
タイタニック号で使用されていたものと同じ食器も。

d0037233_10512043.jpg
d0037233_10512916.jpg


高品質ながら身近に感じられるガラスをセッティングとともに紹介している。
ベネチアグラス、スワロフスキー、モーゼル、木村硝子店、北一硝子など。
ハリオグラスでは、ガラス製の楽器による三重奏が演奏される。
東京スカイツリーの模型も見られる。

d0037233_1146919.jpg

d0037233_10544143.jpg

d0037233_11481117.jpg


さらに特別企画として、「受け継がれる心とかたち・やまがた物語」~山形県と、
「かごしまが誇る用と美の器」~鹿児島県~。
伝統に培われた山形のものづくり力が紹介されている。
鍛金、金工の優れた技。
鍛金で施された三春の桜、表は満開の桜、裏は雪に覆われた桜の木が描かれている。
紅花の草木染め。
90歳の石川たかさんのわら細工も見事である。
十二支の一部が出展されている。

d0037233_1122895.jpg
d0037233_1123571.jpg
d0037233_1124313.jpg
d0037233_1125122.jpg


鹿児島の人々に、庶民生活道具として愛されてきた「黒薩摩」と
藩主のみに使用が許されていた「白薩摩」。
鮮やかな色ガラスを厚く被せることにより生まれた
「ボカシ」と呼ばれる美しいグラデーションが特徴の薩摩切子。

d0037233_1165533.jpg
d0037233_11717.jpg
d0037233_1172479.jpg
d0037233_1173566.jpg
d0037233_1174566.jpg


「彩りの暮らし」のセクションでは、各界の著名人が、「日々の暮らしを彩る
おもてなしの食空間を個性豊かなテーブルセッティングとともに紹介。
10名の方が参加されている。

d0037233_1157589.jpg

d0037233_11113330.jpg
d0037233_11114574.jpg
d0037233_1112132.jpg
d0037233_11121262.jpg


このセクションでは、また「My Style・セレクション~創り手からの提案~」と
「至高の技チャイナペインティング」~OCPSJ.OP.P.A.~も展示されている。

「洋の器への誘い」セクションには、
「ノリタケスタイル~受け継がれる品格~」~ノリタケ~、
「至福のおもてなし~季節を楽しむ~」~大倉陶園~、
「レイノーとスパイスで彩る豊かな食卓」~ハウス食品~。

d0037233_1120670.jpg
d0037233_11201429.jpg
d0037233_11202429.jpg
d0037233_11203453.jpg
d0037233_11205718.jpg
d0037233_1121666.jpg
d0037233_11211545.jpg
d0037233_11212317.jpg


「日本の器を訪ねて」には、「漆のある暮らし」として、輪島塗、山中塗、津軽塗、
会津塗、川連塗など。
桜の朽ちた枝を加工したもの、使い古した漆桶を利用したものにも興味をそそられる。
スプーン用金型も見られる。

「どんぶり百撰」~美濃焼・土岐~、「卓越の技」~瀬戸織部、
「おしゃれな生活、いろとりどりのうつわ」~美濃焼、
「伝統の有田・旬のARITA・美しいありた」~有田焼、
「楽茶でやすらぎ空間」~常滑焼、「長崎のやきもの暮らしのアトリエ」~波佐見焼など。

d0037233_11284437.jpg
d0037233_11285986.jpg
d0037233_1129127.jpg


「テーブルウェア大賞」のコーディネート部門、入賞作品の中から。

d0037233_11313714.jpg
d0037233_11315233.jpg
d0037233_11315833.jpg
d0037233_1132948.jpg
d0037233_11321667.jpg
d0037233_11322794.jpg


特設ステージでは毎日トークショーなどが催されている。
当日は、黒柳徹子さんと、ビーズ刺繍デザイナーの田川啓二さんがステージに。
黒柳さんは足の具合が悪いのか車いすに座りながら語っている。

展示販売コーナーは200ばかりのブースがぎっしりと並んでいる。
入場券をいただいた笠間焼の陶芸家のブースにもお邪魔する。

短時間ではなかなか全体をじっくり見て回れない。
ポイントを決めてみて回るしかない。
素晴らしい作品を堪能した一日であった。
昼食にはキーコーヒーの喫茶コーナーでサンドイッチとコーヒー。
ゆっくり落ち着ける場で、一息入れることができた。
Commented by banban0501 at 2012-02-11 12:23
洋食器だけでなく 和食のテーブルセッティングも
拝見できて とてもよかったです

お部屋の雰囲気も器に合わせるというのは
庶民には難しいことですが みているだけで満足しますね

沢山の写真で いろいろ楽しませていただき感謝です!!
Commented by toshi-watanabe at 2012-02-11 14:49
banbanさん、

早速のコメント有難うございます。
やはり和風のテーブルセッティングが目につきましたし、多かったように思います。
眺めるだけでも楽しくなりますね。
Commented by semineo at 2012-02-12 00:06
こんばんは
キルト展に続き、楽しいテーブルウェア展に行って来られましたね。
以前は何度も行っていましたが、最近は全く・・・

どれも素敵なセッティングで優雅ですね。
季節にあった器を使うように心掛けてはいますが、
テーブルウェア展は眼の保養になりますね。
此処で楽しませて頂いたので行かなくても満足です、有難うございました。
Commented by toshi-watanabe at 2012-02-12 10:39
semineoさん、

コメント有難うございます。
本当にどれも素晴らしく、目の保養でした。
18日からは蘭展のようですね。
Commented by 茶ばーば at 2012-02-13 17:55 x
テーブルウエア  友人が習ってはいるけどこんな大々的な展示会があるなんて初めてしりました 素晴らしいですね!
こんな素敵なお食事ができたら! 見てるだけでもリッチな気分になれそ~ 素晴らしい目の保養ありがとうございました
Commented by toshi-watanabe at 2012-02-14 08:45
茶ばーばさん、

コメント有難うございます。
本当に素晴らしい展示会です。
モナコ公国や英国のロイヤルファミリーで使用されている
豪華な食器類は観るだけですね。
これで食事をとるとなると気が引けます。
Commented by desire_san at 2012-02-23 22:49
こんばんは。
すばらしい食器のコレンションの数々ですね。
特に、美しい陶器が写真を拝見しても、うっとりするほど美しいですね。
このようなイベントがあるのは知りませんでした。
私は、今週東京ドームに、世界らん展を見に行こうと思っていました。

私のブログにもコメントをいただき、ありがとうございました。
バルト三国は5月中旬に行きました。新緑のベストシーズンだそうです。
Commented by toshi-watanabe at 2012-02-24 08:36
desire sanさん、

コメントいただき有難うございます。
東京ドームでは、野球シーズンの始まる前、
キルト展、テーブルウェア展、らん展と開催が続きます。
私も陶器を見るのが好きです。

by toshi-watanabe | 2012-02-11 11:40 | 一般 | Comments(8)